ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Winglet」最新記事一覧

省エネ機器:
太陽光と風力で発電する街路灯、静粛性を高め都市部でも使いやすく
NTNは太陽光発電と風力発電システムで発電する街路灯の新製品を発表した。風力発電機の羽の形状を工夫し、風切り音による騒音を抑え、都市部にも導入しやすくした。バッテリーを搭載しており、非常用電源としても活用できる。(2016/8/2)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/31
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月31日)(2016/4/1)

立ち乗り2輪「Winglet」でお台場散歩、トヨタらが実証実験
東京のお台場にて、トヨタの立ち乗り型パーソナル移動支援ロボット「Winglet」の公道実証実験が約1年間にわたって実施される。週末には一般向けの試乗会も開催の予定だ。(2016/3/25)

東京モーターショー2015:
実用化は目前? 「超小型モビリティ」「パーソナルモビリティ」を試乗
超小型モビリティ「i-ROAD」、パーソナルモビリティ「Winglet」(トヨタ自動車)などに試乗できるブースが「東京モーターショー2015」に登場。(2015/10/29)

バッグに入れて持ち運べるクルマ:
「WalkCar」は乗り物の概念を変える?
日本人エンジニアが発明した「WalkCar」は、何といっても、バッグに入るほど小型というところが最大の特長だろう。かつて、携帯電話機の登場が“電話”の概念を変えたように、WalkCarが“乗り物”の概念を変える日がくるかもしれない。(2015/8/18)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
“風の中津川”で生み出された“静かな扇風機”――三菱「SEASONS」
三菱電機が14年ぶりに扇風機の新製品を発表した。その開発設計に携わったのが、同社内でさまざまな風製品の開発に関わり、“風の中津川”の異名を持つ中津川製作所。風の本質を知り尽くす製作所が見つめ直したDC扇風機「SEASONS」のスゴいところとは?(2015/6/15)

羽生名人が王将に「乗る」ってなんだよ! 本物の車で将棋を指す「リアル車将棋」がシュールすぎた
駒たちが本当に躍動するシュールな将棋を皆さんに見せたよね。(2015/2/9)

ロボット開発ニュース:
自動車メーカーのロボット市場参入が本格化、34の医療機関でリハビリ支援
トヨタ自動車は、同社が開発したリハビリテーション支援用パートナーロボットの医療機関への導入を発表。34の医療機関に対して、「歩行練習アシスト」を23台、「バランス練習アシスト」を21台導入する。(2014/12/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
エアバスの最新鋭旅客機「A350XWB」搭乗レポート
11月19日、エアバスの中型旅客機「A350」が、デモツアーのために初めて日本にやってきた。JALが導入したことでも話題のA350は、ゆとりのあるボディ&新素材を生かして乗客にも優しい機内環境を実現したという。その実際の乗り心地は……?(2014/11/25)

CAE最前線―MRJ事例に見る航空機設計でのシミュレーション活用:
MRJはいかにして設計されたのか
三菱航空機の小型旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の機体設計には、多目的最適化手法や、最適化の結果を可視化するデータマイニング手法が採用されている。MRJの事例を中心に、航空機設計におけるコンピュータ・シミュレーションの活用手法を探る。(2014/7/7)

医療機器ニュース:
トヨタ、リハビリ向けロボットの臨床研究モデルを開発
トヨタ自動車が、2011年に発表した医療支援向けのロボットに改良を加え、リハビリテーション支援を目的とした臨床研究モデルを開発した。早期実用化を目指し、2014年秋には、医療機関への提供(有償)を開始する予定だ。(2014/5/28)

ニコニコ超会議3:
「攻殻機動隊ARISE」ロジコマ仕様のトヨタWingletに乗ってみた
びゅーん。(2014/4/26)

「攻殻機動隊ARISE」ロジコマ仕様のトヨタWingletに乗れる ニコニコ超会議で試乗イベント
ロジコマの機体カラーリングの立ち乗り型ロボット「Winglet」に試乗できる。(2014/4/24)

再検証「ロボット大国・日本」(13):
「米国ベンチャーに負けない!!」――NEDO、生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果を報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、5年にわたり実施してきた「生活支援ロボット実用化プロジェクト」に関する成果報告会を実施。同プロジェクトに参画した2社のロボットが、世界で初めて国際安全規格「ISO 13482」の認証を取得した。(2014/2/26)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ジャンボ機ボーイング747は、いかにして誕生したか?
2014年3月31の那覇から羽田へのラストフライトで、ついに日本の空から姿を消すジャンボ機──ボーイング747-400。日本人に最も愛されたこの名機は、いかにして誕生したのか? その歴史を、改めて振り返ってみよう。(2014/2/14)

東京モーターショー2013:
高齢化社会の必須アイテム? 歩くように移動できるパーソナルモビリティ
高齢化が進み、屋内や室内での移動をサポートする歩行補助型のパーソナルモビリティのニーズが高まっている。「東京モーターショー2013」での関連出展を紹介する。(2013/11/20)

トヨタの立ち乗りロボ「Winglet」公道で実証実験開始 産総研職員の通勤などに利用
立ち乗り型の移動支援ロボット「Winglet」の公道での実証実験がつくば市でスタート。産総研職員などが通勤や勤務時の外出の際に歩道などで利用する。(2013/7/23)

つくばモビリティロボット実験特区で:
トヨタ、立ち乗り型移動支援ロボット「Winglet」の公道実証実験を開始
茨城県つくば市とトヨタ自動車は、「つくばモビリティロボット実験特区」において、トヨタが開発を進めている立ち乗り型パーソナル移動支援ロボット「Winglet(ウィングレット)」による歩道での公道実証実験を開始すると発表した。公道でのWingletによる実証実験は今回が初となる。(2013/7/23)

ランボルギーニかくあれかし:
“究極”のオープン2シーター「ランボルギーニ・アヴェンタドール J」
ジュネーブモーターショーに登場したアヴェンタドール J。究極のオープンスポーツカーとはフロントウインドウすら飾りに過ぎないのか。(2012/3/14)

フォトギャラリー:フェラーリ 458イタリア
写真でみる「フェラーリ 458イタリア」。F430の後継となる新型V8ミドシップシリーズ。(2010/6/4)

日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
フェラーリ・ジャパンは5月29〜30日にわたり「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催。会場において、ニューモデル「フェラーリ 458イタリア」の発表会見が行なわれた。日本初公開。(2010/6/4)

トヨタ初の営業赤字、IT・エレクトロニクス分野への影響は
トヨタが業績データ公表以来初の営業赤字に陥る見通し。同社業績や自動車業界の急ブレーキは、IT・エレクトロニクス分野にも影響を及ぼす可能性がある。(2008/12/22)

トヨタ、3D仮想都市を正式開設 クルマ離れの若者に楽しさアピール
トヨタ自動車は、同社の情報を発信する3D仮想都市「TOYOTA METAPOLIS」を開設した。新車情報の紹介やアバターによるアトラクションを用意し、クルマ離れが進む若年層に車の楽しさや実用性を訴求する。(2008/10/1)

+D Style News:
個性あふれるデザインが集結――デザインの祭典「グッドデザインエキスポ2008」
アジア最大級のデザインイベント「グッドデザインエキスポ2008」が開催。“消費者の目線”をキーワードに個性あふれる2000点以上のプロダクツが東京ビッグサイトに集結した。(2008/8/23)

トヨタ、立ち乗り&2輪の“移動支援ロボット”「Winglet」開発
トヨタは、人が立って乗ることができる“パーソナル移動支援ロボット”「Winglet」を開発した。Segwayのように体重移動で操縦できるコンパクトな電動2輪車だ。(2008/8/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。