ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「交通事故」最新記事一覧

スマートシティーに舵を切る:
22万台ある街灯が鍵、香港のスマートモビリティ構想
香港で開催された「International ICT Expo」(2018年4月13〜16日)では、スマートシティー関連の技術や製品を展示する専用ゾーンが設けられた。特に、通信機能やカメラ、センサーを搭載するスマート街灯(スマートポール)の展示が目立った。(2018/4/23)

和田憲一郎の電動化新時代!(27):
MaaSは鉄道など公共交通や都市計画にどのような影響を及ぼすか
フィンランド発で、モビリティのサービス化を示す「MaaS(Mobility as a Service)」という一大ムーブメントが起こってきた。公共交通機関やレンタカー、タクシー、レンタサイクルなどを組み合わせて、人の移動をシームレスに行うサービスを示す言葉だ。では今後、MaaSが普及すると、モビリティやサービス変革のみならず、都市交通や都市計画にどのような影響を及ぼすのだろうか。関係者にヒアリングを行った。(2018/4/23)

Intel Automotive:
「自動運転の安全確保には経験が必要だ」インテルが語る自動運転へのアプローチ
Uberが自動運転の実験中に起こした死亡事故は、自動運転技術そのものについて、再度、懐疑の視線を招くことになった。Mobileyeを買収し、BMWやフィアットらと自動運転の開発を進めるインテルは「安全確保には経験が必要だ」と自社の取り組みを説明する。(2018/4/18)

新連載:otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
火が点かないようにしても意味がない
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏によるリスクマネジメント連載がスタート。火がついても燃え広がらないようにするためにやるべきことは?(2018/4/11)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
トヨタはモビリティサービスでどう稼ぐか、何を競争力にするか
人々の移動を助ける会社「モビリティカンパニー」を目指すトヨタ自動車。「モビリティサービス・プラットフォーム」の整備や、車載通信機の本格的な普及など、モビリティサービスの展開に向けた施策の狙いを聞いた。(2018/4/4)

DeNAが徹底解説:
トヨタも取り組む次世代モビリティ戦略の一手、「MaaS」とは何か?
自動運転やコネクテッドカーといった自動車技術の発展と同時に、ライドシェアに代表されるサービスとしての乗り物「MaaS(Mobility as a Service)」への関心が高まっている。このMaaS市場に向けて各種モビリティサービスを手掛けるディー・エヌ・エー(DeNA)が、MaaSの概要とその可能性について語った。(2018/3/30)

自分で“判断”する家へ:
10年後の「快適な住宅」とは何か LIXILの展望
「快適な暮らし」をさまざまな視点からデータで実証し、住宅に生かそうとしているLIXIL。家庭内事故を防ぐためには? トイレはどう変わるのか? 10年後の住宅について聞いた。(2018/3/28)

ここがヘンだよ、セキュリティの常識:
マルウェアを持ち込んだ社員は“罪人”なのか?
会社のPCをマルウェアに感染させてしまったりしたら、相当、肩身が狭い思いをしますよね。でも、最近のサイバー攻撃は本当に手が込んでいるんです。(2018/3/23)

Uber自動運転車事故の瞬間、テンピ警察が映像を公開
事故を受け、トヨタ自動車も自動運転車公道走行テストを一時中断。(2018/3/22)

「自転車ながらスマホ」の危険性をVRで体験――KDDIなど3社が啓発活動
KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が、携帯電話・スマートフォンの「ながら運転」の危険性を啓発するプロジェクトの第2弾を開始する。VRコンテンツも用意し、KDDIが主催・協賛するイベントを中心に体験コーナーを設けるという。どれくらい“危険”なのか、体験してみた。(2018/3/20)

脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち
脳波やジェスチャー、声で操作──未来のクルマはどうなっていくのか。今年お披露目されたコンセプトカーや周辺技術を紹介していきたい。(2018/3/14)

最新の「サポカー」でも……:
自動ブレーキ、どこまで安全? 元特捜部長の事故に見え隠れする意外な“盲点”
元東京地検特捜部長(78)が運転中に起こした事故を巡り、思わぬ波紋が広がっている。乗っていた車が自動ブレーキなどを搭載した「安全運転サポート車」だったため、「どこまで有効な機能なのか」という疑問が浮上した。(2018/3/12)

「大地震の発生率」診断機能がウェザーニュースに 危険度をヒートマップで表示
東京が赤い……。(2018/3/9)

ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(1〜4話)
まだ追い付ける!(2018/3/2)

冬はホカホカ、夏はサラサラ:
PR:睡眠のメカニズムを本気で考えた新ジャンルの家電「ふとコン」とは?
ふとんクリーナーで知られるレイコップから睡眠環境を本気で考えた全く新しい家電製品が登場! ふとんの中を快適に保ち、心地よい眠りに誘う仕組みとは? その魅力を「睡眠改善インストラクター」のすずまり氏がリポートします。(2018/2/23)

