ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鷲宮神社」最新記事一覧

司書メイドの同人誌レビューノート:
凧を揚げて気分もアガる! 好きなキャラ絵を描き込む“痛凧”の魅力
“和凧×萌絵=痛凧”。(2016/9/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
決戦兵器「エヴァンゲリオン」は山陽新幹線を救えるか
11月7日、山陽新幹線に独特な仕様の電車が現れた。かつて東京駅にも発着していた500系電車が、アニメ作品「新世紀エヴァンゲリオン」の主要メカをモチーフに塗装された。このコラボレーションは山陽新幹線にとって大きな意味がある。(2015/11/13)

埼玉の埼玉による埼玉のためのアニメが爆誕 「浦和の調ちゃん」4月に放映開始!
浦和vs大宮の最終戦争(ハルマゲドン)。(2015/3/24)

「らき☆すた」お神輿の担ぎ手を募集中 作品の舞台・鷲宮の「土師祭」でわっしょいしよう
9月7日に埼玉県鷲宮で開催の土師祭で、らき☆すた神輿の担ぎ手を準備会が募集スタート。(2014/7/7)

「らき☆すた」柊姉妹誕生日イベントが聖地・鷲宮で 今年は拡大版で開催
今年は「らき☆すた」が10周年を迎えたことから、2日間に拡大される。(2014/6/20)

その名も「お前はもう萌えている」:
声優・神谷明さん出演 「らき☆すた」の聖地・鷲宮で「オタ婚活」感謝祭
神谷明さんのトークショーがあるぞ。(2014/3/3)

オタクの心をつかめ:
オタクビジネスを成功させる「商品のストーリー性」とは
2011年、ラーメン店「太陽のトマト麺」がアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とコラボしたキャンペーンを展開した。ストーリーに沿ったアイテムや場所などは作品のファンに受け入れられやすい。アニメ本編に登場した事実を商品へとつなぐのは「オタクビジネス」を成功させる1つのポイントなのだ。(2013/11/15)

伝統文化とオタク文化が融合! 「土師祭」に『らき☆すた』神輿あり!
「らき☆すた」の聖地・鷲宮の祭りに、今年も「らき☆すた神輿」が登場した。(2013/9/27)

「らき☆すた」作者がマラソン・川内選手の応援キャラ作成 世界陸上応援グッズに
川内選手が名前やデザイン細部まで決定。生まれたキャラクターは……?(2013/8/9)

誠 Weekly Access Top10(2012年12月29日〜2013年1月4日):
グーグル検索を全力で使って人気クイズゲームの日本一を目指してみた
知識を競うクイズゲーム。しかし、どこでも簡単に検索できるようになった今、自分の知識だけで勝負するのは何かおかしいのではないか。ということで、グーグル検索を全力で活用してクイズゲーム「Answer×Answer Pocket」の日本一に挑んだら、結構いいところまでいってしまった……。(2013/1/11)

外伝アニメ化も絵馬で発表、『らき☆すた』聖地の鷲宮神社に初詣に行ってきた
アニメ『らき☆すた』が放映されて以来、その舞台になったことから多くの観光客を集めている鷲宮神社。今年は絵馬で、『らき☆すた』外伝にあたる『宮河家の空腹』のアニメ化が発表されていた。(2013/1/1)

長島☆自演乙☆雄一郎選手が結婚してた! お相手は「高橋愛さん似です」
長島☆リア充乙☆雄一郎。(2012/9/3)

もうリア充が爆発する必要はない? オタ婚活の盛り上がりがハンパじゃない
アニメオタクから剣道オタクまで色々なオタクが対象になってきています。(2012/6/25)

嵐の中でも大盛況! アニメコンテンツエクスポ会場リポート
昨年震災で中止となったアニメコンテンツエキスポの第1回が3月31日〜4月1日に開催された。初日の悪天候にもかかわらず、展示ブースやステージは大きな賑わいを見せた。(2012/4/2)

らき☆すたの聖地で「オタ婚活」再び 500円のワンコイン
鷲宮の第4回オタ婚活は「輪廻のゴヒャクエンデェ」。参加費は採算度外視という。(2012/3/28)

プリウスPHVでモテる?:
非モテ男、電源ガールに出会う【出会い編】
連載「面白ビジネスグッズでモテる?」終了から約1カ月。誠編集部の非モテ記者・ホリウチが帰ってきた。今度こそ、今度こそホリウチはモテるのか……?(2012/3/14)

「らき☆すた×あの花」記念乗車券、東武鉄道と秩父鉄道から発売
「らき☆すた」と「あの花」の記念乗車券が東武鉄道と秩父鉄道から発売される。全種類集めるとクリアファイルがもらえる。(2012/1/12)

『らき☆すた』『あの花』の聖地に二年参りに行ってきた
アニメ『らき☆すた』放映後、“聖地”として人気を集め、正月三が日の初詣客が過去最高を更新し続けている鷲宮神社。2011年夏に放映された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ゆかりの寺社と合わせて二年参りをして、それぞれの盛り上がりを確かめてみることにした。(2012/1/1)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(7):
なぜ若者はクルマから離れていったのか
若い世代の間で“クルマ離れ”が進んでいる。クルマを買わないどころか、免許すら持っていない人も少なくない。なぜ若者はクルマに興味を示さなくなったのだろうか。ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/23)

「らき☆すた」切手セット、埼玉で限定発売 鷲宮神社で先行販売も
埼玉県の郵便局で「らき☆すた」のキャラを描いた切手セットが発売される。年末年始には鷲宮神社に臨時出張所を設けて先行販売する。(2011/12/19)

らき☆すたの聖地で第3回「オタ婚活」 今度は“コスプレ編”
らき☆すたの聖地で「オタ婚活」の第3回が開催。参加者は男女ともコスプレ必須だ。(2011/11/17)

今年は「らき☆すた神輿」だけじゃない! 鷲宮の土師祭で男子のMISSコン
「らき☆すた」の聖地・鷲宮町のお祭りで、今年は男子の女装コスプレコンテストが開催される。らき☆すた神輿ももちろん参加だ。(2011/8/17)

誠 Weekly Access Top10(2011年1月8日〜1月14日):
社会人におススメ? 放置型ゲーム『ゆけ!勇者』が面白い
鷲宮神社への年越し取材で寝正月となってしまった筆者。そんな中、暇つぶしに始めた『ゆけ!勇者』というゲームが面白かった。とにかく手間のかからないゲームなので、ビジネスパーソンにおススメである。(2011/1/19)

今年はテレビも来たぞ、『らき☆すた』聖地の鷲宮神社へ初詣に行ってみた
アニメ『らき☆すた』の舞台となったことをきっかけに、正月三が日の参拝者数を、2007年13万人→2008年30万人→2009年42万人→2010年45万人と順調に増やしている埼玉県久喜市の鷲宮神社。今年はどうなるのか、年越しの様子を見に行ってみた。(2011/1/1)

誠 Weekly Access Top10(2010年1月2日〜1月8日):
その後の鷲宮神社
2010年への年越しを『らき☆すた』の聖地、鷲宮神社で迎えた筆者。結果的に鷲宮神社への初詣客は昨年を3万人上回り、45万人に達したという。年越しから1週間以上たった今、改めてその様子を見に行くことにした。(2010/1/14)

『らき☆すた』の聖地、鷲宮神社で初詣をしてきた
アニメ『らき☆すた』の舞台となったことから、ファンが“聖地巡礼”するようになった埼玉県鷲宮町の鷲宮神社。観光客も急増し、2009年の正月三が日初詣客は42万人と埼玉県2位となった。そのブームは今年も続くのか。実際に行って確かめてみることにした。(2010/1/1)

誠 Weekly Access Top10(2009年7月25日〜7月31日):
『めぞん一刻』の聖地を巡礼してきた
『めぞん一刻』と関連の深い西武鉄道東久留米駅北口が取り壊されることにともない、8月1日に行われたゆかりの地めぐりのスタンプラリー。筆者も参加してみた。(2009/8/4)

ねとらぼ:
痛車で乗り付け、愛を叫べ! 「萌フェスIN鷲宮2009〜あなたが痛いから〜」
「らき☆すた」の舞台となった埼玉県鷲宮町で、“萌えイベント”が開かれる。キャラへの愛を叫ぶイベントや、痛車コンテストなどを行う。(2009/6/25)

誠 Weekly Access Top10(2009年3月21日〜3月27日):
『らき☆すた』原作者の旧自宅に行ってみた
『らき☆すた』ファンの聖地、鷲宮神社がある埼玉県鷲宮町。しかし、『らき☆すた』原作者の美水かがみ氏が生まれ育ったのは実は隣の幸手市。幸手市商工会が原作者の旧自宅を『らき☆すた』風に改装して3月28日に公開した、と耳にした筆者は実際に行くことにした。(2009/3/30)

『らき☆すた』『true tears』に学ぶ、アニメツーリズムの可能性
アニメコンテンツを中心にして町おこしをする事例が近年増加している。その代表的な例が、『らき☆すた』によって町おこしをはかった埼玉県鷲宮町や、『true tears』で町おこしをはかった富山県南砺市などだ。東京国際アニメフェアのシンポジウムで、キーパーソンたちが町おこしの裏側を語った。(2009/3/23)

今日は何の日? 萌え曜日!:
皆が気になった“萌え記事”をアクセスランキングで振り返ってみました
実は今回でとりあえず終了してしまう「今日は何の日? 萌え曜日!」。最後の記事ということで、ラストは今日は何の日? 萌え曜日!のアクセスランキングベスト5を発表しますよ!(2009/1/27)

オルタナブログ通信:
Webブラウザの選択肢――機能? 速さ? それとも……
170組を超えるオルタナティブ・ブロガー(オルタナブロガー)によって、ITにまつわる時事ネタなどが日々発信されているのが、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」だ。今週はその中から、Google Chrome、Twitter、メール中毒、ケータイ、音楽などを紹介する。(2008/9/26)

今日は何の日?萌え曜日!:
“こなた”や“かがみ”を担いで聖地を練り歩く。鷲宮神社「土師祭」に“らきすた神輿”が登場!!
去年から「らき☆すた」の聖地として盛り上がりを見せる鷲宮町が、またまた大胆コラボレートを果たしました。関東最古の大社でもある鷲宮神社のお祭りに、らき☆すたの御神輿が出現! 今回は“らきすた神輿”が担がれた模様を紹介していきますよ。(2008/9/10)

イチオシは「らき☆すた神社」 埼玉県公式「ちょ〜ディープな」観光サイト開設
「らき☆すた」の聖地や「電王」のロケ地――埼玉県内の“でぃーぷ”なスポットを紹介するWebサイトを、同県が開設した。(2008/4/14)

「らき☆すた」で町おこし 鷲宮神社で公式参拝イベント
アニメ「らき☆すた」の舞台となった埼玉県鷲宮町の鷲宮神社と、神社近くにある「大酉茶屋わしのみや」で、らき☆すたの声優陣などを招いた公式イベントを開催。鷲宮町商工会が主催する。(2007/11/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。