ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高速起動」最新記事一覧

5月末までの期間限定で超特価:
速さと容量を両立する大容量SSD搭載ノートPCの魅力
SSDの高速起動は一度体験してしまうと元に戻れない。とはいえ、SSDはHDDに比べるとまだ高価だ。高速起動と十分なストレージ容量を両立したいなら……(2016/5/13)

IoTやADASで定常時のさらなる安定動作を可能に:
ノイズ耐性を約10倍向上、完全デジタル型CDR
ザインエレクトロニクスと東京大学は、従来に比べノイズ耐性を約10倍向上させた高速起動完全デジタル型CDR(クロックデータリカバリー)技術を開発した。(2016/3/31)

ADAS、デジタルクラスター、インフォテイメントシステムなど:
PR:車載向けアプリケーションに今求められるのは大容量で高速起動が可能なフラッシュメモリ
自動車でのNOR型フラッシュ メモリの用途が拡大している。特にAdvanced Driving Assistant System(ADAS:先進運転支援システム)や、デジタル インスツルメント クラスターでのNOR型フラッシュ メモリの需要が急激に拡大している。それら車載用途の特性とNOR型フラッシュ メモリの適用範囲を紹介していこう。(2016/2/18)

高速起動Linuxソリューション「Warp!!」が「ConnectCore 6」に対応
リネオソリューションズの高速起動Linuxソリューション「Warp!!」がディジ インターナショナルのFreecale i.MX6搭載システムオンモジュール「ConnectCore 6」に対応した。(2015/11/13)

ESEC2015:
ルネサス「RZ/G1M」のLinux起動は何秒?
リネオソリューションズは「ESEC2015」にて、同社のLinux高速起動ソリューション「Warp!!」を搭載した、日立超LSIシステムズの組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」をデモを行っている。(2015/5/14)

組み込み開発ニュース:
T-KernelとLinuxのマルチOSと高速起動、日立超LSIがRZ/G搭載プラットフォーム
日立超LSIシステムズがT-Kernel/LinuxのマルチOS環境に高速起動機能を搭載した組み込みプラットフォーム「Solution Engine G1」を発売する。(2015/5/8)

組み込み開発ニュース:
Armadillo-IoTがリネオの「Warp!!」に対応
アットマークテクノのIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」がリネオソリューションズの高速起動ソリューション「Warp!!」に対応、電源オフの状態からでも約3秒で起動する。(2015/5/7)

iOS版Vine、アップデートで高速起動+オフラインでの再生も可能に
6秒動画サービスVineのiOSアプリがアップデートで起動が速くなり、オフラインでも数本の動画を再生できるようになった。(2015/3/19)

エイサー、11ac接続/高速起動対応した新Chromebook「CB3-111」
日本エイサーは、同社製Chromebookの新モデル「Acer Chromebook CB3-111」を発表。新たにIEEE802.11ac通線をサポートしたほか、起動高速化なども行われている。(2015/2/12)

オートモーティブワールド2015:
「Tizen IVI 3.0」ベースの車載情報機器を高速起動、最終目標は5秒以下
ユビキタスは、「オートモーティブワールド2015」において、ミラクル・リナックスと共同開発を進めている車載情報機器向けLinux統合ソリューションのプロトタイプ版を披露。車載情報機器向けプラットフォーム「Tizen IVI 3.0」の高速起動を実現した。(2015/1/23)

ET2014 開催直前情報:
リネオの高速起動ソリューション「Warp!!」が進化、車載対応新エディションも紹介
2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、リネオソリューションズは車載機器対応の高速起動をメインテーマに、「Warp!!」の新機能やシステム構築支援サービス「リネオテストラボ」の紹介を行う。(2014/10/20)

ハイレゾ再生も:
起動時間をさらに短縮、ソニーからBDプレーヤー新製品「BDP-S6200/S1200」が登場
ソニーは、Blu-ray Discプレーヤーの新製品として、「BDP-S6200」および「BDP-S1200」の2機種を発表した。起動時間の短縮やハイレゾ再生の対応ファイル拡充など機能面を向上させた。(2014/6/25)

“機能充実”ケータイに新機種登場――「THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH」
シャープ製の「THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH」は、3.4インチのフルワイドVGA液晶を搭載したハイスペックなモデル。上質なデザインとカラーの防水・防塵ボディに、高速起動の12Mピクセルカメラを搭載した。(2013/9/30)

キヤノン初、B5モバイルLEDプロジェクター「LE-5W」――PCなしでプレゼン可能
「LE-5W」はキヤノン初となる1キロ台のB5モバイルプロジェクター。LED光源の採用により、小型軽量ボディ、長寿命、省電力、高速起動/終了といった特徴を備えている。(2013/9/24)

