ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワイヤレスヘッドフォン」最新記事一覧

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(10):
PR:クラウドファンディングは可能性いっぱいのモノづくりインフラ
クラウドファンディングサイト「Makuake」は、親会社のサイバーエージェントによる新規事業コンテスト「あした会議」で採用されたのがきっかけで2013年5月に設立。自らも新規プロジェクトとして走りながら考え、市場を広げている。資金調達手段として知られるクラウドファンディングは、作り手とユーザーのマッチングの場を超えた、可能性いっぱいのインフラだった。(2016/8/22)

ワイヤレスで行こう!:
ワイヤレスイヤフォンならではの機能性を凝縮! 北欧デザインもうれしいB&O PLAY「H5」を聴く
次期iPhoneでイヤフォンジャックがなくなるという噂もあって注目を集めるBluetoothイヤフォン。今回は、デンマークのオーディオブランド、B&O PLAYから登場した「H5」をチェックしていこう。(2016/8/1)

上海問屋、タッチセンサーで操作できるBluetoothヘッドフォン
ドスパラは、イヤーカップ部にタッチセンサーを内蔵したBluetoothヘッドフォン「DN-914004」の取り扱いを開始した。(2016/7/25)

Bluetoothで音声を出力できるプロジェクター、エプソン「EH-TW6700/W」登場
エプソンが3LCD方式のホームプロジェクター「EH-TW6700」およびワイヤレスモデルの「EH-TW6700W」を9月に発売する。3000lm(ルーメン)の明るい画面が特徴で、窓のあるリビングルームでもくっきりとした映像を楽しめる。(2016/7/21)

ポタフェス2016 in 東京・秋葉原:
オンキヨー、初のハイブリッド型イヤフォンと完全独立型ワイヤレスイヤフォンを秋に発売――「KIRIヘッドフォン」も進化中
オンキヨーブースでは、日本初公開のカナル型イヤフォン「E900M」とワイヤレスイヤフォン「W800BT」を参考展示しています。(2016/7/16)

低音強化の「SOLID BASS」シリーズ:
ワイヤレスでも重低音! オーテクがSOLID BASSのBluetoothイヤフォン2種類を発売
オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのBluetooth搭載ワイヤレスイヤフォン「ATH-CKS990BT」と「ATH-CKS550BT」を7月22日に発売する。(2016/7/7)

スニーカーっぽい? B&O PLAYから初のワイヤレスイヤフォン「BEOPLAY H5」登場
「B&O PLAY」ブランドの新製品は、同社初のワイヤレスイヤフォン「Beoplay H5」。ファッショナブルかつ実用的なデザインになっている。(2016/7/5)

ドコモ、韓国・台湾・グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になるキャンペーン
NTTドコモは、韓国、台湾、グアム・サイパンで「海外1dayパケ」が使い放題になる「ドコモ応援夏旅!!キャンペーン」を9月30日まで実施。海外旅行グッズが当たるプレゼントキャンペーンも行う。(2016/7/5)

米MASTER&DYNAMICからモダンデザインのBluetoothヘッドフォン「MW60」が登場
アユートは、米MASTER&DYNAMICのワイヤレスヘッドフォン「MW60」を7月1日に発売する。金属と革の素材を生かしたモダンなデザインが特徴だ。(2016/6/24)

UPQ、1万3800円の折りたたみ式Bluetoothヘッドフォン「HDP5」を発売
UPQ(アップ・キュー)から初の密閉型ワイヤレスヘッドフォンQ-musicシリーズ「HDP5」が登場。Bluetooth 4.0、apt-X対応。(2016/6/23)

Kindle(Newモデル)、30グラム軽く1.1ミリ薄くなって、お値段据え置き(8980円)
Amazon.comが、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズのエントリーモデルをリニューアルした。従来モデルよりやや小型・軽量になり、デザインも丸みを帯びて持ちやすくなる。価格は据え置きの8980円(税込み)で、7月20日の発売だ(予約受付中)。(2016/6/23)

NC機能の神髄は合気道の精神?!:
ボーズの新型NC搭載ワイヤレスイヤフォン「QuietControl 30」、その背景にあるもの
ボーズが新しいノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンの説明会を実施。来日した米Boseの上級エンジニア、ダン・ゲイジャー氏がNCヘッドフォン開発の背景やコンセプトなどについて語った。(2016/6/21)

周囲の音を上げ下げ?――ボーズが新型ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤフォンを発表
ボーズは、ワイヤレスヘッドフォン/イヤフォンの新製品4機種を発表した。ノイズキャンセリング対応のヘッドフォン「QuietComfort」とイヤフォン「QuietControl」が登場。(2016/6/7)

Bose、ノイズキャンセルヘッドフォン「QuietComfort」の無線モデル「QC35」を349.95ドルで発売
ノイズキャンセリング機能に定評のあるBoseが、アラウンドイヤー型ヘッドフォン「QuietComfort」シリーズの新モデルとして、BluetoothとNFCで接続する無線ヘッドフォン「QuietComfort 35」を349.95ドル(約3万7300円)で発売した。(2016/6/6)

ドラえもんのヒミツ道具みたい? 外国語をリアルタイムに翻訳するイヤフォン「Pilot」登場
“言葉の壁”がなくなる、新たな一歩かもしれません。(2016/5/31)

ソニー、Bluetoothで音を出せる初めてのBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S6700」
ソニーがBlu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-S6700」を発表した。新たにBluetooth送信機能を設け、ワイヤレスヘッドフォンを使って映画や音楽を楽しめる。(2016/5/25)

Pebble、進化型iPod Shuffleのような「Core」とスマートウォッチの新モデル2機種発表
Pebble Techが、Kickstarterで新たなプロジェクトを立ち上げた。「Pebble 2」と「Pebble Time 2」、そしてディスプレイがなく3G/Wi-Fi/Bluetooth接続可能なガジェット「Pebble Core」への出資を募っている。立ち上げ後数時間でゴールを達成した。(2016/5/25)

完全ワイヤレス! e☆イヤホンから防水仕様のBluetoothイヤフォン「Arie One」が登場
「e☆イヤホン」は、香港の新興オーディオブランド「fFLAT5」のワイヤレスイヤフォン「Arie One」を発売する。左右のイヤフォン部をワイヤレス接続することでケーブルを完全に排除。(2016/5/24)

Human、完全無線のヘッドフォン「Sound」の付け耳のようなコンセプト画像を公開
米新興企業Humanが、完全に無線なBluetoothヘッドフォン「Sound」のコンセプト画像を公開した。付け耳のような形で、外部の音量も調整できる製品になる見込みだ。(2016/5/24)

半径300メートルのIT:
これだけは知っておきたい、被災時のスマホ活用術
スマートフォンは今や、災害時のライフラインとして欠かせない存在。今回は、被災したときに役立つのはどんなサービスなのか、充電が難しい中でより長くスマホを使えるようにするにはどうしたらいいのかをまとめました。(2016/4/19)

パイオニア、アニメ「K RETURN OF KINGS」とコラボしたワイヤレスヘッドフォンを発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは4月11日、昨年秋に放送された人気アニメ「K RETURN OF KINGS」とのコラボヘッドフォン2種を発表した。(2016/4/11)

「Levi's」が世界とつながる日
予想の斜め上を行く「ウェアラブルデバイス」登場、Apple Watchはどうなる?
ウェアラブルと聞いてまず思い浮かぶのはスマートウォッチかもしれないが、これからは頭からつま先まで全身にテクノロジーをまとうことになる。(2016/3/3)

ゼンハイザー、「MOMENTUM On-Ear」のワイヤレスモデルを発売
ゼンハイザージャパンは2月26日、Bluetooth 4.0対応のワイヤレスヘッドフォン「MOMENTUM On-Ear Wireless」を発表した。ブラックとアイボリーの2色を3月上旬に発売する。(2016/2/26)

ハウジングが6角形:
JVC、1万円を切るBluetoothヘッドフォン「HA-S55BT」を発売
JVCケンウッドは、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン「HA-S55BT」を3月上旬に発売する。ハウジングを6角形にしたユニークなデザインのエントリーモデルだ。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
Xperiaはスマートフォンの枠を超える――「Xperia X」「スマートプロダクト」発表
ソニーがMobile World Congress 2016にてXperiaの新シリーズと、スマホ以外のデバイスを発表した。Xperia Xは使い勝手を追求し、スマートプロダクトは「スマホの体験にインテリジェンスを加える」という。(2016/2/22)

JBLとアンダーアーマーがコラボ、スポーツ用Bluetoothイヤフォンを発売
ハーマンインターナショナルは、アスリート向けのコンプレッションウェアで知られる「UNDER ARMOUR」(アンダーアーマー)とコラボレーションしたワイヤレススポーツイヤフォンを発売する。(2016/2/19)

速報レビュー:
ソニーの「h.ear」ワイヤレスヘッドフォン&イヤフォンを聴く
ソニーのハイレゾヘッドフォン&イヤフォン「h.ear」シリーズに、新しくワイヤレスモデルの「h.ear on Wireless NC」「h.ear in Wireless」の2機種が追加される。今回は各製品の速報レビューをお届けしよう。(2016/2/18)

ソニー、「h.ear」シリーズにBluetooth対応のワイヤレスモデルを追加――LDACで“ハイレゾ相当”
ファッション性の高い「h.ear」(ヒア)シリーズにBluetooth対応モデル2機種が登場。ヘッドフォンの「h.ear on Wireless NC」はノイズキャンセリング機能も搭載している。(2016/2/18)

JBL、耳元のタッチで操作するスポーツBluetoothイヤフォン「REFLECT RESPONSE」
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのスポーツ用ワイヤレスイヤフォン「REFLECT RESPONSE」を2月25日に発売する。左右のイヤフォン部表面にタッチセンサーを搭載し、耳元で各種再生操作が行える。(2016/2/17)

ワイヤレスで行こう!:
ベストな音楽再生環境を自動調節してくれるワイヤレスNCヘッドフォン「JBL EVEREST ELITE 700」を試す
今回は、JBLの新しいワイヤレスヘッドフォン「EVEREST ELITE 700」をピックアップ。専用アプリで効果を調整できるノイズキャンセリング機能やオートキャリブレーションなど、JBLが提案する新しいポータブルリスニングのスタイルを体現した製品だ。(2016/2/16)

快適な装着感にこだわったクリプシュ初のBluetoothイヤフォン――「R6 Bluetooth」登場
フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のBluetooth対応イヤフォン「R6 Bluetooth」を2月19日に発売する。アルミニウムとエラストマー素材を使用して装着感にこだわった。(2016/2/5)

フィリップス、周囲の騒音を最大99%低減させるBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、フィリップスブランドのBluetoothヘッドフォン「SHB9850NC」を2月初旬に発売する。ノイズキャンセリング機能「ActiveShield Pro」を搭載し、周囲の騒音を最大99%低減するという。(2016/2/4)

JVC、重低音を強化したBluetoothヘッドフォン「ELATION」を発売
JVC「XX」シリーズにBluetoothヘッドフォンが新登場。クラブ系スタイルにマッチしたデザインを採用し、重低音と高解像サウンドの両立を目指した。(2016/2/4)

Hamee、Bluetooth対応「ANTS」シリーズにイヤフォンとスピーカーを追加――防滴などアウトドアに最適
HameeからBluetooth対応のイヤフォン「ANTS active」とスピーカー「ANTS speaker」が登場。どちらも軽量化を重視、アクティブ志向のユーザーがターゲット。(2016/2/3)

「iPhone 7」では、まだかも……:
iPhoneとiPadのワイヤレス給電、2017年に実現か
Appleの「iPhone」と「iPad」に、ワイヤレス給電機能が搭載される可能性がある。一部の報道によると、Appleがワイヤレス給電機能をスマートフォンに搭載していないのは、ワイヤレス給電規格が断片化しているからだともいわれている。(2016/2/3)

小さくて装着しやすいBluetoothイヤフォン「E300BT」、オンキヨーから
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Bluetoothイヤフォンの新製品「E300BT」を2月初旬に発売する。バッテリーパックを別体にすることでハウジングを小型化し、装着感を高めた。(2016/1/26)

iPhone 7(仮)のイヤフォン、どれがいい?
(2016/1/20)

週末アップルPickUp!:
次期iPhoneでヘッドフォンジャックがなくなるとしたら……気になる3つの謎
「iPhone 7」(仮)でヘッドフォンジャックが廃止されるとのウワサが再燃。端子なくなるとどんな影響があるの?(2016/1/17)

フィリップ・スタルクデザイン:
パロットの多機能ワイヤレスヘッドフォンがさらに進化!――ワイヤレス充電やApple Watchに対応した「Zik 3」登場
仏Parrot(パロット)は、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドフォン「Zik 3」を1月27日に発売する。多機能ぶりは従来機以上。ワイヤレス充電やスマートウォッチに対応した。(2016/1/15)

CES 2016:
CESで見つけた“注目のヘッドフォン”総集編 2016
今年もCESで見つけた注目のヘッドフォンをまとめて紹介しよう。ベイヤーダイナミックとゼンハイザーが展示した最新のハイエンドモデルなど、いくつかは会場で試聴することができた。(2016/1/15)

CES 2016:
「"感動"を提供するプレミアムな製品を」――ソニー、平井一夫社長
CESの開幕前夜、ソニーがプレスカンファレンスを開催し、平井一夫社長が2016年最初のスピーチを行った。ソニーがプレスカンファレンスを開催し、平井一夫社長が2016年最初のスピーチを行った。(2016/1/7)

彼女がヘッドフォンを外したら:
PR:ヘッドフォン女子、音と画にこだわったSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」に驚く
ポータブルオーディオファンの間で“ヘッドフォン女子”として知られるモデルの坂井香さん。プロDJとしても活躍する彼女に、画質と音質にこだわったSIMフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を試してもらった。音楽のプロはIDOL 3に触って何を感じたのか?(2015/12/17)

耳をふさがずスマホの音楽聴ける骨伝導ヘッドフォン「CODEO」
耳をふさがずに骨伝導でスマホの会話や音楽を楽しめるヘッドフォン「CODEO」が発売される。(2015/12/11)

MOMENTUM第2世代のBluetoothモデルも:
ゼンハイザーがハイエンドの密閉型ヘッドフォン「HD 630VB」など新製品一挙リリース
ゼンハイザージャパンは12月9日、ハイエンドの密閉型ヘッドフォン「HD 630VB」など新製品7機種10モデルを一挙に発表した。(2015/12/9)

こたつでだらだらしながら楽しめる世界初の音楽フェス「こたつフェス」開催
なんてゆるゆるなフェスだ……!(2015/12/4)

スマホ連携でフィットネスをサポート――JabraからBluetoothスポーツイヤフォン新製品「Jabra SPORT PACE Wireless」
GNネットコムは、Bluetooth対応のスポーツ向けワイヤレスイヤフォン「Jabra SPORT PACE Wireless」を発表した。IP54準拠の防塵/防滴仕様と耐衝撃設計でスポーツシーンにも適した耳掛け式のワイヤレスヘッドセットだ。(2015/12/2)

暗闇で光るスポーツ用Bluetooth対応イヤフォン、エレコムから
防水保護等級IPX5に準拠したBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC31WP」シリーズがエレコムから登場。夜道で光を反射するイヤーピースとケーブルを採用した。(2015/12/1)

ハイレゾスタートガイド(2):
いい音と操作性――ハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤーの魅力に迫る
ハイレゾを楽しむには、スマートフォン以外にも手段がある。例えば単体のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤーは、使い勝手がシンプルなうえ、何といっても“音がいい”。今回は専用プレイヤーをことの持ち歩くメリットと使い勝手、そして最新動向を紹介しよう。(2015/11/17)

AKGのオンイヤーヘッドフォン「Y50」にBluetooth対応モデルが登場
ハーマンインターナショナルは、AKGブランドのBluetooth対応ヘッドフォン「Y50BT」を11月20日に発売する。DJスタイル・オンイヤーヘッドフォンとして販売されている「Y50」のBluetooth対応モデルだ。(2015/11/12)

2人で音楽を共有できるBluetoothイヤフォン、フィリップスから
オンキヨー&パイオニアイノベーションズがPHILIPS(フィリップス)ブランドのBluetoothヘッドフォンおよびイヤフォン計4製品を発表した。音楽を共有できる「MusicChain」機能対応モデルも3機種をラインアップ。(2015/11/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。