ニュース
» 2009年12月17日 11時51分 UPDATE

東芝、「T-01A」のWM6.5アップデートを開始

NTTドコモと東芝が12月17日、東芝製スマートフォン「T-01A」のOSを6.1 Proから6.5 Proにバージョンアップするアップデータの配布を開始した。

[園部修,ITmedia]
Photo 「T-01A」

 NTTドコモが12月17日、東芝製のPROシリーズスマートフォン「T-01A」のOSアップデートを開始した。Windows Mobile 6.1 Professionalが、今回のアップデートにより最新版のWindows Mobile 6.5 Professionalになる。

 アップデートにともなう価格は無料だが、アップデートにはインターネットに接続できるPCと空き容量が300Mバイト以上あるmicroSDメモリーカード、それにPC接続用USBケーブル(製品に同梱)が必要だ。アップデートプログラムは東芝のWebサイト(http://toshibamobile.com/docomo/t01a/update/wm65/)から入手できる。

 なおOSを6.5に更新すると、6.1に戻すことはできなくなる。また6.5でのアプリケーションの動作は保証されない。環境を移行する前に、普段使っているアプリが6.5で問題なく動作するかは改めて確認しておいた方がいいだろう。またアドレス帳、カメラ画像、ダウンロードデータ、設定情報、購入後にインストールしたアプリケーションなどはすべて削除されるので、事前にバックアップを取っておく必要がある。一部コンテンツについては、著作権保護のためバックアップやリストアが行えない場合もあるので注意したい。またアップデート後は、ユーザーメモリが約250Mバイトから約225Mバイトに減少する点も、リストアする際に気を付けよう。

 アップデート作業は、サーバからPCにアップデート用データをダウンロードして、PCとT-01AをマスストレージモードでUSB接続し、microSD(リムーバブルディスク)のルート(最上位)にデータを保存してから、T-01Aのエクスプローラーでアップデートプログラムを実行すればいい。

 注意事項を確認し、パスワード(1234)を入力すると作業がスタート。約40秒ほどパスワード入力画面が、そしてその後20秒ほど真っ黒な画面が表示されるが、これはインストールの準備をしているためで、フリーズではないので気長に待とう。その後バージョンアップ中の画面に遷移し、10分ほどでインストールが完了する。完了すると、更新完了通知が自動的にサーバへ送信される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.