トップ10
» 2007年04月26日 23時59分 UPDATE

電車の中で「直感ゲーム」を楽しめるか

直感的な操作が特徴のドコモのサービス「直感ゲーム」は、携帯を振ったり傾けたりして楽しむ新感覚ゲーム。夏野氏は「電車の中で体を動かして遊ぶ人も増えるのでは」と話していたが……

[園部修,ITmedia]

 ゴールデンウィーク直前のアクセスランキングでは、4月23日に他キャリアに先駆けて発表されたドコモの夏モデルラインアップの記事がトップを飾った。2位にはソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが世界市場向けに展開しているウォークマンケータイ「W880」の記事が入ったが、そのほかはすべて904iシリーズに関連する記事で占められた。

 そのドコモの夏モデル発表会では、「2in1」や「うた・ホーダイ」といった新サービスと合わせて、「直感ゲーム」という新たな携帯ゲームの楽しみ方も提示されたのだが、それをプレイしてみせたドコモの執行役員 プロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏の動きがすごかった。

 IRサイトでアナリスト向けの説明会の様子をライブ中継していたので、実際に動画で見た読者もいるかと思うが、まずは写真をどうぞ。

PhotoPhotoPhoto
PhotoPhotoPhoto
PhotoPhoto

Photo ちなみに夏野氏がプレイしていたのは「P904i」にプリインストールされる「塊魂モバイル」。画面はプロジェクタで投影した

 いくらなんでもそれはオーバーアクションなのでは、と思うほどの動きっぷり。夏野氏は発表会で「今後は、電車の中などでこのように体を動かしながらゲームする人も増えるかもしれませんね」と話していたが(4月23日の記事参照)、電車の中でこんな動きをしていたら、はた目にかなり異様な光景だろう。

 しかし、インカメラを使って動きを認識する直感ゲームでは、実は体全体を使って端末を動かさなくても楽しめるものもある。カメラに写る映像が動けばいいので、カメラの前で頭を左右に振るだけで操作できる場合もあるのだ。またカメラによる動きの認識精度はかなり高いので、ちょっと手首を返す程度でも十分操作できる。904iを入手し、電車の中で遊ぶ際には、ぐれぐれも周りの人の迷惑にならないようにしたいものだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.