ニュース
» 2009年10月19日 11時34分 UPDATE

海外で“撮って翻訳”が可能なカメラ重視の普及モデル――「EXILIMケータイ CA004」

カシオ計算機製の「EXILIMケータイ CA004」は、ハイスペックな「EXILIMケータイ CA003」の普及モデル。8.1MカメラにWVGA有機EL、ワンセグ、Bluetoothを搭載したコストパフォーマンスに優れるモデルだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 カシオ計算機の「EXILIMケータイ CA004」は、同じ2009年秋冬モデルとして登場した「EXILIMケータイ CA003」の普及モデル。レンズがある“カメラ側ボディ”の裏面は、CA003にも通じるシンプルなデザインを採用した。

imageimage 左から、コーラルピンク、ピュアホワイト、メタルシルバー

 有効約809万画素CMOSを採用したカメラ機能は2008年秋冬モデルの「EXILIMケータイ W63CA」と同等 。グローバルパスポートCDMAやカメラ翻訳機能、海外地図ビューアーなど、海外渡航時に便利な機能を充実させた。また、モバイル辞典やテレビ出力機能なども搭載。もちろん、ワンセグやBluetooth、おサイフケータイにも対応している。

 回転2軸ボディには、撮った写真を美しく表示できる約3.1インチのVisualWVGA(480×800ピクセル)表示対応有機ELを搭載する。ボディカラーは、コーラルピンク、ピュアホワイト、メタルシルバーの3色を用意した。なお外部メモリは最大2GバイトのmicroSDに対応する。

「EXILIMケータイ CA004」の主な仕様
機種名 EXILIMケータイ CA004
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×110×17.4(最厚部22)ミリ
重さ 約124グラム
連続通話時間 約230分
連続待受時間 約260時間
カメラ 顔検出AF付き 有効809万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約3.1インチVisual ワイドVGA 有機EL
サブディスプレイ
主な機能 グローバルパスポートCDMA、カメラ翻訳機能、海外地図ビューワー、モバイル辞典(英和/和英/国語、ほか)、TV出力機能、ほっとダイヤル、PCドキュメントビューワー、ワンセグ、EZ FeliCa、Bluetooth、赤外線通信(IrSimple) ほか
ボディカラー コーラルピンク、ピュアホワイト、メタルシルバー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう