トップ10
» 2004年04月15日 22時24分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:お金払うから使わせてください!

出張先で、PCのバッテリー切れという事態に陥った。勝手にコンセントを使えば“窃盗”になる。かといって、そのまま何もできない時間を過ごすのも腑に落ちない。

[後藤祥子,ITmedia]

Mobile Weekly Top10 4月8日〜4月14日

1位 携帯の“小技”を探せ──メモ帳編
2位 auはトレンドか、ブランドか?
3位 「auの強さ」は本物か
4位 携帯の“小技”を探せ──ダイヤルボタン編
5位 携帯の“小技”を探せ──ライト編
6位 携帯の“小技”を探せ──オープン&クローズ編
7位 第3世代携帯のメリットとは?
8位 携帯の“小技”を探せ──カレンダー編
9位 なぜ、名古屋の地下鉄で携帯は禁止になったか
10位 900i投入の効果はどう出たか〜3月契約者数速報

 3月にITmediaに「出先でノートPCが電池切れ、“窃盗”せずに使えるコンセントはあるか?」という記事が掲載された。

 私も外出先でのバッテリー切れにおびえる一人だ。急いで記事をアップしなければならないときなど、「早く書かなきゃ」&「書いてる途中でバッテリーが終わったらどうしよう」という二重のプレッシャーにさらされながら作業することもしばしばだ。ただ幸いなことに、これまで途中でバッテリー切れになったことはなく、予備のバッテリーを買うには至らなかった。

 しかし、そうも言っていられない事態が起こってしまったのだ。

 ある出張先からの帰り道。飛行機の時間までかなり時間があったため、空港で記事を書いていたらバッテリーが終わってしまったのだ。

 空港に向かう前に気にしてはいたのだが、「空港なら有料のラウンジでPCを使えるだろう」と思っていたのが間違いだった。某空港にはそうした施設がなかったのだ。

 付近の公衆無線LANサービスをケータイで探してみたが、そこに行って仕事をして戻ってくるほどの時間はない。かといって出発前の2時間、何もしないでいるのももったいない。

 空港内にはコンセントの口があちこちにあるが、「一般の利用はご遠慮ください」という貼り紙がいたるところに貼られている。「お金払うから使わせてください」と心から思った思った瞬間だ。

 トイレのコンセントには張り紙が張られていなかったが、使っていいのかどうかは不明。仮にそこで充電したとしても、トイレで立ったまま仕事をする──というのが現実的とも思えないし、捕まったらしゃれにならない。きっと「PC誌記者が電気を窃盗、問われるITリテラシー」なんて書かれてしまうだろう……。

 結局、「F900i」に対応したばかりのファイナルファンタジーをダウンロードし、レベル上げをしながら出発の時間を待った(4月14日の記事参照)。

 もし100円でコンセントが使えたら、待ち時間で仕事を終わらせて、さっさと家に帰れたのに──そう思うと、なんともやりきれない気持ちだ。

 そろそろ、空港や駅などにパワースポットを装備する流れになってくれないだろうか。そういう気運がないなら、気の利いた店がサービスを提供してくれないだろうか。できれば出張などでは予備バッテリーを持ち歩かずにすませたいもの。そう思うビジネスマンは増えていると思うのだが……。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.