ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「月例パッチ」最新記事一覧

Microsoft、5月の月例セキュリティ更新プログラム公開
OfficeやWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性は、狙った相手に不正なWord文書を電子メールで送り付ける標的型攻撃に利用されていた。(2017/5/10)

Microsoft、マルウェア対策エンジンの重大な脆弱性を修正
MicrosoftがGoogleの研究者が「最悪」と評していたWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。同社が月例セキュリティ更新プログラム公開の前日にこうした対応を取るのは極めて異例。(2017/5/10)

Windowsに新たな未解決の脆弱性、Google研究者が「最悪」と報告
米Microsoftは5月9日(日本時間の5月10日)に月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通しだが、今回の脆弱(ぜいじゃく)性への対処は間に合わない可能性もある。(2017/5/9)

Androidの月例セキュリティ情報を公開 MediaserverやGIFLIBに重大な脆弱性
Androidの5月の月例パッチは「2017-05-01」「2017-05-05」の2本で構成され、2017年5月5日以降のセキュリティパッチレベルで全ての問題が修正される。(2017/5/2)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを4月11日に公開
Flash Playerなどの更新版が同時に公開される可能性もある。MicrosoftもWindowsの月例セキュリティ情報を米国時間の4月11日に公開する見通し。(2017/4/10)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
Mediaserverに存在する6件の脆弱(ぜいじゃく)性は、危険度が「重大」に分類され、悪用されればリモートでコードを実行される恐れがある。(2017/4/4)

Microsoft、2月と3月の月例更新プログラムを併せて公開
公開が延期されていた2月の分を含め、18件の月例セキュリティ更新プログラムを公開。既に攻撃が発生している脆弱性や、情報が公開されていた脆弱性も含まれる。(2017/3/15)

Google、Androidの月例セキュリティパッチ公開、多数の深刻な脆弱性を修正
OpenSSLやBoringSSL、Mediaserverに深刻な脆弱性が存在し、メールやWeb閲覧、MMS経由で不正なメディアファイルを処理させる手口でリモートからコードを実行される恐れがある。(2017/3/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わった。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。(2017/2/24)

Windowsに未解決の脆弱性、Google研究者が情報公開
この問題は、公開が延期された2月の月例セキュリティ更新プログラムで対応される予定だったのではないかとGoogle研究者は推測している。(2017/2/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2017年2月のWindows 10定例セキュリティパッチが配信されない理由
Windows 10の月例セキュリティパッチやサポート期限についてイレギュラーな対応が続いている。(2017/2/20)

Microsoft、2月の月例更新プログラムは3月分と併せて公開
公開を延期していた2月の月例セキュリティ更新プログラムは、3月の月例更新プログラムと併せて公開する。(2017/2/17)

Microsoft、月例セキュリティ更新プログラムの公開を延期
直前になって問題が見つかり、この日までに解決できなかったことから、公開を延期することにしたと説明している。更新プログラムがいつ公開されるのかは、現時点で明らかにしていない。(2017/2/15)

Google、Androidの月例セキュリティパッチを公開
端末メーカーなどのパートナーには1月3日までに通知し、PixelやNexusなどGoogleの端末向けにはOTA(無線経由)でセキュリティアップデートが配信された。(2017/2/7)

Windowsの未解決の脆弱性、次回月例更新プログラムで対処の見通し 危険度評価は引き下げ
CERT/CCは当初、任意のコードを実行できる可能性も指摘していたが、この部分を削除して危険度評価を引き下げた。(2017/2/6)

Microsoft、セキュリティ情報公開の方式を変更 2月からはサマリー掲載廃止
2月からは従来の月例セキュリティ情報ページへのサマリー掲載を中止し、新ポータルのみを通じて更新情報を提供する。(2017/1/17)

Microsoftの月例セキュリティ情報は4件のみ、うち1件が「緊急」
Flash Playerの更新プログラムが「緊急」、OfficeおよびEdge、LSASSの更新プログラムは「重要」に指定している。(2017/1/11)

IBMが発見したAndroidブートモードの脆弱性、1月の月例パッチで修正
Androidの月例パッチを米Googleが1月3日付で公開。深刻な脆弱性が多数修正されている。(2017/1/10)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
米国時間の1月10日にはMicrosoftがWindowsの月例セキュリティ情報を公開するほか、AdobeがFlash Playerなど他のソフトウェアのアップデートを公開する可能性もある。(2017/1/10)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 IEやEdgeに「緊急」の脆弱性
最大深刻度は12件のうち6件を同社の4段階評価で最も高い「緊急」、残る6件は上から2番目の「重要」に指定している。(2016/12/14)

Google、Androidの月例セキュリティパッチを公開 多数の深刻な脆弱性に対処
カーネルやドライバなどに存在する極めて深刻な脆弱性を修正している。(2016/12/6)

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報を公開 「緊急」は6件
14件のうち6件が「緊急」の分類。Googleに情報を公開された脆弱性も含め、攻撃の発生が確認された複数の脆弱性にも対処している。(2016/11/9)

Google、Androidの月例パッチを公開 「Dirty COW」の脆弱性にも対処
Mediaserverなどに存在する極めて深刻な脆弱性を修正したほか、10月に発覚した「Dirty COW」と呼ばれるLinuxカーネルの脆弱性にも対処した。(2016/11/8)

Microsoft、10件の月例セキュリティ情報を公開 新しい更新モデルもスタート
深刻度が最大の「緊急」は5件。IEやEdge、Officeでは既に脆弱性の悪用も確認されている。(2016/10/12)

Google、Androidの月例セキュリティパッチ公開、深刻な脆弱性を解決
危険度「Critical」に指定された7件を含む計58件の脆弱性を修正した。(2016/10/4)

月例ロールアップ方式に変更
「Windows 7/8.1」のアップデート方法が大幅変更へ、“先延ばし”はもうできない?
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わる。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。(2016/9/21)

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報を公開 半分は「緊急」指定
深刻度が最大の「緊急」は7件あり、IEやOfficeに存在する深刻な脆弱性に対処した。(2016/9/14)

Google、Androidの月例セキュリティパッチ公開、8月発覚の脆弱性も解決
8月にセキュリティ企業が報告していた深刻な脆弱性も修正された。(2016/9/7)

簡単になる反面、混乱の可能性も
「Windows 7/8.1」に新しい更新方法が導入、喜ぶ人と不安な人に真っ二つのワケ
Microsoftの新しい月例アップデートプログラムにより、Windowsのアップデートの煩雑さが緩和される。一方で、IT部門によっては大きな問題が発生する可能性もある。(2016/9/1)

Android端末に影響するQualcomm製チップセットの脆弱性、セキュリティ企業が詳細公表
悪用されればAndroid端末を制御される恐れもある。4件の脆弱性のうち3件についてはGoogleの月例パッチで8月までに対処され、残る1件のパッチも9月に配信予定だという。(2016/8/9)

Androidの月例パッチ公開、多数の深刻な脆弱性に対処
MediaserverやQualcommコンポーネントなどに極めて深刻な脆弱性が多数存在する。(2016/8/2)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 IEやOfficeに深刻な脆弱性
11件のセキュリティ情報のうち6件が「緊急」、5件が「重要」に分類されている。(2016/7/13)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
深刻な脆弱性を修正するアップデートを米国時間の7月12日に公開する。この日はMicrosoftも月例セキュリティ情報を公開する見通し。(2016/7/8)

Androidの月例パッチ公開、100件超の脆弱性に対処
メディア処理に使われるMediaserverに関して今回も深刻な脆弱性が多数修正されたほか、Qualcommなどのハードウェア関連コンポーネントに起因するデバイス固有の脆弱性にも対処した。(2016/7/7)

Microsoftの月例セキュリティ情報を公開、「緊急」は5件
16件のセキュリティ情報のうち、「緊急」は5件ある。IE 9やEdge向けの更新プログラムでは多数の深刻な脆弱性が修正された。(2016/6/15)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
今回のアップデートでは計21項目の脆弱性に対処した。このうち6項目を危険度が最も高い「Critical」に分類している。(2016/6/7)

Microsoft、16件の月例セキュリティ情報を公開、攻撃発生の脆弱性も
Internet Explorer(IE)などの更新プログラムで対処したスクリプトエンジンの脆弱性は、既に悪用の事実が確認されているという。(2016/5/11)

Microsoftの月例セキュリティ情報公開――「緊急」6件、「Badlock」脆弱性にも対処
13件のうち6件は深刻度が最も高い「緊急」に分類。残る7件の「重要」指定のセキュリティ情報の中には、「Badlock」と呼ばれる脆弱性に対処する更新プログラムが含まれる。(2016/4/13)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 深刻な脆弱性が多数存在
「Mediaserver」などの脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。(2016/4/5)

Microsoft、13件の月例セキュリティ情報を公開 IEとEdgeに「緊急」あり
13件のうち、IEやEdgeの更新プログラムなど5件が「緊急」に指定されている。(2016/3/9)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 新たなメディア処理の脆弱性も
「Mediaserver」の脆弱性は、メールやWeb、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させる手口でコードを実行される恐れがある。(2016/3/8)

Adobe、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデートを予告
アップデートは米国時間の3月8日に公開され、Acrobat/Readerの深刻な脆弱性に対処する。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開予定。(2016/3/4)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 Nexus向けのパッチ配信
今回のアップデートではAndroidに存在する計13件の脆弱性に対処した。このうち7件は危険度が4段階で最も高い「Critical」に分類している。(2016/2/2)

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報を公開 古いIEは最後のアップデート
IEはこの日を最後に最新版(Windowsごとに異なる)以外のサポートが打ち切られる。今後はたとえ脆弱性が発覚したとしても、修正のためのアップデートは提供されない。(2016/1/13)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2016/1/12)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 うち8件は「緊急」
最大深刻度は12件のうち8件が「緊急」。Officeなどの脆弱性では悪用の事実も確認されている。(2015/12/9)

GoogleのNexus向け月例パッチ公開、深刻な脆弱性を多数修正
今回のアップデートでは計19件の脆弱性を修正した。このうち4件は危険度が最も高い「Critical」に指定されている。(2015/12/8)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 IEなどに深刻な脆弱性
IEやEdgeなどの脆弱性に対処する「緊急」の更新プログラム4件、OfficeやWindowsなどを対象とする「重要」の更新プログラム8件が公開された。(2015/11/11)

Google、Nexus向け月例パッチ公開 Androidの脆弱性を修正
7件の脆弱性のうち2件は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させることによって、リモートでコードを実行される恐れがある。(2015/11/4)

Microsoft、「緊急」3件含む月例セキュリティ情報を公開
全6件のセキュリティ情報のうち、IEやWindowsなどの更新プログラム3件について「緊急」、EdgeやOfficeなど3件については「重要」に指定している。(2015/10/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。