ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スピア型攻撃」最新記事一覧

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
最終回 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」で確かめる対策の抜けや漏れ
これまで標的型攻撃対策に役立つ防御方法やツール、組織体制などについて解説してきた。今回はまとめして、それらの取り組みをどのように進めるべきかについて、経産省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に照らしながら解説しよう。(2016/12/5)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第2回】
機械学習が「セキュリティ人材不足」解消の“特効薬”になる?
セキュリティ対策の中で困難なのが、セキュリティに精通した人材の確保だ。専門家の代替となる「セキュリティインテリジェンス」の仕組みと、その進化について解説する。(2016/12/2)

変わるWindows、変わる情シス:
第14回 「Windows 10」でデバイス管理が楽に、そして安くなる?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はクラウドを活用した「デバイス管理」のお話。(2016/12/1)

中堅・中小企業に最適なUTM
統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー比較、ユーザー企業が着目すべきポイントとは
インターネットと社内LANの間に施すセキュリティ対策としてUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)は効果的だ。主要ベンダーの製品を紹介する。(2016/12/5)

採用例が拡大「CompTIA Security+」、間もなく提供開始「CompTIA CSA+」:
PR:CompTIA認定資格が「あなた」に必要とされている、本当の理由
「若者のIT業界離れ」や「セキュリティ人材の不足」が、この先、日本の抱える深刻な課題と挙げられている。しかし、その人材をどう育成/採用していけばよいのかに悩む企業が多いのも、また大きな課題だ。そんな中、セキュリティ人材の採用基準の1つとして、多数の国内外の企業や政府機関で取り入れられている認定資格がある。CompTIA認定資格を推進する、CompTIAのキーパーソンにその真意を聞いた。(2016/11/28)

ハギーのデジタル道しるべ:
サイバー攻撃に遭わない会社は価値がない? セキュリティを真剣に考えてほしい理由
セキュリティの必要性が叫ばれているものの、残念ながら「真剣」に取り組む企業はそれほど多くはない。現場で感じる“見えない”危険の状況から、セキュリティが必要な理由を改めて伝えたい。(2016/11/25)

流出情報に各国政府“暗躍”の痕跡も
Androidアップデートを装い感染、新種マルウェアの大いなる謎
イタリアを発信源とするマルウェアは、当初“悪名高き”Hacking Teamとの関連が指摘されたが、別の監視ソフトウェアメーカーが関与していた可能性もでてきている。(2016/11/25)

日本型セキュリティの現実と理想:
第36回 IoT機器のセキュリティ対策はだれがやる?
IoTのセキュリティ対策の中でコンシューマー機器は急を要するが、対策は簡単には進まない。JNSAの「コンシューマ向けIoTセキュリティガイド」にある対策の担い手や視点から、コンシューマーIoT機器におけるセキュリティの方向性を解説する。(2016/11/24)

Maker's Voice:
システム管理で“御用達”ツールの「ssh」 攻撃者も利用する実態は?
システム管理者にとって「ssh」は必須のツールの一つが、攻撃側にとっても便利なツールとなりつつある。開発元のSSH Communications Securityは、「ssh本来のメリットを生かすためにも、適切なモニタリングと管理が必要」と説明している。(2016/11/22)

複雑な標的型攻撃が急増
高度化する標的型攻撃、未知のマルウェア対策もできる“3つ”の対策
標的型攻撃は2014年夏を境に急増しており、攻撃手法も複雑化している。そんな標的型攻撃を対策するために、何すればいいのだろうか。3つの大事なポイントを紹介する。(2016/11/22)

Trend Micro DIRECTION特別講演:
劇的なスピードでIT環境が変化する今、三菱化学エンジニアリング、太陽生命保険、ローソンが取り組むセキュリティ対策とは
トレンドマイクロが2016年11月18日、「情報セキュリティカンファレンス Trend Micro DIRECTION」を開催。本稿では、三菱化学エンジニアリング、太陽生命保険、ローソンが取り組むセキュリティ対策の講演の模様をレポートする。(2016/11/22)

Maker's Voice:
ファイア・アイ、クラウド対応の脅威解析ソフトを展開へ
巧妙なセキュリティの脅威を解析するソフトウェアを仮想マシンで利用できるという。(2016/11/18)

