ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トップレベルドメイン」最新記事一覧

ET2016 レポート:
産業機器向けSSD製品、信頼性や低背で差異化
イノディスク・ジャパンは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、産業機器向けのフラッシュストレージ製品やDRAMモジュールの新製品を展示した。(2016/11/24)

PR:サイト運営者は知らなきゃ損!? ついに始まる新ドメイン「.shop」、活用のコツは
(2016/8/31)

3月2日:gTLDに沖縄を表すドメイン「.okinawa」が追加
(2016/3/2)

DNS Tips:
「PIアドレス」って何ですか?
ルートサーバーやTLDの権威DNSサーバーなど、公益性の高いサービスを運用している組織に割り当てられることのある「PIアドレス」について解説する。(2015/12/22)

世界初のカタカナドメイン「.コム」先行登録開始
お?(2015/12/17)

週末アキバ特価リポート:
512GB SSDが1万6480円! 冬ボ狙いの週末特価が熱い
冬のボーナスシーズンに突入し、思い切った週末特価が目立つようになってきた。なかでも500GB級SSDと8TB HDD、DDR3/4メモリの特価に注目してみたい。(2015/12/5)

DNS Tips:
DNSにおけるUDPの制限って何ですか?
DNSの仕様における、UDPのメッセージサイズやその他の制限について解説する。(2015/9/30)

DNS Tips:
DNSがUDPを使うのはなぜですか?
DNSにおける名前解決がTCPではなくUDPで行うように設計されている理由を解説する。(2015/8/27)

DNS Tips:
BINDの制御方法を教えてください(DNSサーバーの制御:BIND編)
ISCが開発し、多くの実績を持つDNSソフトウエアの実装「BIND」の制御方法を解説する。(2015/6/2)

com.googleはgoogle.comの“ミラー”サイト?
com.googleを検索すると、google.comを鏡に映したようなページが開く。ちゃんと検索もできる。(2015/4/1)

Google、TLD「.app」を史上最高額の2500万ドルで落札
Googleが、ICANNのドメインオークション史上最高額の2500万1000ドルでgTLD「.app」を落札した。アプリストア「Google Play」で使うのかもしれない。(2015/2/27)

「.tokyo」の不正サイトを初確認、新ドメイン悪用に注意
トレンドマイクロによれば、「.tokyo」のドメインを使う詐欺サイトの存在が初めて確認されたという。(2015/2/18)

怒涛の“萌え”推しラッシュ!! 新ドメインをテーマにしたアニソン風ドメインソング「ドット萌え」配信開始
萌えというか痛てえ!(2015/2/10)

DNS Tips:
「委任」という仕組みが必要な理由を教えてください
DNSの世界には、インターネットの他のサービスにはあまり見られない「委任」という仕組みが存在する。それは一体どうしてだろうか?(2015/1/19)

ドメイン登録サービス「Google Domains」一般提供開始
Googleが昨年6月に招待制でスタートしたドメイン登録サービス「Google Domains」が米国で一般に公開された。新たに「.company」「.coffee」など60以上のドメインが追加されている。(2015/1/14)

ドメイン名で効果的なブランディングを:
PR:ブランドと地域のつながりが伝わるアドレス――「都道府県型JPドメイン名」の日本語化がもたらすメリットとは
2014年11月3日から「都道府県型JPドメイン名」(「○○○.都道府県名.jp」)の都道府県名部分に日本語が使えるようになった。そのメリットを解説していこう。(2014/11/14)

対策は脆弱性対応やアカウント管理、書き換えに「気付く」手段の併用も:
ドメイン名ハイジャックがマルウェア感染サイトへの誘導に悪用、国内組織の「.com」で被害発生
2014年9月から10月にかけて、ドメイン名登録情報の不正な書き換えによる「ドメイン名ハイジャック」が発生し、当該サイトにアクセスしたユーザーがマルウェア配布を試みる不正なサイトに誘導される事態が発生していたとし、JPCERT/CCやJPRSが注意を呼び掛けている。(2014/11/5)

「kawaii.moe」は75万円、「miku.moe」は26万円 「.moe」オークション結果
新しいgTLD「.moe」について、先行登録で行われたオークションの最高額は「kawaii.moe」の7100ドル(約75万円)。(2014/10/10)

そのドメインで本当に大丈夫?:
PR:トップレベルドメインの大幅増加で見直される企業ドメインのあり方
「.com」や「.jp」にあたる部分であるトップレベルドメインに「.xyz」「.club」「.company」など新しいトップレベルドメインが大幅に追加されつつある。しかし、個人と異なり、企業には気をつけなければならない点もある。詳しく解説しよう。(2014/9/8)

週末アキバ特価リポート:
DDR4が注目されるアキバの週末、DDR3とDDR2の特価も見逃せない
全体的に値上がり傾向にあるDDR3メモリも、スポット入荷の特価品なら8000円切りで8ギガキットも狙える。また、レガシー感のあるDDR2メモリも探せば特価に出あえる。(2014/9/6)

なぜ希望するセカンドレベルドメイン名が取れないか:
名前衝突問題――その意外な影響と対策
一見、自分とは無関係の問題に見えながら、意外と広範囲に影響を及ぼす「名前衝突(Name Collision)」の問題。「新gTLDで自分が欲しい名前が登録できない」という問題も、名前衝突問題と関係している。その背景をJPNICとJPRSに尋ねてみた。(2014/7/25)

「.moe」の取得から活用まで:
PR:“萌えドメイン”の一般登録がついにスタート! 急げー!!
日本発トップレベルドメインである「.moe」の一般登録が7月22日11時に始まった。早い者勝ちだよ!(2014/7/23)

Google、ドメイン登録サービス(β)を開始 whois対策付きで年間12ドル
Googleが年間12ドルでプライベートレジストレーションや電話サポートも付くドメイン登録サービス「Google Domains」を招待制のβで開始した。「.みんな」や「.photograpy」など、新しいgTLDも利用できる。(2014/6/24)

gTLD急増で「名前衝突」のリスク発生 JPNICが注意呼びかけ
トップレベルドメイン(gTLD)の急増に伴い、DNSで「名前衝突」と呼ばれるセキュリティリスクが広範囲に発生する可能性があるとし、JPNICが注意を呼びかけている。(2014/6/9)

サービスが使えなくなったり、意図しない通信先にアクセスしたり:
増えるgTLDで高まる「名前衝突」のリスクに注意を、JPNICが呼び掛け
新たなgTLD(generic Top Level Domain)の追加によって名前衝突(Name Collision)に起因するセキュリティリスクが飛躍的に高まる恐れがあるとし、日本ネットワークインフォメーションセンターは2014年6月9日、注意を呼び掛けた。(2014/6/9)

TLD増加で社内システムと「名前衝突」の恐れ、JPNICが注意喚起
「.tokyo」など新たなトップレベルドメインが運用されることで、イントラシステムなどのドメインと「名前衝突」が発生し、サービス障害や情報漏えいなどが起こる恐れがあるという。(2014/6/9)

「.tokyo」「.みんな」――激増するドメイン、インターネットはどこに向かうのか 管理団体ICANNのCEOに聞く
2013年末ごろから世界中で続々と新たなドメイン(gTLD)が誕生している。インターネット環境はどのように変わり、人々にどんな影響をもたらすのか――ドメイン管理団体ICANNのCEOに聞いた。(2014/4/25)

Heartbleed情報アップデート:
国内でもHeartbleedを狙うパケットの増加を観測
「Heartbleed」脆弱性を狙う攻撃パケットの増加が国内でも観測された。あらためてWebサーバー側とエンドユーザー側、それぞれの対策を整理する。(2014/4/11)

「.tokyo」運用開始 都道府県ドメイン初 「東京の魅力を世界に」
全国の都道府県で初となる地理的名称トップレベルドメイン(gTLD)「.tokyo」の運用が始まった。(2014/4/7)

初の日本語gTLD「.みんな」 Googleが提供
Googleが初の日本語一般トップレベルドメイン(gTLD)「.みんな」の提供を開始。「インターネットはみんなのもの」という考えから取得したという。(2014/1/16)

ICANN、初の非ラテン文字gTLDをルートゾーンに追加
アラビア文字、キリル文字、中国文字のgTLD(汎用トップレベルドメイン)4件が利用できるようになった。(2013/10/24)

「1973年当時は32ビットアドレスで十分だと思った」
「インターネットの父」ヴィントン・サーフ氏が語るインターネット40年と未来
インターネットの父であり、Googleのチーフインターネットエバンジェリストのヴィントン・サーフ氏に、ハッキング、プライバシー、IPアドレスなどの問題について話を聞いた。(2013/10/8)

週末アップルPickUp!:
発表直前の次世代iPhone(のウワサ)を30秒で予習する
秘密主義、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。(2013/9/9)

トップレベルドメイン名をめぐる争い――Amazonの動きに業界が懸念
.book、.author、.readといった幾つかの新トップレベルドメイン名の取得に動くAmazonだが、業界は反発を強めている。(2013/3/15)

WindowsのIIS Webサーバに証明書をインストールする:
実践! SSL証明書の買い方・選び方
インターネット上のWebサーバへのSSL導入には、SSL証明書の選択と購入が必須だ。実際にSSL証明書の発行申し込みやWebサーバ(IIS)へのインストールを行い、その手順を詳しく解説する。(2013/1/23)

年末特別動画:
すがやみつるに聞く、プログミラング、ネット、ゲーム、統計解析
漫画『ゲームセンターあらし』『こんにちはマイコン』で、後に第一線で活躍するIT技術者たちの心をつかんだ、すがやみつる氏にITの過去、現在、未来を語っていただく。マイコン、プログラミング、ネット、匿名制と実名制、ゲーム、ソーシャルゲーム、ゲーミフィケーション、54歳で社会人大学生になったきっかけ、統計学、大学生と就職、雇用制度などについて聞いた(2012/12/21)

DNSDAYレポート:
ネットワークオペレータなら知っておきたい新gTLDの影響
2012年11月19日から11月22日の4日間にわたり社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が主催した「Internet Week 2012」の中から、「DNSDAY」の内容をレポートする。(2012/12/14)

「.docs」はGoogleとMicrosoftの対決に――新gTLDの申請リストが公開
ICANNが、申請された一般トップレベルドメイン(gTLD)の一覧を公開した。Googleはカタカナの「.グーグル」を含む101件を申請。「.doc」はMicrosoftと、「.drive」はAmazonと争うことになる。(2012/6/14)

Google、トップレベルドメイン「.youtube」や「.lol」を申請
2013年にはYouTubeのURLの末尾は「.youtube」に、Google Docsの文書は「.docs」になるかもしれない。(2012/6/1)

DNSSEC再入門(4):
権威DNSサーバのDNSSEC対応
インターネットの重要な基盤技術の1つであるDNSに対して新たな攻撃手法が公開され、その安全性が脅かされている。DNSにセキュリティ機能を提供するための技術であり、普及が進んでいるDNSSECについて、仕組みと運用方法を紹介する。(編集部)(2012/3/29)

「.tokyo」ドメインの管理事業者、都がGMOドメインレジストリを支持
「.tokyo」の管理運営事業者として、都はGMOドメインレジストリを支持すると発表した。(2011/11/21)

PhoneGapで始めるWeb→スマホアプリ制作入門(2):
Dreamweaver+PhoneGapでjQuery Mobileアプリのネイティブ化
Dreamweaver環境をセットアップし簡単なWebアプリを作ってAndroidで動くネイティブアプリにする手順を紹介します。(2011/8/30)

「.tokyo」を東京都が活用へ
トップレベルドメイン(gTLD)の自由化を受け、東京都は「.tokyo」を活用していく方針だ。(2011/6/24)

トップレベルドメイン名が自由化 企業名など可能に
現在は「.com」など22ある一般トップレベルドメイン(gTLD)が自由化され、企業名や地名などが使えるようになった。(2011/6/21)

「.apple」「.disney」も可能に ICANNがドメイン自由化承認
ICANNがトップレベルドメイン自由化を承認。キヤノンが「.canon」を使うといったように、企業が社名をドメインにすることが可能になる。(2011/6/20)

DNSSEC再入門(3):
キャッシュDNSサーバのDNSSEC対応
インターネットの重要な基盤技術の1つであるDNSに対して新たな攻撃手法が公開され、その安全性が脅かされている。DNSにセキュリティ機能を提供するための技術であり、普及が進んでいるDNSSECについて、仕組みと運用方法を紹介する。(編集部)(2011/6/1)

AKB48研究生がラボの研究員に:
仮想化とクラウドベースの保護技術を強化――「Kaspersky Internet Security 2011」発表会
カスペルスキーが2011年版のセキュリティソフトを発表、販売パートナーであるジャストシステムのWebサイトで試用版のダウンロードが始まった。製品発表会にはAKB48研究生の姿も。(2010/9/7)

2011年に新gTLDの運用開始、ベリサインが導入支援の新サービス
2011年後半から新たなgTLDが運用されるのに合せて、日本ベリサインが新gTLDの導入を支援する企業向けコンサルティングサービスを開始した。(2010/6/18)

キヤノン、gTLD「.canon」を申請へ GMOドメインレジストリと提携
キヤノンが新gTLD「.canon」の取得に向け、GMO傘下の申請代行会社と提携した。(2010/5/11)

「Google Public DNS」は目新しくない――競合やアナリストがコメント
競合するDNSサービス企業OpenDNSは「Googleが採用した手法の多くは当社が編み出したもの」と指摘しており、プライバシーに対するGoogleの姿勢に疑問を投げ掛けるアナリストもいる。(2009/12/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。