ESEC2013:
JVCケンウッドの“彩速ナビ”はAndroidベース、「QuickBoot」で高速起動を実現
JVCケンウッドの“彩速ナビ”「MDV-Z700」は、Androidベースの新プラットフォームを採用している。そこで、LinuxとAndroidに対応するユビキタスの高速起動ソリューション「QuickBoot」を用いることで、電源オンから数秒で操作可能になる高速起動機能を実現した。(2013/5/15)

ESEC2013 関連ニュース:
インストールするだけで高速起動を実現、Armadilloシリーズ向け「QuickBoot RTP」
ユビキタスとアットマークテクノは、ユビキタスの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」を、アットマークテクノの組み込みプラットフォーム「Armadilloシリーズ」に適用し、インストールするだけで使用可能な「Ubiquitous QuickBoot RTP」を開発。中小規模の組み込みシステム向け高速起動ソリューションとして販売を開始する。(2013/4/24)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第15回 Windows 8は起動が速い……のはなぜか その理由を探る
Windows 8の起動が速い理由はいろいろあるが、その1つに「高速スタートアップ」という機能がある。この機能の導入でなぜ速くなるのかを探ろう。(2013/4/22)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第14回 Windows 8は起動が速い……のは本当か? 実際に計測して確かめてみた
LaVie Zの2013年春モデルはWindows 8モデルのみだが、Windows 7モデルも直販のLaVie GタイプZで在庫限りの販売が行われている。ほぼ同じ仕様のWindows 8と7でパフォーマンスはどう違うか、今回は起動時間を比較しよう。(2013/4/12)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第7回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いスマートフォンは?
秋冬モデルではクアッドコアCPUを備えたスマートフォンが、実際の性能はどこまで上がっているのだろうか? 定番のベンチマークアプリ「Quadrant Professional Edition」と、もう1つ「Vellamo」アプリを使って比較した。また起動時間も調べた。(2013/2/8)

採用事例:
複雑化する高機能ナビのシステム高速起動を支援、ユビキタス「QuickBoot」
高機能化に伴い、システムが複雑化するカーナビゲーションシステム。エンジン始動からユーザーが利用可能になるまでの起動時間の短縮がカーナビメーカーの課題である。JVCケンウッドが発表した最新ナビは、この課題を克服するため、ユビキタスのシステム高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」を採用する。(2013/1/11)

スマホ・タブレット・PCの楽曲でお手軽DJプレイ:
パイオニアのワイヤレスDJシステム「XDJ-AERO」に、ユビキタスの技術が採用
ユビキタスは、パイオニアのワイヤレスDJシステム「XDJ-AERO」に同社の組み込みデータベース「Ubiquitous DeviceSQL」と、組み込みシステム高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」が採用・搭載されたことを発表した。(2012/11/9)

車載ソフトウェア:
リネオと日立超LSIが高速起動デュアルOSをデモ、バックモニター起動時間は1秒
リネオソリューションズと日立超LSIシステムズは、ルネサス エレクトロニクスのユーザーイベント「R-Car Consortium Forum 2012」において、組み込みLinuxとT-Kernelを用いて、高速起動や2つのOSの協調動作に関するデモンストレーションを行った。(2012/10/25)

4G LTE対応:
光学手ブレ補正付き、高速起動1312万画素カメラ搭載――「AQUOS PHONE SERIE SHL21」
有効約1312万画素の裏面照射型CMOSを搭載し、光学式の手ブレ補正機能を用意した高画質カメラと、高精細な4.7インチHD液晶を搭載したシャープの「AQUOS PHONE SERIE SHL21」は、シャッターチャンスに強いAndroidスマートフォンだ。(2012/10/17)

SoftBank 4G対応:
電源オンで5秒で起動、Super AMOLED搭載の“高速”スマホ――「STREAM 201HW」
Huaweiが発売するAndroidスマートフォン「STREAM 201HW」は、電源オン時の高速起動やカメラの立ち上がりの速さが魅力のモデル。OSはAndroid 4.1へのアップデートを予定している。(2012/10/9)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第8回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いAndroidスマホは?
スマートフォンのCPUやグラフィックなどの性能を客観的に測れるツールとしてベンチマークアプリが提供されている。そこで今回は「Quadrant Professional Edition」と「Vellamo」アプリを使い、スコアを比較してみた。あわせて起動時間も調べた。(2012/10/8)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第2回 モバイラー目線で使うと実感する「R632/W1」のムフフなポイント(高速起動編)
dynabook R632は軽量スリムで長時間動作、SSD採用というだけでもモバイル利用に最適なノートPCだが、モバイラー目線で見ると「分かっているね」というポイントがかなり存在する。その3つのポイントとは何か──1つずつ紹介していこう。(2012/9/6)

“5秒で起動”の秘密とは:
写真で解説する「Ascend HW-01E」
ドコモ秋モデルとして投入されるHuawei製の「Ascend HW-01E」は、海外向け「Ascend D1」をベースにしたハイエンドモデル。機能やサービスで日本向けカスタマイズもきっちり施されており、5秒という高速起動も実現している。(2012/8/29)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
とにかく速い――予想以上に楽しかった「HTC J ISW13HT」のカメラ
日本市場向けに徹底して開発されたauのスマートフォン「HTC J ISW13HT」は、高速起動が可能なほか、HTC独自のチップやF値2.0のレンズを採用するなど、カメラ機能にも注力した。その実力はどれほどか。iPhone 4Sとの比較も交えてレビューする。(2012/6/6)

キャンパスで使う「dynabook R631」:
第2回 かゆいところに手が届く、R631のユーティリティソフトを検証する
高速起動や長時間のバッテリー駆動は、CPUやSSDだけで実現するとは限らない。Ultrabookの特徴を生かすユーティリティソフトがR631にはある。(2012/3/28)

KDDI、「Xperia acro HD IS12S」を3月10日から順次発売
KDDIは、ソニーモバイル製の「Xperia acro HD IS12S」を3月10日から順次発売する。防水ボディに4.3インチのHD表示タッチパネルを備え、高速起動が可能な1210万画素カメラを搭載した。(2012/3/8)

11.8ミリ/86グラムで、20時間の連続待受:
さらに薄型軽量に、高速起動のWiMAXルータ新モデル「URoad-SS10」
WiMAXルータ“URoad”シリーズの新モデルが登場。従来モデルと同等のバッテリー動作時間ながら、最薄クラスの11.8ミリ/重量86グラムとかなり小型軽量になった。クイック起動モードなども設け、連続待受20時間を実現する。(2012/2/29)

リファレンスCPUはTIの「OMAP4」:
ユビキタス、ARM Cortex-A9マルチコア対応「Ubiquitous QuickBoot」リリース
ユビキタスは、2011年10月にリリースしたLinux/Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot Release 1.2」の“マルチコア(SMP)対応版”SDKの提供を開始した。(2012/2/8)

防水仕様のデュアルコアCPU端末、高速起動の12メガカメラ搭載――「Xperia acro HD IS12S」
auのソニエリ端末「Xperia acro HD IS12S」は、防水仕様のデュアルコアCPUモデル。撮りたいシーンを逃さない高速起動の12メガカメラを搭載した。(2012/1/16)

【ET2011レポート】リネオソリューションズ:
PR:組み込みLinux専門技術集団リネオがあなたの製品開発を後押し!
組み込みLinuxに関する高い専門性を武器に、開発環境からソフトウェア、関連技術・サービスまでを幅広く手掛けるリネオソリューションズ。先に行われた「Embedded Technology 2011/組込み総合技術展」では、組み込みLinux超高速起動ソリューション「Warp!!」や、Linuxシステムを搭載した機器のリモート管理を実現する「SmartU2」など、次期製品の開発を後押しするソリューションの数々が披露された。(2012/1/10)

圧縮・差分アップデート機能を強化:
ユビキタス、Linux/Android高速起動ソリューション最新版「QuickBoot R1.2」
ユビキタスは、Linux/Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」の最新版の提供を開始。圧縮機能や差分アップデート機能の強化により、広範の組み込み機器で導入しやすくなったという。(2011/10/19)

7色展開、こだわりキーイルミの防水防塵フィーチャーフォン――「F001」
auの「F001」は、高速起動の13メガカメラを搭載したフィーチャーフォン。ボディカラーはアクリル絵の具ブランド「Liquitex」とのコラボによる7色から選べる。(2011/9/26)

1秒未満の高速起動、HDRアート動画も撮影可能な“EXILIM”「EX-ZR15」
0.99秒の高速起動、0.13秒の高速AF、最短0.29秒の撮影間隔でテンポのよい撮影を行える“EXILIM”「EX-ZR15」をカシオが発売する。「HDRアート」は動画撮影時にも適用可能だ。(2011/9/13)

2011年PC秋冬モデル:
上位モデルに相当する性能を低価格で実現──「dynabook Qosmio T551」
東芝は、9月5日にAV利用を重視しつつ価格を抑えたノートPC「dynabook Qosmio T551」を発表した。CPUを強化し、ファームウェアの改良で高速起動を可能にした。(2011/9/5)