PR:総合力でサイバー攻撃に立ち向かえ! HPEが示すセキュリティビジョンとは?
急増するサイバー攻撃などによって企業のセキュリティリスクはますます高まっている。いまやサイバー脅威のブラックマーケットの規模は12兆円に上るほどだ。しかし、この脅威を食い止める「意外」なアプローチがあった。日本ヒューレット・パッカードのセキュリティ専門家が語った。(2016/11/18)

Maker's Voice:
ATMのリスク、物理的なアクセスで攻撃も――Kasperskyの研究者らが指摘
サイバー犯罪者の動機の一つとして、「カネ狙い」が明確になってきたと指摘されて久しい。長年、不正送金マルウェアなどについて調査してきたKasperskyでは、ATMそのものを狙った攻撃手法についても調査し、さまざまな攻撃経路が考えられると警告している。(2016/11/17)

専門家から疑問の声
Googleが暴いたWindowsのゼロデイ脆弱性、Microsoftは虚をつかれた?
GoogleはMicrosoftのパッチサイクルの間隙にWindowsのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。専門家の間では、Microsoftがこの脆弱性の深刻度を軽視しているのではないかという声が上がっている。(2016/11/17)

ジョーシス:
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「サンドボックス」
標的型攻撃などに対応するセキュリティ技術に「サンドボックス(sandbox)」がありますが、ITが苦手な経営層や業務部門の人にも“伝わる”ように説明できるますか? この解説を読めば、小学生でも分かるように説明できます!(2016/11/17)

インシデント対応レポート:
経団連にマルウェア「PlugX」「Elirks」が侵入、APT攻撃と判断
経団連の事務局コンピュータが外部と不正通信を行っていたことが判明し、調査からAPT(高度な標的型攻撃)と断定した。(2016/11/16)

「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【最終回】
次世代エンドポイントセキュリティの2大製品「NGEPP」「EDR」を比較、何が違うのか?
次世代エンドポイントセキュリティ製品は目的に応じて2種類に大別でき、選定時に注目すべきポイントも異なる。適切な製品を選定するためのポイントをまとめた。(2016/11/16)

3位はPokemon GOの偽アプリ、2位はクレカ詐欺、1位は……?:
「2016年の10大セキュリティ事件」、マカフィーが公開
マカフィーが「2016年の10大セキュリティ事件」を発表。2016年は「Pokemon GOの偽アプリ」「ランサムウェアの被害」が急上昇した。(2016/11/11)

セキュリティ脅威の変化に対応する協力体制を呼び掛け――インテル セキュリティ
インテル セキュリティが開催したカンファレンスで山野修社長は、変化の激しいセキュリティ脅威に対応していく業界横断の協力を提唱した。(2016/11/11)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016:
ソニー損保におけるセキュリティ対策――多層防御、社内CSIRTの実際
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016」を開催。多くの講演の中からソニー損害保険のセキュリティ対策に関するものをレポートする。(2016/11/10)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:不正侵入対策編【後編】
「無線LAN」が学校のセキュリティ対策を台無しにする“真犯人”だった?
教育機関のシステムやネットワークも攻撃者の標的になり得ることは、昨今の不正侵入事件を見れば明らかだ。そのような事態に対処するために、教育機関はどのような対策を講じればよいのか。具体策を説明する。(2016/11/10)

ラックと日本マイクロソフト、「IDベースドセキュリティソリューション」で協業
IDベースのセキュリティソリューションを展開し、ICT環境のセキュリティ強化とデジタルトランスフォーメーションの実現を支援する。(2016/11/7)

「パソコンなんでも相談室」的な業務に従事しているエンジニアにもお勧め:
PR:今、1番足りない現場のセキュリティ担当者育成を支援する「CompTIA Security+」
「セキュリティ人材が足りない!」との声に、個人は、そして企業は、何をすれば良いのだろうか?(2016/11/7)

外務省が「メールごと削除」と注意喚起 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次ぐ 
不審サイトへのリンク誘導も。(2016/11/6)

FOCUS 2016 Report:
カーナビがランサムウェアに感染したら…… 攻撃者視点のこれからの防御術
サイバーの脅威がITからIoTへと広がる今、守る側は対策をどう考えるべきか――Intel Securityのカンファレンスでは将来の要になるというセキュリティ技術動向が紹介された。(2016/11/4)

FOCUS 2016 Report:
Intel Security、サイバー脅威に対抗するセキュリティのオープン化戦略を表明
高度な脅威に対抗すべくベンダーやユーザー企業の団結を呼びかけ、「Open Data Exchange Layer」構想や多数の製品強化策を発表した。(2016/11/4)

重い処理は専用機器に任せる、という選択肢
「SSL暗号化」で隠れたサイバー攻撃をあぶり出す“賢い方法”
重要な情報を盗聴から守ってくれるはずのSSL暗号化通信が、サイバー攻撃に悪用され始めている。暗号化通信を復号すればよいと考えがちだが、実はそう単純な話ではない。(2016/11/2)

Enterprise Mobility+Securityのエンドポイント対策の“キモ”はIDセキュリティ:
PR:プロの知見を生かした3ステップ・エンドポイントセキュリティ対策!
標的型攻撃の増加によって急速に重要度が高まる、エンドポイント防御――。そのためのソリューションとしてラックが選んだのは、一般オフィスユーザーのニーズにぴたりと合った「Enterprise Mobility+Security(EMS)」だった。同社はエンドポイントセキュリティ対策の“キモ”になるのは「ID管理」と考え、このEMSに独自のサービスをプラスした「IDベースド・セキュリティ」ソリューションを用意し、サービス提供を予定している。このソリューションで提供される3ステップとはどのようなものなのか。(2016/11/2)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【後編】
「オンライン詐欺検出システム」を購入する企業がベンダーに質問すべき3つのこと
「オンライン詐欺検出システム」は、検出方法とその対象範囲が各ツールの差別化要因となっている。自社に最適な製品を選ぶには、詐欺検出ツールの主要機能を評価することが重要だ。(2016/11/2)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第5回 脅威に備える最終防衛ライン、インシデント管理システムとは?
セキュリティインシデント発生時は、対応フローに基づく的確な作業を実施できるかがポイントになる。今回はその中心的な役割を担う「インシデント管理システム」について紹介しよう。(2016/11/1)

ペイメントカードを狙ったサイバー犯罪への処方せん【前編】
電子商取引の犯罪被害を減らす、「オンライン詐欺検出システム」の仕組み
電子商取引が増えるとともに、サイバー犯罪の件数も増加の一途をたどっている。企業は「オンライン詐欺検出システム」を導入することで、犯罪の検出と阻止に取り組んでいる。(2016/11/1)

セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016 レポート(前編):
地域を問わないサイバー攻撃被害――急がれる地方の啓蒙活動
地方向けに最新のセキュリティ動向や技術を伝える「セキュリティ・キャンプ地方大会」。本稿では2016年9月23日から25日にかけて広島県で開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016」の模様をレポートする。(2016/10/31)

標的型攻撃対策は感染を前提に――IPAのサイバーレスキュー隊が活動報告
IPAのサイバーレスキュー隊「J-CRAT」が2016年上半期に対応した標的型攻撃事案は68件に上り、以前から提唱されている対策の実施が重要だと報告した。(2016/10/28)

IPA確認の標的型メールは1年半ぶり100件超、「攻撃者X」の活動再び?
確認された攻撃メールは、四半期ベースでは2015年4月以降に20〜30件程度で推移していたが、2016年7月〜9月期は123件と急増している。(2016/10/28)

Flashの未解決の脆弱性突く攻撃発生、Adobeが臨時パッチ公開
この問題を突くコードが既に出回っていて、Windows 7、8.1および10を狙った限定的な標的型攻撃に使われているという。(2016/10/27)

セキュリティ国家資格「情報処理安全確保支援士」の詳細発表、2017年4月から
「情報セキュリティスペシャリスト試験」に代わる新たな資格制度の実施体制などを経産省とIPAが発表した。(2016/10/24)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第5回】
「退職者に機密情報を持ち出された」ともめる前に打つべき内部不正対策
組織内部者の不正行為による情報流出の防止には、組織へのロイヤリティー(忠誠度)が重要な鍵を握っています。その上で、不正行為を検知し、分析するシステムを組み合わせると有効です。その具体的な方法とは?(2016/10/24)

