ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京地方裁判所」最新記事一覧

コンサルは見た! 与信管理システム構築に潜む黒い野望:
はめられた開発会社、要件定義書に仕掛けられたワナ
書籍『システムを「外注」するときに読む本』には、幻の一章があった!――本連載は、同書制作時に掲載を見送った「箱根銀行の悲劇」を、@IT編集部がさまざまな手段を使って入手し、独占掲載するものです。(2017/8/24)

ビットコインの危うさと課題 匿名性と便利さ悪用、犯罪に浸透
ビットコインに絡む事件や不穏な動きがここ数年、国内外を問わず顕在化している。匿名性と便利さ悪用し、犯罪に利用されることも多い。(2017/8/22)

「音楽教室と小中学校は異なる」――林芳正新文科相、JASRACの著作権料徴収に言及
「音楽教室は営利目的が一般的で、小中学校で音楽を習うのとは性格が異なる。一定の線引きが必要」――8月3日の内閣改造で入閣した林芳正 新文部科学大臣が、音楽教室からの著作権料徴収に対する考えを示した。(2017/8/4)

「ねぞうアート」火付け役が創業した「ハハノマド」破産
「ねぞうアート」ブーム火付け役が昨年創業した「ハハノマド」が破産。(2017/8/3)

消費停滞、原価上昇など影響:
初代「リカちゃん人形」製造 老舗メーカーが破産
ロングセラー玩具「リカちゃん人形」初代モデルの製造依頼を受けた人形メーカー「シバ」が破産。(2017/8/2)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(44):
恐怖! 暴走社長「仕様は確定していませんが、納品はしてください」
自社の不手際でプロジェクトが遅延しているのに、ベンダーを訴えたユーザーの社長。勝ち目のない裁判に社長が打って出た理由は何だったのだろうか?(2017/7/31)

マネーフォワードがfreeeに勝訴 クラウド会計ソフトの特許訴訟
マネーフォワードがfreeeの特許権を侵害しているとして、freeeがマネーフォワードを相手取り、特許の使用差し止めなどを求めた訴訟の第一審判決が7月27日、東京地裁であった。(2017/7/28)

「『イエス高須クリニック』は妻の遺産、私の宝です」 高須院長、東京地裁で涙の訴え
民進党の大西健介議員にCMを「陳腐」と言われ、名誉を毀損されたとして、「高須クリニック」が大西議員などを訴えた裁判。高須克弥院長は法廷で「『イエス高須クリニック』は妻の遺産、私の宝です」などと訴えた。(2017/7/25)

不適切会計で損害発生:
東芝、投資家から29件目の損害賠償請求 累計1172億円に
東芝の不適切会計問題で損害を被ったとして海外投資家6人から損害賠償請求訴訟の訴状を受領したと発表。この問題による訴訟件数は29件目で、請求総額は1172億円。(2017/7/20)

出光は「新株発行を予定通り実施」:
出光創業家、公募増資差し止め求め即時抗告 地裁の決定は不当
出光創業家は、出光の公募増資の差し止めを求めた仮処分申し立てを地裁が却下したことを不服として即時抗告した。(2017/7/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(43):
注文書=検収です、お金を払ってください!
オフショア先に発注したプログラムに多数の不具合が見つかった。しかしオフショア側は「金額入りの注文書」を作業完了後に発行したのだから検収完了であり、料金は支払えと言う。国境をまたいだ裁判の行方やいかに――?(2017/7/14)

マウントゴックス:
巨額ビットコイン消失事件で初公判、カルプレス被告は無罪主張
仮想通貨取引所「マウントゴックス」で巨額のビットコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた運営会社CEOの初公判が開かれた。(2017/7/11)

言い訳に終始:
破綻のタカタ 被害者への謝罪なし、消費者不在
自動車安全部品の名門、タカタを破綻に追い込んだのは、早期の事態収拾に取り組まなかった創業家の3代目である高田重久会長兼社長の対応のまずさが大きい。(2017/7/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

第6製造棟:
WD、四日市での投資継続意向 東芝の提訴受け
米Western Digital(ウェスタンデジタル)は、東芝と提携するフラッシュメモリ事業について、三重県四日市市で進める「第6製造棟」に投資する意向を改めて表明した。(2017/6/29)

東芝、WDに1200億円の損害賠償請求 半導体事業売却で「看過できない妨害行為」
東芝は、「WDが看過できない妨害行為を継続的に行っている」と主張。(2017/6/28)

その日の裁判予定が分かる「裁判.in」登場 管理人が手作業で毎日更新中
東京地裁でその日に開かれる裁判の予定を確認・検索できるサイト「裁判.in」を、個人開発者の矢野さとるさんがオープンした。(2017/6/28)

「看過できない妨害行為」:
東芝、WDに1200億円の損害賠償請求 「半導体事業売却を妨害」
東芝は、総額1200億円の損害賠償支払いなどを求めて米Western Digitalを提訴した。(2017/6/28)

東芝メモリ売却巡り訴訟合戦に:
東芝がWDを提訴、妨害差し止めと損害賠償を求める
東芝は2017年6月28日、メモリ事業で協業するWestern Digital(ウエスタンデジタル/WD)を相手取り、訴訟を起こしたと発表した。東芝とWDは、東芝によるメモリ事業売却を巡り対立している。(2017/6/28)

柳の下のドジョウは何匹?:
小学館が「やせるおかず」そっくりと激怒した類似本事情
小学館「やせるおかず 作りおき」と酷似しているとして他社に販売停止などを求めた騒ぎ。法的にはシロかクロかの明確な基準はないものの、「柳の下にドジョウは3匹までいる」という出版界の事情もある。(2017/6/28)

「そっくり本」に小学館激怒……類似本、どこまでなら許される?
「やせるおかずの作りおき」という料理本の題名や表紙デザインが自社の本に酷似しているとして、小学館が販売停止などを求める騒ぎがあった。一体どこまでの類似なら許されるのか?(2017/6/28)

安全システム:
エアバッグリコールのタカタ、ついに民事再生法を申請
エアバッグのリコール問題で揺れるタカタは臨時取締役会において、民事再生手続きを行うことを決め、手続きを開始した。経営再建については中国企業傘下の米国KSSの出資において行う。(2017/6/27)

トヨタの債権は5700億円:
自動車大手、タカタ倒産でリコール費用の回収困難に
タカタの倒産に関連し、同社製エアバッグのリコール費用を負担していた国内自動車メーカーが相次いで「求償権が取引不能になる可能性がある」と発表した。(2017/6/26)

きょうから整理銘柄に:
タカタ、上場廃止が決定 社債は債務不履行に
東証が、東京地裁に民事再生法の適用を申請したタカタの株式を7月27日付で上場廃止にすると発表。(2017/6/26)

製造業では戦後最大規模:
タカタ、民事再生申し立て 負債総額1兆7000億円
自動車部品大手のタカタが経営破綻。関連企業も含めた負債総額は約1兆7000億円で、製造業としては戦後最大規模の倒産となる。(2017/6/26)

シートベルト・エアバッグの「タカタ」民事再生法を申請 負債総額1兆7000億円、製造業で戦後最大の倒産に
6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。(2017/6/26)

ガイナックス、「カラーへ1億円の支払い命令」報道受け謝罪
心配と迷惑を掛けたと謝罪しています。(2017/6/23)

音楽教室による「音楽教育を守る会」、JASRACに訴訟を提起
「音楽教室でのレッスンには著作権法に定める演奏権は及ばず、JASRACの徴収権限は無い」ことを確認するための訴訟。(2017/6/20)

ヤマハら音楽教室側、JASRACを集団提訴 著作権料徴収方針めぐり
「日本の音楽教育、将来の音楽文化の発展を阻害する問題に団結して立ち向かう」としている。(2017/6/20)

負債1兆円超か:
タカタが民事再生法申請か 株の売買も一時停止
エアバッグの大量リコール問題に揺れるタカタが、来週にも民事再生法を適用すると一部報道機関が報じた。(2017/6/16)

映画「20世紀少年」プロデュース担当企業「アグン」が破産 外注費や人件費など先行投資が負担に
近年はヒット作に恵まれず、4月には事業を停止していた。(2017/6/14)

16年度の収入高は300万円:
映画「20世紀少年」手掛けた映画制作会社が破産
映画「20世紀少年」などを手掛けた映画制作会社のアグンが破産。(2017/6/14)

映画「20世紀少年」「蟲師」などプロデュース アグンが破産
映画「20世紀少年」「蟲師」などのプロデュースに携わった映画企画・制作・配給会社アグンが破産した。(2017/6/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(42):
こんなことも知らないんですか? ベンダーって勉強不足ですね
集団訴訟を管理するシステムを開発したベンダーが、要件になかった項目を“自主的に”追加しなかったからと弁護士に訴えられた。弁護士の常識vs.ベンダーの常識、勝つのはどっちだ!?(2017/6/12)

JASRAC、音楽教室からの著作権料徴収を正式発表 来年1月から
原則として、音楽教室が得た受講料の2.5%を徴収する。(2017/6/8)

「生きた心地しなかった」……「ひきこもり解決」自立支援施設が拉致・軟禁
ひきこもりや家庭内暴力を解決するとうたう民間の自立支援施設が、強制的に対象者を連れ出すなどして相次いでトラブルになっている。(2017/6/8)

「AULA」「RYZA」を展開:
ブランド「AULA」を展開 アパレル企業が民事再生
帝国データバンクによると、女性向けファッションブランド「AULA」などを展開するCODE.9(東京都目黒区)が民事再生を申し立てた。(2017/6/6)

クラウドファンディングで資金集めていた「そらゆめ」が破産
アニメグッズなどのクラウドファンディングサイト「CROSSクラウドファンディング」運営元のそらゆめが破産。破産開始決定後も、クラウドファンディングサイトで支援募集が続いていた。(2017/6/6)

AWS Summit Tokyo 2017:
AWS、東京リージョンに新サービス追加 日本円での決済や準拠法の日本選択も可能に
Amazon Web Services(AWS)が、AWS Summit Tokyo 2017の基調講演で、東京リージョンで使える新たなサービスや、AWSのクラウドサービスをより使いやすくするための改善ポイントを発表。(2017/5/31)

無断で撮られた写真、「相当なパワーある方」とFacebookに投稿され……男性が怒りの提訴
山伏の装束で祈りをささげている場面を勝手に撮影され、「相当なパワーのある方」とFacebookに投稿された男性が怒りの提訴。注目の判決は。(2017/5/23)

ヤマハ、JASRAC提訴の方針固める 教室からの徴収は「音楽文化の発展を阻害」
2月には“音楽教育を守る会”を結成していました。(2017/5/16)

ヤマハ、JASRACを提訴へ 「音楽教室に著作権料支払い義務なし」確認求め
音楽教室からの著作権料徴収を目指すJASRACの計画をめぐり、ヤマハ音楽振興会が訴訟を起こす方針だ。(2017/5/16)

カラオケ歌唱動画の投稿で敗訴 何がどう問題なのか、カラオケ大手メーカー2社に聞いた
著作隣接権を侵害しているとのこと。(2017/5/12)

創業50周年だが……:
アートスポーツ、破産 消費低迷で資金繰り悪化
スポーツ用品販売のアートスポーツが破産した。(2017/5/10)

2001年に続き2度目:
ニコンとASML、半導体露光装置で特許係争
ニコンは2017年4月24日、半導体露光技術に関して特許の侵害があるとして、ASMLと、ASMLのサプライヤーであるCarl Zeissを提訴した。この発表の直後となる4月28日(オランダ時間)、ASMLは特許侵害を強く否定し、ニコンに対して対抗訴訟を起こすと発表した。(2017/5/2)

コストが経営圧迫:
「500円ピザ」の「NAPOLI」運営会社が破産
500円前後の安価なピザを提供することで話題になった「NAPOLI」運営企業が破産。(2017/4/28)

無線LANただ乗りは「電波法違反に当たらず」 地裁が初判断
他人の無線LAN機器の暗号鍵を解読し、無断でネット接続する「ただ乗り」は「電波法違反に当たらない」と地裁が初判断。(2017/4/28)

売り上げ確保に失敗:
「魔法少女大戦」など開発 ゲーム会社「ガラット」破産
スマホやPS Vita向けゲーム「魔法少女大戦シリーズ」の開発元が破産。(2017/4/26)

ArF液浸:
ニコンがASMLなど提訴 露光装置の特許侵害主張
ニコンがASMLとツァイスに半導体露光装置の特許を侵害されたとして日独蘭で提訴。(2017/4/25)

「聖子ちゃんカット」で知られる美容室、運営会社が破産
美容室「HAIR DIMENSION」を運営するヘアーディメンションホールディングスが破産。(2017/4/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。