ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京地方裁判所」最新記事一覧

Weekly Access Top10:
Pokemon GOが教えてくれたこと
新宿御苑がテーマパーク並みの混雑に……。(2016/7/25)

哲学書「精神と自然」の新思索社、破産決定
哲学書「精神と自然」など専門書の出版で知られる新思索社が破産開始決定を受けた。(2016/7/21)

NHKだけ映らない機器設置の男性に受信料支払い命令 東京地裁「機器取り外せる」 男性が反論「今度は溶接する」
NHKの放送だけをテレビに映らないようにする専用機器を取り付けた男性(48)に対し、NHKが受信料の支払いを求めた訴訟。東京地裁は受信料の支払いを命じた。(2016/7/21)

従業員の悲痛な貼り紙で話題となったインドカレー店の運営会社が破産 賃金未払いで争っていた
「賃金も2年払われていません」と助けを求める貼り紙を掲示していました。(2016/6/30)

芸能事務所オフィスジュニアが破産 過去に的場浩司さんなど所属
所属していたタレントの移籍手続きはすべて完了している。(2016/6/29)

酒井法子、デビュー30周年記念で約16年ぶりの単独コンサート
7月1日にはオフィシャルファンサイトも復活!(2016/6/22)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(28):
契約もしていないし働いてもいませんが、お金は払ってください。売り上げ期待していたんですから
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は多段階契約の落とし穴を解説する。(2016/6/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(27):
納期が遅れているので契約解除します。既払い金も返してください
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は頓挫した開発プロジェクトの既払い金をめぐる裁判例を解説する。(2016/6/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(26):
契約では「設計以降」をお願いしていますが「要件定義」もやってくださいね。下請けなんだから
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回はパッケージソフトを使った開発のトラブルを解説する。契約にない「要件定義」をパッケージベンダーはするべきなのか?(2016/5/10)

勤務先の「児童ポルノ専用検知システム」がきっかけに 「単純所持」容疑で逮捕された34歳男
児童ポルノの「単純所持」容疑で34歳の男が書類送検された。きっかけは、男性が勤務していた外資系会社内の「児童ポルノ専用の検知システム」が作動したためだった。(2016/4/18)

「イソジン」めぐる明治とムンディの対立、和解へ 「カバくん」は今後もうがい薬に使用
互いに仮処分命令を申し立てる状況でしたが、円満な合意のもと和解したとのこと。(2016/3/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(25):
「聖火台のあるオリンピック競技場」の作り方
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「聖火台のないオリンピック競技場」を題材に、システム開発における抜け漏れのない要件定義手法を解説する。(2016/3/23)

カバくんが泣いている イソジンめぐり日米2社が泥沼訴訟合戦に その背景は?
「イソジン」をめぐり、国内で製造販売を担ってきた明治と、開発元でブランドを保有する米製薬会社ムンディファーマが訴訟合戦を繰り広げている。その背景は。(2016/3/16)

「万策尽きた」 出版取次業者の太洋社が自主廃業から一転して破産へ
東京地裁へ破産を申請。破産開始決定を受けた。(2016/3/15)

取次中堅の太洋社、破産決定 芳林堂書店の倒産で8億円焦げ付き
出版取次中堅の太洋社が東京地裁に自己破産を申請。出版取次の倒産では、栗田出版販売に次ぐ2番目の規模となる。(2016/3/15)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(24):
要件定義も設計もしてもらいましたが、他社に発注します。もちろんお金は払いません!
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回も正式契約なしに着手した開発の支払いをめぐる裁判を紹介する。ユーザーの要請でエンジニアを常駐して設計まで進めた開発案件、「他社に発注することにした」はアリ? ナシ?(2016/3/7)

芳林堂書店が破産申し立て
首都圏で書店を展開する芳林堂書店が破産。(2016/2/26)

「ユーラシア・ブックレット」の東洋書店が破産
ロシア関連の専門書を中心とした書籍「ユーラシア・ブックレット」シリーズを発行していた東洋書店が破産開始決定を受けた。(2016/2/17)

100億円の賠償求め:
アップルに日本の下請けが一矢 東京地裁中間判決「米国での審理」退ける
米アップルの不当行為で損害を受けたとして、部品下請けの島野製作所がアップルに約100億円の賠償を求めた訴訟の中間判決が15日、東京地裁であった。(2016/2/17)

Appleに日本の下請けが一矢 東京地裁中間判決「米国での審理」退ける
米Appleの不当行為で損害を受けたとして、部品下請けの島野製作所がが約100億円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁が国内での審理を決めた。この影響は多方面に波及しそうだ。(2016/2/16)

マジコン訴訟、業者の上告棄却 任天堂やソフトメーカーの勝訴確定
任天堂などがマジコンの販売差し止めを求めた訴訟で、最高裁が販売業者らの上告を棄却。輸入販売差し止めと、賠償金支払いが確定した。(2016/1/19)

「マジコン訴訟」で最高裁が販売業者の上告を棄却 任天堂らソフトメーカーの勝訴が確定へ
損害賠償命は約1億円。(2016/1/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(23):
採用通知=正式契約、ですよね?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、正式契約なしに着手した開発を、ユーザーが「契約成立」と主張し、ベンダーが「契約不成立」と反論し争った裁判を紹介する。通常とは逆パターンの本事件、果たして何が起こったのか?(2016/1/18)

@IT記事 2015年SNS反応数ランキング:
ギークなエンジニアがときめいた2015年@IT「いいね!」記事
2015年に@ITで掲載した記事から、Facebookの「いいね!」数が多かった記事をピックアップ。ジョークが分かるオトナなITエンジニアやプログラマーの皆さんは2015年、どんな話題や技術にときめきいたのでしょう。(2015/12/25)

人気ラーメン店「光麺」の一部店舗運営会社が破産
ブランドは存続する。(2015/12/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(22):
見積もりに合意してないから、要件追加分のお金は払いません!
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「見積もりの返事を待たずに着手した追加部分」の支払いをユーザーに拒否されたベンダーの裁判例を紹介する。裁判所の判断はいかに?(2015/12/8)

「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億
人気作品の版権を生かしたソーシャルゲームを開発してきたネクストリーと関連2社が、破産開始決定を受けました。(2015/11/12)

アニメ制作会社「マングローブ」が東京地裁より破産手続き開始決定受ける 「サムライチャンプルー」など制作
負債は約5億4446万円。10月1日には自己破産申請の準備に入っていました。(2015/11/11)

アニメ制作のマングローブ、破産手続き開始決定
「サムライチャンプルー」などを手がけたアニメ制作会社・マングローブが破産手続き開始決定。(2015/11/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(21):
頭の中も著作権の対象?――もう一つの「ソフトウエア パクリ」裁判解説
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、資料やデータを一切持ち出さなかったのに、かつての勤め先から盗用で訴えられた判例を解説する。(2015/11/2)

「デモに参加した孫が還らぬ人に」悪質デマツイートに東京地裁がIPアドレス開示を命じる決定
特に悪質性が高かったことから今回の決定が下されたようです。代理人の斎藤弁護士にお話を伺いました。(2015/10/16)

「アリさんマークの引越社」に業務改善を求めるネット署名 1万6000人を突破
労働組合のプレカリアートユニオンが署名運動を展開しています。(2015/10/7)

旧「近代映画社」が破産 「SCREEN」など3誌は新「近代映画社」で継続
「SCREEN」「SCREEN+」「BIG ONE GIRLS」の3誌は10月1日付けでタイヘイグループのティ・アイ・ティに譲渡。同社が商号変更で近代映画社として継続刊行する。(2015/10/5)

映画誌「SCREEN」など出版の旧「近代映画社」が破産へ
映画誌「SCREEN」などで知られた旧近代映画社が破産へ。(2015/10/5)

交際禁止を破った女性アイドルに東京地裁が賠償命令 「人権侵害」「イメージを売るのがアイドル」判決にネットで賛否両論
基本的人権を侵害していないかという声もあれば、アイドルをビジネスとするなら妥当だとする見方も。(2015/9/19)

「リング」「らせん」など手がけた映画製作会社・オズが破産へ
「リング」「らせん」などを手がけた映画製作会社のオズが破産手続き開始決定を受けた。(2015/9/14)

ホラー映画「リング」「呪怨」の製作会社が破産 近年はヒット作に恵まれず
資金繰りが悪化し、2012年から事業停止状態に。(2015/9/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(20):
業務で作成したソフトウエアの著作権は誰にあるのか?――退職社員プログラム持ち出し事件
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、自分が作成したソフトウエアを持ち出して起業したエンジニアが、元職場に横領罪で訴えられた裁判を解説する。(2015/9/7)

東証がみずほ証券に107億円支払い 誤発注問題、判決が確定
ジェイコム株式の誤発注問題で、東証がみずほ証券に賠償金107億円を支払う判決が確定した。(2015/9/4)

有料写真の無断使用、「ほかのサイトから入手したので知らなかった」は通用せず──判決が確定
有料写真素材のWebサイトでの無断使用は著作権侵害、「他サイトから入手した」「有料とは知らなかった」は通用しない――という判決が確定した。(2015/8/21)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(19):
プログラムの「盗用」は阻止できるか?
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、プログラムを「パクられた」ゲームソフトメーカーが起こした裁判を解説する。果たしてプログラムに著作権は認められたのか――?(2015/8/21)

7月サービス停止のキノコ美少女化ゲーム「きのここれくしょん」 開発会社が破産に
「きの娘(こ)」を育て「たけの娘(こ)」から村を守るというコンセプトで話題になりましたが……。(2015/8/20)

キノコ美少女化ゲーム「きのこたけのこ百年戦争」開発のCMIXが破産
キノコを美少女化したスマートフォンゲーム「きのここれくしょん 〜きのこたけのこ百年戦争〜」を運営していたCMIXが破産。(2015/8/20)

富士フイルム、DHCを特許侵害で提訴 スキンケア化粧品の販売差し止め求める
富士フイルムは、DHCのスキンケア化粧品2商品が同社の特許権を侵害しているとして、同商品の製造・販売の差し止めと損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。(2015/8/18)

スカイマーク、ANA支援の再生案可決
スカイマークの再生計画は、ANAホールディングスがスポンサーとなる案が債権者集会で可決された。(2015/8/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(18):
個性的ならOK?――著作権法で守られるソフトウエアの条件
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回から数回にわたって、ソフトウエアの著作権について解説する。(2015/7/27)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第3週
第153回「芥川賞」の受賞作『火花』が増刷で100万部突破。ほか、イオングループの未来屋書店と、ダイエーの子会社であるアシーネの合併が発表されています。(2015/7/21)

児童書の国土社が民事再生申し立て 負債3億円
児童書・教育書を出版する国土社が民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3億円。(2015/7/8)

製造マネジメントニュース:
植物工場ベンチャー大手が倒産、新工場の歩留まり安定せず
植物工場ベンチャー大手のみらいは東京地裁に民事再生法の適用を申請した。(2015/7/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。