コラム
» 2009年09月28日 22時34分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:富士通の新技術発表会にも覆面端末

富士通が、携帯電話に搭載された各種センサーを活用し、ゴルフのスイングをチェックしてくれるiアプリ「ETGAスウィングレッスン」を発表した会場では、“謎の端末”でデモが行われた。

[園部修,ITmedia]
Photo ディスプレイはタッチパネルになっており、画面のアスペクト比が1:2くらいの縦長なのが特長

 富士通が8月28日に開催した「最先端センシング技術発表会」で、デモに富士通製の次期モデルと思われる端末がお目見えした。

 会場にいた富士通の関係者からは、新モデルであるという発言は一切なく、質問にも一切答えてもらえなかったが、富士通が開発したゴルフスイングチェッカーは、6軸モーションセンサーとジャイロセンサーを搭載した機種で、専用のiアプリを動作させていること、F-09A以前の機種では、そのiアプリを入れても動作しないと説明員が言っていたこと、関係者から「可能な限り早いタイミングで搭載端末を販売したい」との発言があったことなどから考えると、新モデルである可能性が高い。

 デモ端末は、全体が黒いカバーで覆われていたため、ディスプレイと一部のサイドキーしか確認できなかったが、タッチパネルを搭載していることと、ディスプレイがかなり縦長であることは確認できた。

 ディスプレイのアスペクト比は1対2くらいで、かなり縦長。仮に横が480ピクセルだとすると、縦は960ピクセルくらいか。シャープがソフトバンクモバイル向けに供給している「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」が3.8インチのハーフXGA(480×1024ピクセル)という長いディスプレイを採用していたが、これに迫る長さだ。

 形状は、ディスプレイが表になった状態でカバー内に収まっていたので、スライドか回転2軸のどちらかだろう。

Photo 外観は黒いカバーで覆われていたため確認できず。ディスプレイを表にして折りたためることから、スライド型か回転2軸型のボディを採用していると思われる

 9月24日から27日まで幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウ2009でも、NTTドコモのブースで次期モデルと思われる逆ヒンジの折りたたみ覆面端末が確認できた。2009年冬モデルの発表が、すぐそこまで迫っているのでは、と感じた9月の下旬。新モデルがどんなラインアップで姿を現すのか、今から楽しみだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう