ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声定額」最新記事一覧

「のん」「カウントフリー」「通話定額」――LINEモバイル嘉戸社長と一問一答
通信速度の速さやカウントフリーで評判を集める「LINEモバイル」。運営主体であるLINEモバイルの嘉戸彩乃社長が、3月14日の発表会終了後に囲み取材に応じた。(2017/3/14)

LINEモバイル、2017年初夏に「通話定額オプション」提供へ
約6カ月の実績・利用動向を発表した。(2017/3/14)

LINEモバイル、初のTVCMにのんさんを起用 「何も装飾していない私を見てほしい」
 LINEモバイルは3月14日、MVNOサービス「LINEモバイル」の今後のサービス展開予定の概要を発表した。LINEモバイル初となるTVCMは、のんさんを起用して、「愛と革新」というテーマを表現する。(2017/3/14)

LINEモバイル、2017年初夏をめどに通話定額サービスを提供へ MUSIC+プランのカウントフリー対象も拡大
LINEモバイルが、2017年初夏をめどに「通話定額オプション」の提供を開始する。また、「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象の音楽配信サービスも拡大する。(2017/3/14)

「Android One」がヒット、SIMフリー端末販売も強化――好調Y!mobileの戦略を聞く
Y!mobileが“格安スマホ”市場を席巻している。春モデルとして「Android One」2機種を発売し、学割やYahoo!プレミアムの無料化も打ち出した。そんなY!mobileの戦略を、寺尾洋幸氏に聞いた。(2017/3/9)

SIM通:
最近CMで見る「UQ mobile」の出自は?得する使い方は?
UQ mobileのCMを最近テレビでよく見かけますが、「UQ mobileって何?」と思ってる方もいるのでは? 今回は、そんなUQ mobileの正体に迫ります。(2017/3/9)

PR:ビジネスマンや就活生は要注目! 「日経電子版+SIM」がお得な理由
新生活を前にして、新聞の購読を検討しているユーザーも多いだろう。そんな人にオススメなのが、ケイ・オプティコムの「日経電子版+SIM」。日経電子版と5GBまたは10GBの通信量がセットになっており、新聞をお得に読める。その詳細を見ていこう。(2017/3/8)

ソフトバンク、3月10日に「みまもりケータイ4」発売 ポケモンデコシールもプレゼント
ソフトバンクは、セイコーソリューションズ製の携帯電話「みまもりケータイ4」を3月10日に発売。購入者を対象とした「ポケモンデコシールセット」のプレゼントキャンペーンも行う。(2017/3/3)

発表から約9カ月半:
FREETELが「だれでもカケホーダイ」の提供を開始 キャリアフリーで月額299円から通話定額
プラスワン・マーケティングが2016年5月に発表したキャリアフリーの準通話定額。当初は同年夏を提供を予定していたが、発表から約9カ月半を経て、ようやくサービスを開始する。(2017/2/28)

FREETEL専門の「フリーテルショップ」が登場 第1弾は直営の6店舗
プラスワン・マーケティングが、FREETEL専門店「フリーテルショップ」の展開を開始する。第1弾は同社直営の6店舗で、3月1日(一部3月3日)にプレオープンし、4月以降に正式オープンする予定だ。(2017/2/28)

SIM通:
nuroモバイル、1日5時間高速通信し放題の新料金プランなどを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズは、「nuroモバイル」の新商品説明会を実施した。国内通話「5分かけ放題」や、高速通信容量を時間単位で定めた「5時間プラン」など、新たに4つのサービスを提供する。また、新機種2機種の投入と、既存の3機種の値下げも発表した。(2017/2/16)

SIM通:
UQ mobileからMVNO初の学割!「UQ学割」が登場だぞっ
UQ mobileは、18歳以下を対象とした「UQ学割」を提供すると発表した。期間中に指定プランに新規で申し込むと、適用されるキャンペーンで、従来の割引キャンペーンと合わせ、25ヶ月間2,000円割引される。(2017/2/10)

SIM通:
MVNO対抗!? キャリアの学割プラン 月額2,980円〜を紐解く
auとソフトバンクが、MVNOの低価格を意識したかのような、新たな学割プランを発表しました。プランの特徴を見るとともに、主要なMVNOとの比較と新学割プランがMVNOのプランと「どこが違うか?」について見ていきましょう。(2017/2/2)

SIM通:
こんな人はMVNOに向いていない! 4つのタイプ
利用料金を抑えるために、MVNOへの乗り換えを検討している人も増えているようです。けれども、誰もがMVNOへの乗り換えで満足できるサービスを受けられるわけではありません。どういった人がMVNOに「不向き」なのか、4つのタイプを挙げて考察します。(2017/2/1)

音声定額サービスも開始:
nuroモバイルが新プラン 通信量に上限なし
So-netのMVNO「nuroモバイル」が、データ使用量に上限を設けず必要時のみ通信速度を高速化するプランなどを発表。(2017/1/31)

「nuroモバイル」が新サービスを発表 「5分かけ放題」「5時間プラン」「パケットギフト」を2月1日から提供
ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNOサービス「nuroモバイル」が2月1日からサービスを拡充する。プレフィックス型の格安電話サービスのほか、1日5時間まで高速通信できる新プランやユーザー同士がパケット通信量を送りあえる仕組みを導入する。(2017/1/31)

石野純也のMobile Eye(1月16日〜27日):
火花散らすY!mobileとUQ mobile――それでもドコモがサブブランドを展開しない理由
Y!mobileとUQ mobileが激しい戦いを繰り広げている。競争の主戦場はサブブランドやMVNOに移りつつあるが、ドコモはどう出る?(2017/1/28)

スマホ×ルーターでひと勝負――UQコミュニケーションズの2017年春商戦
UQコミュニケーションズが2017年春商戦に向けた取り組みを報道関係者に説明した。「UQ mobile」「UQ WiMAX」の2ブランドを持つ同社は、どのように1年で一番の商戦期を戦っていくのだろうか。(2017/1/26)

ヤフー、Googleとの連携を強めるY!mobile――“新しさ”でソフトバンクとすみ分け
Y!mobileの2017年春商戦向けサービスや新機種が披露された。サービスはヤフー、端末はGoogleとの連携を強化。ソフトバンクとは“新しい取り組み”で差別化を図る。(2017/1/19)

石野純也のMobile Eye(1月3日〜13日):
KDDIが「学割天国U18」で“段階制”のデータ定額を打ち出した理由
KDDIがauの春モデルと春商戦に向けた学割を発表した。auの学割は“段階制”のデータ定額が最大の特徴。MVNOやY!mobileに対抗し、若年層を獲得しておきたいKDDIの思惑が見え隠れする。(2017/1/14)

利用者は5000万人超:
“変わらない”良さ――進化続けるガラケー
従来型の携帯電話が地味に進化している。通信大手3社が新料金プランをそろって発表したほか、メーカーも基本性能の底上げや使い勝手の向上など“変わらない”良さに磨きをかけている。(2017/1/12)

「auの学割天国」1月13日スタート 18歳以下のユーザーなら通話・データ込みで月額2980円から利用可能(条件あり)
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の2017年の「学割」が発表された。18歳以下のユーザー向けの「学割天国U18」と、25歳以下のユーザー向けの「学割天国U25」の2本立てで、家族向けには機種変更時の割引・キャッシュバックキャンペーンを実施する。(2017/1/11)

地味に進化続けるガラケー 迫り来る格安スマホの脅威をしのげるか
ガラケーが進化している。メーカーも、通話品質を含めた基本性能の底上げや使い勝手の向上など“変わらない”良さに磨きをかけている。(2017/1/11)

SIM通:
【2016年を振り返る】 MVNO業界の10大ニュース
2016年も多くのMVNOが参入したり、新しい戦略を打ち出したりして、1年を通して大きな盛り上がりを見せました。そんな2016年のMVNO市場に、大きな影響を与えた10のニュースを振り返ってみたいと思います。(2017/1/10)

J:COM MOBILE、5分以内の国内通話が無料になる「かけ放題5分」2月2日スタート
ジュピターテレコムは、MVNOサービス「J:COM MOBILE」で5分以内の国内通話が回数無制限で無料になる通話定額サービス「かけ放題5分」をスタート。料金は1回線ごとに月額850円(税別)で、2月2日から提供開始する。(2017/1/5)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
UQがWiMAX 2+の速度制限を「直近3日間10GB・夜だけ」に緩和 制限中速度は1Mbps程度に
UQコミュニケーションズが「WiMAX 2+」の通信速度制限ルールを2017年2月2日から変更します。これにより、容量のしきい値と通信制限される時間が緩和される一方、制限中の通信速度は厳しくなります。(2016/12/31)

MVNOに聞く:
「2017年春頃から製品ラッシュが始まります」――増田社長が語る、FREETELの逆襲
スマートフォン本体、データ通信料、5分かけ放題を含めた「スマートコミコミ」を提供するなど、MVNO事業を強化しているFREETEL。一方で2016年の端末はやや勢いが弱まった感もある。これはなぜか? 増田社長にFREETELの戦略を聞いた。(2016/12/27)

提供開始は2017年3月:
「mineo」に5分間通話定額が登場 月額850円で回数無制限
ケイ・オプティコムの「mineo」の音声通話プラン用オプションに、2017年3月から「5分かけ放題サービス」が追加される。月額850円で、5分以内の国内通話を回数無制限で定額利用できる。(2016/12/7)

正式サービス名は公募:
スマモバ、1分間の「通話定額サービス」を12月8日から提供 月額398円
スマートモバイルコミュニケーションズの「スマモバ」において、1分以内の国内通話が定額となるオプションサービスが登場する。正式なサービス名は決まっておらず、後日同社のWebサイトで募集する。(2016/12/7)

石野純也のMobile Eye(11月21日〜12月2日):
同じ垂直統合でも戦略は対照的――「FREETEL」と「TONE」が目指すもの
MVNOが台頭する中、あえてハードウェアからネットワークまでを一手に手掛ける異色のMVNOも登場した。FREETELとTONEは、ネットワークから端末、店舗を一手に手掛ける。実は対照的ともいえる両者の違いを読み解いていく。(2016/12/3)

ソフトバンクの「スマ放題ライト」が3Gケータイでも契約可能に 「データ定額S」は加入対象を拡大
1回5分以内の国内通話が定額となるソフトバンクの「スマ放題ライト」が、3Gケータイでも契約可能となる。合わせて、従来はMNP契約時のみ契約可能だった「データ定額S」が、新規契約、機種変更やプラン変更時にも申し込めるようになる。(2016/11/29)

MVNOに聞く:
端末ラインアップを大きく拡充させたUQ mobile――野坂社長が語る最新戦略
UQ mobileの端末ラインアップが、この秋から一気に拡充された。テレビCMも開始。ライバルであるY!mobileを、万全の体制で追撃する。野坂章雄社長がこの1年を振り返るとともに、UQ mobileの最新戦略を語った。(2016/11/15)

MVNOに聞く:
「タイプA」「通話定額」「フルMVNO」――IIJの注目トピックをじっくりと聞く
ここ数カ月、モバイル通信サービスで矢継ぎ早に新しい発表をしているIIJ。早くから事業を展開してきた同社が、“次の一手”を模索しているようにも見える。こうした直近のトピックについて、佐々木氏と堂前氏にじっくり語ってもらった。(2016/11/11)

「通話定額」「特別扱い?」「auとの関係」――UQ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ
10月24日、UQコミュニケーションズが「2016秋冬UQ発表会」を開催した。そこで行われた質疑応答・囲み取材の様子を見てみよう。(2016/10/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「スマホ一括648円」 「LTEケータイ用プラン」の“制約”
NTTドコモが、初めてオリジナルブランドを冠するスマートフォンを発売します。その大きな特徴は「一括648円」という、大手キャリアの端末としては非常に安価な価格設定です。(2016/10/24)

MVNOに聞く:
「プレミアムコース」で“良安スマホ”に/iPhoneも扱いたい――mineoが進む次のステップ
「mineo」の契約数は2016年10月時点で40万を超えており、好調に推移している。直近で注目したいのが、混雑する時間帯でも高速通信を約束する「プレミアムコース」。同コースを始め、mineoの現状をモバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田晃穂氏に聞いた。(2016/10/24)

UQ mobileに「おしゃべりプラン」が登場 5分以内の国内通話が回数無制限で無料に
「UQ mobile」の新しい料金プランが、2017年2月に登場する。既存の「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」から料金を据え置きつつ、1回5分以内の国内通話を定額利用できる。(2016/10/24)

携帯各社、ガラケー値下げは“苦肉の策” 格安スマホに危機感
携帯大手が相次いでガラケー向けに新料金プランなどの施策を打ち出している。背景には、格安スマホへの流出がガラケー利用者を中心に相次いでいることがある。(2016/10/21)