2011年PC秋冬モデル:
新色を加えた最大13時間駆動+10秒起動の13.3型モバイルノート――「dynabook R731」
13.3型モバイルノートPC「dynabook R731」の2011年秋冬モデルは、新色のシャンパンゴールドを追加。SSD搭載モデルは10秒の高速起動を実現した。(2011/9/5)

2011年PC秋冬モデル:
“REGZA PC”登場、独自の高速起動+節電機能を強化──東芝「dynabook」シリーズ新モデル
東芝が2011年PC秋冬モデルを発表。液晶一体型の地デジ搭載PCを新ブランド「REGZA PC」へ刷新し、AV、スタンダード、モバイルと、幅広いラインアップを用意する。(2011/9/5)

再度発売予定決まる:
アルチザ製WiMAXルータ「AZ01MR」、6月上旬発売──“10秒高速起動”機能搭載
発売が延期されていたアルチザ製WiMAXルータ「AZ01MR」の発売予定日が6月上旬発売と再告知された。いわゆる“白ロム”モデルの直販サイト価格は2万4800円。(2011/5/20)

2011年PC夏モデル:
高速起動を実現した高性能モバイルPC――「dynabook R731」
13.3型ワイド液晶を搭載するスリムノートPC「dynabook R731」は専用モードにより、最速で約12秒の高速起動を実現した。(2011/5/16)

SMARTシリーズ:
タッチ操作も可能な“瞬撮”防水スライド――「N-05C」
ドコモのSMARTシリーズ端末「N-05C」は、豊富な機能を備えた防水スライドケータイ。0.5秒の高速起動が可能なカメラは、裏面照射型CMOSの採用で暗い場所でもノイズの少ないくっきりとした写真を撮影できる。(2011/5/16)

電子ブックレット(組み込み開発):
ESEC 2010 Androidとジェスチャインタフェースに注目集まる
Androidの高速起動に関する技術や、Androidの特長の1つであるJava仮想マシンDalvik VMを改良して、アプリケーションプログラム全体の高速化を図る動きがあった。ジェスチャインターフェイスでは、利用者の手の動きを何らかの手法で数値情報に変える必要がある。利用者の動きを数値情報に変える仕組みに各社の違いが見られた。(2011/2/15)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第7回 Androidの高速起動とセキュリティ対策
Androidの課題はたくさんあります。特に重要なものを挙げるとすると、起動時間の長さとセキュリティでしょう。起動時間を短くするには高速化ソリューションが必要です。起動時間は、ユーザーの目に見えている最大の問題であり、機器の全体的な印象まで損ねる可能性がありますから、対策を急がなければなりません。セキュリティを高めるには仮想化ソリューションが役立ちます。(2011/2/10)

2011年PC春モデル:
40秒高速起動のモバイルノート、“Sandy”と“Fusion”モデルを用意――「FMV LIFEBOOK PH」
12.1型/11.6型ワイド液晶の「FMV LIFEBOOK PH」は、1キロ台前半の軽量ボディが特徴のモバイルPC。第2世代Core iシリーズを採用し、OSを高速起動する工夫を取り入れたほか、AMD Fusionモデルも用意する。(2011/1/12)

写真で解説する「AQUOS SHOT 002SH」
シャープ製の「AQUOS SHOT 002SH」は、1410万画素のCCDカメラを搭載し、ハイビジョン動画撮影にも対応した防水ケータイ。高速起動やエフェクト撮影など、カメラをより快適に楽しめるようバージョンアップしている。(2010/11/29)

Windows 8は超高速起動、アプリストア「Windows Store」搭載のうわさ
MicrosoftはWindows 8で超高速起動やアプリストア、クラウド統合、顔認識ログイン、個人データを維持したままWindowsを実質的に再インストールするリセットボタンを計画しているようだ。(2010/6/30)

PRIMEシリーズ:
高速起動が自慢の12.2MカメラがHD動画撮影に対応――「N-04B」
NECの“瞬撮”ケータイがHD動画撮影機能を搭載した。起動0.8秒、撮影間隔1.5秒の軽快な操作性はそのままに、動画の撮影機能が強化されている。また無線LANアクセスポイントとして利用可能な機能も引き続き装備する。(2010/5/18)

エフセキュア、Windows Server向けウイルス対策ソフトの最新版
エフセキュアはWindows Server向けウイルス対策ソフトの最新版を発売した。CPUやメモリ使用量、起動時間の短縮を図ったという。(2010/2/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。