ニュース
» 2009年09月14日 11時30分 UPDATE

App Town レファレンス:会社四季報がiPhoneアプリに──「会社四季報2009年4集秋号」

東洋経済新報社が9月14日、「会社四季報2009年4集秋号」の発売に合わせ、iPhone/iPod touch向けアプリもリリースした。企業情報などが手のひらで簡単に閲覧できる。

[園部修,ITmedia]

 東洋経済新報社は9月14日、約3800社の上場企業に関する情報を集めた「会社四季報」の雑誌版やCD-ROM版の発売に合わせ、iPhoneアプリ「会社四季報2009年4集秋号」をリリースした。価格は2000円。ヤッパの技術を用いて開発されている。

 会社四季報は、その名のとおり毎年4回、3月、6月、9月、12月の中旬に刊行されている、上場企業の特色や業績、財務内容、株価の動き、そして業績2期予想などをまとめた企業情報ハンドブック。その内容の一部がiPhoneやiPod touchで閲覧できる。

 会社四季報2009年4集秋号アプリでは、雑誌版の会社四季報2009年4集秋号のデータをベースに、REITやETF、外国企業、日本銀行をのぞいた約3800社の上場企業のデータを収録している。iPhoneアプリならではの特長として、会社名や証券コードからの検索に加えて、画面をタップして拡大縮小、上下左右にフリックすることで証券コード順に移動する機能などを搭載した。また各企業の情報ページから、その企業のWebページへワンタッチでジャンプしたり、企業の本社所在地をアプリ内地図やGoogleマップで表示する機能も用意した。

 株価チャートやランキング情報などは掲載されておらず、雑誌版の各ページを見やすく収録したような構成だ。とはいえ、会社四季報(のほとんどの情報)をポケットに入れて持ち歩けるようになる。

 データベースの販売最長期間はアプリ発売後24カ月。なお、2010年1集春号以降のデータは、アプリのバージョンアップではなく有料の別アプリとして提供する。

Photo 会社四季報雑誌版と同じレイアウトで上場企業の情報が閲覧可能
PhotoPhoto 企業のWebサイトに直接アクセスしたり、所在地をGoogleマップで表示したりする機能もある

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.