ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」最新記事一覧

初動対応用データ保全ツール「CDIR Collector」解説(前編):
セキュリティ事故対応における“オープンソース”活用法指南
本稿では、セキュリティインシデントへの初動対応に役立つツール「CDIR Collector」の活用方法について、実際に企業の現場でインシデント対応に携わる筆者が、自身の経験談を交えつつ解説します。(2016/9/14)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
人・技術・経営の課題の次はコグニティブ? 中外製薬が目指すセキュリティ対策
医薬品メーカーの中外製薬は、経営をめぐるさまざまなリスクの1つとしてセキュリティを位置付け、事前と事後の両輪での対策を進めている。そんな同社が今後のセキュリティ対策で注目するのが、IBM Watsonの持つコグニティブ技術だ。(2016/9/12)

“経営者視点”のガイドラインだからこそ:
PR:「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」は現場が経営者を“口説き落とす”ためのツールになる
経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は2015年12月、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver. 1.0」を公表した。企業などのセキュリティ担当者、IT担当者は、これをどう生かすべきなのだろうか? NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センターの吉府研治氏にそのポイントを聞いた。(2016/9/12)

「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第3回】
次世代エンドポイントセキュリティの大本命? CSIRTを救う「EDR」とは何か
インシデントレスポンスの重要性が高まるのに呼応し、エンドポイントセキュリティも進化を続ける。その具体像として充実し始めた「EDR」製品とはどのような製品なのか。(2016/9/9)

PR:経営課題化してきたサイバーセキュリティ――企業・組織を守るために経営者は何から始めるべきか?
ビジネスにIoTやビッグデータをはじめとするITを積極的に取り入れることで、より自社の競争力を加速させる「ビジネスのデジタル化」が進む今、企業ではこれまで以上にセキュリティ強化を検討することが必要となる。なぜならデジタル化を進めることで必然的にサイバー攻撃の対象も増え、企業は常にITリスクと背中合わせと言えるからだ。システム構築と運用の現場に寄り添ってきた日立システムズは、セキュリティ強化の最初の一歩はシステム全体を可視化しリスクを洗い出すことだと話す。(2016/9/1)

海外医療技術トレンド(17):
医療機器関連でも域内統一化に向けたルール改正が集中するEU市場
2016年6月23日(欧州時間)に実施された国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した英国とは裏腹に、EU全体の医療機器関連市場では、域内ルールの統一化に向けた準備作業が同時並行で進んでいる。(2016/8/24)

「必要だが、どうすればいいか分からない」企業/組織を支援:
「名ばかりCSIRT」にならないために──IIJ、組織内CSIRTの構築/運営を支援するアドバイザリーサービスを開始
IIJが、組織内CSIRTの構築/運営を支援する「IIJ CSIRT構築/運営アドバイザリソリューション」の提供を開始した。「必要だが、どうすればいいか分からない」という企業をサポートする。(2016/8/23)

今日から始める「性悪説セキュリティ」(3):
【保存版】セキュリティ対策の第一歩、「情報資産リスト」の作り方
cloudpackの情シス“シンジ”が、史上最強とうたう情報セキュリティ監査「SOC2」を解説する連載。今回は情報セキュリティ対策の第一歩、「情報資産リスト」の作り方をcloudpackの実例を基にシンジが解説していく。(2016/8/18)

批判も少なくないが……:
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」はどの程度活用されているのか?
本稿では、2015年12月28日に経済産業省とIPAが公開した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の利用実態について、公開から半年以上がたった今、経済産業省に聞くとともに、読者アンケートを実施する。(2016/8/17)

ハギーのデジタル道しるべ:
かっこいいサイバー攻撃対策とかより先にやるべきセキュリティ対策
マスコミでもサイバー攻撃が取り上げられるようになり、その対策がブームになった。しかし職場にはサイバー攻撃に狙われるよりも残念な状況があちらこちらにある。まずは先にやってほしい対策のポイントを紹介したい。(2016/8/5)

セキュリティ・アディッショナルタイム(10):
「情報セキュリティ監査」を形だけで終わらせないためには
本稿では、2016年6月27日に実施された「JASA 情報セキュリティ監査セミナー」の模様を紹介し、同セミナーを通じて見えてきた情報セキュリティ監査の意義について整理する。(2016/8/4)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(4):
「標的型攻撃に気付けない組織」にならないための確認ポイントとは
3回にわたりお届けしてきた「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート。最終回となる今回は、2016年6月28日に大阪で開催した同セミナーの中から、東京では行われなかったセッションの模様を紹介する。(2016/7/22)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(3):
ソーシャルエンジニアリングは予算獲得にも応用できる?
本稿では、@ITが2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第3弾をお届けする。(2016/7/21)

「@ITセキュリティセミナー 〜迷宮からの脱出〜」レポート(1):
東京五輪からバグハントまで、多様な視点からサイバーセキュリティの“今”を探る
本稿では、@IT編集部が2016年6月23日に東京・青山ダイヤモンドホールで開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートの第1弾をお届けする。(2016/7/19)

インシデント対応の達人が語ったCSIRTブームに沸く日本企業への至言
セキュリティインシデントへ組織的に対応すべくCSIRT構築に取り組む企業が増えているが、その道のりは平たんではないようだ。JPCERT/CC、日本シーサート協議会、ANAグループ、ラックのエキスパートによる議論が行われた。(2016/7/15)

今日から始める「性悪説セキュリティ」(2):
「セキュリティ対策、何から始める?」 その答えはただ1つだ!
cloudpackの情シス“シンジ”が、史上最強とうたう情報セキュリティ監査「SOC2」を解説する連載。皆さんは、情報セキュリティ対策を始めようとしたら何をするだろうか。シンジによれば、まず行うべきことは1つしかないという……。(2016/7/14)

ハギーのデジタル道しるべ:
「使えないシステムにカネ消えた……」 そんな状況を変えるには?
日本はIoTやビッグデータといった新しいモノが好きだ。そんな企業のトップからは、情報セキュリティの仕事にちょっと後悔を感じるほどの残念な声を聞く。だからこそ、新しいモノを失敗させない方法を提示してみたい。(2016/7/8)

【新連載】今日から始める「性悪説セキュリティ」:
“性善説”で考えるセキュリティ、もうやめませんか?
cloudpackの情シス“シンジ”が、史上最強とうたう情報セキュリティ監査「SOC2」を解説する連載がスタート。国際的には浸透しつつある監査だが、その内容は徹底的に“性悪説”を基準にしているのが特徴なのだとか……。(2016/6/30)

脅威に負けない我が社のセキュリティ強化大作戦:
今後のセキュリティ対策を左右するマネージドサービスの使い方
セキュリティの脅威が高まるにつれて、企業が自社で対策を運用することは困難になります。その状況に対応していく新たなセキュリティ対策で注目されているのが、「マネージドセキュリティサービス」の活用です。(2016/6/27)

ハギーのデジタル道しるべ:
コンビニATMの不正引き出し事件で確認すべき事実と注意点
5月にコンビニのATMから19億円もの預金が一斉に引き出される事件が起きた。国際化がますます進む中で、利用者が知っておきたいセキュリティの現状と注意点を紹介してみたい。(2016/6/24)

ハギーのデジタル道しるべ:
年金機構事件から1年、日本が至急やるべき10の対策と心構え
社会を震撼させたサイバー攻撃による日本年金機構での情報漏えいから1年が過ぎた。残念ながら企業・組織の意識やと対策行動が大きく改善する兆しは見えない。ただちにやるべきこととは何かを挙げる。(2016/6/10)

EMCジャパン、「RSA® Security Analytics 10.6」を発売:
機械学習によるリアルタイム分析機能も使って、サイバー攻撃をスピーディ・高精度に検知
(2016/5/27)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

山口英氏が死去 初代内閣官房セキュリティ補佐官 JPCERT/CC設立に尽力
奈良先端大教授で、内閣官房の初代情報セキュリティ補佐官を務めたセキュリティ専門家の山口英氏が5月9日に死去した。52歳だった。(2016/5/13)

日本のセキュリティ体制は欧米と遜色なし、「高き理想」の状況も
セキュリティ担当役員やCSIRTの設置状況は日米欧であまり差がないものの、日本は欧米より要求が厳しいことが分かった。(2016/5/10)

カスペルスキー、大企業に11種の標的型攻撃対策をサービス展開
SIEMに取り込める脅威情報の配信やマルウェア解析、人材育成や訓練などを提供する。(2016/4/20)

我が社に必要なセキュリティ人材が分かる資料、JNSAが7年ぶり改訂
「セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2016年版」ではユーザー企業も対象範囲に加え、情報セキュリティに携わる役割と知識について大幅にアップデートされた。(2016/4/19)

エキスパートが語る
始めよう、自治体ITシステムにおけるセキュリティ強化とクラウドの活用
マイナンバーの運用が開始された今、自治体は何をすべきか。本稿ではデルとヴイエムウェアの共催セミナーから、サーバ、ストレージ仮想化に加え、ネットワーク仮想化によるセキュリティ強化などの対策を紹介する。(2016/4/13)

「アプライアンス頼り」「事業者頼り」の課題も洗い出す:
手加減無用の実践的サイバー演習で弱点の洗い出しを、PwC
PwCサイバーサービスは2016年4月12日、サイバーキルチェーンに基づいて疑似的なサイバー攻撃を仕掛け、インシデント対応体制や計画が機能しているかどうかを検証する「レッドチーム演習」について説明した。(2016/4/13)

人工知能が99%の脅威を入り口で検出し、セキュリティ対策全体のコストを削減:
PR:PCセキュリティにも訪れる“人工知能”の時代
シグネチャベースの対策では侵入を防げない―――そんな事実を前に、事後対策への注目がにわかに高まっている。だが、事前の防止策は本当に“限界”を迎えているのだろうか? 人工知能を活用して未知の脅威を高い精度で検出する新たなエンドポイントセキュリティ製品を、デルが提供している。(2016/4/13)

セキュリティ教育現場便り(3):
「セキュリティインシデント対応人材」のあるべき姿――求められる「先読み力」とは
筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。3回のテーマは「情報セキュリティ事故(インシデント)対応」です。インシデント発生時の混乱した状況に適切に対処するための担当者の役割、あるべき姿について考えます。(2016/4/12)

CSIRT整備に向けたチェックリストやフローチャートも付属:
高度なサイバー攻撃も「備えあれば憂いなし」、JPCERT/CCが対策ガイド公開
JPCERTコーディネーションセンターが、企業や組織が高度な標的型攻撃を受けても、慌てずに対応できるよう支援する対策文書を公開した。(2016/4/1)

「APT」攻撃に備えるガイドが公開、検知ポイントも解説
JPCERT/CCが高度なサイバー攻撃の脅威に企業が対応するガイドを公表した。従来は重要インフラ企業などに提供していたが、周知の必要性が高まったことで公表に踏み切った。(2016/3/31)

セキュリティの人や組織をどう作る? 富士ゼロックスや税理士の取り組み
情報セキュリティの強化が求められる昨今、人材の確保や体制構築が企業での悩みになっている。富士ゼロックスと税理士法人あすなろが、大企業と中小企業の立場から取り組みを紹介した。(2016/3/29)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ANAグループやJPCERT/CCが説くインシデントレスポンスの要諦
サイバー攻撃などの脅威を防ぎ切れない今、企業や組織に求められるのはインシデント(事故)の発生を前提とする対応(レスポンス)への取り組みだ。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは第一線の専門家がインシデントレスポンスにおける“要諦”を解説した。(2016/3/28)

「@ITセキュリティセミナー(東京)」レポート2016:
すご腕バグハンターたちが報奨金制度運営者と本音トーク
@IT編集部は2016年2月26日、東京青山にて「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿ではそのダイジェスト(後編)をお届けする。(2016/3/24)

Maker's Voice:
セキュリティインシデントの対応は事前準備に勝算あり――シマンテック
高度なマルウェア感染などが企業や組織で次々に発覚する状況にシマンテックは、緊急時だけでなく平時にインシデント対応体制の強化する新たな支援サービスへ乗り出す。(2016/3/23)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(58):
「DNS通信」記録していますか?――万一に備えたDNSクエリログの保存方法
2016年2月1日にラックがDNSプロトコルを悪用した攻撃に関する注意喚起を行いました。本稿ではこれを受け、万一の事態に備えたDNSのクエリログの取得方法について解説します。(2016/3/16)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
インシデントレスポンスとは何か――自動車事故に置き換えて考える
セキュリティ上の重大事故や障害での対応とはどのようなものでしょうか。自動車事故における対応の流れを例に解説します。(2016/3/7)

