ニュース
» 2009年01月14日 15時46分 UPDATE

ドコモと富士通、「F905i」ベースの台湾向け端末を開発

ドコモと富士通が「F905i」をベースにした台湾向け携帯電話を開発、iモードを採用した現地キャリアのEFT(遠伝電信)が、“F905i”として発売した。「スーパーはっきりボイス」などの富士通独自機能も搭載している。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモと富士通は1月14日、2007年11月発売の「F905i」をベースにした台湾市場向け端末が、現地キャリアのFar EasTone Telecommunications(FET、遠伝電信)から発売されたことを発表した。

photo FET向けの「F905i」。日本向けサービスの「おサイフケータイ」(FeliCa)や「ワンセグ」には対応していない。ボディカラーは白のみ

 台湾向けのF905iは、ドコモと富士通が海外市場向けに開発し初めて商用化された端末。台湾のユーザー向けに、中文繁体字の表示と入力などを新たに開発しており、FETのiモードサービスを台湾現地語で利用することができる。また、富士通の独自技術である「スーパーはっきりボイス」や「ゆっくりボイス」などの通話音声をより聞きやすくする機能も搭載されている。

photo FET向けF905iの画面イメージ。iモードサービスはFETが提供するものであり、ドコモが提供するものとは別もの

 FETはドコモが以前より出資提携している戦略的パートナーであり、台湾でiモードサービスを提供している通信事業者。ドコモを含むアジア・太平洋地域の携帯電話事業者で結成される「コネクサス・モバイル・アライアンス」にも加盟している。

背景に海外iモード事業のてこ入れ

 今回ドコモが、富士通と共同で台湾向けの端末を開発した背景には、ドコモのパートナーオペレーターの支援をするという狙いがある。

 iモードは、2002年4月にオランダのKPNがサービス開始したことを皮切に、海外オペレーターへの技術提供が続けられてきた。しかし、海外の携帯電話向けインターネット接続技術はWAP(Wireless Application Protocol)が標準技術として普及しており、iモードの海外進出は思うように進んでいない。

 ドコモは、世界的に人気のNokia端末(S60)用iモード環境をオペレーターに提供しているほか(2007年9月の関連記事参照)、iモード対応端末を容易に開発できるソフトウェア群の「FOMA端末用オペレータパック」をACCESSと共同開発している。こうした取り組みに加え、iモード普及の直接的な手段として国内向けのiモード端末を海外に展開しようというのが、今回の試みだ。

 F905iを発売したFETは、コネクサス・モバイル・アライアンスに加盟しているだけでなく、資本提携やW-CDMAに関する技術支援を受けるなどドコモとの関係が深い。「iモード端末のラインアップを増強することでユーザーニーズに応えるだけでなく、加入者の増加によりオペレーターとしての企業価値向上にもつながると判断していただいた」(ドコモ広報)ことから、日本製iモード端末の投入を決めたという。またドコモは、台湾市場でも競争力が高いと判断して、富士通製のF905iをベース端末に選んだ。

 国内向けのiモード端末を、ドコモと端末メーカーが共同で海外展開するのは今回が初めてのケース。ドコモは今後も、コネクサス・モバイル・アライアンスに参加する海外オペレーターを中心に国産iモード端末の投入を働きかけるとしている。しかし、iモードサービスへの取り組みはオペレーターによって差があるため、現段階で次の具体的な事例は決まっていないという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.