ニュース
» 2005年01月07日 16時48分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月27日〜1月02日):もう1つの901i、「F901iC」見参〜902SHもランクイン

ドコモのハイエンド「901iシリーズ」や、ボーダフォンの冬商戦向け3Gのハイエンド「902SH」など、今週も注目の端末がランクインしている。

[杉浦正武,ITmedia]

 昨年末に、ドコモから「F901iC」「N900iG」という2機種の大型端末がリリースされた。また12月29日には、ボーダフォンのハイエンド端末「902SH」が関東・甲信地方で発売になった。新年一回目の販売ランキングに、どんな影響があっただろうか。

NTTドコモ au ツーカー ボーダフォン
1N900iSA5406CAツーカーSV602SH
2N506iW21CATT31V402SH
3SH900iA5506TTT32V601T
4P900iW21STK41nudio
5P506iCW22SATS41V801SH
6SH901iCW21TTK40802SE
7F672iA1402S IITK40(*)902SH
8D506iA5507SATK31702NK
9SO506iCA5407CATT41(*)V401SA
10F901iCW22HTS31S(**)V401D
(*)表記は「プリケ―セット」(**)表記は「プリケーロングセット」対応端末

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

Photo

 ドコモのランキングは、先週トップに立っていた「N900iS」がV2を達成。2004年の後半に強さを誇り、年間2位にも輝いた「P900i」は4位にまで後退した。2位には「N506i」がランクイン。“N”ブランドがワンツーフィニッシュを決めたことになる。

 初登場で6位に入った「SH901iC」は、これで1カ月以上6位のまま。なかなか上位に上がれないでいる。10位には、F901iC(右写真)が先週14位から上昇してランクインした。901iシリーズとしては、2機種目のランクイン。話題のハイエンド端末だけに、やはりトップ10に顔を出してくるようだ。

Photo

 auのランキングは、休日中にトップに踊り出ていた「A5406CA」(左写真)がV2を達成した。リリース時には“300万画素携帯”として話題になったが、ここにきて頂点を極めた格好だ。2位には、フルブラウザ搭載の「W21CA」がつけている。初登場2位を獲得したが、そのままの勢いで奪首とはいかないでいる。

 3位には昨年末にトップで、先週2位だった「A5506T」が入った。以下、4位〜8位は先週と同じまま。10位には、スライドボディの着うたフル対応WIN端末である「W22H」が、先週11位から再浮上してトップ10入りしている。

Photo

 ツーカーのランキングは、特に変化がない。「ツーカーS」(右写真)が2004年の11月末以来、継続して1位となっている。ツーカーは新機種のリリースが少ないため、当分トップ端末として君臨し続ける可能性もある。

 2位、3位は相変わらず「TT31」「TT32」が占める。4位〜10位も、細かく順位が変動しているが全体としては顔ぶれが変わらないまま。この構図は2005年もしばらく続きそうだ。

Phot

 ボーダフォンは、昨年から引き続き「V602SH」「V402SH」「V601T」の“3強”が強い。比較的新機種である「nudio」がこの牙城に挑むが、跳ね返されて4位に留まっている。

 冬商戦向け3Gを見ると、6位に「802SE」が、8位に「702NK」が入っている。また、同シリーズの中でもハイエンドに位置付けられる902SH(左写真)が初登場で7位に入った。新機種としてはまずまずのスタートであり、今後さらなる上位進出が期待される。

 昨年末に新機種ラッシュが起きていたが、正月休みでそれも一段落。来週は、いまあるラインアップでの戦いになる。“新顔”の端末がどれだけランクアップできるか、注目だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.