インシデントレスポンス担当者の負担を減らそう:
RSA Conference 2016に見る「可視化」「検出」「対応」を支援する製品たち
RSA Conference 2016の会場では、侵害は起こり得るものだという前提に立ち、システム内部に入り込んだ脅威をいち早く見つけ出し、速やかに対処することで、被害を最小限に抑えることを目指した製品が多数紹介された。(2016/3/4)

脅威の検出から優先順位付け、回復までをシームレスに実現
「迅速・的確なインシデントレスポンス」を口だけで終わらせないためには
インシデントに即座に対処するには、組織やシステム間で情報を共有し、優先順位を付けて回復措置を取る必要がある。さまざまな“壁”があるこのプロセスをスムーズに進めるには、どうすればよいのだろうか。(2016/2/26)

セキュリティ教育現場便り(2):
組織全体のリスクを考えられる「セキュリティ人材」の育て方
筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。第2回のテーマは「組織全体のセキュリティ対策を考えられる人の育て方」です。継続的なセキュリティ対策の実施に不可欠な人材をどうすれば育成できるのかについて考えます。(2016/3/1)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
セキュリティ事故経験は7割? 数字でみるニッポン企業の現実
サイバー攻撃や内部不正による情報漏えいなどの深刻な事故が近年相次ぐ。企業ではセキュリティ事故への対応や対策強化が叫ばれるが、その現状はどうか。各種統計からその実態を探ってみたい。(2016/3/1)

プロが駆け付けるまでの間に脅威を特定し、即時に対処
インシデントレスポンスの落とし穴、丸投げできない「初動対応」に失敗しないためには?
インシデントレスポンスにおいては、感染や漏えい発覚後の初動対応がその後を大きく左右する。外部委託するのが難しいこの初動対応に、どう対処すればよいのか。(2016/2/26)

日本型セキュリティの現実と理想:
第17回 「標的型メール訓練」がもてはやされる理由
ここ数年、セキュリティ対策として急速に市場で認知されたのが「標的型メール訓練」である。今回はこの賛否両論あるサービスの有効性と実施しなければならない理由について述べてみたい。(2016/2/25)

特集:セキュリティソリューションマップ(3):
ノーガード戦法とは異なる、これからの「事故前提型対策」とは
多層防御と一体となって注目されているのが「ダメージコントロール」という考え方だ。予防も大事だが、マルウェア感染に代表されるセキュリティインシデントは「起こり得るもの」と考え、早期発見、早期対処の体制を整備するというアプローチである。それを支援するツールやサービスを紹介しよう。(2016/2/23)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「CSIRT」
サイバー攻撃をはじめとする情報セキュリティのインシデント対策として「CSIRT」の導入が注目されています。歴史的背景もひもときながら、CSIRTについて解説します。(2016/2/8)

「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第1回】
枯れたはずの「エンドポイントセキュリティ」が再び“熱い技術”になった2つの理由
ネットワークセキュリティベンダーや新勢力のベンダーが、相次いでエンドポイントセキュリティ市場に参入している。なぜ今、エンドポイントセキュリティを取り巻く動きが活発化しているのか。(2016/1/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
セキュリティインシデントに強い組織づくり 標的型攻撃を再点検する
国内企業・組織を狙う標的型攻撃の脅威が改めて注目された2015年。情報資産やシステムをインシデントの被害からどう守るべきだろうか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーではセキュリティの専門家が標的型攻撃を中心とする対策ポイントを解説した。(2016/1/22)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
企業・組織で高まる標的型攻撃の脅威、対策の再点検を考える
2015年は国内企業・組織を狙う標的型攻撃の脅威が改めて注目された。情報資産やシステムを守る方法をどう見直すべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは専門家らが標的型攻撃対策のポイントを解説してくれた。(2016/1/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。