「Row Hammer」を悪用
「Microsoft Edge」からパスワードを盗む攻撃手法が判明、対策はほぼなし?
セキュリティ研究者が、Windows 10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」を攻撃する新たな手口を明らかにした。効果的な対策はあるのか。(2016/10/21)

「AI」はセキュリティ担当者を救うのか【第1回】
セキュリティ対策を“対症療法”で済ませるのは、もう終わりにしよう
「従来のセキュリティ対策では不十分だ」という声をよく聞く。一方で“理想的”とされるセキュリティ対策の実現には、幾つものハードルがある。まずは現状を整理する。(2016/10/21)

セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡 2016レポート(後編):
サイバーセキュリティのプロになるための3箇条とは――熱気あふれた「セキュリティ合宿」
2016年9月16日から19日にかけて開催された「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡2016」から、専門講座のレポートをお届けする。(2016/10/21)

セキュリティ対策を成功させる“必要不可欠な組み合わせ”:
PR:サイバー攻撃の85%を予防できる「5つの緩和策」とは
2016年8月に協業を発表したIT資産管理ツール「LanScope Cat」を展開するエムオーテックスと、脆弱性データベース「Secunia」を運営する米フレクセラ・ソフトウェア。両社が共同で提供していく脆弱性管理ソリューションによって、ユーザー企業にはどんなメリットがもたらされるのか? 両社のキーマンに聞いた。(2016/10/20)

迷惑メールの猛威再び? 詐称攻撃横行への対策を呼び掛け
2016年3月頃から迷惑メールの流量が増えているという。IIJによれば、送信元を容易に詐称できてしまう状況があり、対策の実施を呼び掛けている。(2016/10/17)

マイクロソフトが最新版「Security Intelligence Report」を発表:
「マルウェア感染率の高い国/地域」が明らかに、日本の感染率は?
マイクロソフトが2015年下半期のセキュリティ脅威の動向をまとめた「Microsoft Security Intelligence Report(SIR)」より、マルウェア感染率の高い地域について公式ブログで解説。マルウェア感染率の世界平均は、2015年第3四半期の6.1台(CCM)から、第4四半期には16.9台(CCM)に増加しているという。(2016/10/17)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(7):
もしも「サイバー攻撃」の被害に遭ったら? 次に取るべき行動は……
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。今やサイバー攻撃の被害に遭うことは珍しいことではない。では万が一、その被害に遭ったらどうすべきか。ダメージコントロールや被害の復旧を粛々と行いつつ、次に取るべき行動とは?(2016/10/17)

“バグハンター”共通の苦労も:
トリップワイヤの脆弱性調査チーム「VERT」が語る、脆弱性悪用の傾向
最近のサイバー犯罪に用いられるマルウェアや攻撃コードは、数年前に指摘された古い脆弱性がいまだに悪用されることが多いという。最近の脆弱性の傾向と、企業や組織が向き合うべき姿勢とは。トリップワイヤの脆弱性調査チーム「VERT」のエンジニア2人に話を聞いた。(2016/10/14)

市区町村の情報セキュリティ(4):
自治体セキュリティにおける「無害化」のポイント
本連載では、2015年に総務省の「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」が公開した報告資料をベースに、市区町村のセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「無害化」です。(2016/10/13)

セキュリティの脅威対策を推進へ、日本IBMら6社が共同体制を構築
各社のソリューションを組み合わせて利用できる環境を企業に提供し、攻撃などの検知や分析の精度向上、対策実施までの時間短縮などにつなげたいという。(2016/10/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
今、サイバーセキュリティは「ITの課題」から「経営の課題」へ
企業がサイバーセキュリティに対して経営課題として取り組むよう求められる中、一体どんな戦略やテクノロジーが有効となり得るのか。さまざまな切り口から提言が行われた。(2016/10/13)

インシデント発覚まで2年も
“史上最大規模の情報流出”で露呈したYahoo!の危ういセキュリティ体制
Yahoo!の史上最大規模の情報流出は広範囲に影響を及ぼしている。訴訟が起こされ、米証券取引委員会(SEC)の調査の可能性が浮上し、同社の侵害検知体制と対応策に疑問の声が上がっている。(2016/10/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。