ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイルス」最新記事一覧

ウイルス、ワーム対策製品一覧 − TechTargetジャパン メールセキュリティ
質問!ウィルス対策→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でウィルス対策関連の質問をチェック

強盗事件やウイルス感染も――マカフィーが「Pokemon GO」に関する注意喚起
マカフィーは、スマートフォン向けゲームアプリ「Pokemon GO」の注意点をブログで紹介。現実世界での危険やマルウェアへの感染などについて解説している。(2016/7/22)

アダルトサイト職場で閲覧→「ウイルス感染」信じて電話→PC遠隔操作され情報流出 町議会事務局長のあきれた危機管理能力
福井県池田町で、議会事務局の男性職員がアダルトサイトを閲覧し、画面に現れた「ウイルス感染」の表示を見て、そこに記された番号に電話し、電話相手の指示に従って遠隔操作ソフトをダウンロード、遠隔操作されるという事件が起きた。(2016/7/19)

AvastがAVG買収、4億ユーザーの巨大ウイルス対策企業に
セキュリティ企業のAvastは同業のAVGを13億ドルで買収する。AvastのCEOは買収理由に意外な(?)点を挙げた。(2016/7/8)

イソジンのパッケージキャラクターが”犬”に変更 ばい菌やウイルスから家庭を守る「番犬」をイメージ
9月から展開。(2016/7/6)

セキュリティ・テクノロジー・マップ(4):
サンドボックス/アンチウイルス――マルウェアを「検知」「防御」する技術の基礎
社内システムにおけるセキュリティ技術の基本をおさらいする本連載。第4回では、ネットワークや端末上でマルウェアを検知、防御する技術を紹介します。(2016/7/7)

Symantecのウイルス対策基幹部分に深刻な脆弱性、法人・個人全てに影響
脆弱性は「Symantec Endpoint Protection」など法人向け製品と、「Norton」シリーズなどコンシューマー向けの製品すべてが影響を受け、ユーザーが何も操作しなくても悪用される恐れがある。(2016/6/30)

アクト・ツー、Mac用セキュリティソフト「ウイルスバリア」「ネットバリア」最新版の販売を開始
アクト・ツーは、Mac対応アンチウイルスソフト「ウイルスバリアX9」およびファイアウォールソフト「ネットバリアX9」の販売を開始する。(2016/6/24)

広く出回っていないマルウェアこそ危険:
大手旅行会社への攻撃にも用いられたウイルス「PlugX」――ファイア・アイが解説
ファイア・アイは2016年6月17日、国内の大手旅行会社への攻撃に用いられたマルウェア「PlugX」に関する記者説明会を実施し、デモなどを交えながら、事故を前提にした対策の重要性を訴えた。(2016/6/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
大病院の診療もストップ、身代金ウイルス「ランサムウェア」の恐ろしさ
端末に使用制限を掛けて“身代金”を要求する「ランサムウェア」の被害が広がっている。実例を基に、ランサムウェアの実態を探っていこう。(2016/6/17)

JTB社員はなぜ、ウイルス入り添付ファイルを開いたのか 「気づくの難しかった」
JTBで最大約793万人分もの個人情報が流出した可能性がある問題。社員がメールに添付されたウイルス入りファイルを開いてしまったことが原因だ。どんなメールだったのか。(2016/6/15)

マクロ悪用ウイルス復活、再燃の一因は「Officeの表示のせい」
米CERT/CCによると、Office 2010〜2013のインタフェースでは、マクロを有効にすればどうなるかをユーザーが理解しないまま、有効にしてしまう公算が大きくなった。(2016/6/10)

脅威に負けない我が社のセキュリティ強化大作戦:
新たな盾を得て生まれ変わるウイルス対策ソフトのいま
無尽蔵に増え続けるウイルスに、「もはや対策ソフトが通用しない」とも言われます。しかし、ウイルス対策ソフトはその状況に甘んじてはいません。これからの対策でも根幹を担う“アンチウイルスのいま”をひも解きます。(2016/6/1)

