ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートフォンセキュリティ」最新記事一覧

多くの技術メーカーは味方に立つも:
iPhoneのセキュリティ訴訟、Appleが不利に?
「iPhone」のセキュリティ解除の問題で、AppleとFBIの対立が続いている。Appleの決断を支持すると表明する技術メーカーも多いものの、専門家の中には、FBIの要請が妥当とする意見も、もちろんある。(2016/3/14)

Androidセキュリティ技術の最前線(1):
Androidセキュリティ――アプリからユーザー視点までイチから解説
子供からご年配の方々まで、幅広いユーザーを抱え、スマートフォン市場で圧倒的なシェアを持つ「Android」。そのセキュリティ対策(主に技術面)について、「アプリ」「マーケット」「Android OS」「ユーザー」の各視点から解説します。(2016/3/10)

攻防が続くApple vs FBI:
iPhoneのセキュリティ問題は“パンドラの箱”
「iPhone」のセキュリティ解除問題について、AppleとFBIの攻防が続いている。Appleは、もし一度解除を許せば、それは“特定の1台”だけにとどまらない危険性があると主張する。さらに、セキュリティ解除用のソフトウェアを開発すれば、犯罪者や敵国政府などの手に渡ってしまう恐れがあり、「悪意を秘めた“パンドラの箱”を開けることになる」との見解を示した。(2016/3/8)

Apple、命令取り消しの申し立て、MicrosoftやGoogleもApple支持で共闘か
Appleに対し、連邦地裁がテロ事件解決のためにiPhoneのセキュリティ機能を解除するコードをFBIに提供するよう命令したことに対し、Appleがその命令の取り消しを申し立てた。また、Microsoft、Google、Facebookらが来週にもApple支持の共同文書を提出するとみられる。(2016/2/26)

Apple、FBI捜査のためのiPhoneバックドア命令を拒否──自由を脅かすもの
Appleのティム・クックCEOが、銃乱射事件解決のために犯人のiPhoneのセキュリティ機能をオフにせよという米政府の命令に反対するという公開書簡を発表した。FBIの要望はiPhoneにバックドアを設けろというもので、これを受ければ今後の顧客のプライバシーに大きな影響を与えることになるとしている。(2016/2/17)

5つのセキュリティ課題を整理
「Android」がいまだに敬遠される最大の理由
Android端末の企業導入のハードルとなってきたセキュリティ問題。最近は関連製品の充実で現実的な解決策も見えつつある。Androidセキュリティの現状を5つの視点から整理する。(2016/2/5)

専門家が企業のAndroid導入に警鐘
問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?
セキュリティイベントで必ず話題になるAndroidのセキュリティ問題。Siemens CERTのスプライツェンバース氏は、数あるAndroidの問題を列挙しつつ、「管理用APIの欠如」を指摘した。(2015/12/15)

しかも無料:
PR:1つで安心! スマホを“全方位”で守る「360 Security」ってどんなアプリ?
スマートフォンにも情報セキュリティの脅威が及ぶ中、人気を高めているのが無料でAndroidスマートフォンのセキュリティを守る「360 Security」。360 Securityは一体どのような機能を備えているのだろうか?(2015/6/23)

「Androidのセキュリティは常に向上」――Googleが報告書を公開
「潜在的な有害アプリ」(PHA)がインストールされていたAndroid端末は1%に満たなかったと報告している。(2015/4/3)

情シスと社員が答えたスマホ活用とセキュリティの懸念
日本スマートフォンセキュリティ協会が実施した企業での利用実態調査から、スマートフォンの利活用が進んでいる状況とセキュリティへの懸念が高まっている様子が浮き彫りになった。(2014/8/13)

日本からガイドラインを世界に発信:
JSSEC、セキュアなAndroidアプリ開発ガイドラインの英語版を公開
日本スマートフォンセキュリティ協会は2014年5月1日、安全なAndroidアプリの開発方法についてまとめたガイドラインの英語版「Android Application Secure Design/Secure Coding Guidebook」を公開した。(2014/5/1)

ホワイトペーパー:
スマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要なのか
スマートフォン向けのマルウェアが増加しつつある。だがこうしたマルウェアは脅威にならないという声も根強い。スマートフォンのセキュリティ対策は本当に必要なのだろうか。必要だとすれば、誰が担うべきなのだろうか。(2013/10/2)

マカフィーの「McAfee Mobile Security」、国内1000万DLを達成
マカフィーのAndroid向けセキュリティソリューション「McAfee Mobile Security」の国内ダウンロード数が、7月に1000万件を突破した。(2013/8/22)

ソフォス、Android向けセキュリティアプリの最新版を公開 個人利用は無償
Sophos Mobile Security 3.0では新たにアプリケーション保護機能やWebセキュリティ機能が追加された。(2013/8/13)

エンタープライズモバイル時代の大活用術:
ヨコ展開が始まった企業のスマートデバイス導入最前線
スマホやタブレットに対する企業の関心が高まっているといわれるが、その実態はどのようなものか。ITmediaの独自調査と日本スマートフォンセキュリティ協会での調査から探ってみよう。(2013/7/8)

企業が懸念するAndroidセキュリティに一筋の光となるか、ドコモと組む米BoxTone
NTTドコモが米BoxToneと提携し、企業向けモバイル管理サービスの拡張を図った。マルチデバイス対応のMDMやMAMなどを手掛けるBoxToneのスナイダーCEOは、「Mobility run betterを目指す」と話す。(2013/6/28)

Android向けセキュリティアプリの最新評価、AV-TESTが発表
セキュリティ製品の第三者評価機関が5月に実施した30種類のAndroid向けセキュリティアプリの評価結果をまとめた。(2013/6/19)

JSSEC成果発表会レポート:
クルマ屋が夢見るICTとのミライ――Auto 2.0の実現に向けて
2013年5月24日に開催された日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の成果発表会にて、トヨタIT開発センター 代表取締役会長の井上友二氏が「クルマ」と「ICT」が作る夢の未来を描いた。(2013/6/11)

ワイヤレスジャパン2013:
一番危険なのは“ぜい弱な”アプリ──「悪意のない知識不足」からAndroidアプリを守れ!
日本スマートフォンセキュリティ協会は、ワイヤレスジャパン2013でAndroidアプリの開発段階から“ぜい弱性”を排除する手法について講演を行った。(2013/6/4)

Maker's Voice:
Androidを検討する企業にセキュリティを届ける――ESETとキヤノンITS
ESETと国内パートナーのキヤノンITソリューションズが、法人向けAndroidセキュリティ製品のモニター版提供を開始した。ESET担当者に脅威の現状や対策の取り組みを聞いた。(2013/5/9)

WebViewやLogCat出力周りの対策を追加:
コピペ歓迎! JSSECがセキュアなAndroidアプリ開発ガイドラインの新版
日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は4月23日、Androidアプリを開発する際にセキュリティを確保するための手法についてまとめたガイドラインの最新版、「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」2013年4月1日版を公開した。(2013/4/23)

企業のスマートフォン利用実態、セキュリティ懸念も「利便性」を重視
日本スマートフォンセキュリティ協会が、会員企業33社のスマートフォン利用に関する実態を調査した。(2013/3/12)

スマホで読める3分間の「セキュリティマンガ」がスタート
スマートフォンのセキュリティ対策を紹介するマンガ「レイとランのスマホ事情」がスタート。全6話を6週間に渡って公開していく。(2013/2/12)

ソフォスがMDM最新版、Android向けセキュリティ機能を強化
企業でAndroid端末の利用が広がり始めたことから、端末のセキュリティ対策や管理のための機能を強化している。(2013/2/6)

ホワイトペーパーランキング
2012年、情報セキュリティで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
スマートフォンセキュリティに高い関心、暗号化など伝統的な対策にも注目――。2012年に多く読まれた、情報セキュリティに関するホワイトペーパー上位10本を紹介する。(2013/1/8)

パスワード設定やスマホのセキュリティの現状は? IPAが調査
IPAは11回目となる「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施。パスワードの設定や管理、スマートフォンのセキュリティ対策が十分に進んでいない実態が分かったという。(2012/12/11)

