ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トップ1%の人だけが実践している思考の法則」最新記事一覧

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
環境に合わせて進化する――富士フイルムが化粧品事業で成功できたワケ
ビジネスもダーウィンの進化論と同様に、激変する環境に合わせてビジネスモデル、製品内容をその都度、修正していけるかどうかが鍵です。綿密な計画より、スピーディーな実行と修正。失敗を恐れず、まずはアクションしてみましょう。(2013/6/11)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
想定しなかった市場機会を発見したPayPal
小さな実験を繰り返しながら分析をして全体を修正していく。成功の裏にはそうしたことの積み重ねがあるのです。(2013/6/4)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
あのダイソンもそうだった――誰よりも早く「実行」する
ビジネスを成功させるには、ロケットスタートが一番。悩んでる時間にライバルは着々と実行に移しています。実行しなければ……そう、あなたのアイデアはまさに絵に描いた餅で終わってしまうのです。(2013/5/21)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
アイデアは普通でも、アプローチ次第でイノベーションは起こせる
平凡なアイデアしか思い付かない……。それはよくあること。しかしアイデアは普通でも、アプローチ次第でイノベーションは起こせるのです。(2013/5/14)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ビジネス創設の第1歩、顧客の問題を「認知」する
ビジネスを創り上げる最初のプロセスは、顧客の抱える問題の認知。日常の光景にひそむ問題、顧客の「不」を自分自身で感じ取る観察力、洞察力が重要です。(2013/5/7)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
最強の武器を手に入れる思考とは?
ゼロからビジネスを生み出し育てる力を持っていれば、起業家はもとより、企業人であっても自分の担当分野を拡大でき、企業内で新しい製品やサービスも構築できます。そこから得られる経済的なメリットも計り知れないものになるでしょう。(2013/4/16)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
みるみる値下がりする商品はどう売ればいいか?
「あなたの車を買います!」というテレビCMをよく見かけます。なぜ買取専門の中古車ビジネスが成立するのでしょうか?(2013/4/9)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
25万円のクルマ、粗悪だけど低価格なら商売になる?
新興国には、新興国ならではのマーケティング戦略が成り立ちます。インドのタタ自動車が行った攻め方を例に、100万円を持つ1人ではなく1万円を持つ100人を狙う戦略を見ていきましょう。(2013/4/2)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
日常の「不」を解消せよ!?
人はポジティブなものを提供されるよりも、ネガティブなものを解消してくれるもののほうに対価を支払いやすい特性があります。あなたがビジネスプロデューサーなら、「不」をもっと意識して生活し、そこからビジネスチャンスを見つけるべきです。(2013/3/19)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
AmazonやZARAが実現している「ありえない効率化」
多品種、少量生産が当たり前の小売企業にとって、発注から納品までのスピード感はとても大切。オンライン小売大手のAmazon.comと、ファッションブランドZARAの例を見てみましょう。(2013/3/12)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
路頭に迷いそうな人にお金を貸すべきか?
バングラデシュのグラミン銀行は、貧困層を対象にした低金利の無担保融資をしていることで知られています。この銀行をビジネス面で着目すると「意外に貸し倒れリスクは少ない」ことが見えてきます。(2013/3/5)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
マクドナルドがこだわった「らしさ」とは何か?
企業にはそのサービスを印象付ける「ブランディング」、つまり「らしさ」が必要です。「らしさ」を壊して、むやみに多角化したり、ヒト、モノ、カネといった企業の持つ貴重なリソースを分散させたりすることは避けるべきです。(2013/2/26)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ダイソン“羽根のない扇風機”、開発原動力は「利用者の怒り」だった
掃除機メーカーの創業者、ジェームズ・ダイソン氏は、普段の生活の中で私たちが、うまくいかない事柄に対して、怒りを持つことこそが製品開発の原動力だと考えています。あの掃除機や扇風機も、ある不満から生まれました。(2013/2/19)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
サービス業が抱えるマニュアル主義の盲点とは?
例えばあなたがファミリーレストランの店長だったとする。接客マニュアルでは「大人にお子様ランチを売ってはいけない」となっているが、若い夫婦がやってきて、お子様ランチを3つオーダーしてきた。禁じられている行為をしてもよいだろうか?(2013/2/13)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ヤマト運輸に学ぶ「見えないコスト」に着目する術
宅配システムが高度に発展した現在の日本では、配達時間を指定できるサービスはもはや当たり前。しかし当時は、コストが掛かるものとして猛反対を受けていたのです。(2013/2/5)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
素晴らしいアイデアと綿密な戦略が成功の近道?
ビジネス成功への近道は、必ずしも最高のアイデア、綿密な計画があることではありません。むしろ、実験と修正を繰り返した結果、よいものを残していく「生物の進化論」をベースに考えるとよいでしょう。(2013/1/31)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
壁にぶち当たったら、質問を再定義する
優れた情報を自動的にまとめる方法はあるか? グーグル創業者の2人は、この問題別の角度から再定義することで、答えが見えてきました。世の中には、質問を変えてみることでスルッと、思わぬ答えが導き出せることがあります。(2013/1/22)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
高級フレンチより「俺のフレンチ」が儲かるってホント?
価格競争に巻き込まれないビジネスを作りたければ、機能ではなく、付加価値に着目すべきです。高級フレンチと低価格居酒屋の価格戦略の比較から、自分なりのビジネスが成立するヒントを探りましょう。(2013/1/16)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
年末年始に身につけたい、トップ1%の人が実践する思考ルール
成功する一握りの人々だけが実践する、共通の「思考の法則」を知るためには、いったん私たちが常識だと考えてきたルールをリセットする必要があります。そして、彼らの行動や考え方に注目し、そのエッセンスを吸収して、その根底にある思考のサイクルを身につけることが重要です。(2012/12/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。