ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「withシリーズ」最新記事一覧

石野純也のMobile Eye(4月25日〜5月13日):
ツートップ、iPhone導入、新料金プラン、「+d」構想――ドコモ加藤社長が4年間で成し遂げたこと
ドコモの社長が加藤薫氏から吉澤和弘氏に交代することになった。加藤氏が社長に就任してからの4年でドコモは大きく変わった。加藤氏の発言や打ち出した施策を振り返っていきたい。(2016/5/14)

スマホ全機種が実使用45時間以上を実現:
1.9GHzクアッドコア、IGZOフルHD、5.2インチフルセグ――ドコモが2013年夏モデルを11機種発表
ドコモが2013年の夏モデルを発表した。主力のスマートフォン9機種に7インチタブレット1機種。そしてXiに進化したらくらくスマホをラインアップした。(2013/5/15)

ブルーライトカットモード搭載の「MEDIAS X N-04E」、3月1日に発売
ドコモのNECカシオ製スマートフォン「MEDIAS X N-04E」が、3月1日に発売される。4.7インチHD有機ELやクアッドコアCPU、ブルーライトをカットする機能を備えている。(2013/2/26)

NTTドコモ、「MEDIAS X N-04E」の事前予約を2月22日開始
NTTドコモは、NECカシオ製スマホ「MEDIAS X N-04E」の事前予約を2月22日に開始する。発売は3月1日の予定。目の疲労を軽減するブルーライトカット機能を備えた。(2013/2/21)

NOTTVエリア、2013年度末までに全都道府県をカバー 対応端末は23機種に
スマートフォン向け放送局「NOTTV」の視聴可能エリアが1月末には24都道府県に広がる。2013年度末までには、全国で視聴が可能になる予定だ。NTTドコモの2013年春モデルでは、6機種のNOTTV対応モデルが追加された。(2013/1/23)

withシリーズ:
4.7インチの高画質有機ELにブルーライトカットモードを搭載――「MEDIAS X N-04E」
約4.7インチHD有機ELと独自の高画質化技術で映像コンテンツを楽しめる「MEDIAS X N-04E」。ディスプレイはブルーライトカットモードを備え、目の疲労も低減する。また「瞬撮」カメラはSNSへのワンタッチ投稿が可能だ。(2013/1/22)

「ドコモ スマートホーム」を提案:
5インチフルHD、下り112.5Mbps、2画面スマホ――ドコモが2013年春モデル12機種を発表
ドコモが2013年春商戦に投入する新モデルを発表。5インチフルHDディスプレイ、クアッドコアCPU、下り最大112.5Mbps通信などスペックが底上げされたほか、ドコモのコンテンツをテレビやタブレットで楽しめる「docomo Smart Home」も提案する。(2013/1/22)

withシリーズ:
透明フレームに輝くイルミ、コンパクトな女性向けスマホ――「AQUOS PHONE EX SH-04E」
端末下部の透明フレームに、カラフルなイルミが輝く――。ドコモの「AQUOS PHONE EX SH-04E」は、光をデザインのアクセントにした女性向けスマホ。充実したスペックも魅力だ。(2013/1/22)

「Optimus LIFE L-02E」を12月21日に発売――ドコモ
ドコモは、LGエレ製のXi対応スマートフォン「Optimus LIFE L-02E」を12月21日に発売する。(2012/12/18)

ドコモ、「Optimus LIFE L-02E」の事前予約を12月14日に開始
ドコモは、LGエレ製のXi対応スマートフォン「Optimus LIFE L-02E」の事前予約を12月14日から開始する。発売は12月21日の予定。(2012/12/11)

ドコモ、「Disney Mobile on docomo N-03E」を12月14日に発売
ドコモは、ディズニーとコラボレートしたNECカシオ製の「Disney Mobile on docomo N-03E」を12月14日に発売する。専用STBが付属し、ディズニーの映像作品などをリビングのテレビに出力できる。(2012/12/11)

佐藤卓氏デザイン監修:
写真で解説する「Optimus LIFE L-02E」
ドコモの冬モデル「Optimus LIFE L-02E」は、デザイナーの佐藤卓氏がデザイン監修を行った個性的なスマートフォン。デザイン性だけでなく、スペックの高さも特徴だ。(2012/11/29)

限定3万台:
NTTドコモ、「SH-01E Vivienne Westwood」の事前予約を11月30日に開始
NTTドコモは、ファッションブランドVivienne Westwoodとコラボしたシャープ製「SH-01E Vivienne Westwood」の事前予約を11月30日に開始する。(2012/11/28)

「ARROWS V F-04E」使いこなし術:
PR:まずは自分好みにカスタマイズ
「ARROWS V F-04E」は、非常に高機能なスマートフォンだ。それだけに、使いこなせるかどうか心配になることもあるだろう。そこで今回は、スマートフォンの基本中の基本、カスタマイズの方法を確認しよう。(2012/11/28)

Tegra 3搭載の「ARROWS V F-04E」 11月21日から事前予約を受け付け
富士通のAndroidスマートフォン「ARROWS V F-04E」の事前予約が11月21日から始まる。発売は28日の予定だ。(2012/11/19)

ドコモ、「Ascend HW-01E」を11月21日に発売
NTTドコモは、Huawei製のAndroidスマートフォン「Ascend HW-01E」を11月21日に全国で発売する。Xiのほか、ワンセグやNOTTV、おサイフに対応し、1310万画素カメラを搭載する。(2012/11/16)

Blue&Black:
ドコモ、「AQUOS PHONE si SH-01E」の新色を11月17日に発売
幅59ミリのボディに4.1インチQHDディスプレイを搭載したXiスマホ「AQUOS PHONE si SH-01E」。従来のPinkとWhiteに、新色のBlueとBlackが追加される。(2012/11/13)

発売は11月21日の予定:
ドコモ、「Ascend HW-01E」の事前予約を11月14日に開始
4.5インチのHD液晶と1.5GHzデュアルコアプロセッサーを搭載し、Xiに対応したAndroidスマートフォン。おサイフケータイやワンセグ、NOTTVもサポートしている。“5秒で起動”など、高速な動作が特徴。(2012/11/9)

高性能でサクサク動く ほぼ全部入り「ARROWS V F-04E」を試す(前編)
NTTドコモの2012年冬モデルの中でも、非常に高機能な富士通の「ARROWS V F-04E」。その実力のほどを、発売前の評価機を用いて確かめてみた。(2012/11/2)

発売は11月16日の予定:
ドコモ、「Xperia AX」の事前予約を11月1日開始
ドコモは、ソニーモバイル製「Xperia AX SO-01E」の事前予約を11月1日に開始する。販売開始は11月16日の予定。(2012/10/30)

JILLSTUARTコラボモデルが登場:
写真で解説する「ARROWS Kiss F-03E」
「ARROWS Kiss F-03E」は、華やかなデザインに加え、女性からの要望に答えた多彩な機能やコンテンツを搭載した防水・防塵モデル。今回はファッションブランド「JILLSTUART」とのコラボモデルも登場した。1.5GHzのデュアルコアプロセッサーを搭載するなど、スペックも高い注目の1台だ。(2012/10/19)

写真で解説する「ARROWS V F-04E」
「ARROWS V F-04E」は、エンターテインメント機能を重視したハイエンドスマートフォンだ。富士通が得意なヒューマンセントリック機能もさらに充実させ、使いやすさにも配慮している。(2012/10/15)

withシリーズ:
佐藤卓デザイン監修 内も外もスタイリッシュなXiスマホ――「Optimus LIFE L-02E」
LGエレクトロニクス製の「Optimus LIFE L-02E」は、デザイナーの佐藤卓氏が端末デザインを監修したモデル。外観デザインだけでなく、カラーバリエーションに合わせたUIやコンテンツを収録した。(2012/10/11)

withシリーズ:
光のアクセントが映える“美スマートフォン”――「ARROWS Kiss F-03E」
きらめくジルコニア、またたくイルミ――。「ARROWS Kiss F-03E」は、シックなボディに光のアクセントが映えるスマートフォン。JILL STUARTとのコラボモデルもお目見えする。(2012/10/11)

withシリーズ:
サウザンドサニー号で充電、大航海でも安心のコラボ端末「N-02E ONE PIECE」
コミック「ONE PIECE」とコラボした端末が、NTTドコモから発売される。海賊船を意識した木目調のデザインとしたほか、麦わらの一味9人のキャラクターピンと、海賊船「サウザンドサニー号」の充電台を同梱。オリジナルのアプリや壁紙なども用意する。(2012/10/11)

withシリーズ:
水、キズ、ホコリ、落下、汚れに強いタフネススマホ――「MEDIAS U N-02E」
アクティブにスマートフォンを使いこなす人にぴったりの端末が登場。水、キズ、落下、汚れに強いAndroid端末「MEDIAS U N-02E」だ。(2012/10/11)

withシリーズ:
クアッドコアCPU×大容量バッテリー搭載、ほぼ全部入り――「ARROWS V F-04E」
富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS V F-04E」は、withシリーズの端末ながら非常に高機能なモデル。高性能CPUに大容量バッテリー、大容量メモリを搭載し、現時点で最高レベルのスペックを惜しみなくつぎ込んでいる。(2012/10/11)

withシリーズ:
アーク形状のボディにLTE、NFC、日本仕様をフル装備――「Xperia AX SO-01E」
ソニーモバイルやドコモが先行発表していたXperiaの新モデル「Xperia AX SO-01E」が正式発表された。厚さ8.7ミリ、重さ約120グラムのボディにLTE、NFC、1300万画素カメラ、日本仕様など、多彩な機能を凝縮させた。(2012/10/11)

withシリーズ:
スマホにSTB同梱、ディズニーの世界をテレビの大画面で――「Disney Mobile on docomo N-03E」
「N-03E」は、ディズニーならではの楽しみ方を提案するスマートフォン。ディズニーリゾート内で役立つ情報を入手できるほか、ディズニーコンテンツをテレビの大画面で楽しめるセットトップボックスが同梱される。(2012/10/11)

スマホは全機種Xi、通信速度は下り最大100Mbpsに――ドコモの2012年冬モデル17機種
NTTドコモが2012年冬モデルを発表。スマートフォン10機種、タブレット1機種、iモードケータイ4機種、フォトパネルとモバイルWi-Fiルーター各1機種の、計17機種を投入する。スマホとタブレットは全機種が下り最大100MbpsのXiに対応する。(2012/10/11)

ドコモ、「AQUOS PHONE si SH-01E」の事前予約を9月28日から受け付け
NTTドコモは、4.1インチのQHD液晶を搭載したXi対応Androidスマートフォン「AQUOS PHONE si SH-01E」の事前予約を9月28日から開始する。幅59ミリの狭額縁設計が特徴。(2012/9/26)

“5秒で起動”の秘密とは:
写真で解説する「Ascend HW-01E」
ドコモ秋モデルとして投入されるHuawei製の「Ascend HW-01E」は、海外向け「Ascend D1」をベースにしたハイエンドモデル。機能やサービスで日本向けカスタマイズもきっちり施されており、5秒という高速起動も実現している。(2012/8/29)

写真で解説する「AQUOS PHONE si SH-01E」
「AQUOS PHONE si SH-01E」は、高級感あふれるデザインと上位機種に劣らないハイスペックを両立したシャープ製のAndroid端末。ほぼすべての主要機能・サービスに対応する“一般ユーザーでも手に取りやすい”ハイエンドモデルだ。(2012/8/28)

「選べるを、さらに」でユーザーニーズに応える――ドコモ秋モデルの狙い
夏モデルがほぼ出そろった矢先に、早くもドコモの“秋モデル”が披露された。5機種の特長とは。なぜ、このタイミングで発表されたのか。NTTドコモ プロダクト部 プロダクト部長の丸山誠治氏が発表会で説明した。(2012/8/28)

withシリーズ:
電源オンから5秒で起動、カメラ起動やブラウザ描画も高速なスマホ――「Ascend HW-01E」
電源オンから5秒で起動、カメラの起動やブラウザ描画も高速で――。中Huawei製の「Ascend HW-01E」は“高速”にこだわったスマートフォンだ。(2012/8/28)

ドコモ、「Optimus G」「AQUOS PHONE si」や「GALAXY Tab 7.7 Plus」など5機種6モデルを発表
NTTドコモが、2012年度秋モデルとして、Androidスマートフォン3機種4モデルとAndroidタブレット2機種を発表した。スマートフォンはNEXTシリーズが1機種、withシリーズが2機種3モデル。タブレットは7インチのモデルを2機種そろえた。(2012/8/28)

5インチまではスマートフォン:
多様化するディスプレイサイズ ドコモのスマホ戦略に迫る
ドコモはこの夏、さまざまなディスプレイサイズのAndroidスマートフォンをラインアップした。ドコモは端末サイズの多様性についてどのような戦略を描いているのか? 担当者に聞いた。(2012/8/21)

コンパクトな防水スマホ「ARROWS Me F-11D」、8月10日から予約受け付け
NTTドコモが8月10日から、富士通製のコンパクトな防水スマートフォン「ARROWS Me F-11D」の予約受け付けを開始する。発売は8月15日の予定だが、正式に決定し次第改めて発表する。(2012/8/6)

写真で解説する「ARROWS Me F-11D」
ドコモの「ARROWS Me F-11D」は、実用性を重視したスタンダードなAndroidスマートフォン。コンパクトな防水ボディにおサイフやワンセグ、赤外線などの国内向け機能を搭載し、ケータイからの乗り換えに便利なアプリも搭載した。(2012/7/12)

ドコモ、「ELUGA V P-06D」を7月12日に発売
ドコモは、パナソニック モバイル製のAndroidスマートフォン「ELUGA V P-06D」を7月13日に発売する。防水・防塵ボディに4,6インチのHD液晶を備え、おサイフやワンセグ、赤外線もサポートしている。(2012/7/9)

7.8ミリボディにXiやNOTTVを凝縮させた「MEDIAS X N-07D」、7月13日発売
ドコモのwithシリーズに属するスマートフォン「MEDIAS X N-07D」が、7月13日から販売される。7.8ミリの薄型ボディに多彩な機能とサービスを詰め込んだハイスペックなモデルだ。(2012/7/9)

ドコモ、「ELUGA V P-06D」の事前予約を7月6日から受け付け 発売予定は7月12日
ドコモがパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ELUGA V P-06D」の予約受け付けを7月6日から開始する。発売は7月12日の予定だ。(2012/7/5)

PR:この夏注目のAndroidスマートフォンに導入しておきたい全方位のセキュリティ
2012年夏、Androidスマートフォンがアツい。国内市場で端末の機能や性能が成熟し、選択の幅も広がって、買い時を迎えている。そんなAndroidスマートフォンに、忘れずに入れておきたいのがセキュリティアプリだ。すでにAndroidスマートフォンを使っているユーザーも、セキュリティ対策は抜かりなく実行しておきたい。(2012/7/5)

ドコモ、「GALAXY S III SC-06D」「F-09D ANTEPRIMA」の発売日を発表
ドコモが「GALAXY S III SC-06D」と「F-09D ANTEPRIMA」の発売日を発表した。SC-06Dは6月28日に、またF-09Dは6月27日に発売する。(2012/6/21)

発売はSH-09Dが29日、L-05Dは30日の予定:
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」と「Optimus it」の事前予約を6月22日に開始
ドコモは、シャープ製のハイスペックスマホ「AQUOS PHONE ZETA」とLGエレクトロニクス製のIPS液晶採用スマホ「Optimus it L-05D」の事前予約を6月22日から開始する。(2012/6/19)

「F-09D ANTEPRIMA」、6月21日から予約受付
ドコモwithシリーズのスマートフォン「F-09D ANTEPRIMA」の予約受付が6月21日に開始される。(2012/6/13)

音楽再生機能を強化した小型スマホ「AQUOS PHONE st SH-07D」、6月7日発売
約3.4インチのディスプレイを採用したコンパクトなボディと音楽機能が特徴の「AQUOS PHONE st SH-07D」の発売日が6月7日に決まった。(2012/6/1)

Xi&NOTTV対応のwithシリーズ:
写真で解説する「MEDIAS X N-07D」
NECカシオの「MEDIAS X N-07D」は、防水仕様の薄型ボディにおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、日常的に使える機能を詰め込んだ、いわゆる“全部入りスマホ”。デュアルコアCPU搭載で、NOTTVをはじめ動画サイトなどの視聴もサクサクできるモデルとなっている。(2012/5/22)

パナソニックらしさが目立つ高機能モデル:
写真で解説する「ELUGA V P-06D」
LUMIX Phoneに変わり、日本でも展開されるパナソニック モバイルのスマホブランド「ELUGA」。ドコモの夏モデルでは3機種のELUGA端末が登場したが、ワンセグと赤外線、おサイフのすべてに対応しているのが「ELUGA V P-06D」だ。(2012/5/22)

新機軸のAQUOS PHONE:
写真で解説する「AQUOS PHONE st SH-07D」
NTTドコモ夏モデルのシャープ製端末「AQUOS PHONE st SH-07D」は、音楽を身に付けるというライフスタイルにぴったりなwithシリーズらしい個性的なスマートフォンだ。(2012/5/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。