ニュース
» 2006年08月18日 21時08分 UPDATE

携帯販売ランキング(8月7日〜8月13日):携帯は新色で延命か、それともじらして投入か

番号ポータビリティの開始日も決まり、高い注目が集まっている携帯3社。今回の携帯販売ランキングはどのような結果となっただろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモauボーダフォン
1N702iDW41CA705SH SLIMIA
2SH902iW43T905SH
3SH902iSW44T904SH
4P902iW42K803T
5FOMAらくらくホンIIウォークマンケータイ W42SV502T
6N902iW33SA IIV604SH
7D902iA5517T904T
8P902iSA5521K804SS
9D902iSW41S804SH
10N701iA5518SA705T

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

1カ月半前に発表した702ixシリーズ、そろそろ登場してほしい

Photo

 夏休み期間中だった人も多い今回のランキングは、どのキャリアの端末も大きな順位の変動は見られなかった。

 この中で相変わらず強かったドコモ端末は「N702iD」(写真)。7月第1週の集計以来、連続首位記録を「6」に伸ばした。

 続いて、前回3位から2位に上がった「SH902i」、そして「SH902iS」、「P902i」、「FOMAらくらくホンII」がランクインした。2005年末に発売された前モデル「FOMA 902i」シリーズの端末は今回も2位、4位、6位(N902i)、7位(D902i)を占め、その割安感(新規販売価格は2006年8月中旬現在で1万円前後)から今回も販売数を伸ばした印象だ。

 ところで7月4日に発表した「702ix」シリーズは、7月21日に店頭へ並んだ「SH702iS」以外は発売日もまだ発表されていない。SH702iSは残念ながらトップ10圏内に入れずにいる状態だが、個性的な端末が揃う702ixシリーズ、例えばRAZRベースの薄型端末「M702iS」は前評判も高い。これらが登場することで、販売ランキングも活気付いてくることを期待したい。


auの2006年夏モデル、人気の分かれ目はminiSDかmicroSD?

Photo

 auの販売ランキングもトップ10の顔ぶれは前回と同じで、大きな変動は見られない。

 依然高い人気を集める「W41CA」(写真)に続き、2位に「W43T」、3位に「W44T」、4位に「W42K」、5位に「ウォークマンケータイ W42S」が入った。

 ここ最近の傾向を見るとauの場合はドコモと異なり、W41CAは例外ながらも2006年夏モデルが順当にランクインしている。トップ10圏内に入っていない端末は「G'zOne W42CA」と「W42H」で、どちらも外部メモリがminiSDよりさらに小さなmicroSD対応のモデルであるのも興味深い。

 今まで使用していた著作権付き楽曲データ(着うたフルのデータ)などは「機種変更前にmicroSDへバックアップをとる」(2006年6月2日の記事参照)ことで機種変更後も利用可能だが、容量単価が高いmicroSDを新たに買い直さなければならない=今まで使っていたminiSDがむだになるという心理的状況もmicroSD対応端末が敬遠される理由の1つと言われている。今後登場する端末では、microSD対応モデルが増えてくる可能性もあるが、いっそ512Mバイトほど(16Mバイトとか64Mバイト程度ではなく)のmicroSDカードを標準で添付してくれればよいのにと思ってみたりしている。


夏モデル、新色投入で延命?

Photo

 ボーダフォン端末の顔ぶれも前回と同じく、薄型の「705SH SLIMIA」(写真)、ワンセグ対応「905SH」、VGA液晶の「904SH」がトップ3を占めた。

 「番号ポータビリティの開始日は10月24日に決定」と発表された8月9日以降、携帯3社の動向には高い注目が集まっている。ソフトバンクは、携帯電話事業のブランド名をボーダフォンからソフトバンクに変更することに伴った新たなブランドロゴマークを公開し、現行機種の一部に新ロゴを配した「ソフトバンクモデル」を8月より順次発売すると発表した(2006年8月16日の記事参照)

 新ロゴに変更され、新色を用意する端末は「905SH」「904SH」「705SH SLIMIA」「705T」の4機種。いずれも2006年8月現在でトップ10圏内にある人気端末だ。905SHのブラックとホワイト、それに705SH SLIMIAの新色は8月19日から発売される。

端末名 新色のラインアップ
SoftBank 905SH レッド、ベージュ、ネイビー
SoftBank 904SH ホワイト、ネイビー、ピンク
SoftBank 705SH ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー
SoftBank 705T シェルホワイト

 なお、905SHのアクアマリン、904SHのバイオレット・ブラック・ブルー、705SH SLIMIAのシャンパンゴールド・ロイヤルブラック・シルキーピンク、705Tのスプラッシュピンク・ラッスルグリーンは在庫限りで販売終了となる。個人的にはガチャピンケータイのラッスルグリーンがなくなってしまうのはちょっと悲しい。

 これらソフトバンクモデルは、カラーとロゴ、「ボーダフォンライブ!」ボタンが「Y!(ヤフー)」ボタンに変更(2006年7月27日の記事参照)される以外、機能は変わらない。そのため順位そのものに多大な影響を及ぼすとは考えにくいが、新カラーの投入がよい方向に進むことを期待したい。



新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.