ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SoftBank Air」最新記事一覧

Y!mobile、下り最大261Mbpsの「Pocket WiFi 504HW」を3月中旬以降に発売
ソフトバンクが、Y!mobile向けにモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 504HW」を3月中旬以降に発売する。CAや4×4 MIMOにより、下り最大261Mbpsの通信が可能。Wi-FiはIEEE802.11ac(5GHz帯)をサポートする。(2016/3/3)

電気料金の新プラン検証シリーズ(7):
電力と通信で年間8万円割引、ソフトバンクが電力市場で目指すもの
東京電力との提携で2016年4月から電力小売市場に参入するソフトバンクは、料金プランを発表した。基本的には東京電力の新料金プランを踏襲しているが、独自のセット割引「おうち割」を最大の特徴として打ち出す。(2016/1/13)

4月から「ソフトバンクでんき」提供、3人家族で携帯+電気代が年8000円以上お得に
ソフトバンクが東京電力との業務提携により、4月1日から電力サービス「ソフトバンクでんき」を提供する。ソフトバンクの「おうち割」と連携することで、月額料金の割引を受けられる。【詳細追記】(2016/1/12)

石野純也のMobile Eye(2015年総括編):
光コラボ、格安SIMの料金競争、ミッドレンジ端末の台頭――2015年のモバイル業界を振り返る
ドッグイヤーともいわれるモバイル業界では、2015年もさまざまな動きがあった。3キャリアが固定回線とのセット割を始め、格安SIMの料金競争が激化。ハイスペック端末は例年と傾向が変わらなかったが、SIMフリーをはじめとしたミッドレンジ端末が増加した。(2015/12/31)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
WiMAX 2+とSoftBank Airに新機種/mineo、全ユーザーでパケットシェアする新サービス
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターに久しぶりの新機種「WX02」が登場。ソフトバンクは「SoftBank Air」に下り最大261Mbpsの専用端末を発売した。パケットをユーザー全員でシェアできるmineoの「フリータンク」とは? (2015/12/21)

Mobile Weekly Top10:
販売ランキングはiPhone 6s&6が独占/格安SIM、安さの秘密
キャリア各社のサービス高速化も相次ぎました。(2015/10/19)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ドコモとKDDIが下り300Mbpsのサービス発表/MVNOのVoLTEに新たな問題
ドコモとKDDIが国内最速となる下り最大300Mbps対応のサービスを発表。より高速なモバイルデータ通信サービスが産声を上げた。一方、各キャリアやMVNOの新機種発表では「SIMロック解除義務化」へのデメリットが露呈した。(2015/10/16)

Mobile Weekly Top10:
MVNOの電波は弱い?/容量無制限をうたう新「SoftBank Air」の注目度
ソフトバンクから「Xperia Z5」と「Nexus 6P」「Nexus 5X」が登場した。(2015/10/14)

通信は実効速度を重視:
ソフトバンクが「Nexus 6P」を“独占”販売、Y!mobileとの2ブランド戦略でAndroidを展開
インフラは実効速度重視で整備。買い物、ポイント、健康、病院と、ライフスタイルを変える4分野の新サービスも開始する。(2015/10/13)

下り最大261Mbpsで“容量制限なし” 新「SoftBank Air」が12月スタート
工事不要。専用ターミナルを置くだけで使える、AXGPを使った屋内向けブロードバンドサービス。(2015/10/8)

新CMにキョンキョン:
ソフトバンク、2015-16冬春モデル発表 「Xperia Z5」「Nexus 5X/6P」など11機種【画像追加】
内訳はスマホ6機種、タブレット1機種、Androidケータイ3機種、データ通信機器1機種。「Nexus P6」をソフトバンクで、「Nexus 5X」をY!mobileで販売する。(2015/10/8)

「4Gから5Gへの鍵を握るのはTD-LTE」――WCP北原氏が語る ソフトバンクの5G戦略
東京オリンピックが開催される2020年に商用化が見込まれている新しい通信規格の「5G」。上海で開催された「TDD+ Announcement」では、ソフトバンク傘下のWireless City Planning 北原秀文氏が、ソフトバンクの5G戦略を語った。(2015/7/28)

ソフトバンクが光コラボに参入 「SoftBank 光」やスマホとのセット割を3月に開始
ソフトバンクが、NTT東西の光回線(FTTH)を利用した固定通信サービス「SoftBank 光」を3月1日に開始する。スマホとのセット割サービスも合わせて提供する。(2015/1/30)

「SoftBank 光」3月1日スタート NTT東西の回線活用、携帯とのセット割も
ソフトバンクBBがNTT東西地域会社の回線を活用するFTTHサービス「SoftBank 光」を3月1日に開始。ソフトバンクモバイルの携帯電話料金を割り引くセット割も。(2015/1/30)

ソフトバンク、多彩なジャンルの割引・優待を提供する「とく放題」提供開始
ソフトバンクモバイルとソフトバンクBB、ベネフィット・ワンが、食料品・遊園地入場券などの最大90%オフをはじめ、さまざまな割引や優待を受けられる月額サービス「とく放題」の提供を開始する。(2015/1/21)

下り110MbpsのAXGP通信が使い放題 家庭用ネットサービス「SoftBank Air」
ソフトバンクBBは、下り最大110MbpsのAXGP通信を利用した家庭用のブロードバンドサービス「SoftBank Air」を発表した。(2014/12/11)

置くだけですぐ高速通信、容量無制限 AXGP網利用のWi-Fiルータ「SoftBank Air」
宅内に機器を設置するだけですぐ高速無線通信を利用できる容量無制限のネット接続サービス「SoftBank Air」がスタート。AXGP網を利用している。(2014/12/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。