BYODの利用実態は、留意点は――JSSEC、導入に役立つテキスト公開
日本スマートフォンセキュリティ協会が、企業において個人所有のスマホやタブレットが業務の中でどう使われているのか、BYODの現状を類型化して整理した資料を公開した。(2012/11/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
BYODが再考促すスマートフォンセキュリティ
部分導入から大規模導入へ。会社支給からBYODへ。スマートフォンの企業導入を取り巻く変化が、セキュリティ対策にも変革を迫る。スマートフォンセキュリティの最新像を見ていこう。(2012/11/30)

ドコモ、Android向け「ネットセキュリティあんしんパック」を10月中旬から提供
ドコモが10月中旬からスマートフォン向けセキュリティサービス「ネットセキュリティあんしんパック」を提供する。ドコモあんしんスキャンとspモードメールウイルスチェックが含まれる。(2012/9/28)

PCもMacもスマホもカバー:
Windows、Mac、Androidのセキュリティを一元管理できる「ノートン360 マルチデバイス」
シマンテックのコンシューマー向けセキュリティ製品「ノートン360」がマルチデバイスに対応。製品名を「ノートン360 マルチデバイス」と改め、Windows、Mac、Androidの保護を1本で提供する。製品担当者に新機能や特徴を聞いた。(2012/9/22)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】スマートデバイスに関するアンケート調査
本調査は、TechTargetジャパン会員を対象に、スマートフォンやタブレットといった「スマートデバイス」についてお伺いするものです。スマートデバイスの導入状況や用途、今度導入予定のスマートフォンセキュリティ製品・サービスなどを伺います。(2012/8/20)

エムティーアイ、Android向けセキュリティアプリ「ViRobot Mobile」を提供開始
最新のウィルス対策をはじめ、アプリに対して注意を促す「アプリ点検」機能や「安全なWi-Fiの接続支援」機能を搭載したAndroid向けセキュリティアプリ「ViRobot Mobile」が登場。(2012/8/9)

キヤノンITソリューションズ、Android向けセキュリティソフト「ESET」を発売へ
PC向けESETのユーザーは、通常より優待価格で利用できる。(2012/6/28)

キヤノンITS、Android向けセキュリティソフト「ESET Mobile Security for Android」を販売開始
キヤノンITソリューションズは、Android向けセキュリティソフト「ESET Mobile Security for Android」を発表。PC版とセットにしたキャンペーンパッケージも用意した。(2012/6/28)

企業利用前に押さえておきたい
iOSとAndroid OS、スマートフォンセキュリティと端末管理の基礎知識
スマートフォンやタブレットは、法人利用する上でのセキュリティ上のリスクとその対策が企業のIT部門で十分に認知されているとは言い難い。iOSとAndroid OSの最低限押さえておきたいリスクをまとめる。(2012/6/20)

Androidセキュリティアプリを刷新したカスペルスキー、タブレット版も投入へ
カスペルスキーはAndroid向けの最新版セキュリティアプリを発表。タブレット端末版ではGUIを専用設計した。(2012/6/12)

Android向けセキュリティアプリ「KINGSOFT Mobile Security」のパッケージ版が機能アップ
キングソフトは4月12日、Android搭載スマートフォン/タブレット向け総合セキュリティアプリ「KINGSOFT Mobile Security」の新パッケージを発売。盗難・紛失対策機能を新たに提供する。(2012/4/12)

Twitterで短縮URLを踏んでも安心!?――「Internet SagiWall」を入れてみた
キャリアが安価に提供しているAndroidスマートフォン向けのセキュリティ対策だけでは、防げない危険があるのをご存じだろうか。スマートフォンのセキュリティというと、アプリの安全性に目が行ってしまうが、実はWebサイトにアクセスする際も危険と隣り合わせだ。そこで、その部分の安心をもたらしてくれる「Internet SagiWall for Android」を導入してみた。(2012/3/28)

