ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トランスコスモス」最新記事一覧

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査
トランスコスモスは、アジアの主要10都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調査しました。東京とアジア各都市では、ユーザーの動向に違いがあるようです。(2018/4/19)

「紙が動く!」 日本直販がARアプリ カタログにかざすとAR動画再生
「日本直販」がARアプリ。カタログ紙面や新聞広告を写すと、関連動画などが再生される。アプリからそのまま買い物も可能だ。(2018/4/4)

「Salesforce Marketing Cloud」を活用:
電通デジタルとトランスコスモス、LINE向けマーケティング支援サービスを共同で提供
電通デジタルと電通デジタルドライブおよびトランスコスモスは共同で、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Marketing Cloud」を活用した、LINE向けマーケティング支援サービスを提供開始した。(2018/3/23)

「Contact-Link」と「DECode」を連携:
トランスコスモス、コンタクトセンターの会話ログを活用した広告配信を実現
トランスコスモスは、顧客との会話ログとマーケティングデータの一元管理を可能にした。一元化したデータは、DMP「DECode」を経由した各アドネットワークへの広告出稿に活用できる。(2018/2/27)

ABEJA Platform:
深層学習のアノテーション工程を自動化
ABEJAは、オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」のβ版に「アノテーション」機能を追加し、パートナー企業への提供を開始した。これまでアノテーションに要していた作業負荷を大きく軽減し、作業プロセスを自動化、省力化できる。(2018/2/13)

おぎやはぎを起用したプロモーションも開始:
「b→dash」が大規模アップデート、月額5万円から使える中小企業向け新製品も発表
フロムスクラッチはマーケティングプラットフォーム「b→dash」の大規模アップデートと新製品「b→dash Lite」、タレントのおぎやはぎを起用したプロモーション展開などについて発表した。(2018/2/6)

製造ITニュース:
深層学習のアノテーション工程を自動化、省力化する機能を提供
ABEJAは、オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」のβ版に「アノテーション」機能を追加し、パートナー企業への提供を開始した。これまでアノテーションに要していた作業負荷を大きく軽減し、作業プロセスを自動化、省力化できる。(2018/2/6)

来場者・グッズ購入情報などのビッグデータを活用:
イベント来場者へのワンツーワンマーケティング実現へ「b→dash」と「Quick Ticket」が機能連携
フロムスクラッチは、同社が開発・提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」とplaygroundのコミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」が機能連携を開始したと発表した。(2018/1/10)

「SNSでいじめ相談」普及へ――「SNSカウンセリング協議会」LINEなど設立
「全国SNSカウンセリング協議会」をLINEなどが設立。いじめなどに関する若者からの相談をSNSで受け付ける「SNSカウンセリング」の質向上・普及を目指す。(2017/12/6)

スマートフォンから実店舗での購買までシームレスに循環できる仕組みを実現:
「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」をコミュニケーションアプリ「LINE」と連携した。(2017/11/21)

マーケティングからカスタマーサポートまで:
「LINE」と「Salesforce Service Cloud」を連携した顧客コミュニケーションサービス、トランスコスモスが提供
トランスコスモスは「LINE ビジネスコネクト」と「Salesforce Service Cloud」を連携させたと発表した。(2017/11/6)

初回“スター”はCIO:
山田孝之氏が生配信で初回企画を発表──ライブコマースの「me&stars」
ミーアンドスターズは、ライブコマースプラットフォーム「me&stars」の初回企画を2017年11月13日に発表する。企画発表者は、同社CIOで俳優の山田孝之氏。(2017/11/2)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
スマホ向け動画制作のCandee、2期目で売上8億円超
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/18)

送付先抽出から送付まで自動で実施:
トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメールを自動発送できるサービス「レコレタ」の提供を開始したと発表した。(2017/9/26)

財務人材に必要なマインド:
“積極的”財務が成長のカギ トランスコスモスCFO
グローバル企業、トランスコスモスの事業運営を支える財務部門とは? CFOの本田氏に、自らの財務のキャリアや、財務の人材育成などについて聞いた。(2017/9/21)

コピーライターのノウハウをAI化:
「AIコピーライター 言葉 匠」 トランスコスモスが開発
トランスコスモスとAI研究所Communication Science Labは、インフィード広告を中心としたテキスト広告のコピー生成支援システム「AIコピーライター 言葉 匠」(β版)を開発したと発表した。(2017/9/20)

企業のデジタルマーケティング支援業務を強化:
電通デジタル、トランスコスモスと新会社「電通デジタルドライブ」を設立
電通デジタルとトランスコスモスは業務提携し、企業のデジタルマーケティング支援業務強化を目的に新会社を設立した。(2017/9/13)

トップオブトップのインフルエンサーとタイアップ:
山田孝之氏も参画、トランスコスモスがライブコマースを手掛ける新会社設立
トランスコスモスは、芸能人をはじめとするインフルエンサーのプレミアムコンテンツをライブ動画で販売する新会社ミーアンドスターズの設立を発表した。同社取締役には俳優の山田孝之氏も名を連ねる。(2017/9/5)

山田孝之、新会社「ミーアンドスターズ」取締役に就任 「自分なりにできることをやっていこうと」
“モノ”だけではなく“体験”も提供。(2017/9/5)

ユーザーの属性に合わせて最適なタイミングでメッセージ配信:
LINEユーザーにセグメント配信可能なメッセージ配信ツール、トランスコスモスとLINEの共同出資会社が提供
transcosmos online communicationsは、エンドユーザーの趣味嗜好に合った情報配信ができるLINE@対応のメッセージ配信ツール「KANAMETO」の提供を開始した。(2017/9/4)

ダイナミックバナーでのチャット対応が可能に:
チャット広告「DECAds」が「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携
トランスコスモスはチャット広告「DECAds」において、リターゲティング型ダイナミックディスプレイ広告配信サービス「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携した。配信ネットワークを拡大するとともに、ダイナミックディスプレイ広告にも対応する。(2017/8/24)

セグメント配信からO2Oキャンペーン、カスタマーサポートまで:
トランスコスモス、LINEやFacebook メッセンジャーなどを活用したCRM製品を提供
トランスコスモスは、コミュニケーション管理プラットフォーム「DECAds Connect Edition」を提供開始した。(2017/5/29)

IBM Watson Summit 2017:
PR:Watsonが実現した“今どきの接客”とは? 一堂に会した最新のコグニティブ活用ソリューション・現場レポート
(2017/5/22)

認定代理店向け情報サイトも開設予定:
Twitter Japan、認定代理店一覧を公開
Twitter Japanは、同社の認定代理店34社を公開した。(2017/5/2)

IBM、業界特化型Watsonのラインアップを拡充 導入期間の短縮化狙う
日本IBMは、幅広い業種の企業と協業することで、業界特化型の学習済みWatsonのラインアップを拡充する。Watsonの導入にかかる時間が大幅に少なくなるという。(2017/4/28)

のしやラッピング、代引きにも対応:
トランスコスモスグループのECロボ、完全自動出荷ができる通販物流サービスを提供
ECロボは、モール型ECサイトや自社ECサイトにおいて商品を販売する企業向けに、商品の完全自動出荷サービスをリリースした。(2017/4/18)

より幅広いユーザーにアプローチ可能に:
トランスコスモス、チャット広告「DECAds」の誘導メニューにYDNを追加
トランスコスモスは、同社が提供するチャット広告メニュー「DECAds(デックアズ)」において、ヤフーが提供する広告サービス「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」を誘導メニューに追加した。(2017/4/12)

人工知能ニュース:
「AIの民主化」掲げる米国ベンチャーが日本進出、機械学習の結果も説明可能に
米国のAIベンチャー・データロボットが、「AIの民主化」を掲げ、日本市場での事業展開を本格化する。既に東京オフィスを開設しており、2017年度末までにデータサイエンティストを中心に人員を10人以上に増員する計画だ。(2017/3/1)

2017年4月から提供:
トランスコスモス、スマートニュースと共同でチャット広告商品を開発
トランスコスモスとスマートニュースは、スマートニュースが提供するニュースアプリ「SmartNews」内の広告において、チャット広告メニュー「DECAds」の販売を開始すると発表した。(2017/3/1)

運用に必要な人材の提供も:
AIを活用してコミュニケーションデータを分析するDMP、トランスコスモスが提供開始
トランスコスモスは、AIを活用して広告やチャットなどのコミュニケーションデータを分析するDMPサービス「transcosmos decode」の提供を開始した。(2017/2/23)

顧客の行動履歴を活用して最適な商品をレコメンド:
LINEでお薦め商品を個別に配信するECサイト向けサービス、トランスコスモスが提供
トランスコスモスは、LINE上で顧客ごとに複数のお薦め商品をカルーセル形式で配信できるサービス「メッセンジャーアプリ ECサービス for ダイナミックトーク」を提供開始する。(2017/2/6)

業界のトレンドを読む
2017年のUCは「AI」と「メッセージング」に注目せよ
2017年はどのようなトレンドが企業に影響を与えるのか。ユニファイドコミュニケーション(UC)業界のアナリストらによると、AI(人工知能)やメッセージング、クラウドインフラなどに注目する必要がありそうだ。(2017/1/18)

日本でも活用が進む:
チャットボットがビジネスインフラになる日
人工知能(AI)と言えば、自動運転や医療への応用で脚光を浴びているが、もちろんECや物販などのビジネスにも応用できる。その領域で今、注目を集めているのがチャットボットだ。米国の動きを見ても、チャットボットが消費者向けビジネスの主要チャンネルの1つになることはまず間違いないだろう。実は日本でも、その動きが加速し始めている。(2017/1/11)

日本での独占販売権を取得:
トランスコスモス、bot構築・運用管理プラットフォーム提供の米Replyと資本・業務提携
トランスコスモスは、Replyと資本・業務提携し、同社が開発するbot構築・運用管理プラットフォーム「Reply.ai」の日本での独占販売権とアジアにおける優先販売権を取得したと発表した。(2017/1/10)

週刊「調査のチカラ」:
購買行動に大きな影響、生き残る企業の「コミュ力」とは?
企業に求められるコミュニケーションチャネルに注目の「消える系SNS」、ビジネスパーソンが健康で働くためのポイントなど、今回は「コミュニケーション」にまつわる調査データをピックアップしてお送りします。(2016/10/22)

LINEプラットフォームを効果的に活用:
トランスコスモス、LINEの「Official Web App」に対応した新サービスを提供
トランスコスモスは、フィードフォースと協業し、Webサイト事業者向けにLINEの「Official Web App」に対応した新しいサービスを提供する。(2016/9/21)

スカパーJSAT、サポートにチャット機能を導入
スカパーJSATは、オラクルのクラウドサービス「Oracle Service Cloud」によるヘルプセンターの機能に、新たにチャットを活用したお問い合わせサービスを開始した。(2016/8/9)

導入、カスタマイズ、運用、コンサルティングまでワンストップで提供:
トランスコスモス、「Salesforce Marketing Cloud」の取り扱いを開始
トランスコスモスは、セールスフォース・ドットコムが開発、提供するワンツーワンマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の取り扱いを開始した。(2016/7/13)

360度パノラマ映像の制作から配信、レポートまで:
トランスコスモス、VRコンテンツのプロモーション活用を促進するパッケージを提供開始
トランスコスモスは、360度パノラマ映像によるVR体験ができる「360度・VRコンテンツスタートアップパッケージ」の提供を開始した。(2016/6/29)

メッセージングツールの活用で顧客対応を効率化:
トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーションサービスの提供を開始した。(2016/5/31)

アジア全域での展開を加速:
グランドデザイン、オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」をタイでサービス開始
グランドデザインは、トラスンスコスモスのタイ法人と共同で、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」のタイでのサービスを開始したと発表した。(2016/5/23)

グローバル展開を強化:
トランスコスモス、ソーシャルメディア運用支援のソーシャルギアを完全子会社化
トランスコスモスは、グループ会社でシンガポールを拠点にソーシャルメディア運用支援を行うソーシャルギアを完全子会社化したと発表した。(2016/5/20)

「アドテクノロジー」のカテゴリーで:
ソーシャルギア、Facebook Marketing Partnerで2つ目の公式認定を取得
トランスコスモスは、グループ会社でソーシャルメディア運用支援を行うソーシャルギアが「Facebook Marketing Partner」において、「アドテクノロジー」のカテゴリーで公式認定を受けたと発表した。(2016/4/28)

日本をテーマにした良品を提供:
ECサイト「藤巻百貨店」が初のリアル店舗を銀座に出店
caramoは、同社が運営するECサイト「藤巻百貨店」の初のリアル店舗を2016年3月31日、東急プラザ銀座にオープンする。(2016/3/29)

企業と顧客の新しいコミュニケーションスタイルを創造:
トランスコスモスとLINEが新会社設立、コンタクトセンターのLINEチャット化を推進
トランスコスモスとLINEは、共同出資による新会社の設立について基本合意書を締結したと発表した。(2016/3/22)

オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」の展開をアジア全域で加速:
グランドデザイン、トランスコスモスと創業者への第三者割当により約5億4000万円の資金調達
グランドデザインは、トランスコスモスおよびグランドデザイン代表取締役社長を務める小川和也氏を割当先とする総額5億4000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。(2016/3/14)

Facebook広告運用サービス「social gear Ads+」を活用:
Facebook向けネイティブ動画広告サービスに「C CHANNEL」がコンテンツ提供
トランスコスモスとソーシャルギア、C Channelは2016年3月8日、Facebook広告事業の拡大のため、ネイティブ動画広告コンテンツ制作において業務提携したと発表した。(2016/3/9)

目的志向・継続的・個別指導型:
トランスコスモス、コールセンターの品質改善に戦略的コールモニタリングサービスを開始
トランスコスモスは、独自の評価指標体系とシステムを活用した目的志向・継続的・個別指導型の戦略的コールモニタリングサービス「QICTO」のトライアル導入を2016年3月より開始すると発表した。(2016/2/16)

対話エンジン:
“手の届く人工知能”コールセンターやスマホアプリに
アドバンスト・メディアが“手の届く人工知能”をうたう、人工知能活用の音声対話システム「AmiAgent」を発売する。マートフォンアプリや自動応答電話サービス、ロボット、カーナビゲーションシステムなどの用途への導入を狙う。(2015/9/10)

「VAIO」海外進出 米国とブラジルに参入
VAIOが海外市場に進出。第1弾として米国とブラジルでVAIOブランドのPCを展開する。(2015/8/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。