ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヨコモーション」最新記事一覧

PRIMEシリーズ:
裏面照射型CMOS搭載、HDRや3D撮影対応の防水ヨコモーション――「F-09C」
富士通の防水ヨコモーションケータイが3Dコンテンツに対応。16.1メガカメラは高感度でもノイズが少ない画像を撮影できる裏面照射型CMOSを採用し、HDR撮影やフルHDムービーの撮影が楽しめる。(2011/5/16)

CEATEC JAPAN 2010:
富士通ブースにヨコモーション搭載の「大画面ダブルタッチパネルケータイ」
CEATEC JAPAN 2010の富士通ブースには、タッチパネルを搭載したワイドディスプレイを2つ搭載した「大画面ダブルタッチパネルケータイ」が展示されている。実際に動作を体験することも可能だ。(2010/10/5)

防水スライドヨコモーションの「F-06B」、バリュー一括で約6万円
6月12日から店頭に並んだ富士通の防水スライドヨコモーション端末「F-06B」。都内量販店のバリューコース一括払いの価格は約6万円となっている。(2010/6/15)

写真で解説する「F-07B」
約2年ぶりに復活した“ヨコモーション”スタイルが特徴の「F-07B」。スリムなボディにワンプッシュオープンボタンを搭載して使いやすさに磨きをかけたほか、1220万画素カメラや3.3インチディスプレイを装備するなど、高いスペックも実現している。(2010/6/2)

「他社に絶対負けない技術を搭載する」――富士通ケータイの優位性とは
フルハイビジョン動画を撮影できる「F-06B」、復活したヨコモーション「F-07B」、イルミと連動した“ekubo”「F-08B」をドコモ向けに投入する富士通。同社は5月20日の説明会で、これら夏モデルの狙いと、Fならではの優位性をアピールした。(2010/5/20)

STYLEシリーズ:
ワンプッシュで開く折りたたみ型ヨコモーション――「F-07B」
ドコモの富士通製FOMA「F-07B」は、ワンプッシュで端末を開けるボタンを搭載したヨコモーションケータイ。予約メールや自動返信など、コミュニケーションにこだわった新機能も装備する。(2010/5/18)

スライドヨコモーションの「F-09A」発売――量販店ではバリュー一括6万2000円台
810万画素カメラやタッチパネルを搭載したドコモPRIMEシリーズ端末「F-09A」が店頭に並んだ。量販店ではバリュー一括6万2000円台で販売されている。(2009/6/10)

新CMキャラクターは瑛太:
復活した“ヨコモーション”「F-09A」と水中撮影も可能な防水端末「F-08A」でケータイ市場を活性化――富士通
富士通がスライドボディにヨコモーションを搭載した「F-09A」、高い防水性で水中撮影も可能な「F-08A」の商品説明会を開催した。他社にない付加価値を武器に、冷え込む市場で昨年並みの実績を目指す。(2009/5/27)

PRIMEシリーズ:
帰ってきたヨコモーションはスライドボディ&タッチパネル――「F-09A」
富士通製のスライドケータイ「F-09A」は、コンシューマー向けでは「F906i」以来となるヨコモーション対応モデル。進化した8メガカメラとワンセグを横画面で楽しめるほか、閉じたままでもタッチパネルで快適な操作が可能だ。(2009/5/19)

写真で解説する「F906i」
ヨコモーションがさらなるスリム化と機能のブラッシュアップを果たし、カスタマイズの自由度が広がったのが富士通製の「F906i」。新機能の「クイック検索」と「ウォーキングチェッカー」の使い勝手を試した。(2008/5/28)

「F905i」の“ここ”が知りたい(2):
マルチタスクはどんな組み合わせで利用できるか――「F905i」
3.2インチのフルワイドVGA液晶を搭載した富士通製の“ヨコモーションケータイ”「F905i」。簡易ライト機能の有無やマルチタスクの組み合わせ、マルチウィンドウで利用できる機能などをチェックした。(2007/12/4)

3.2インチフルワイド3.2インチ+ヨコモーションの「F905i」、11月29日発売
NTTドコモは、富士通製の進化版“ヨコモーション”携帯「F905i」を11月29日に全国で発売する。フルワイドVGA/1677万色表示対応の3.2インチ“ヨコモーション”ディスプレイとワンセグ、HSDPA、フルブラウザなどの機能に加え、らくらくホンシリーズの“聞きやすさ・話しやすさ”を向上させる技術も搭載する。(2007/11/16)

写真で解説する「F905i」
折りたたみ型の使いやすさと横長画面の利便性を両立させた“ヨコモーション”スタイルを踏襲しながら、3.2インチの大画面を搭載した「F905i」。セキュリティ機能はさらに強化され、通話時の聞き取りやすさに配慮した。(2007/11/2)

HSDPA、GSM、ワンセグ、フルワイドVGA、GPS対応:
3.2インチワイドVGA液晶の“ヨコモーション”が、ワンセグ録画に対応――「F905i」
ドコモの富士通製端末「F905i」は、3.2インチのワイドVGA液晶を搭載した“ヨコモーションケータイ”。セキュリティ機能を強化するとともに、「らくらくホン」シリーズで人気の「はっきりボイス」と「ゆっくりボイス」を搭載した。(2007/11/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
絵はちょっとハデだが、“ヨコモーション”はカメラも楽しく快適──「F904i」
ドコモの904iシリーズで唯一ワンセグを搭載し、ディスプレイが左右90度に傾く“ヨコモーション”機構が特徴の富士通製の「F904i」。これはワンセグだけでなくカメラ機能も楽しく快適に使えるものなのだろうか。その使い勝手を作例とともに検証していこう。(2007/7/11)

「F904i」がモバイルSuicaに対応
ヨコモーション対応のワンセグケータイ「F904i」が、モバイルSuicaに対応した。(2007/6/1)

開発陣に聞く「F904i」:
“ハートの溝”でボディは薄く、画面は大きく──「F904i」をハダカにする
従来のヨコモーションケータイに比べて、ボディは薄く、画面は大きくなった「F904i」。その秘密は“ハート型の溝”にある。スケルトンモデルで可動部の仕組みを紹介しよう。(2007/5/29)

ワンセグ対応、大画面ヨコモーション──「F904i」、6月1日に発売
ディスプレイ部を傾けると、3.1インチのワイド画面でワンセグを視聴できる──。富士通のヨコモーション携帯が6月1日から店頭に並ぶ。(2007/5/29)

「F904i」の“ここ”が知りたい(6):
日本語入力はどう? 待受カスタマイズは健在?──「F904i」
ディスプレイを90度に回転させる“ヨコモーション”とともに、横向きを含めた使い勝手に高い評価を得る今までの“F”端末だが、F904iはどうか。特に、日本語入力と待受カスタマイズに関する質問が多く寄せられた。(2007/5/15)

「F904i」の“ここ”が知りたい(5):
内蔵メモリは増えた? ポケベル入力は?──「F904i」
3.1インチディスプレイとサイクロイド機構による新“ヨコモーション”とワンセグが特徴の「F904i」。今までの“F”端末で好評だった機能は継承されたか、それとも進化したのか。今回はやや細かい機能を中心にチェックしてみよう。(2007/5/14)

「F904i」の“ここ”が知りたい(4):
ワイド動画を横向きフルスクリーン再生できる?──「F904i」
904iシリーズは10Mバイトのiモーション「ビデオクリップ」が全機種で楽しめるようになった。中でも、ワンセグ+大型のワイドディスプレイ+ヨコモーションで動画利用にも適しそうな「F904i」で、“自作動画”も含めて動画を楽しめるのかという質問が多く寄せられた。(2007/5/10)

「F904i」の“ここ”が知りたい(3):
新“ヨコモーション”の使い勝手は?──「F904i」
回転軸が移動するサイクロイド機構を採用した、F904iの新“横モーション”。携帯最大級の3.1インチディスプレイと相まって、ワンセグ視聴はもちろん通常使用時にも旧機種より優れる操作性を実現したようだ。(2007/5/9)

「F904i」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグはどう?──「F904i」
今回発表された904iシリーズで唯一ワンセグを搭載するのが富士通製の「F904i」だ。新たに採用したサイクロイド機構とともに、折りたたみの使いやすさと横長画面の利便性を両立させる“ヨコモーション”に対応。やはりワンセグ機能はどうかという質問が多く寄せられた。(2007/5/8)

写真で解説する「F904i」
解像度240×432ピクセルの3.1インチワイド液晶を搭載したヨコモーション携帯「F904i」。大きなワイド画面でワンセグやフルブラウザ、オフィス文書を閲覧できる。(2007/4/23)

3.1インチの大画面、ワンセグ対応のヨコモーション──「F904i」
ヨコモーションが、大画面のワンセグ対応に──。富士通の「F904i」は、3.1インチのIPS液晶を搭載したワンセグ対応機。指紋認証のセキュリティも強化された。(2007/4/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。