ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウェザーニューズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ウェザーニューズ、5分ごとの天気予報可能に 「西日本復旧のお役に立てたら」
ウェザーニューズは、1時間先の天気が5分ごとに分かる「5分天気予報」の提供を始めた。10分ごとに予報する「10分天気予報」の上位版。(2018/7/26)

ゲリラ豪雨や熱中症の危険をお知らせ 作業員を見守るクラウドサービス、ウェザーニューズとKDDIが開始
ウェザーニューズとKDDIは、建設現場などに向けた「KDDI IoTクラウド 〜作業員みまもり〜 +天候予測」を開始した。ウェザーニューズの超局地的気象予測モデルと作業員が携行する気象センサーの情報で悪天校などを予測する。(2018/7/6)

俳句や和歌に詠まれた絶景、実際に見られる? 確率を予測「古典絶景NAVI」、三菱自動車とウェザーニューズが公開
三菱自動車工業とウェザーニューズが「古典絶景NAVI」を公開。俳句や和歌などに登場する絶景が週末に見られる確率を予測し、その場所へのルートや絶景を見るための気象条件などを教えてくれる。(2018/6/25)

今シーズンの花粉飛散量、前年を上回る見通し:
花粉飛散量予測ガチンコ対決の結果は? ウェザーニューズVS日本気象協会
今シーズンの花粉飛散量が、前年を上回る見通しとなっている。当初予測が正反対だった民間気象大手2社のうち、増加と予想した日本気象協会(東京)は3月中の飛散量が昨年同月の約43倍にのぼったと“勝利宣言”。一方で減少予想のウェザーニューズ(千葉)は4月12日、今年の飛散傾向について時期が偏る「メリハリ型」と釈明した。(2018/4/20)

「花粉飛散量、今年は増える」「いや減る」……“ガチンコ対決”の結果は?
今シーズンの花粉飛散量が、前年を上回る見通しとなっている。当初、花粉が増えると予想した日本気象協会は、3月中の飛散量が昨年同月の約43倍にのぼったと“勝利宣言”。一方で減少予想のウェザーニューズは、今年の飛散傾向について時期が偏る「メリハリ型」と釈明した。(2018/4/19)

全国のTwitterユーザーが“報告員” 災害状況を地図に「#減災リポート」始動
ウェザーニューズとTwitter Japanが、各地のネットユーザーが報告する自然災害の状況を取りまとめ、地図上に公開するサービス「#減災リポート」を今夏に始める。(2018/3/9)

太陽光:
雲粒子の影響も解析、日本初をうたう高精度な太陽光発電量予測サービス
ウェザーニューズは、日本で初めてという雲粒子による影響も考慮した太陽光発電量予測技術および日射量予測技術を活用したサービス「新太陽光発電量予測」の販売を開始した。(2018/2/8)

高速道路をドローンで監視 路面凍結対策で ウェザーニューズ
赤外線カメラを搭載したドローンで路面温度の変化を監視(2017/12/27)

ウェザーニューズが2017年夏のゲリラ豪雨の調査結果発表 発生回数は昨年の約半分
月別に見ると、7月が2000回と突出して多い。(2017/10/25)

ウェザーニューズが5分更新の精密天気予報を発表 突発的な「ゲリラ豪雨」などの予報も向上
これまで正確な予報が難しかった気象現象や地域への天気予報がより正確に。(2017/7/25)

例年より速いペースで融解進む ウェザーニューズが「北極海の海氷傾向」を発表
海氷域面積が観測史上2番目の小ささになる見込みです。(2017/7/13)

東京・上野公園の桜開花は3月23日 ウェザーニューズが予想
今年は寒いため、やや足踏みしているもよう。(2017/3/7)

ウェザーニューズが事前対策のための「花粉シミュレーション」を公開 花粉の飛散量や接近をアニメーションで表示
花粉飛散量を観測機「ポールンロボ」でリアルタイムに観測しています。(2017/3/3)

10月21日はオリオン座流星群出現のピーク! 当日は東の夜空に注目
ウェザーニューズがネット中継生放送を予定。(2016/10/13)

迷走ぶりが早わかり ウェザーニューズが台風10号の不思議な軌跡を動画に
南方で発生後に西進し、折り返して太平洋側を通過していった、異例の進路を48秒の動画にまとめています。(2016/9/1)

ドローンでゲリラ豪雨対策、エアロセンスとウェザーニューズが気象観測網を整備
エアロセンスとウェザーニューズが協力してドローンを利用した気象観測ネットワークを構築する。低層域での気象観測を強化し、ゲリラ豪雨などの局地監視や災害を監視する狙い。(2016/4/26)

「熊本地震特設サイト」を開設、ウェザーニューズ
熊本県で発生した震度7の地震を受けて、ウェザーニューズは「熊本地震特設サイト」を開設した。(2016/4/15)

お花見に欠かせない食べ物――地域によって違い
お花見に欠かせない食べ物は何ですか? 全国の男女に聞いたところ、地域によって違いがでた。ウェザーニューズ調べ。(2016/3/24)

花粉の季節到来 観測機「ポールンロボ」の配備が始まる
ウェザーニューズが提供する気象情報サイト「ウェザーニュース」やスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内での「花粉Ch.」で活用されている花粉観測機「ポールンロボ」が、全国の里親に向けて発送されています。(2016/1/29)

水曜インタビュー劇場(天候編):
新ビジネスの“成功確率”は? 「スポーツ+天気」がやって来そう
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れている。ラグビー日本代表チームのほかに、さまざまなスポーツを支援しているが、次にどんなビジネスを企画しているのか。担当者に話を聞いた。(2016/1/13)

水曜インタビュー劇場(天候編):
ウェザーニューズの「気象情報」に、ラグビー日本代表が喝采
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れていることをご存じだろうか。2015年秋に開催されたラグビーW杯で南アフリカに歴史的な勝利を果たした日本代表チームもサポートしていたという。どのような形で支援していたかというと……。(2016/1/6)

折りたたみ傘をよく使うのはどこの人
あなたがよく使う傘は? 長傘、折りたたみ傘、ビニール傘、その他の中から答えてもらったところ……。ウェザーニューズ調べ。(2015/7/23)

今年の「ゲリラ雷雨」はどうなる? ウェザーニューズが予測
突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらすゲリラ雷雨が気になる季節になったが、今年はどのような傾向があるのだろうか。ウェザーニューズによると……。(2015/7/9)

クラウドセンシングネットワークを構築:
気象情報をビーコンで24時間自動発信するセンサーを開発――ウェザーニューズが端末を無料配布
ウェザーニューズは2015年6月15日、 気象情報を自動で24時間観測してビーコンで発信するセンサー端末を開発。同社の協力会員に無料配布を開始した。(2015/6/16)

地震の揺れ、スマホのセンサーで観測 人の“体感”も集計 ウェザーニューズ「地震津波の会」に新機能
ウェザーニューズは、地震発生時に会員のスマートフォンのセンサーを活用して地震の揺れを観測・集計する機能と、揺れの体感報告を送ってもらう機能を、スマホアプリ「地震津波の会」に追加した。(2015/6/12)

大涌谷の24時間ライブ動画を公開 神奈川県とウェザーニューズ
神奈川県とウェザーニューズは、火山活動が活発化している大涌谷に設置した高性能カメラ映像のライブ配信を始めた。(2015/6/3)

ウェザーニューズ、12歳まで預かる企業内キッズルームを開設へ
同社グローバルセンターが入るビル内に企業内保育園と学童ルームを9月ごろ設ける。(2015/4/7)

ウェザーニューズ、天気を多角的に楽しむWebマガジン『月刊SORA』創刊
閲覧は基本無料、毎月更新していく。(2015/4/2)

くしゃみと花粉の関係をモニターする「ポールンウォッチ」を写真と動画で見る
ウェザーニューズが、花粉とくしゃみの関係をモニターする“スマートウォッチ(?)”を開発したとか。Bluetoothを搭載し、「ポールンウォッチ」と名付けられたそのデバイス、いったいどんなものなのか、写真と動画でチェックしてみましょう。(2015/3/4)

ウェアラブルな“くしゃみカウンター”のモニター募集 ウェザーニューズ、花粉症対策で
ウェザーニューズは、くしゃみをカウントする腕時計型のウェアラブルデバイス「ポールンウォッチ」を使い、くしゃみと花粉の飛散量や時間帯の調査に協力してくれるユーザーを募集している。(2015/2/27)

今夜はおうし座&しし座“ダブル流星群” ウェザーニューズが生中継
おうし座流星群としし座流星群がダブルで見られそう。(2014/11/17)

花粉観測機の「里親」求む ウェザーニューズ、観測への協力者募集
花粉観測機「ポールンロボ」を設置してくれる個人や企業をウェザーニューズが募集している。(2014/11/10)

オリオン座流星群、今夜がピーク ウェザーニューズが生中継
全国的に雲の広がるところが多く、観測は厳しい見込み。(2014/10/21)

雨の日の通勤、いつもより「5分」長い
雨の日の通勤は、いつもよりどのくらい多くの時間がかかっていますか? スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」のリポーターに聞いた。ウェザーニューズ調べ。(2014/7/3)

確実にできることを1つだけ:
地震津波の会で考える「緊急地震速報から10秒でできる行動」
ウェザーニューズが有料サービス向けの減災訓練を行った。この訓練で動作チェック以上に重要なのが、「自分のためにあと10秒でなにができる」を考えることだ。(2014/4/7)

大雪被害の状況をマッピング トヨタ車の走行データ活用「豪雪減災リポートマップ」
トヨタのカーナビで集めた通行実績などから大雪の被害状況を確認できるサイトをウェザーニューズが公開。各地域から寄せられた写真やコメントも掲載していく。(2014/2/20)

こたつ所有率は48%:
こたつを持っていないのは、どこの人?
日本の冬といえば“こたつにみかん”だが、こたつを持っている人はどのくらいいるのだろうか。ウェザーニューズ調べ。(2014/2/6)

お正月に太りましたか? 全国平均で1.6キログラム増加
あなたは正月に太りましたか? 全国の男女に聞いたところ「太った」と答えたのは52%、「太っていない」は48%だった。ウェザーニューズ調べ。(2014/1/10)

ウェザーニューズがお天気キャスターを募集中
ウェザーニューズが同社の気象情報番組やデジタルサイネージに登場するお天気キャスターの募集を始めた。(2014/1/8)

ウェザーニューズ、初日の出の色で人とつながるサービス
初日の出を撮影して投稿すると、同じ色の朝焼けを見た人と友達になれるとあの人はいった。(2013/12/26)

しし座流星群をスマホで“観測” ウェザーニューズ、17日夜に流星動画をリアルタイム配信
17日夜に全国で観測される「しし座流星群」の動画をスマートフォンにほぼリアルタイムに配信するサービスを、ウェザーニューズが行う。(2013/11/15)

16日の通勤手段は? ウェザーニューズ、台風26号関連予報を提供開始
ウェザーニューズは、10月15日に「台風ピンポイント」サービスで台風26号の情報配信を開始した。(2013/10/15)

ウェザーニューズ、「通勤天気」をスマートフォンでも利用可能に
ウェザーニューズは、通勤に特化した気象情報告知サービス「通勤天気」を、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で開始した。(2013/9/11)

南海トラフ巨大地震に備え:
気象情報と機体/車両の位置情報を一元管理! 被災地支援に役立つウェザーニューズの動態管理システム
ウェザーニューズは、南海トラフ巨大地震を想定して2013年8月31日に実施された「平成25年 内閣府広域医療搬送訓練」において、同社のヘリコプター動態管理システム「FOSTER-copilot」が活用されたことを発表した。(2013/9/5)

動かすのは使命感:
スマートフォン限定「地震津波の会」にみるウェザーニューズの“堅牢性”と“柔軟性”
ウェザーニューズの「地震津波の会」は年額3110円で津波レーダーなどの高度な災害情報を確実に利用できる。しかし、その価値は「情報」だけにとどまらない。(2013/8/19)

App Town 天気:
星が流れて合図する──ウェザーニューズ、「流星キャッチャー」登録開始
ウェザーニューズは、流星を捉えたら3分以内に通知して動画を視聴できるサービス「流星キャッチャー」のユーザー登録を開始した。(2013/8/8)

ウェザーニューズ、希少な空と雲の画像「ミラクルソラピース」を公開
ウェザーニューズは、7月29日に珍しい空や雲の瞬間を集めた「ミラクルソラピース」をスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」などで公開した。(2013/7/29)

花粉症、いつ発症した? 「今シーズンから」は6.1%
花粉症を「今シーズンから」発症した人はどのくらいいるのだろうか。全国の男女に聞いたところ、6.1%の人が「今シーズンから」と答えた。ウェザーニューズ調べ。(2013/4/17)

ウェザーニューズ、「地震津波の会」のiPhoneアプリをリリース
スマートフォンから、地震・津波などの災害情報が迅速に確認できる有料会員制コミュニティ「地震津波の会」のiPhoneアプリが登場した。(2013/3/27)

ウェザーニューズ、情報コミュニティ「地震津波の会」を発足
ウェザーニューズが、スマートフォン用の有料会員向け情報コミュニティ「地震津波の会」を発足。地震や津波の最新情報を確実・迅速に得られるほか、津波接近や到達を視覚化した「津波レーダー情報」も確認できる。(2013/3/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。