ニュース
» 2009年12月17日 18時21分 UPDATE

W-OAM TypeG対応のW-SIM「RX430AL」、単体販売を開始

ウィルコムが12月16日から、W-OAM TypeG対応のW-SIM「RX430AL」の販売を開始した。既存のW-SIMと置き換えることで、最大400kbpsでの通信が可能になる。

[園部修,ITmedia]
Photo 「RX430AL」

 アルテル製のW-OAM TypeG対応W-SIM「RX430AL」の単体販売が始まった。ウィルコムストアでの販売価格は、W-VALUE SELECT利用時で、新規契約・機種変更(6カ月以上)のどちらでも1万9200円。月々の支払額が800円で、W-VALUE割引も800円なので、実質負担額は0円となっている。

 RX430ALは、HYBRID W-ZERO3にも同梱される最新のW-SIM。W-OAM TypeGに対応しており、既存のW-SIMと置き換えることで、W-OAMエリアでは約256kbps、W-OAM TypeGの光IP化エリアなら最大約400kbpsでの通信が可能になる。“耳”の色は黒。

 対応機種は以下の14モデル。

  • W-ZERO3(WS003SH/WS004SH)
  • W-ZERO3[es](WS007SH)
  • Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH)
  • WILLCOM 03(WS020SH)
  • nico/nico+(WS005IN)
  • nine/nine+(WS009KE)
  • WILLCOM 9(WS018KE)
  • DD(WS002IN)
  • WS008HA
  • WS014IN
  • WILLCOM D4(WS016SH)
  • どこでもWi-Fi(WS024BF)
  • WILLCOM NS(WS026T)

 なお、2010年1月28日に発売予定のHYBRID W-ZERO3の購入を検討しているなら、RX430ALへの機種変更は少し待った方がいい。なぜなら、今月機種変更をしてしまうと、1月の時点で端末利用期間が6カ月未満になるため機種変更ができなくなってしまうからだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう