ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事業統合」最新記事一覧

競争力維持へ「日の丸海運」結束 運賃低迷、進む寡占化 大手3社、コンテナ船事業統合
商船三井、日本郵船、川崎汽船の海運大手3社が31日、合弁会社を設立して定期コンテナ船事業を統合すると発表した。(2016/11/1)

「FMV」はどうなる? 富士通がLenovoとPC事業統合か
富士通がPC事業を世界最大手のLenovoと統合すると報じられ、富士通は選択肢の1つとして検討していることを認めた。(2016/10/6)

富士通、LenovoとのPC事業統合は「選択肢の1つ」 報道にコメント
富士通は、同社がPC事業をLenovoグループと統合する方針だと伝えた一部報道について「選択肢の1つ」とコメントした。(2016/10/6)

富士通、LenovoとPC事業統合へ ブランドや工場は存続
富士通が中国LenovoグループとPC事業を統合する方向で調整していることが分かった。(2016/10/6)

住友と三菱、企業風土の垣根越え相乗効果 驚きのクレーン事業統合から1年
昨年5月に三菱重工が黒字だった産業用クレーン事業を住友重機械に譲渡に合意、かつての大財閥「三菱」と「住友」という2大企業グループの垣根を越えた再編は業界で大きな驚きを持って受け止められた。(2016/10/4)

阪急阪神統合10年:
「阪急」「阪神」両ブランド共存、鉄道事業の統合効果は?
阪急ホールディングスと阪神電気鉄道が統合して10年。2つのブランドを維持し続ける以上、非効率は避けられない。主力となる鉄道事業の統合効果は限定的ではあるものの、現場では効率化に向けた変化も生まれつつある。(2016/9/30)

東芝・富士通・VAIOのPC事業統合が白紙に?
東芝、富士通の各PC事業とVAIOを統合する構想が白紙に戻る見通しになったという報道に東芝、富士通がコメント。(2016/4/15)

製造マネジメントニュース:
高機能・高付加価値商品に強い米国のエアフィルタメーカーを買収
ダイキン工業は、子会社のアメリカンエアフィルタ(AAF)を通して、米国のエアフィルタメーカー、フランダースの買収を決定したと発表した。フランダースの事業を統合することで、AAFは米国でエアフィルタのトップメーカーとなる。(2016/2/24)

北海道ファミリーマートのコンビニ事業、ファミマ本体に統合
ファミリーマートは北海道エリアの子会社である北海道ファミリーマートのコンビニ事業を統合すると発表した。(2016/1/26)

ニュース解説:
PC事業統合は決定的? 見え隠れする東芝、富士通、VAIO各社の思惑
12月初頭に一部報道のあった東芝、富士通、VAIOのPC事業統合。PC業界に詳しいジャーナリストの大河原克行氏は一連の動向をどう見るか――。(2015/12/15)

国内PC事業の再編進む:
富士通、東芝、VAIOがPC事業統合を検討 エンジニア/プログラマーへの影響は?
国内大手PCベンダー3社が事業統合する計画と報道。実現すれば国内トップベンダーとなる。(2015/12/4)

東芝、富士通、VAIOがPC事業で再編?:
「国内PCメーカー3社がPC事業で統合」の報道 「そういう事実はございません」とVAIO
東芝、富士通、VAIOの3社がPC事業の統合を検討中とした一部報道について各社がコメント。(2015/12/4)

「東芝、富士通、VAIOがPC事業を統合へ」報道 東芝と富士通がコメント
東芝、富士通、VAIOの3社がPC事業を統合する検討に入ったと伝えた4日付けの一部報道について、東芝と富士通がコメント。(2015/12/4)

イーライセンスとJRCが事業統合へ エイベックスが筆頭株主に
エイベックスが音楽著作権管理会社のイーライセンスとJRCの筆頭株主となり、両社を事業統合へ。(2015/9/28)

音楽著作権管理団体「イーライセンス」と「JRC」が事業統合へ エイベックスが筆頭株主に
音楽業界に大きな動き。(2015/9/28)

インフィニオン テクノロジーズジャパン 部長 北爪昇氏:
PR:シリコンでも次世代材料でも、あらゆるパワー半導体で進化を実現する新生インフィニオン
新生インフィニオンが本格的に始動した。Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジーズ)は、International Rectifier(IR:インターナショナル・レクティファイアー)を2015年1月に事業統合した。パワー半導体の分野で、圧倒的事業規模を誇る。加えて開発力、製品力、システム提案力でその存在感をさらに高めていく。同社日本法人でパワーマネジメント&ディスクリート部長を務める北爪昇氏に聞いた。(2015/8/24)

トップインタビュー:
レノボとNECから学ぶ“賢い”事業統合の進め方
グローバル規模での企業のM&Aが活発だ。だが、異なる組織の統合には課題も多い。そうした中、相次ぐ企業買収により収益を着実に伸ばしているのがレノボ・グループである。事業統合に携わったレノボ・ジャパンの留目社長がその勘所を語った。(2015/6/12)

製造マネジメントニュース:
AQCS事業強化のため、集じん装置の新会社設立に合意
三菱日立パワーシステムズは、三菱重工メカトロシステムズと日立プラントコンストラクションの集じん装置事業を統合し、集じん装置の新会社を設立する。MHPSグループのAQCS事業に集じん装置を加え、AQCS事業を強化する狙い。(2015/5/20)

製造マネジメントニュース:
産業機器事業の強化を目指し、新たな社内カンパニーを設立
日立製作所は、産業機器事業の強化のため、同社の産業機器事業を統合し、新たな社内カンパニーとして「インダストリアルプロダクツ社」を同年5月1日付で設立すると発表した。(2015/4/7)

「オンキヨー&パイオニア株式会社」誕生 ホームAV事業統合
 オンキヨーがパイオニアのホームAVと電話機、ヘッドフォンの各事業の取得を完了。「オンキヨー&パイオニア株式会社」が発足した。(2015/3/2)

富士通・パナソニックのシステムLSI統合新会社「ソシオネクスト」始動
富士通とパナソニックがシステムLSI事業を統合して発足した新会社「ソシオネクスト」が事業を開始した。(2015/3/2)

ビジネスニュース 企業動向:
新会社“ソシオネクスト”発足――富士通とパナのLSI事業統合が完了
富士通とパナソニックは2015年3月2日、両社のシステムLSIの設計開発部門を統合し、新会社「ソシオネクスト」を発足させ、事業を開始したと発表した。(2015/3/2)

製造マネジメントニュース:
製鉄機械設備の全工程をカバーする合弁会社設立
三菱重工と独シーメンスは、英国に合弁会社「Primetals Technologies」を設立した。両社の製鉄機械部門の事業を統合させることで、全世界の製鉄機械産業をカバーする企業として、事業を展開する。(2015/1/27)

製造マネジメントニュース:
炭素繊維事業を統合し、石炭ピッチ系とPAN系の強みを併せ持つ存在へ
三菱樹脂と三菱レイヨンは、炭素繊維・複合材料事業の強化を目的とし、三菱樹脂のピッチ系炭素繊維事業と三菱レイヨンのPAN系炭素繊維事業を統合することを発表した。(2015/1/8)

アイティメディア、2015年4月1日に「キーマンズネット」と事業統合することを発表
ま、まぢですか!!!!!(2014/12/17)

クイズで振り返る2014年のエレクトロニクス業界(1):
2014年の半導体業界再編を振り返る
2014年のエレクトロニクス業界のニュースをクイズ形式で振り返る年末企画の第1弾。2014年に実施、発表された事業統合/買収に関する問題です!(2014/12/15)

電力供給サービス:
電力業界の大再編が始まる、東京と中部が火力発電事業を統合へ
かねてから有力視されていた東京電力と中部電力の包括的な提携が基本合意に至った。2014年度内に折半出資の合弁会社を設立したうえで、火力発電に必要な燃料の調達から発電所の新設・リプレースまでを共同で展開する計画だ。業界1位と3位の提携は大規模な再編の引き金になる。(2014/10/8)

パイオニアとオンキヨー、AV事業統合後もそれぞれのブランドを維持すると改めて表明――PHE社長メッセージ
パイオニアは、同社ホームAV事業とオンキヨーとの事業統合について、パイオニアホームエレクトロニクス・栗原俊彦社長のメッセージをWebサイトに掲載した。(2014/10/1)

ビジネスニュース 事業買収:
パイオニア、オンキヨーとのホームAV事業統合とDJ機器事業の譲渡を発表
パイオニアは2014年9月16日、ホームAV事業をオンキヨーと事業統合するとともに、DJ機器事業を米国の投資ファンドに譲渡して、カーエレクトロニクス事業に集中するとの事業方針を発表した。(2014/9/16)

Intelとパナソニックの14nmプロセス製造契約の行方は?:
富士通とパナソニックのシステムLSI事業統合に関する“6つの疑問”
富士通とパナソニックは、2014年内に両社のシステムLSI事業を統合して新会社を設立する。ただ、この新会社は、どのようなシステムLSIをどのように製造し、どうやって利益を上げていくか、あまり明らかにされていない。そこで両社に“6つの疑問”を投げかけた。(2014/8/8)

パイオニアとオンキヨー、ホームAV事業の統合に向けて協議を開始
パイオニアとオンキヨー、およびベアリング・プライベート・エクイティ・アジアの3社は、パイオニアとオンキヨーのホームAV事業の機能の一部を統合するために具体的な検討を開始することで基本合意した。(2014/6/24)

アビー、省スペース設計の3Dプリンタ「SCOOVO X4」
アビーとオープンキューブは、“SCOOVO”ブランド製3Dプリンタ事業の統合を発表。合わせて省スペース設計の新モデル「SCOOVO X4」の販売を開始する。(2014/6/9)

三重工場分離は難航中だが:
富士通とパナソニックのLSI事業統合、政策投資銀の200億円出資を得て年内実施で合意
富士通とパナソニックは2014年4月23日、既に基本合意しているシステムLSI事業の統合に関して、日本政策投資銀行からの出資を得て、同年10〜12月に新会社を設立することで基本合意したと発表した。新会社への出資比率(議決権ベース)は、富士通40%、パナソニック20%、日本政策投資銀行40%を予定する。(2014/4/23)

富士通とパナソニックのシステムLSI統合新会社、10〜12月に事業開始 CEOに京セラ出身の西口氏
富士通とパナソニックのシステムLSI事業統合新会社は10〜12月に発足予定。日本政策投資銀行が出資することで基本合意した。(2014/4/23)

ビジネスニュース 企業動向:
パナと富士通、「LSI事業統合新会社今秋設立で合意」報道に関してコメント
パナソニックと富士通は2014年4月15日、システムLSI事業の統合新会社を今秋に設立し新会社社長に元京セラ社長の西口泰夫氏の就任が内定したなどとする一部報道に対し、「当社が発表(公表)したものではありません」とのコメントを発表した。(2014/4/15)

ビジネスニュース 事業買収:
富士通、GaNパワーデバイス事業をTransphormと統合
富士通とその子会社富士通セミコンダクター(FSL)は2013年11月28日、Transphorm(トランスフォーム)と窒化ガリウム(GaN)パワーデバイス事業を統合すると発表した。(2013/11/28)

組み込み機器のキーデバイスを網羅する:
PR:メモリとマイコン/アナログが融合! 新生スパンションを紹介
スパンションは2013年8月に、富士通のマイコン/アナログ半導体事業を統合し、エンベデッドシステム向けデバイスの総合メーカーとして生まれ変わった。“新生スパンション”としてのスタートからわずか数カ月だが、マイコン、アナログ半導体、そしてメモリという組み込み機器に欠かせないキーデバイスを網羅する強みを生かしたエンベデッドシステムソリューションを開発している。(2013/11/18)

ビジネスニュース 企業動向:
富士通、パナソニックとのLSI事業統合交渉「順調に進んでいる」
富士通は2013年10月31日、2014年3月期第2四半期業績説明会で、2013年2月に基本合意しているパナソニックとのシステムLSI事業統合について説明。同社取締役執行役専務の加藤和彦氏によれば「話し合いは順調に進んでいる」という。(2013/10/31)

FAニュース:
三菱電機、タイでのFAシステム事業の統合を完了。新販売体制で営業開始
新設の子会社がFAシステム事業の販売・サービス部門の事業統合を完了。2017年度売上高200億円を目指す。(2013/9/9)

NECが「スマホから撤退」報道 「決定した事実ない」
NECがLenovoとの携帯事業統合を断念し、スマートフォンの新規開発を凍結するという一部報道に対し、NECがコメント。(2013/7/17)

ビジネスニュース:
JUKIとソニーが実装機器事業を統合、JUKIオートメーションシステムズを設立
JUKIとソニー、ソニーの100%子会社であるソニーイーエムシーエスは、2013年8月1日に設立予定のJUKIオートメーションシステムズに実装機器事業を統合することで合意した。(2013/5/31)

導入事例:
ユニキャリアが統合新会社の情報基盤としてOffice 365を採用
ユニキャリアがTCM、日産フォークリフトとの事業統合によって発足した統合新会社の情報基盤にマイクロソフトのOffice 365を採用。情報共有による新たな企業文化の浸透を目指す。(2013/4/1)

富士通とパナソニック、システムLSI事業を統合 ファブレス新会社設立へ
富士通とパナソニックがシステムLSI事業を統合する新会社の設立を検討することで基本合意。開発・設計に特化し、ファブレス化する方針。(2013/2/7)

ビジネスニュース 業界動向:
富士通とパナがシステムLSI事業統合を正式発表、ファブレス新会社を設立へ
富士通とパナソニックは、富士通セミコンダクターとパナソニックのシステムLSI事業の設計/開発機能を統合し、ファブレス形態の新会社を設立することを正式に発表した。(2013/2/7)

ビジネスニュース:
激動の1年だったルネサスの2012年、2013年は3社のSoC事業統合が再燃か
2012年、日本の半導体業界の話題を独占していたルネサス エレクトロニクスの業績不振と、状況打開のための経営再建策。結局、官民ファンドの産業革新機構と顧客企業8社から総額1500億円の出資を受けることで決着した。2013年は、富士通セミコンダクター、パナソニックとのSoC事業統合に向けた動きが再び活発化しそうだ。(2012/12/28)

LED照明:
三菱電機が照明事業を統合、新ブランドでLED照明事業強化を狙う
節電の流れに乗って、LED照明は急速に普及している。各メーカーも積極的に新製品を投入し、激しい競争を繰り広げている。この競争を勝ち抜くため、三菱電機は照明事業を運営してきた関連企業3社を1社に統合することを明らかにした。(2012/8/21)

「ITmedia マーケティング」プレスリリース:
NTTコムグループが「NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション」を設立
NTTコミュニケーションズグループでは、企業のマーケティング活動を支援するオンラインマーケティングソリューション事業を強化し、ビッグデータ時代における市場の変化や企業のグローバル展開に対応するために、NTTコミュニケーションズ、NTTナビスペース、NTTレゾナントおよびデジタルフォレストの関連事業を統合し、新会社「NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション」を設立し、2012年10月1日より営業開始する。(2012/8/1)

Weekly Memo:
NECレノボ・ジャパングループの今後の課題
NECとレノボのPC事業を統合したNECレノボ・ジャパングループが先週、発足1年を経過した成果や今後の取り組みについて記者会見した。そこから見えてきた課題は——。(2012/7/9)

HPのPC&プリンティング事業はどうなる:
「事業統合は今が絶好の時期」――米HPトッド・ブラッドリー上級副社長が語る
米Hewlett-Packardでプリンティング&パーソナルシステムズ部門を率いるトッド・ブラッドリー氏が来日し、今後の事業戦略について語った。(2012/6/25)

グランプリには「645D」 ペンタックスリコーが事業統合記念フォトコンテスト
ペンタックスリコーイメージングは、ペンタックスとリコーの事業統合を記念してのフォトコンテストを開催する。(2012/5/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。