POSマルウェア「Pro POS」を考察
欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由
POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。(2016/6/1)

WHOがジカウイルスとリオ五輪についてコメント 「中止や変更をしてもウイルスの流行に大きな変化ない」
旅行者へのアドバイスも。(2016/5/29)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

Symantec、ウイルス対策製品の深刻な脆弱性を修正
メールの受信やWebサイトの閲覧などを通じて不正なPEファイルを受け取れば、攻撃者にroot権限でカーネルレベルのコードを実行される恐れがある。(2016/5/18)

「エンドポイントセキュリティ」再浮上のなぜ【第2回】
「次世代エンドポイントセキュリティ」は今までのウイルス対策と何が違うのか
巧妙化する攻撃を前に限界を迎えたエンドポイントセキュリティ。その課題を乗り越えるべく登場し始めた「次世代エンドポイントセキュリティ」は、今までとどう違うのか。(2016/5/17)

「ランサムウェア対策ツール」の費用対効果
「身代金ウイルス対策」はお金と時間のムダ? セキュリティ専門家から懐疑的な声
セキュリティベンダーが提供を急ぐ、身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」対策ツール。セキュリティ専門家はツールの有効性を認めながらも、その効果の継続性には疑問を呈する。(2016/5/9)

大規模向けで培った実力で、管理コストと不安を軽減
身代金ウイルス「ランサムウェア」の被害も防ぐ、“中小企業に勧めたくなるUTM”とは?
中堅・中小企業にセキュリティ製品を提供したい販売店にとって、適切な商材選びは困難を極める。価格競争に陥りがちな中堅・中小企業向け市場で顧客を満足させるための、商材選びのポイントを探る。(2016/5/9)

医療技術ニュース:
ジカウイルスの輸入リスクと国内伝播リスクを推定する統計モデル
北海道大学は、各国のジカ熱の輸入リスクと国内伝播のリスクを推定する新しい統計モデルを開発し、推定結果を発表した。日本で2016年中にジカ熱の国内伝播を認めるリスクは16.6%と推定された。(2016/4/22)

Flash Playerの脆弱性攻撃でLockyウイルスに感染、「直ちに更新して」
最新版で修正された脆弱性を悪用する攻撃ではファイル拡張子を「Locky」に変えるランサムウェア(身代金要求マルウェア)に感染するという。(2016/4/8)

ソフトバンク、Nexus 6P向けにトレンドマイクロの「スマートセキュリティ」を提供
ソフトバンクが、Nexus 6P向け「スマートセキュリティ powered by Trend Micro」を提供開始。トレンドマイクロのセキュリティソリューションを利用し、ウイルスや個人情報の漏えいから端末を保護する。(2016/4/6)

ウイルスチェックのつもりで情報漏えい? VirusTotalの使い方に注意
マルウェアではないファイルをVirusTotalにアップロードしたことで、その情報が世界中に漏えいしている可能性があるという。(2016/3/14)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

ウイルス対策ソフトメーカーが発表:
空港で不正Wi-Fiの提供実験 2000人以上が接続、63.5%が端末や身元を特定される
ウイルス対策ソフトメーカーのAvast Softwareがバルセロナの空港で行った実験で、MWCの参加者多数が同社が提供した実験用無料Wi-Fiに接続。63.5%の確率で端末やユーザーの身元を特定でき、アクセスしたサイトやインストールしているアプリも特定できたという。(2016/2/24)

ウイルス付き攻撃メール(?)を受け取った件
思わず添付ファイルを開きそうでした……。(2016/2/19)

新種ウイルスにも対応、サイバー攻撃から守る:
50種類の攻撃手口を監視、情報流出を阻止
三菱電機は、ウイルスの攻撃手口を監視することでサイバー攻撃を検知し、端末機器がウイルスに感染した場合でも情報流出などの被害を食い止める「サイバー攻撃検知技術」を開発した。(2016/2/19)

「日本政府を攻撃する」公安を震撼させた少年ハッカー
「日本政府を攻撃する」――。田舎暮らしの少年の軽はずみなネット投稿が、公安警察の逆鱗に触れた。自宅のPCにコンピューターウイルスを保管していたとして、兵庫県警警備部は2月、同県内に住む高校2年の少年を書類送検した。(2016/2/17)