BIGLOBE、Android向け「ノートン モバイルセキュリティ」を月額315円で提供
NECビッグローブが、Android向けセキュリティアプリ「ノートン モバイルセキュリティ」を月額315円で提供する。自動スキャンによるウイルス対策やフィッシング詐欺対策、リモート操作による端末の紛失・盗難対策を1つのアプリで実現する。(2012/3/23)

2012年は何に注意? モバイルを脅かす5大問題(後編)
スマートフォンによる公衆Wi-Fi利用は危険? 専門家が指摘
専門家の意見を基に、2012年に対処すべきスマートフォンのセキュリティ問題5点を整理した。後編では、残る3点を紹介する。(2012/2/6)

スマートフォンとタブレット端末のセキュリティガイドラインが公開に
日本スマートフォンセキュリティフォーラムは、企業でのスマートフォンやタブレット端末の利用に関するセキュリティガイドラインを発表した。(2011/12/14)

Androidセキュリティの今、これから(最終回):
リスクアセスメントとセキュリティポリシー策定
爆発的な勢いで普及し始めたAndroid端末は、大きなポテンシャルを秘める一方で、セキュリティという課題にも直面しています。この連載では一般ユーザー、ビジネスユーザーと、あらゆるAndroidユーザーを対象に、Androidのセキュリティについて解説していきます。(編集部)(2011/12/9)

調査リポート:
スマホのセキュリティ対策をしない理由、“何をしたらいいか分からない”が4割に
ネットマイルが行ったスマートフォンのセキュリティ対策に関する調査で、約6割が具体的な対策を講じていないことが分かった。その理由のトップは“何をしたらいいか分からない”で、4割超に達している。(2011/12/8)

ワンクリック詐欺はいずれスマホでも――トレンドマイクロ
トレンドマイクロとKDDIはスマートフォンのセキュリティに関するセミナーを開催。ユーザーができるセキュリティ対策5カ条などを提言した。(2011/11/8)

セキュリティベンダーが語るモバイル戦略:カスペルスキー編
スマートフォンの企業導入で対処すべき3つのリスクとは?
スマートフォンのセキュリティ対策をいかに進めるべきか。カスペルスキーは、マルウェアによる個人情報の搾取や第三者の盗み見、無線LAN利用時のリスクへの対処が必須だと指摘する。(2011/10/20)

Androidユーザー必見 セキュリティ企業5社に聞くウイルス対策
スマートフォンのセキュリティ対策の重要性は分かる。でもセキュリティ対策ソフトはインストールしない。そんなユーザーに対する回答として、エフセキュア、カスペルスキー、シマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーに聞いたコメントをまとめた。(2011/10/24)

月額315円 2012年5月までは初月無料:
イー・モバイル、Android向けのセキュリティサービスを提供
イー・アクセスは、イー・モバイルユーザー向けのAndroidセキュリティサービス「EMセキュリティ for Android powered by Symantec」を発表した。月額315円だが、2012年5月までは加入月を無料で提供する。(2011/10/13)

攻撃急増中のAndroidを企業はどう使うべきか
iOSやWindows Phone以上の対策が必要なAndroidセキュリティ
増大し続けるAndroidマルウェアやアプリの審査機構といった状況から、IT業界では、Androidのセキュリティは、iOSやWindows Phoneと同じ対応では不可能という認識が広まっている。(2011/10/6)

Androidセキュリティの今、これから(4):
MDMを用いたAndroidの管理
爆発的な勢いで普及し始めたAndroid端末は、大きなポテンシャルを秘める一方で、セキュリティという課題にも直面しています。この連載では一般ユーザー、ビジネスユーザーと、あらゆるAndroidユーザーを対象に、Androidのセキュリティについて解説していきます。(編集部)(2011/9/29)

ITmedia Virtual EXPO 2011 プレビュー:
スマートフォンのセキュリティの“落とし穴”をどうふさぐ?
モバイルやクラウドなど、ビジネスシーンでのIT活用がますます広がる今、新たなセキュリティリスクも顕在化しつつある。9月13日からの「ITmedia Virtual EXPO 2011」のセキュリティゾーンで、セキュリティリスクに対処するための方法やヒントを得ていただきたい。(2011/9/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。