ニュース
» 2009年11月19日 17時13分 UPDATE

12.1MピクセルCCD搭載の“AQUOS SHOT”ケータイ「SH-01B」、11月20日に発売

11月20日、ドコモ冬モデルの第1弾として、シャープ製の「SH-01B」が登場。富士通製の「F-02B」「F-01B」とともに3端末が店頭に並ぶ。

[ITmedia]

 11月20日、ドコモの冬モデルの第1弾として、シャープ製の「SH-01B」がお目見えする。SH-01Bは、ドコモの冬春モデル発表会の当日に11月20日に発売するとアナウンスされ、富士通製の「F-02B」「F-01B」とともに、冬モデルの3端末が店頭に並ぶことになる。

sa_dsh01.jpgPhoto 12.1MピクセルCCDを搭載したシャープ製の“AQUOS SHOT”「SH-01B」

sa_dsh03.jpgPhoto 背面はクリスタルのような透明感のあるデザインで、側面に配した6つのLEDが美しいイルミネーションを映し出す

 SH-01Bは、国内最高クラスとなる12.1MピクセルのCCDカメラを採用した“AQUOS SHOT”ブランドの携帯電話。高画素カメラと画像処理エンジン「ProPix」の組み合わせ、簡単操作で美しい写真が撮れるよう機能を強化した。

 個人の顔をあらかじめ登録しておくことで、特定の個人の顔に優先的にピントを合わせる「個人検出」機能や、登録した名前ごとに画像を集めて表示する機能、6軸手ブレ補正、動き検出被写体ブレ補正、高感度ブレ補正といった高度な補正機能、最大ISO12800相当での高感度撮影機能など、充実した撮影機能を用意。さらに、転属撮影した写真を1枚の画像として合成する「ストロボフォト」、シャッターを切る前後のシーンを連写で記録し、ベストショットを選べる「ベストセレクトフォト」などの新機能も装備した。

 ワンセグやおサイフケータイ、Blu-ray Diskレコーダー連携機能、ドルビーモバイル、AQUOS連携、Bluetoothなど多彩な機能を備え、オートGPSと連携するiコンシェルサービスマイエリアにも対応。高機能モデルながら、ボディは厚さ14.7ミリと、2009年冬・2010年春モデルのPRIMEシリーズ5機種中最薄・最軽量を実現している。

「SH-01B」の主な仕様
機種名 SH-01B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×110×14.7(最厚部約19.9)ミリ
重さ 約126グラム
連続通話時間 W-CDMA:約210分/GSM:約200分
連続待受時間 W-CDMA:約460時間/GSM:約270時間
アウトカメラ 顔検出AF付き 有効約1210万画素CCD
インカメラ 有効約43万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大8Gバイト)
メインディスプレイ 約3.4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶 約1677万色
サブディスプレイ 約1.4インチ (192×64ピクセル) 有機EL
主な機能 iコンシェル、GPS/オートGPS、ワンセグ、フルブラウザ、おサイフケータイ、iアプリタッチ、iモーション、国際ローミング(3G&GSM)、使いかたガイド、きせかえツール、赤外線通信 ほか
ボディカラー Black、White、Gold

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう