ニュース
» 2009年05月19日 13時10分 UPDATE

PRIMEシリーズ:帰ってきたヨコモーションはスライドボディ&タッチパネル――「F-09A」

富士通製のスライドケータイ「F-09A」は、コンシューマー向けでは「F906i」以来となるヨコモーション対応モデル。進化した8メガカメラとワンセグを横画面で楽しめるほか、閉じたままでもタッチパネルで快適な操作が可能だ。

[平賀洋一,ITmedia]

 富士通製の「F-09A」は、ハイスペックな機能を備えたドコモPRIMEシリーズのスライド端末。フルワイドVGA(480×960ピクセル)表示の3.4インチディスプレイはタッチパネル操作が可能で、ディスプレイを90度回転させてワンセグなどを楽しめる“ヨコモーション”にも対応した。

photophoto 「F-09A」。ボディカラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色
photo スライドボディにヨコモーションを搭載した

 有効810万画素のCMOSカメラには、デジタル一眼レフカメラに使われている富士通独自の画像処理エンジンをケータイ向けに最適化した「Milbeaut Mobile(ミルビュー)」を搭載した。さらに、撮影環境に合わせて自動的に画質を調整するシーン調整機能と、手ブレ補正+被写体ブレ補正+ISO3200相当の高感度撮影による「トリプルブレガード」で撮影時の失敗を防ぐ。“笑顔度”を表示して楽しめる「スマイルファインダー」や笑顔検知シャッター、肌を美しくし目を大きくする「美肌+ひとみ強調モード」を備えた。

photophoto スライドを閉じたままでもタッチパネル操作が可能。裏面には指紋センサーを配置

 縦横画面の切り替えに使われるモーションセンサーは、画面のスクロールや置き忘れセンサーにも連動する。運動時の正確な消費カロリーを計測する機能や体組成計との連動機能も用意。また、地磁気センサーを内蔵したことで、地図アプリ利用時には自分の向いている方向を示すこともできる。iコンシェルやiウィジェットはもちろん、バージョンアップしたiモードブラウザやBluetooth、iアプリタッチ、海外用GPSといったドコモの新サービスにも対応している。

「F-09A」の主な仕様
機種名 F-09A
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×114×18.5ミリ
重さ 約140グラム
連続通話時間 W-CDMA:約240分/GSM:約210分
連続待受時間 W-CDMA:約630時間/GSM:約320分
カメラ AF/顔検出付き有効810万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ タッチパネル対応 約3.4インチ フルワイドVGA(480×960ピクセル) TFT液晶
サブディスプレイ
対応サービス・機能 iコンシェル、iウィジェット、iモード(バージョンアップ)、Bluetooth/iアプリタッチ、GPS/海外GPS、FOMA ハイスピード(7.2Mbps)、Music&Videoチャネル、ワンセグ、WORLD WING(W-CDMA&GSM) ほか
ボディカラー ブラック、ピンク、ホワイト

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.