エンプラ週末こぼれ話:
マルウェア博物館がオープン あの頃のウイルスは楽しかった?
セキュリティ研究者で有名なミッコ・ヒッポネン氏が「The Malware Museum」を開設しました。かつてのウイルス作成者たちは、感染先でのイタズラに興味シンシンだったのかもしれません。(2016/2/12)

“なつかしのウイルス”博物館オープン 安全に感染体験
往年のコンピュータウイルスを集めた「マルウェア博物館」(The Malware Museum)がInternet Archive上にオープンした。(2016/2/9)

医療技術ニュース:
エイズウイルスが細胞間で感染拡大する新たなメカニズムを解明
理化学研究所は、エイズの原因ウイルス「HIV-1」が、細胞から細胞へと感染拡大する際の新たなメカニズムを解明した。今後、従来の薬剤とは異なる作用メカニズムに基づく新たな抗エイズ薬の開発が期待できるという。(2016/2/5)

端末のWebブラウザに代わってチェックする:
仮想化技術を応用したWebセキュリティサービス、ラックが提供開始
ラックは、コンテンツ無害化技術を搭載した「Menlo Security」の提供を開始すると発表した。悪質なコンテンツが埋め込まれているWebサイトを訪問しても、ウイルスなどへの感染を防ぐ。(2016/2/3)

インターネットの根幹を支えるプロトコルを悪用する深刻な脅威:
ラック、「DNSプロトコルを悪用する遠隔操作ウイルス」への注意喚起情報を公開
ラックは2016年2月1日、DNSプロトコルを悪用し、指令サーバとの通信を行う遠隔操作ウイルスに関する注意喚起情報を公開した。(2016/2/1)

魔法のような対策はない:
ESET ウイルスラボ総責任者に聞く、オンラインバンキング攻撃の現状とIoT時代のセキュリティ
スロバキアのセキュリティ企業ESETのCRO(ウイルスラボ総責任者) ユライ・マルホ氏に、インターネットバンキング利用者を狙う攻撃や、IoTセキュリティに関して聞いた。(2016/1/28)

vvvウイルスの人質解放は30分で可能?
「広告を見るだけで感染」「ファイルが二度と読めなくなる」と人々を恐怖に陥れたvvvウイルスへの対処法がわかった。だがこれで問題解決したわけではない。(2016/1/26)

クリック詐欺がランサムウェア感染を招く?
脅威の「身代金ウイルス」 専門家もスルーした“低リスク攻撃”が感染源に
低リスクだとみられている脅威には、企業にとっての大きなリスクが潜んでいるかもしれない。とはいえ、全ての低リスクの脅威を調査するのは骨が折れる。策はないのか。(2016/1/15)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2015年12月版:
「vvvウイルス」に「Joomla!」脆弱性、情報が飛び交った12月
あっという間に年も明け、2016年を迎えました。昨年末のセキュリティクラスタを振り返ってみると、「SECCON 2015」開催の一方で、vvvウイルスこと「TeslaCrypt」が話題になり、感染源や対策に関する情報が盛んにやりとりされました。また12月中旬にはオープンソースCMS「Joomla!」の深刻な脆弱性が公表され、その原因をめぐって議論が巻き起こりました。(2016/1/8)

標的型サイバー攻撃(APT)対策:
PR:今こそ内部対策を強化せよ! 標的型サイバー攻撃に備える際、陥り易い落とし穴とは?
昨今の標的型サイバー攻撃の増加により、企業や組織ではサンドボックス型製品などの「入口対策」に注目が集まっている。入口対策はサイバー攻撃者に対する最初の防壁となるため、確かに重要な対策であることは言うまでもない。しかしながら、昨今のウイルスメールには巧妙な手口のものが多く、サンドボックス型製品では侵入を100%防ぐことは難しい。標的型サイバー攻撃に関する机上トレーニングや演習などを行っていても、一定数の社員は攻撃者からのメールを開封してしまうなどの結果が出ているのも事実だ。ここでは、企業や組織が標的型サイバー攻撃に備える際、どのような落とし穴に陥り易いのか、また対策を講じる上で重要なポイントは何かについて解説する。(2016/1/7)

故・松来未祐さんの病名、慢性活動性EBウイルス感染症だったと明かされる
遺族の意向で病名が明かされました。(2015/12/15)

ファイルの拡張子を全て「.vvv」に変えるウイルス  日本にも相当数の流入が確認されトレンドマイクロが注意喚起
インターネットから取得したファイルは、興味深くても不用意に実行しないことが大切です。(2015/12/12)

脱「“事前対策”ばかりのセキュリティ」
セキュリティ対策は「ウイルス検知」だけで済むと思ったら大間違いだ
多くの組織がさまざまなセキュリティ対策を実施していながらも、標的型攻撃をはじめとする攻撃の被害は後を絶たない。脅威の発見だけで終わらせず、被害の復旧に注力するようなセキュリティ対策が求められる。(2015/12/10)

「vvvウイルス」で注目集めたランサムウエアの脅威、対策は?:
「vvvウイルス」の日本への流入は限定的、「アップデート」「バックアップ」といった基本の徹底を
2015年12月5日以降、ランサムウエアの一種である「CrypTesla」(別名:TeslaCrypt)による被害がネット上で話題になった。これを受けてセキュリティベンダー各社が関連する情報を公開し、基本的な対策をあらためて呼び掛けている。(2015/12/9)

ネットを騒がせた「vvvウイルス」 「日本への流入は限定的」トレンドマイクロが報告
暗号化型ランサムウェア「CrypTesla」の新しい亜種である可能性が高いとのこと。(2015/12/8)

「vvvウイルス」はランサムウェア亜種の可能性、感染に警戒を
トレンドマイクロは「vvvウイルス」がランサムウェア「CrypTesla」の新たな亜種である可能性との見解を発表した。CrypTeslaの国内被害は限定的ながらも世界的には流行している。(2015/12/8)

「vvvウイルス」で騒動? 基本的なセキュリティ対策の徹底を
ファイルの拡張子を「.vvv」に変えてしまうという事象に関する噂がネット上をにぎわせている。真偽は不明だが、ウイルス対策ソフトを最新にしたり、脆弱性を解消したりするなどの基本的な対策の徹底がまずは重要だ。(2015/12/7)

ウイルス感染を狙うばらまき型メール、IPAが注意喚起:
「えっ、このメールが?」――マトモな文面のメールに攻撃が仕込まれるばらまき型攻撃に注意
まともな文面だが身に覚えのない注文や請求書――IPAがウイルス感染を目的とした巧妙なばらまき型メールに警戒するよう呼び掛けている。標的型攻撃のように、あり得そうな内容のメールを装っている点が特徴だ。心当たりがある方は対策を。(2015/12/3)

ウイルス感染を狙うバラマキメールの特徴――10月に大量流通
注文書や複合機の通知などになりすまして、ウイルスに感染させるための添付ファイルを開かせようとする。(2015/12/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
iPhoneウイルスの現状――iOSの安全神話は捨てるべき
iOSを搭載したiPhoneなどにおける“安全神話”が崩れつつある。これまでの状況を振り返りながら、今後どうすべきかについて考察してみたい。(2015/11/27)

医療技術ニュース:
前立腺がんに対するリプログラミング療法の臨床試験に成功
慶應義塾大学は、進行性の前立腺がん患者に対し、抗肝炎ウイルス薬リバビリンによるリプログラミング療法を用いた臨床試験に成功した。抗がん剤とリバビリンを併用して投与し、5例中2例で腫瘍マーカーが低下した。(2015/11/20)

Dellのセキュリティ製品にAI搭載、攻撃防御率「99%」
「従来のようなウイルス定義ファイルを使ったマルウェア対策では、もはや顧客のニーズに適切に対応できなくなった」とDellは指摘する。(2015/11/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。