ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「月例パッチ」最新記事一覧

Microsoft、16件の月例セキュリティ情報を公開、攻撃発生の脆弱性も
Internet Explorer(IE)などの更新プログラムで対処したスクリプトエンジンの脆弱性は、既に悪用の事実が確認されているという。(2016/5/11)

Microsoftの月例セキュリティ情報公開――「緊急」6件、「Badlock」脆弱性にも対処
13件のうち6件は深刻度が最も高い「緊急」に分類。残る7件の「重要」指定のセキュリティ情報の中には、「Badlock」と呼ばれる脆弱性に対処する更新プログラムが含まれる。(2016/4/13)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 深刻な脆弱性が多数存在
「Mediaserver」などの脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。(2016/4/5)

Microsoft、13件の月例セキュリティ情報を公開 IEとEdgeに「緊急」あり
13件のうち、IEやEdgeの更新プログラムなど5件が「緊急」に指定されている。(2016/3/9)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 新たなメディア処理の脆弱性も
「Mediaserver」の脆弱性は、メールやWeb、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させる手口でコードを実行される恐れがある。(2016/3/8)

Adobe、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデートを予告
アップデートは米国時間の3月8日に公開され、Acrobat/Readerの深刻な脆弱性に対処する。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開予定。(2016/3/4)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 Nexus向けのパッチ配信
今回のアップデートではAndroidに存在する計13件の脆弱性に対処した。このうち7件は危険度が4段階で最も高い「Critical」に分類している。(2016/2/2)

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報を公開 古いIEは最後のアップデート
IEはこの日を最後に最新版(Windowsごとに異なる)以外のサポートが打ち切られる。今後はたとえ脆弱性が発覚したとしても、修正のためのアップデートは提供されない。(2016/1/13)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2016/1/12)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 うち8件は「緊急」
最大深刻度は12件のうち8件が「緊急」。Officeなどの脆弱性では悪用の事実も確認されている。(2015/12/9)

GoogleのNexus向け月例パッチ公開、深刻な脆弱性を多数修正
今回のアップデートでは計19件の脆弱性を修正した。このうち4件は危険度が最も高い「Critical」に指定されている。(2015/12/8)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 IEなどに深刻な脆弱性
IEやEdgeなどの脆弱性に対処する「緊急」の更新プログラム4件、OfficeやWindowsなどを対象とする「重要」の更新プログラム8件が公開された。(2015/11/11)

Google、Nexus向け月例パッチ公開 Androidの脆弱性を修正
7件の脆弱性のうち2件は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させることによって、リモートでコードを実行される恐れがある。(2015/11/4)

Microsoft、「緊急」3件含む月例セキュリティ情報を公開
全6件のセキュリティ情報のうち、IEやWindowsなどの更新プログラム3件について「緊急」、EdgeやOfficeなど3件については「重要」に指定している。(2015/10/14)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 攻撃発生の脆弱性あり
12件が公開され、内訳は最大深刻度「緊急」が5件、「重要」が7件。一部の脆弱性については攻撃の発生が確認されている。(2015/9/9)

IEの脆弱性攻撃発生、日本のユーザーに影響集中
Microsoftが8月の月例パッチで対処したInternet Explorerの脆弱性を悪用する「水飲み場型攻撃」が確認された。(2015/8/26)

Microsoftの月例セキュリティ情報公開、Windows 10やEdgeの脆弱性を修正
14件のうち4件が「緊急」に指定され、Windows 10の新ブラウザ「Edge」をはじめ、IEやOfficeなどに存在する深刻な脆弱性を修正している。(2015/8/12)

Google、Nexus端末への月例パッチ配信を表明 Samsungも対応
Googleは今回から、「Nexus」向けにセキュリティに重点を置いたOTAアップデートを毎月配信する。Samsungもほぼ月に1回の頻度でアップデートを定期的に配信すると表明した。(2015/8/6)

Windows Server 2003、サポートは7月15日午後4時まで
同日公開の月例セキュリティ更新プログラムをもって、12年2カ月におよんだサポートが終了する。(2015/7/15)

Microsoft、「緊急」4件を含む月例セキュリティ情報を公開
セキュリティ情報は全部で14件。Hacking Teamの情報流出で発覚した脆弱性も解決している。(2015/7/15)

Microsoft、13件の月例セキュリティ情報を公開 IEは緊急指定
深刻度は13件のセキュリティ情報のうち3件が「緊急」、10件が「重要」に指定されている。(2015/5/13)

月例パッチの予告をなぜ終了? MS幹部が語るセキュリティ施策
Microsoftは月例パッチの一般向け予告を終了するなど、セキュリティ施策を変更しつつある。セキュリティ責任者が理由などを説明した。(2015/5/12)

Adobe、ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを予告
ReaderとAcrobatの定例セキュリティアップデートは米国時間の5月12日に公開予定。この日はMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通しだ。(2015/5/8)

Microsoft、「Lync」→「Skype for Business」を開始 5月末までに完了の見込み
Microsoftの企業向けコラボレーションツールが「Lync」から「Skype for Business」に移行する。「Office 2013」(企業向け)は4月の月例アップデートで、「Office 365」の「Lync Online」は5月末までに段階的に移行する。(2015/4/15)

Microsoft、11件の月例セキュリティ情報を公開 IEなどの脆弱性を修正
最大深刻度は11件のうち4件が「緊急」、7件が「重要」に指定されている。(2015/4/15)

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報公開 FREAKの脆弱性も修正
セキュリティ情報14件の内訳は「緊急」が5件、「重要」が9件。WindowsやInternet Explorer(IE)などの深刻な脆弱性に対処した。(2015/3/11)