ドコモ・auに追随:
ソフトバンク、4Gケータイにも「スマ放題ライト」を提供 2段階定額も0円スタートに
ドコモとauに続き、ソフトバンクも4Gケータイ用の1回5分以内の国内通話定額を開始する。それに合わせて、4Gケータイ用の2段階データ定額の請求上限額を4200円に改める。(2016/10/20)

スマホを使ってマイルがたまる「ANA Phone」、ソフトバンクのMVNOとして提供
SBパートナーズが、スマートフォンの利用に応じてANAのマイルがたまる「ANA Phone」を12月上旬に提供する。月額2700円または1700円の通話定額サービスや、月間2GB〜30GBのデータ定額サービスを用意。端末は「Xperia XZ」を提供する。(2016/10/12)

ITライフch:
Y!mobile+SIMフリーのiPhone 7は安い?キャリアと格安SIMの2年間総額比較
販売を開始したiPhone 7とiPhone 7 Plus。今回は、ドコモ、au、ソフトバンクに加え、SIMフリー版のiPhone 7 /iPhone 7 PlusをY!mobileや格安SIM(IIJmio)での端末代金を含めた2年間総額を比較します。(2016/9/30)

auが新プラン「スーパーデジラ」を発表 20GBで月額6000円、全データくりこし可能
前日に発表されたソフトバンクの「ギガモンスター」に対抗。(2016/9/9)

テザリング無料キャンペーンも:
ソフトバンク、「ギガモンスター」の提供条件を一部変更 パケット繰り越し制限を撤廃
ソフトバンクが9月8日に発表した「データ定額20GB」「データ定額30GB」の提供条件がさっそく一部変更となった。5GBが上限だったデータ繰り越し容量制限を撤廃するほか、2017年4月30日までテザリングオプションを無料で提供するキャンペーンも実施する。(2016/9/9)

MVNOに聞く:
Y!mobile、そして日本通信とも――U-NEXTが複数のMVNEとタッグを組む理由
7月から「U-mobile PREMIUM」を提供、8月には日本通信との提携を発表するなど、U-NEXTの動きが目立っている。ほかにも、同社は「U-mobile SUPER」として、Y!mobileの通信サービスを再販している。このように複数のMVNEと提携する狙いをU-NEXTに聞いた。(2016/9/6)

格安SIM定点観測:
Y!mobile対抗の「イチキュッパ」「イチパッパ」 購入済み端末に対する端末保証も登場――2016年6月・7月音声通話編
6月・7月の音声SIMでは、Y!mobileの「ワンキュッパ」に対抗するMVNOサービスや、端末を既に持っている人や中古端末を購入した人向けの保証サービスなど注目だ。(2016/9/5)

ビックカメラ、オンラインで申し込めるBIC SIM専用ページ開設――1円スタートキャンペーンも実施
ビックカメラは、パッケージ購入と共に開通に必要な手続きをオンラインで行えるBIC SIM専用ページを9月1日に開設。また、通常2990円のパッケージ代を1円で提供する「BIC SIM 1円スタートキャンペーン」も行う。(2016/8/31)

HLR/HSSの連携をドコモが承認:
IIJ、2017年度に“フルMVNO”サービスを提供――今までと何が変わる?
8月29日、NTTドコモがIIJの加入者管理機能「HLR/HSS」の連携を承認した。IIJは国内初の「フルMVNO」となり、2017年度下期に商用サービスの開始を目指す。フルMVNOになることで、どんなサービスを提供できるようになるのか?(2016/8/30)

SIM通:
人気の「ワイモバイル」 割安なSIMだけどMVNOじゃない?
スマホ向けに安価な通信サービスを提供しているのは、全てMVNOだと思っている人も多いかもしれません。しかし、MVNOではない事業者もあり、その代表的存在が「Y!mobile(ワイモバイル)」です。(2016/8/30)

IIJ、au回線を使った個人向けサービスを10月に開始――ドコモ回線と通信のシェアも可能
IIJが、10月1日からauの4G LTE回線を利用したサービスを提供する。料金プランはドコモ回線を使ったサービスと同じ。同一プランでドコモ回線とau回線のSIMを契約し、2回線で通信量をシェアすることもできる。(2016/8/23)

SIM通:
ユーザーと一緒に作る「mineoファンの集い」レポート
mineoは、大阪・東京で大規模オフ会「mineoファンの集い」を開催。今回取材した東京会場では、来場者からの質問コーナーやIIJからゲストを招いたトークセッションなどが行われた。(2016/8/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。