ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「Twitterクライアント」最新記事一覧

Twitter、月額9900円で広告を自動配信 「オートプロモート」国内提供
Twitter Japanが、毎日最初の10ツイートを広告として自動配信する定額制サービス「オートプロモート」の提供を始めた。月額9900円。(2017/12/6)

主要メディアの広告商品を知る:
Twitterが動画広告に強い3つの理由
動画広告商品が充実するTwitter。有望市場である日本において今動画ビジネスを拡大する背景と新商品の詳細について担当者に聞いた。(2017/10/31)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンへようこそ どこが違っていて、なぜ優れているのか
4月1日のオイゲン・ロチコさんのブログ記事がきっかけで米国、日本とマストドンブームが発生し、日本でより大きく花咲いた。そのブログを日本語でお届けする。(2017/9/12)

Twitterアカウント共有機能「チーム」でモバイルアプリからのツイートが可能に
TwitterがTweetDeckで提供しているアカウント共有機能「チーム」を利用するメンバーは、iOS/Android版Twitterアプリから共有アカウントでツイートできるようになった。(2017/9/11)

デザイン、カメラ、Sペン――「Galaxy Note8」の見どころを速攻チェック!
Samsungが手掛けるNoteシリーズのフラグシップモデル「Galaxy Note8」が発表された。写真で見どころをチェックしていこう。特にデザイン、カメラ、Sペンを中心に見た。(2017/8/24)

Twitterアプリの虫眼鏡タブに興味に合わせたトピックまとめ 「IT・テクノロジー」「F1」など
iOS/Android版Twitterアプリの「話題を検索」タブに、トレンド、モーメントに加えてユーザーの関心に合わせた“トピック”が表示されるようになった。(2017/8/21)

Twitter、「いいね」の表示順変更 投稿日順→いいね付けた順に
スマホ向けTwitterアプリの「いいね」タブが仕様変更。ツイートが投稿された時系列から、「いいね」を付けたタイミングの時系列に変わる。(2017/7/22)

Twitter幹部に聞く(2):
Twitter、有料化の可能性は?
来日したTwitter幹部に、素朴な疑問をぶつけるインタビュー連載第2回。たびたびうわさになる「Twitter有料化」、可能性はあるのか?(2017/7/19)

Twitterのアイコン、丸から四角に戻る? 一部ユーザーが報告、その真相は……
Twitterアプリのアイコンが、丸から四角に戻った? 再インストールするとUIが変わるようだが……。【訂正あり】(2017/7/10)

マストドンつまみ食い日記:
チラ見ができて配置自在なChrome拡張マストドンクライアント「Kurotodon」
マルチインスタンスな人におすすめ。(2017/7/7)

ITりてらしぃのすゝめ:
Twitterで“身に覚えない”投稿 「アプリ連携」の落とし穴
Twitterで身に覚えのないツイートが――よく分からないサードパーティー製アプリに「アクセスを許可」した記憶はありませんか?(2017/7/6)

Android版Twitterアプリ、「日没時に自動で夜間モード」設定が可能に
Twitterの公式Androidアプリで、日没時に自動的に「夜間モード」がオンになり、夜明けにオフになるよう設定できるようになった。(2017/6/27)

Twitterがデザインを変更 アイコンがまぁるく
ユーザーから寄せられた意見やアイデアをもとに変更。(2017/6/16)

Twitterアプリ、シンプルで分かりやすいデザイン変更
TwitterのモバイルアプリおよびWebアプリのデザインが変更された(ローリングアウト中)。アカウント切り替えが手軽になり、返信アイコンがフキダシになるなど、細いが使いやすさにつながる改善が施された。(2017/6/16)

マストドンつまみ食い日記:
「日本がシリコンバレーのルールに従う必要はない」 マストドン作者オイゲン・ロッコさん語る Interop Tokyo 2017 「マストドン」ブリーフィング基調講演
「なぜマストドンを作ったか」への回答。(2017/6/8)

老舗Twitterクライアント「ついっぷる」が10月末で終了 画像投稿サービス「ついっぷるフォト」も終了へ
HOTワード情報サービス「ついっぷるトレンド」のみ継続。(2017/5/31)

2009年公開:
「ついっぷる」サービス終了 老舗Twitterクライアント
ビッグローブは、Twitterクライアント「ついっぷる」を10月31日で終了する。(2017/5/31)

「セキュリティリサーチャー」って何をする人?:
WannaCry騒動、Struts 2脆弱性、リオ五輪、そのとき「彼ら」は何をしていたのか
サイバーセキュリティの重要性が増すにつれ、ネット上ではさまざまな脅威や脆弱性の情報があふれんばかりに増え続けている。そんな情報過多な状況から、有用な情報だけを選別し、正しく共有していくこともまた必要だ。WannaCry騒ぎ、Apache Struts 2脆弱性……そのとき「彼ら」は何をしていたのか。(2017/5/25)

TwitterのApple TVアプリにライブを探せるグローバル検索機能
TwitterのApple TVに、リアルタイムで配信中のPeriscope動画を検索できる「グローバル検索」機能が加わった。(2017/5/25)

マストドンつまみ食い日記:
Siriでマストドンに投稿できる「TootStomp」を試してみた
まだまだ増えるiPhone向けマストドンアプリ。今度は音声入力対応だ。(2017/5/25)

マストドンつまみ食い日記:
「超便利な検索タブ」「オイゲンさんがナウマン発見」「マストドン会議、西へ」
今日のつまみ食い日記は、マストドンクライアント2本立て+マストドン会議4の情報。(2017/5/23)

太田智美がなんかやる:
「マストドン飽きた」と言ってみる
なぜこんなに盛り上がっているのか。(2017/5/23)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのWebクライアント「Naumanni」は17日昼公開
マストドン会議でUEI清水亮社長がぶち上げた自信作が明日、公開される。(2017/5/16)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン始めて1カ月、2つのiPhoneアプリに集約
マストドンを始めてから1カ月が過ぎ、モバイル環境でトゥートを眺める方法も絞り込まれ、便利になった。(2017/5/13)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン最初の1カ月が終わる ニュース+フィード+マストドンという新機軸
4月10日に日本で初めてのマストドン報道がされてから今日でまる1カ月。この新しいSNSは生き残れるだろうか?(2017/5/9)

マストドンつまみ食い日記:
「今のTwitterは息苦しい」 ドワンゴがマストドンに込める期待
「ニコニコ超会議2017」で、friends.nicoの開発者たちがマストドンへの期待を語った。(2017/5/3)

Janetterで「んほぉぉ!イッぐぅぅ!!」と表示され続けるXSS大流行 → 脆弱性修正へ
なぜ見つからなかった。(2017/5/2)

Twitterクライアント「Janetter」に脆弱性、最新バージョンで修正済み
PC向けTwitterクライアントソフト「Janetter」にXSS脆弱性があることが発覚した。最新版が5月2日にリリースされ、問題は修正された。(2017/5/2)

マストドンつまみ食い日記:
iPhoneで複数タイムラインを見るための理想的アプリ「Ore2」 MastodonとTwitter両対応
iPhone用Mastodonクライアント比較記事を破棄してこの原稿を書いている。(2017/4/30)

世界最大の「mstdn.jp」を立ち上げた大学院生“ぬるかるさん”は一体何者か その素顔とドワンゴ入社が決まるまでの10日間に迫る
ネット上で急速に注目を集める新SNS「Mastodon」(マストドン)。日本で注目を集める要因となった“ファーストインパクト”は、ある大学院生が自宅のサーバに立ち上げた日本向けインスタンスだった。彼の人生は約10日間で劇的に変わった。(2017/4/24)

いまから始めるマストドン 使い方や登録方法……FAQで徹底解説!
Mastodon(マストドン)の基本的な使い方やよくある質問・回答をまとめました。(2017/4/21)

ポストTwitter有力候補? 500文字まで書き込めるオープンソースSNS「マストドン」が脚光浴びる
日本でも流行る……?(2017/4/13)

ポストTwitter? 急速に流行中「マストドン」とは
日本のWeb好きの間で急速に注目を集めている「Mastodon」(マストドン)とは――。(2017/4/13)

CloseBox:
未完成だが大きな可能性 Apple純正アプリ「Clips」を試してわかった自動字幕と可変BGM
自分が撮影したビデオにハリウッドの巨匠がサントラの尺をぴったり合わせてくれるって知ってました?(2017/4/10)

iOS版Twitterアプリ、年齢制限を「17歳以上」に引き上げ 一部ユーザーから「アイコンがホーム画面から消えた」「使えない」の声
App Storeで17歳以上の年齢制限が追加されたことが原因とみられます。(2017/3/27)

Twitterに有料サービスが登場するかも? 高機能版「TweetDeck」を検討中と海外メディアが報道
サービス自体が有料化するという話ではないようです。(2017/3/24)

Twitter、「TweetDeck」の有料プランをテスト中か
TweetDeckの月額制有料版とする画像を米ジャーナリストがツイートし、Twitterは「TweetDeckをプロフェッショナルのためにより価値あるものにするための様々な方法を模索中だ」と米The Vergeにコメントした。(2017/3/24)

春のセンバツ高校野球がTwitterでライブ配信 初戦「履正社VS日大三高」と決勝戦の2試合
国内のスポーツイベントとしては初となるTwitterライブ配信です。(2017/3/11)

Twitterクライアント「TweetDeck」 一時利用できない状態に
2時間ほど利用できない状態になっていました。(2017/3/5)

Twitter、スパム報告なしでも攻撃的なアカウントを識別へ 卵アイコンからの通知もフィルタリング可能に
(2017/3/2)

深く広いリーチ可能に:
「ニコニコ生放送」とTwitterでのライブ配信を組み合わせた新広告パッケージ──ドワンゴが提供
ドワンゴは、同社が運営する「ニコニコ生放送」において、Twitterのライブ配信サービスを連携させた新広告パッケージの販売を開始したと発表した。(2017/2/28)

Android向けTwitterクライアント「SobaCha」が1行表示モードに対応
(2017/2/2)

「もしもTwitterがなくなったら」を考えてみた
Twitterがなくなったら割りと困る。(2017/2/1)

Twitterアプリから検索ボタン消えた? 「モーメント」登場、リニューアルにユーザー困惑
TwitterのiOSアプリが刷新。「検索ボタンが消えた」「モーメントって何?」など困惑が広がっている。(2017/1/27)

iOSのTwitterアプリに「もっと探す」タブ追加 モーメントやトレンド、検索が利用できる
数週間のうちにAndroidのTwitterアプリにも追加。Web版には「モーメント」タブ出現。(2017/1/27)

Twitter、Googleにモバイルプラットフォーム「Fabric」を売却
Twitterが、開発者向けモバイルプラットフォーム「Fabric」をGoogleに売却する。長期的な成長のために重要な製品と事業に集中するためとしている。同社は「Vine」のサービスを終了したばかりだ。(2017/1/19)

Twitterアプリ単独での生配信が可能に 視聴や「いいね」もできる
非公開アカウントの場合は別途Periscopeアプリを要求されます。(2016/12/15)

Twitter、モバイルアプリでのライブ放送を可能に(Periscopeは存続)
Twitterが、モバイルアプリから直接ライブ放送を配信できるようにした。Periscopeの技術を使っているが、別途Periscopeをインストールする必要はない。(2016/12/15)

iOS版Twitterアプリのリプライ表示変更、ミスだった
リプライに関する実験を、誤って一時iOSユーザー全員に提供したと説明しています。(2016/12/10)

Twitter、iOSアプリのリプライでの@消滅は“事故”と発表 既に復帰済み
iOS版Twitterのアップデートで一時リプライに<@アカウント名>が表示されなくなったが、これは仕様ではなく“手違いだった”とTwitterが発表した。現在は元通りになっている。(2016/12/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。