Microsoftの月例パッチに不具合、4件の報告相次ぐ
米SANS Internet Storm Centerはこれまでに確認された4件の不具合と対処法をまとめた一覧を公開した。(2015/2/17)

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、IEは41件の脆弱性を修正
セキュリティ情報9件のうちIEのセキュリティ更新プログラムなど3件を「緊急」、残る6件を「重要」に分類している。(2015/2/11)

Microsoft、8件の月例セキュリティ情報を公開
8件の内訳は「緊急」が1件、「重要」が7件。Googleがパッチ公開を待たずに情報を公開していた2件の脆弱性も修正された。(2015/1/14)

Microsoft、月例パッチの事前通知を“ほぼ”打ち切り
月例セキュリティ更新プログラムの内容を予告する事前通知サービスは、一般ユーザー向けの提供を打ち切り、今後は有料サポートサービスを契約している法人顧客限定で提供する。(2015/1/9)

MSの月例パッチ「MS14-066」の適用急いで! 米国機関が強く勧告
Microsoftが公開したセキュリティ情報14件の中でも、WindowsへのSSL/TLS実装「Schannel」の脆弱性は1週間足らずで攻撃が発生する恐れがあるとして、直ちに対応するよう専門家が呼び掛けている。(2014/11/13)

Microsoft、16件の月例セキュリティ情報公開を予告
11月の月例セキュリティ情報は日本時間の11月12日に公開される予定だ。16件のうち5件が「緊急」に指定されている。(2014/11/7)

標的型攻撃に使われたWindows OLEの脆弱性も:
マイクロソフト、「緊急」3件を含む2014年10月の月例パッチを公開
マイクロソフトは10月の月例セキュリティアップデートを公開した。すでに標的型攻撃として観測がされていた脆弱性も含まれているため、早急な適用が必要となる。(2014/10/15)

Microsoft月例パッチの一部にまた不具合、配信停止
Lync Server 2010向けのセキュリティ更新プログラムのうち1件について、インストールがうまくいかない問題が発覚したという。(2014/9/17)

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、IEに攻撃発生の脆弱性も
IEの更新プログラムで修正された36件の脆弱性のうち1件は、事前に情報が公開され、「悪用を試みる限定的で活発な攻撃」が確認されているという。(2014/9/10)

MSの月例セキュリティ情報は4件――公開予告
月例セキュリティ情報は日本時間の9月10日に公開される。内訳は「緊急」が1件、「重要」が3件となる。(2014/9/5)

マイクロソフトの月例パッチ適用で不具合発生の報告、復旧方法を公開【追記あり】
8月13日に公開された月例パッチを適用した一部ユーザーのマシンで異常終了などの不具合が発生している。(2014/8/18)

マイクロソフトの月例パッチ、8月からの変更点
Windows 7や8.1、Server 2008 R2/2012 R2では2014年8月からセキュリティ更新プログラムの適用条件が変更されているので注意したい。(2014/8/13)

Microsoft、9件の月例セキュリティ情報を公開 IEに「限定的な攻撃」
9件のセキュリティ情報のうち2件が「緊急」レベル。IEの脆弱性は「限定的な攻撃」が確認されているという。(2014/8/13)

8月の月例パッチは9件、Microsoftが公開予告
Microsoftの月例セキュリティ情報は日本時間の8月13日に公開予定。「緊急」レベルの2件ではIEとWindowsの脆弱性に対処する。(2014/8/8)

Microsoft、Windows 8.1“Update 2”の提供予定はなし
今後の機能追加/改善は月例アップデートで対応していく。(2014/8/7)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 IEに24件の脆弱性
IEの累積的なセキュリティ更新プログラムと、Windows Journalの脆弱性に対処する更新プログラムの2件は、深刻度「緊急」に該当する。(2014/7/9)

Microsoft、6件のセキュリティ情報公開を予告
月例セキュリティ情報は日本時間の7月9日に公開予定。6件のうち2件では、Internet Explorer(IE)とWindowsの深刻な脆弱性に対処する。(2014/7/4)

Microsoft、メールでのセキュリティ情報通知を再開
プロセスを見直した結果、日本時間の7月4日に公開する月例セキュリティ情報の事前通知から、メールによるお知らせを再開することにしたという。(2014/7/3)

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、IEは59件の脆弱性を修正
「緊急」2件、「重要」5件の更新プログラムを公開し、計66件の脆弱性を修正した。(2014/6/11)

Microsoft、6月の月例セキュリティ情報公開を予告
日本時間の6月11日に「緊急」2件、「重要」5件の更新プログラムをリリースする。未解決だったIEの脆弱性も修正される予定だ。(2014/6/6)

MS、月例セキュリティ情報の公開でIEの脆弱性など修正 XPは対象外に
Internet Explorerの脆弱性のうち1件については「限定的な攻撃」が確認されているという。(2014/5/14)

XPのサポート終了、Windows 8.1のパッチ適用は「Update」が必須に
Windows XPとOffice 2003向けの月例パッチが最後になる一方、Windows 8.1では5月の月例パッチから「Windows 8.1 Update」が必須になるようだ。(2014/4/9)

XP最後のアップデート公開、Microsoftの月例セキュリティ情報は4件
Windows XPとOffice 2003向けの更新プログラムの提供はこれが最後。使い続ければ重大な危険にさらされることになる。(2014/4/9)

Microsoftがセキュリティ情報を公開、攻撃多発のIEなど脆弱性を修正
「緊急」レベル2件、「重要」レベル3件の月例セキュリティ情報が公開された。(2014/3/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。