ニュース
» 2008年02月07日 19時40分 UPDATE

ソフトバンク、4〜12月期の連結売上が2兆円を突破──2008年3月期第3四半期決算

ソフトバンクは2月7日、2008年3月期第3四半期の決算を発表した。売上高は2007年4月から12月の累計で2兆587億6500万円(前年同期比113%)、営業利益も2601億8800万円(前年同期比131.9%)と好調を持続している。

[ITmedia]

 ソフトバンクが2月7日、2008年3月期第3四半期の決算を発表した。2007年4月から12月の売上高の累計が2兆587億6500万円に達し、前年同期比113%となったほか、営業利益も2601億8800万円と前年同期比で131.9%を記録。好調な移動体通信事業がけん引役となり、増収増益となった。

 ソフトバンクは、2006年4月末からソフトバンクモバイルを連結しているため、前年同期の移動体通信事業の業績が8カ月分しか反映されていない。そのため9カ月分の業績を計上した2007年4月〜12月の実績は前年を大きく上回った。

 移動体通信事業は売上高1兆2205億9100万円(前年同期比120.3%)、営業利益1479億8000万円(前年同期比130.3%)と順調に推移している。契約数の純増は8カ月連続で首位(2008年1月を含めると9カ月連続で首位)で、全契約数は1761万3500件となり、前年同期末から211万7000件増加した。

 2008年3月期第3四半期の解約率は1.21%で、他キャリアよりは依然高いものの、3G携帯電話に限れば解約率は0.88%にまで低下している。ARPUは4520円で、前年同期と比較して1040円の減少。顧客獲得手数料(販売奨励金)の平均単価は3万3900円だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう