ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声定額」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音声定額」に関する情報が集まったページです。

2018年春の「格安SIM」選び(前編):
「月額0円」「カウントフリー」に「キャッシュバック」――料金で「格安SIM」を選ぶなら?
大手キャリアから通信ネットワークを借り受けて提供されるMVNOサービス。その月額料金から「格安SIM」と呼ばれることも多いが、子細に見ると料金面での個性もさまざまだ。そこで、この記事では料金面の特徴からオススメのMVNOサービスを紹介していく。(2018/4/29)

ドコモが4段階データ定額「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」導入 小・中容量パケットパックを置き換え
NTTドコモが4段階で料金が変わるデータ定額プランを導入する。1人用と家族用の両方を導入するが、代わりに小・中容量のパケットパックの受け付けを終了する。合わせて、シンプルプランを全パケットパックと組み合わせて申し込みできるようにする。(2018/4/27)

PR:「完全かけ放題まではいらない」人に朗報 契約キャリア以外のかけ放題も選べる時代に
春の新生活や歓送迎会シーズンは電話連絡の機会が多く、高い通話料が気になって電話をかけること自体がストレスになることも。でも、完全かけ放題は高いから利用したくない……。そんな人にオススメなのが、「OCNでんわキャリアフリー」だ。(2018/3/28)

石川温のスマホ業界新聞:
3キャリアで一斉に「MMS」じゃなくて「RCS」を導入へ――KDDIは「au.com」の開始に合わせてスタートか
一部メディアが、日本の大手キャリア3社がSMS(ショートメッセージ)を代替する「RCS」というサービスを導入することを報じた。筆者が独自に確認したところ、複数の関係者が導入を認める発言をした。「キャリアのサービスは終わっている」という早計な見方はやめた方が良いかもしれない。(2018/3/2)

スマホは乗り換えないと安くならない? 「電話一本」で割引があることも
携帯電話の月額料金は乗り換えないと安くならない――そう考える前に、確認しておくべきことをご紹介。(2018/2/26)

PR:端末代込みで月額1880円から! IIJmio「コミコミセット」がお得な理由
通信料と端末代がセットになったIIJmioの「コミコミセット」がリニューアル。月額2980円のプランが追加され、選べるスマホも増加。コミコミセットは何がお得なのだろうか?(2018/2/19)

「楽天でんわ かけ放題」、2月28日でサービス終了 3月から自動で従量課金に
楽天が「楽天モバイル」向けに提供している「かけ放題」サービスを、2月28日で終了する。3月からは自動で従量課金になる。「5分かけ放題」は引き続き利用できる。(2018/2/2)

「IIJmioコミコミセット」を正式サービス化、月額2980円(税別)のプランを追加
MVNOサービス「IIJmio」は端末代、通信料、通話定額オプションをセットにした「IIJmioコミコミセット」を正式サービス化し、2月1日に提供を開始。より高機能なスマートフォンを対象にした月額2980円(税別)のプランも追加する。(2018/1/31)

Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?
月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。(2018/1/29)

石野純也のMobile Eye:
“サブブランド規制”を巡る議論の行方は? 総務省の検討会で見えたもの
総務省で「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」が開催され、注目を集めている。検討会ではMVNOとMNOの双方が、見解を主張し終えたところだ。テーマは「サブブランドつぶし」ともささやかれるが、果たしてどのような決着を迎えるのか。(2018/1/27)

乗り換えレビュー:
PR:徹底解説 iPhone 8/Xで「IIJmio」を使うメリット
「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の新しいiPhoneが人気だ。iPhoneといえばキャリアで購入するのが主流だが、実はSIMロックフリー版とMVNOの格安SIMで使う方がはるかに安くなる。今回は実際に「IIJmio」に乗り換えてiPhone Xを使ってみた感想をお届けする。(提供:IIJ)(2018/1/18)

「サブブランド」「2年縛り」「SIMロック」――MVNO3社が語る“公正競争”の課題
2017年12月下旬に総務省が立ちあげた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」。この記事では、第2回会合においてMVNO3社が指摘した「競争上の課題」をまとめた。(2018/1/17)

先生は何歳でもOK:
ソフトバンクが「学割」発表 「先生」も割引対象に
ソフトバンクが学割サービス「学割先生」の提供を始める。25歳以下のユーザーに加え、学校教員も割引対象とする点が特徴。「ウルトラギガモンスター」の割引などが受けられる。(2018/1/15)

ソフトバンク、新プラン「学割先生」提供 50GBが月額3980円から
ソフトバンクが、学生や教員を対象にした割引プラン「学割先生」の提供を始める。月間50GB使える「ウルトラギガモンスター」を、月額3980円から利用可能。(2018/1/15)

石野純也のMobile Eye:
大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは「勝ち組」「負け組」が明確に
2017年は大手キャリアにとって「逆襲の1年」だった。大手3社の解約率は大幅に下がり、MVNOへの流出は止まりつつある。その影響を受け、MVNOは成長が鈍化するところや、事業が破綻するところも出た。(2017/12/23)

Y!mobile対抗か:
UQ mobileが「UQゼロ学割」をスタート 月額料金最大3カ月無料+次回機種変更までデータ容量2倍
UQ mobileが12月8日から「UQゼロ学割」を提供する。「月額料金最大3カ月間無料」「次回の機種変更までデータ容量が2倍」といった特典内容から、Y!mobileの「タダ学割」に対抗するキャンペーンであると思われる。(2017/12/7)

携帯キャリアの料金プランはなぜ分かりづらいのか
なるほど、さっぱり分からん!(2017/11/7)

iPhone X、乗り換えで買うならどのキャリアがおトク?
iPhone Xを乗り換えで購入した場合の料金を、容量別・新旧プラン別に元ケータイショップ店員が解説する。(2017/11/1)

エックスモバイルが設立4周年 サービス名変更、iPhone 7/7 Plus発売も
エックスモバイルは、2017年10月10日に設立から4年を迎えた。同日からサービス名称を「もしもシークス」から社名である「エックスモバイル(X-Mobile)」に変更し、iPhone 7/7 Plusなどを提供開始する。(2017/10/10)

モバイルdeワークスタイル変革:
留守電のメッセージをLINEやメールで“読む”方法
留守番電話の確認は、何かと面倒なもの。留守電のメッセージがテキストになって飛んで来たらいいのに……。そんな人にオススメしたいのが、ソースネクストの「スマート留守電」です。(2017/10/3)

iPhone 8を乗り換えで購入するならどのキャリアがお得? 新旧プランも比較
iPhone 8を乗り換えで購入した場合の料金を、容量別・新旧プラン別に元ケータイショップ店員が解説する。(2017/9/30)

mineoが秋商戦キャンペーンを開始 サービスや端末も拡充
ケイ・オプティコムの「mineo」が、秋商戦に向けたキャンペーンを11月9日まで実施する。合わせてサービスや端末ラインアップを拡充し、一部端末については販売価格を値下げする。(2017/9/1)

“ちょうどいいかけ放題”を目指す:
よく電話をする3人に月額850円でかけ放題 OCN モバイル ONEの「トップ3かけ放題」
NTTコムが、よく電話をかける上位3人までの通話料が無料となる「トップ3かけ放題」を9月1日に提供する。10分かけ放題と組み合わせられる「かけ放題ダブル」も提供。同社は“ちょうどいいかけ放題”を目指す。(2017/8/30)

IIJmio、月額1880円〜の「コミコミセット」をトライアルで開始 その狙いは?
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」向けに、端末代、通信料、通話定額の3つをセットにした「コミコミセット」を提供する。1年目を中心に通信料と通話定額の月額料金を割り引く。テストマーケティングとして、3カ月限定でオンラインのみで提供する。(2017/8/23)

マイルがたまる「ANA Phone」に「AQUOS Xx3 mini」見参
ANA(全日空空輸)とSBパートナーズが提供する「ANA Phone」に、シャープ製のコンパクトスマートフォン「AQUOS Xx3 mini」が登場する。オリジナルホーム画面や壁紙を搭載するほか、ANAが提供する各種アプリがプリインストールされる。(2017/8/1)

nuroモバイル、データ通信容量「前借り」可能に
MVNOサービス「nuroモバイル」で、データ通信容量が不足したときに翌月分を「前借り」できる新機能が登場。(2017/8/1)

ドコモ 1Qは減益でも「計画通り」 MVNOを除いた契約数は「横ばい」
ドコモの2017年度第1四半期は増収減益となった。吉澤社長はこの結果は「計画通り」と話す。MVNOを抜いたドコモブランドの契約数は横ばいとのこと。(2017/7/28)

石野純也のMobile Eye:
「分離プラン」の弱点をカバーしたau新料金プラン MVNOへの流出阻止なるか
KDDIは新料金プランとして「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を提供。端末の買い替えをサポートする「アップグレードプログラムEX」も導入し、分離プランの弱点解消にも努める。新料金プランの狙いや、同時期にドコモが導入した「docomo with」との違いを解説する。(2017/7/10)

ソフトバンク、他社ケータイからのMNPで3年間1000円割引になる「ガラケー通話し放題割」
ソフトバンクは、他社フィーチャーフォンからソフトバンクの4Gケータイ/3Gケータイに乗り換えると毎月の通話定額基本料から3年間1000円割引になる「ガラケー通話し放題割」を提供開始した。国内通話も24時間無料となる。(2017/6/30)

MVNOに聞く:
目指すのは「家の中でも外でも、全部UQ」 好調「UQ mobile」の向かう先
UQコミュニケーションズの格安SIM「UQ mobile」が好調だ。当面の目標とする「90万契約」も見えてきた。そんなUQが夏商戦でテーマに掲げたのが「家族」。野坂社長に夏商戦や今後の戦略を聞いた。(2017/6/29)

MVNOに聞く:
「nuroモバイル」の戦略を聞く 「5時間」プランの手応え、「0 SIM」の現状
2016年10月からMVNOのブランドをリニューアルし、「nuroモバイル」を提供しているソニーネットワークコミュニケーションズ。2017年2月には5時間プランの提供も開始した。「0 SIM」と合わせ、nuroモバイルの戦略を聞いた。(2017/6/12)

新料金プラン「docomo with」に質問集中――ドコモ吉澤和弘社長と一問一答
5月24日に2017年夏商戦向けの新サービス・新商品発表会を開催したNTTドコモ。発表会の質疑応答と、その後の囲み取材での報道関係者と同社の吉澤和弘社長とのやりとりをまとめた。(2017/5/25)

Mobile Weekly Top10:
Kickstarterで世界最小をうたうLTEスマホが登場/MVNOサービスの淘汰が始まる?
「Kickstarter」で世界最小をうたうLTEスマートフォンのクラウドファンディングが進行中です。ただし、日本で使うために必要な認証を取得する予定はないそうです……。(2017/5/17)

通話定額サービスを含めた「トータルコスト」が安い格安SIMは?
MVNOはさまざまな通話定額サービスを提供しているが、多くがオプション扱い。基本料金を含めた月額の「トータルコスト」はどれだけかかるのか? サービスタイプ別にまとめた。(2017/5/14)

格安SIMでもたくさん通話したい! MVNOの通話定額オプションを整理する
今や大手キャリアでは通話定額が当たり前だが、格安のMVNOでもオプションを追加することで通話定額が利用できるようになってきた。ライトな1回数分のオプションから、長電話派にうれしい24時間通話定額まで、MVNOの通話定額オプションをまとめた。(2017/5/9)

スマモバ、10分以内の通話定額サービスを提供開始
スマートモバイルコミュニケーションズの格安SIMブランド「スマモバ」は、10分以内の国内通話が何度でも無料になる通話定額サービス「スマート通話定額プレミアム」を提供開始した。利用料金は月額850円(税別)。(2017/5/1)

石野純也のMobile Eye:
新プランで約300億円を還元 6つの領域に注力するドコモの勝算は?
ドコモが「beyond宣言」と題する新たな中期経営戦略を発表。5Gを軸に、6つの領域に注力していくことを宣言した格好だ。このbeyond宣言の目的はどこにあるのだろうか。(2017/4/29)

ITライフch:
au対応でパワーアップしたSIMフリースマホ「g07+」 デュアルSIM デュアルスタンバイ時の注意点は?
NTTレゾナントが3月に発売した、“gooのスマホ”の最新版「g07+」。低価格ながらミッドレンジの性能をもつ「g07」にいくつかの改良が施されている。その一つ、DSDSに着目して、実際の使用感を検証します。(2017/4/27)

OKWAVEが格安SIMのAIコンシェルジュサービスを開発 Q&Aのビッグデータを活用
オウケイウェイヴが、Q&Aサイト「OKWAVE」のデータを生かした、格安SIMのAIコンシェルジュサービスを開発。質問を入力すると、Q&Aでのやりとりをもとに、最適な回答を返してくれる。各社のFAQも取り込める。(2017/4/25)

楽天モバイル、定額通話サービス「楽天でんわ かけ放題」開始 月額2380円で国内通話が回数・時間無制限
電話回線の使用により通話品質を確保。(2017/4/24)

「楽天モバイル」、かけ放題サービス開始 月額2380円
楽天が、「楽天モバイル」の通話SIM向けに、かけ放題サービスを提供開始。料金は月額2380円。「楽天でんわ」アプリを利用する必要がある。(2017/4/24)

IIJmio、月20GB/30GBの大容量データオプション開始 既存プランと組み合わせて利用
IIJが、モバイルサービス「IIJmio」で、月に20GBか30GBの大容量データを追加できるオプションサービスを開始する。既存のプランと組み合わせて利用する。「通話定額オプション」の改定も行う。(2017/4/20)

MVNOに聞く:
Y.U-mobileが「ヤマダニューモバイル」を始める狙い、ソフトバンクSIMの勝算
U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社、Y.U-mobileが「ヤマダニューモバイル」を提供。既存のU-mobileサービスをリニューアルする狙いはどこにあるのか。またU-NEXTに続きY.U-mobileも扱う予定というソフトバンクSIMの勝算はあるのか。(2017/4/13)

SIM通:
LINEモバイル、「MUSIC+プラン」対象拡大と通話定額の導入を発表!
LINEモバイルは、記者発表会を開催し、過去半年間の実績や今後取り組みについて発表した。MUSIC+プランは、カウントフリーの対象サービスを拡大、通話定額オプションを初夏頃に提供開始する。(2017/3/30)

MVNOに聞く:
本格展開を開始した「LINEモバイル」 嘉戸社長が語る“ユーザー目線”の戦略
LINEモバイルが3月に本格展開。10の家電量販店に即時開通カウンターや専用カウンターを設置し、CMもスタートする。3月以降の展開について、嘉戸彩乃社長にお話をうかがった。(2017/3/27)

MVNOが生き残るには? Y!mobileは格安SIM? 「モバイルフォーラム2017」パネルディスカッション
「モバイルフォーラム2017」では、MVNO業界のキーパーソンが集結してパネルディスカッションも行った。テーマは「MVNOは料金以外でどう生き残っていくのか」「格安スマホが市民権を獲得するには」の2つ。そこで語られたこととは?(2017/3/24)

「のん」「カウントフリー」「通話定額」――LINEモバイル嘉戸社長と一問一答
通信速度の速さやカウントフリーで評判を集める「LINEモバイル」。運営主体であるLINEモバイルの嘉戸彩乃社長が、3月14日の発表会終了後に囲み取材に応じた。(2017/3/14)

LINEモバイル、2017年初夏に「通話定額オプション」提供へ
約6カ月の実績・利用動向を発表した。(2017/3/14)

LINEモバイル、初のTVCMにのんさんを起用 「何も装飾していない私を見てほしい」
 LINEモバイルは3月14日、MVNOサービス「LINEモバイル」の今後のサービス展開予定の概要を発表した。LINEモバイル初となるTVCMは、のんさんを起用して、「愛と革新」というテーマを表現する。(2017/3/14)

LINEモバイル、2017年初夏をめどに通話定額サービスを提供へ MUSIC+プランのカウントフリー対象も拡大
LINEモバイルが、2017年初夏をめどに「通話定額オプション」の提供を開始する。また、「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象の音楽配信サービスも拡大する。(2017/3/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。