加入者の安全運転を支援
機械学習はUberやAirbnbのようなイノベーションを自動車保険業界にもたらすか
機械学習ツールを活用できる分野はデジタルマーケティングだけではない。自動車保険会社のHiRoad Assuranceは、保険加入者の安全運転に機械学習ツールを役立てている。(2018/2/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「自動車産業に押し寄せるCASE」
自動車産業に押し寄せる「CASE」(Connected、Autonomous、Shared、Electric)の波は、自動車業界だけでなく、周辺の産業までも巻き込んで、破壊と変革を引き起こし、ビジネスの在り方を根本的に変革しようとしています。CASEがもたらすデジタルトランスフォーメーションの連鎖を解説します。(2018/2/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマのコモディティ化と衝突安全
ここのところ繰り返し書いているテーマの1つが、「クルマはコモディティ化していく」という安易な理解への反論だ。今回は衝突安全の面からこの話をしたい。(2018/2/19)

有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも
店の事情をよく知るアーティストにお話を聞きました。(2018/2/14)

「妻が女の子に……」:
小室哲哉さんが明かした家族追い詰める「高次脳機能障害」
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した際、くも膜下出血で倒れて療養中の妻で歌手のKEIKOさんが「高次脳機能障害」であることを明かした。(2018/2/14)

GACKT、愛車のベントレーで接触事故に遭う 「怪我はなかったし怒る必要もなし」
「いきなりボクのベントレーの横っ腹に右折してきたクルマがぶつかってきた」(2018/2/12)

「音楽家の駆け込み寺になりたい」 音楽専門の無料法律相談団体、弁護士の思いとは
「専門外のことに時間がとられるくらいなら、法律のプロに聞いてすぐ終わらせて、音楽活動に専念した方がいい」。(2018/2/10)

データのじかん:
自社データと組み合わせればお宝に? 事例で解説する、今注目のオープンデータの使い方
オープンデータの活用で企業がどのような価値を得られるのか――オープンデータの第一人者が説く活用のヒントとは?(2018/2/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
私たちの心は「スマホ」に乗っ取られたのか
海外メディアを見ていると、以前からデジタル機器に人々が依存している問題が話題になっているが、最近、またスポットライトが当たっている。デジタル機器やコンテンツへの依存は私たちにどんな影響があるのか。調べてみると……。(2018/2/8)

スピン経済の歩き方:
クルマの技術は向上しているのに、子どもの事故が続く背景
登下校時に、子どもが巻き込まれる痛ましい事故が続いている。ドライバーの不注意や過失によって引き起こされたものであることは間違いないが、その一方で、筆者の窪田氏は「日本の通学路が抱える問題もある」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/2/6)

タランティーノ「時速64キロで走れ。できなかったら撮り直しだ」 「キル・ビル」主演女優、パワハラによる交通事故を告白
「やっちまいな!」流行に潜んでいた闇。※追記あり(2018/2/5)

迫るQualcommとの統合:
車載半導体首位・NXPの製品/技術戦略を幹部に聞く
車載半導体シェア首位ながら、Qualcommによる買収を間近に控えるNXP Semiconductors。今後、どのような車載半導体ビジネス戦略を描いているのか。同社オートモーティブ事業部門の最高技術責任者(CTO)を務めるLars Reger氏に聞いた。(2018/1/31)

クルマ社会に朗報?:
沖縄の渋滞緩和に一役、自動走行バスにみる地方活性化の可能性
沖縄本島を訪れた人ならご存じだろうが、都市部を中心に交通渋滞が深刻な問題となっている。まさにクルマ社会の弊害と言えるのだが、この問題を解決すべく内閣府などが今力を入れているのが自動運転バスの実証実験だ。(2018/1/31)

IHS Future Mobility Insight(1):
本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか
現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第1回は、自動運転技術の導入がどのように進むかについて分析する。(2018/1/30)

国内事例がなくても新技術を活用
kmタクシーがGCP「Cloud Spanner」を採用、新サービスでタクシー業界に新風吹き込む
kmタクシーの国際自動車は、「Google Cloud Platform」(GCP)のサービス「Cloud Spanner」を活用し、ビジネスを変革させる新しいサービス「フルクル」を開発した。Spannerを使った理由やメリットを聞いた。(2018/1/24)

あなたのマネジメント力で組織課題を解決(2):
正しい戦略を描けるマネージャーは部下のスキルを嘆かない
コンサルタントとして仕事の進め方や組織の改革提案を行ってきた筆者が語る“マネジメント力による課題解決”。今回はマネージャーの「仕事」についてお話しします。(2018/1/23)

とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第88回は、毎年恒例の特別企画。2017年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト10を紹介。(2018/1/21)

運転経歴証明書は半数が「知らない」:
体が衰えたら「運転免許証を返納したい」人、18歳以上の65%
18歳以上の日本人が「運転免許証を返納したい」と考えるきっかけは?――内閣府調べ。(2018/1/19)

自動運転、責任の所在はどこに
日本の公道でも段階的に導入が始まっている自動運転。従来はドライバーに運転の責任があったが、自動運転ではどうなる?(2018/1/19)

「投資すべきか否か」から「どの分野で活用すべきか」へ
「AIは超人を生み出す」、2018年にCIOが注目するAIプロジェクトは
第一線のIT幹部へのインタビューによると、2018年もAI(人工知能)プロジェクトへの大掛かりな投資は継続し、企業全体のAI戦略を構築する上でCIOは重要な役割を果たすことになりそうだ。(2018/1/18)

デトロイトモーターショー2018:
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2018」において、レクサスブランドのフラグシップ・クロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1 Limitless」を初公開した。(2018/1/17)

目的地までクルマが運転操作 SUVコンセプト「Lexus LF-1 Limitless」世界初公開
トヨタ自動車が、自動運転技術を採用するクロスオーバーSUVのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開。(2018/1/16)

高齢運転者対策も:
スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 道交法改正案
携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針だ。(2018/1/16)

スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 道交法改正案
携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する「ながら運転」に対し、政府が罰則を強化する方針だ。(2018/1/15)

日本人気質?:
長距離バスが高速道路逆走 ベテラン運転手がなぜ?
高速バスが昨年12月、降りる予定のインターチェンジを通過し、ミスに気づいた男性運転手がバスを約560メートル逆走させてICに入り直していたことが判明した。(2018/1/12)

軽にも:
安全運転へ広がるHUD搭載車 車速や進行案内をフロントガラスに投影
視界前方に車速や進行案内などの情報が浮かんで見えるヘッドアップディスプレイ(HUD)の搭載車種が高級車から軽自動車まで広がっている。(2018/1/12)

【マンガ】かつて中国で「信号の赤を“進め”にしよう」という運動があった
違和感あるけど、みんなで渡れば怖くないはず(震え声)。(2018/1/12)

安全運転へ広がるHUD搭載車 車速や進行案内をフロントガラスに投影
運転者の視界前方に車速や進行案内などの情報が浮かんで見える「ヘッド・アップ・ディスプレー」の搭載車種が、高級車から軽自動車まで広がっている。(2018/1/11)

【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(14):
人工知能時代にこそ、「ベーシックインカム」は必要だ(前編)
「人工知能に人間の仕事が奪われる」という可能性が論じられている今、政府が一律に所得を支給する「ベーシックインカム」が注目されています。人工知能時代にこそ、必要な施策だと主張する人が増えているのをご存じですか?(2018/1/11)

ディルバート(534):
上司を凌ぐ交渉術?
ボスから部下へ伝えられる仕事のワザ。部下がさらに磨きをかけることもありますが、そもそものワザが“ブラック”な場合は……?(2018/1/4)

特集・ミライのクルマ:
「5G」でクルマ社会はどう変わる? 3キャリアに聞く
次世代通信規格の「5G」を生かした新しいビジネスモデルとして期待されている「コネクテッドカー」や「自動運転」。5Gでクルマ社会はどんな変化を遂げるのだろうか。ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に聞いた。(2017/12/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR西日本、東急電鉄の事故から私たちが学ぶこと
JR西日本の新幹線車両台車破損、東急電鉄のケーブル火災から私たちが参考にできることもある。クルマの運行前点検とタコ足配線の見直しをした者だけが石を投げなさい。(2017/12/22)

IoTを使って「ながら運転」を防ぐスマホケース登場、そのメカニズムとは?
車内にいる間はスマートフォンを使えなくする――IoTでそんな制御を行うスマホケースを使って、交通事故を減らそうとする実証実験が行われる。その仕組みは意外とシンプルなものだった。(2017/12/21)

FM:
防犯カメラとAIで街の異常を自動検知、犯罪抑止や事故防止に貢献
オムロン ソーシアルソリューションズは、「住宅・都市イノベーション総合展2017」で、防犯カメラ映像とAIを組み合わせた防犯・防災システム「まちの見守り(仮称)」を参考展示した。人や自転車などの動きをAIが推定し、異常発生時には自動でアラートを発報する。(2017/12/20)

「眩しい夕日の中から突然自転車が……」 交通ヒヤリ体験を投稿する「危なかッター」キャンペーン、入賞作品がどれも怖い……
こんな体験したくないですね。(2017/12/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。