ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「交通事故」最新記事一覧

桐山零が朝日新聞に登場だと……? 「3月のライオン」1話・2話が夕刊にまるごと掲載
夕刊の紙面に登場。アニメは10月8日スタート。(2016/9/29)

ホーム飛び降り車掌の処分撤回を求める嘆願書に賛同者4万人 近鉄に対応を聞いた
車掌の処分撤回を求める署名運動がインターネット上で行われている。これに対し近畿日本鉄道の対応は?(2016/9/27)

ディープラーニング活用で「ヒヤリ・ハットシーン」を高精度に検出:
NTT Com、AIを活用した危険運転の自動検出に成功
NTTコミュニケーションズが、人工知能(AI)を活用した危険運転の自動検出に成功したと発表。移動状況推定技術1を用いたAIにより、約85%の精度で危険運転を自動検知できたという。(2016/9/27)

車の危険運転シーンをAIで自動検知 NTT Comらが実験成功
車両から取得したさまざまなデータを基に、人工知能で危険運転シーンを自動検出する実験にNTT Comらが成功。(2016/9/26)

豪動物病院「春の運転は速度落として」 死んだ母コアラ代わりにぬいぐるみに抱きつく子コアラの写真を公開
母コアラがクッションになってくれたのか、奇跡的に無事でした。(2016/9/25)

「寛大な処遇と心のケアを」 高架から飛び降りた近鉄車掌に関するネット署名 1日で1万人の支持集める
近鉄の車掌が制服制帽を脱ぎ捨て飛び降りた件について、寛大な処遇ならびに心のケアを優先的に行うよう求めています。(2016/9/24)

実写映画「3月のライオン」 神木隆之介演じる主人公の場面カットが公開! 本人だこれ
大友監督は神木さんについて「零のキャラクターと重なる部分が多い」とコメント。(2016/9/24)

近鉄車掌が制服を脱ぎ捨て線路へ、その後高架下に飛び降り病院に搬送 人身事故対応でトラブルか?
詳細は現在も調査中とのこと。(2016/9/21)

ウインカーを出さない「岡山の不思議」 交通マナー全国最悪の実態
右折、左折時や車線変更時に方向指示器(ウインカー)を出す。そんな当たり前の交通ルールが、なぜか岡山県では守られていない。ルールを守らないのは県民性なのか。(2016/9/21)

スマホを置いてドライブすると愛知県内コメダ珈琲のクーポンがもらえるアプリ「Driving BARISTA」リリース
愛知県の交通事故低減につながるか。(2016/9/20)

車載情報機器:
トヨタとコメダが「ながらスマホ運転」防止へ、交通事故死者数最悪の愛知県で
トヨタ自動車と珈琲チェーンのコメダ、KDDIは、愛知県における「ながらスマホ運転」による事故の低減を目指し、スマートフォンアプリを活用した取り組みを始める。「自動車メーカー、通信キャリア、飲食チェーンが連携してアプリを活用した交通安全の取組みを実施するのは国内初の試み」(3社)だという。(2016/9/20)

スマホ伏せて走行でクーポン トヨタ、コメダ、KDDIが「ながらスマホ運転」防止プロジェクトを開始
トヨタ自動車、コメダ、KDDIの3社は、「ながらスマホ運転」を防止するプロジェクトを始めた。(2016/9/20)

「スマホの画面を伏せて走行すればコーヒーが無料」――トヨタら3社が愛知県で“ながらスマホ運転”防止の取り組み
愛知県内で「ながらスマホ運転」を防止するために、アプリを使ったユニークな取り組みをトヨタ自動車、コメダ、KDDIが共同で実施する。(2016/9/20)

益若つばさ、交通事故で笑顔にコンプレックスも「いつの日かとびきりのスマイルを」と前向き発言
小悪魔ファッションもあまり好きではなかったそう。(2016/9/19)

蝶野正洋さんが1日警察署長を務めるも「笑ってはいけない」にしか見えない事案発生
デデーン「方正〜アウト〜!」って聞こえそう。(2016/9/18)

EE Times Japan Weekly Top10:
やはり本当だったルネサスのIntersil買収
EE Times Japanで2016年9月10〜16日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/9/17)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/15
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月15日)(2016/9/16)

交通量多い道でポケモン出ないようにして――大阪府などが要請
大阪府と大阪市・堺市は、「Pokemon GO」を運営元に対して、府内の交通量の多い道路や交通事故の多い交差点にポケモンを出さないよう要請した。(2016/9/15)

日本型セキュリティの現実と理想:
第31回 「ポケモンGO」まで来たITの進化とその先にあるIoTの衝撃
各種メディアをにぎわしているIoTは、日本も国を挙げて推進しようとしているほどの大きな潮流となりだした。今回から何度かにわたって、セキュリティはもちろん、このIoTの本質や課題、その将来性などを記す。まずはIoTの本質から考察したい。(2016/9/15)

人々の記憶紡ぐ「ポケモンGO」 被災地など地方創生へ新たな人の流れに期待
宮城県石巻市中瀬。旧北上川河口近くの中州に、夏草が生い茂る空き地がある。漫画家の石ノ森章太郎が学生時代、となり町から自転車で3時間ほどかけて通ったという映画館「岡田劇場」の跡地だ。(2016/9/12)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

津波で流された劇場も再現 Pokemon GOの地図は記憶紡ぐ遺産
Pokemon GOの地図上では、津波で流された劇場の写真と解説文が表示される。「ゲームを通じて、震災のことを感じてもらいたい」。(2016/9/9)

販売数2年で倍増:
広がるドラレコ スマホ接続、安全運転サポートも
自動車の車内から運転状況を撮影し、記録するドライブレコーダーの普及が加速してきた。普及拡大を見込んだメーカーの参入も相次ぎ、市場は大きな盛り上がりを見せている。(2016/9/9)

EE Times Monthly Access Top10:
BluetoothをWi-Fiとして再利用、何に使うの?
EE Times Japanでは、2016年8月中に多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/9/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道会社向けの「人身事故損害保険」は必要か?
今年3月、最高裁でJR東海が敗訴した。認知症患者による人身事故について、家族への損害賠償請求が認められなかった。恐らくこの事例がきっかけとなって、鉄道会社向けの人身事故損失に対する保険商品を発売された。しかし、改めてJR東海の裁判の意図を推し量ると、この保険は空回りしそうな気がする。(2016/9/9)

Pokemon GO、引きこもり改善の効果は
Pokemon GOで引きこもりが改善したという例が報告されている。効果はどれほどあるのか。(2016/9/8)

【無謀】ガチ怖がりが三和交通の「心霊タクシー」に乗ったら文明に感謝した
夏の思い出にぴったりな極上の恐怖体験でした……(むせび泣く)(2016/9/4)

EE Times Japan Weekly Top10:
中国スマホメーカーの動向に、注目が集まる
EE Times Japanで2016年8月27日〜9月2日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/9/3)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/01
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月1日)(2016/9/2)

米国人女性、ゴミ袋で捨てられていた子犬を発見 車線上で身動きが取れなくなっていたもよう
もがくような動きが、見ているだけでつらい。(2016/9/1)

スマートフォンのデータが法廷で不利な証拠になる可能性も
24時間365日、スマホを一時でも体から離せないというユーザーは多いでしょう。裁判の証拠にもなるスマートフォンに蓄積されたデータの扱いとは――。(2016/8/31)

EE Times Japan Weekly Top10:
また、硬い物を切ってしまった……SiCのスライス技術
EE Times Japanで2016年8月20日〜26日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/8/29)

世界を「数字」で回してみよう(33) 人身事故:
鉄道人身事故に打つ手なし!? 数字が語るその理由
鉄道への飛び込みはどうもお手軽らしい。それは前回、明らかになりました。もしかすると鉄道会社はそれを体感的に知っているのかもしれません。対策を取ろうとは、しているのです。ところが、これは遅々として進みません。なぜか――。その理由は、ちゃんと数字が伝えてくれているのです。(2016/8/24)

自動運転技術:
ボルボとUberが次世代自動運転車の開発で協業、無人運転も視野に
Volvo Cars(ボルボ)とライドシェアサービス大手のUber Technologiesは、ドライバーによる運転操作が不要な無人運転をも視野に入れた次世代自動運転車の開発で協業すると発表した。この開発プロジェクトに、両社で3億米ドルを投資する。(2016/8/19)

Uber、8月中にVolvoと共同開発の自動運転車による配車をピッツバーグで開始へ
UberとVolvoが自動運転車開発での提携を発表した。8月中にXC90ベースの自動運転車でのテスト配車を開始する。Uberはまた、元Googleの自動運転車チームメンバーが創業した自動運転企業Ottoの買収も発表した。(2016/8/19)

IoTデバイスの開発秘話(1):
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
2016年1月に起こった軽井沢のスキーツアーバス転落事故以降、長距離高速バスや貨物自動車の安全対策が問題視されている。ドライバーの居眠り対策もその1つだ。そうした中で富士通は、居眠り検知のウェアラブルセンサーとして「FEELythm(フィーリズム)」の展開を始めた。FEELythmが面白いのは、腕でもなくメガネとしてでもなく、“耳たぶ”に装着することだ。なぜ、耳たぶを選択することになったのだろうか。FEELythmの販売推進に携わっている楠山倫生氏に話を聞いた。(2016/8/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「モノの賢さとIoT」
「人の運転は道路交通法で禁止」――。自動運転の車が進化すれば、そんな時代が来るかもしれません。今回はIoT(Internet of Things)によってインテリジェント化していくモノについて解説します。(2016/8/8)

Automated Vehicle Symposium 2016レポート:
自動運転技術の進化に浮かれてはいけない、“安全第一”に舵を切った米国政府
1年で風向きが一気に変わった――。米国で例年開催されている自動運転に関するシンポジウム「Automated Vehicle Symposium 2016」。直前に起きたTesla Motorsの自動運転機能付きモデルの事故の影響もあり、米国の政府関係者らは“Safety First”を強く打ち出す姿勢を取り始めた。3日間のシンポジウムを取材した筆者のレポートをお送りする。(2016/8/4)

飼い主が事故死した自動車で生活する犬、仲良くなった男性が引き取ることに ブラジルの動物保護団体が発表
廃車置場で何ヶ月も孤独な日々を送っていました。(2016/8/1)

「ピカチュウ見せれば10%引き」の店も 「Pokemon GO」1週間、ビジネスチャンスもトラブルも
Pokemon GOの国内配信開始から1週間。経済効果を見込む企業などがある一方、操作に気を取られた交通事故が相次ぐなど、波紋も広がっている。(2016/7/29)

自動運転技術:
開設後3カ月の真新しいテストコースで、ホンダセンシングの実力を試す
ホンダが2016年4月に先進安全技術の開発のために新設した「栃木プルービンググラウンドさくら」。真新しいテストコースでホンダセンシングの実力を試した筆者のレポートをお送りする。(2016/7/28)

「ポケモンGO」で遊んでいたら弱った子猫を発見 → 引き取り手を見つけるために使った「あるアイテム」が話題に
親猫も見当たらず、集まったポケモントレーナーが保護。(2016/7/28)

ライドシェアは過疎地で普及させるべきだ
米国のIT企業Uber Technologiesが展開するライドシェアにタクシー業界は猛反発している。しかし、このサービスには過疎地における交通手段の問題を解決する期待が大いにあるのだ。(2016/7/27)

Over the AI ――AIの向こう側に(1):
中堅研究員はAIの向こう側に“知能”の夢を見るか
今、ちまたをにぎわせているAI(人工知能)。しかしAIは、特に新しい話題ではなく、何十年も前から隆盛と衰退を繰り返してきたテーマなのです。そしていまだに、その実態はどうも曖昧です。本連載では、AIの栄枯盛衰を数十年見てきた私が、“AIの彼方(かなた)”を見据えて、AIをあらゆる角度から眺め、検証したいと思います。果たして“AIの向こう側”には、中堅主任研究員が夢見るような“知能”があるのでしょうか――(2016/7/27)

「鉄道施設内でポケモン出現しないよう設定を」 鉄道事業者23社および日本地下鉄協会が「ポケモンGO」に要請書提出
「お客様の安全確保等の観点から」とのこと。(2016/7/26)

石野純也のMobile Eye(7月11日〜25日):
「ポケモンGO」の衝撃――通信キャリアや端末メーカーに与える影響は?
「ポケモンGO」の配信がいよいよ日本でもスタート。23〜24日は、街中でポケモンGOに興じる「ポケモンマスター」の姿も多く見かけ、街中の風景を一変させた。ポケモンGOは、モバイル業界にどのような影響を及ぼすのだろうか?(2016/7/26)

充電器を貸してくれるとはありがたや〜! 「ポケモンGO」プレイヤーに親切な京都のお寺が話題に
“分かる人にだけ分かる”告知方法で寺院の雰囲気を守っています。(2016/7/25)

「人間が交通事故も生き残れるように進化したら」を具現化したら恐ろしい姿になった
オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。(2016/7/24)

俳優だってアイドルだって「ポケモンGO」で遊びたい! 仕事中にもポケモンをGETしちゃう芸能人が続出
一方で偽物をつかまされた悲しい人も。(2016/7/22)

ハギーのデジタル道しるべ:
もし自分が急死したら…… 会社における「デジタル遺品」対策
故人のPCやデータといった「デジタル遺品」は生前での対応を誤ると、周囲に迷惑が及ぶ。それはプライベートだけではなく、実は仕事や職場でも同様だ。2つの例から注意点を解説する。(2016/7/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。