ニュース
» 2010年04月01日 17時23分 UPDATE

DeNAとドコモの新会社 UGCサイト「E★エブリスタ」を立ち上げ

モバゲータウンなど、ケータイ向け勝手サイトで成長してきたディー・エヌ・エーが、NTTドコモと合弁会社を設立し、5月中旬に「E★エブリスタ」を開設する。具体的なサービス内容は初夏のグランドオープン時に発表する。

[園部修,ITmedia]

 ディー・エヌ・エーとNTTドコモが4月1日、ケータイ上でUGCサービスを提供する合弁会社エブリスタを設立した。資本金は8億円(資本準備金8億円)で、ディー・エヌ・エーが70%、NTTドコモが30%出資する。

 エブリスタは、5月中旬にUGC(User Generated Contents)サイト「E★エブリスタ」をプレオープンする。E★エブリスタでは、ケータイ小説やコミック、イラスト、写真、レシピ、俳句といったさまざまなジャンルの作品の投稿を受け付け、閲覧できる場を提供する計画だ。無料で利用できるコンテンツに加え、有料のコンテンツも用意する。ドコモが持つ集客力や課金の仕組みと、ディー・エヌ・エーが持つUGCサイト運営のノウハウやシステム開発力、コミュニティサービスの展開力を組み合わせ、新たなケータイ向けのUGCビジネス創出を目指す。

 まずは5月中旬のプレオープンに合わせ、クリエイターを対象とした賞金総額700万円超の投稿イベントを開催する。

 幻冬舎と連携した小説投稿イベント「E★エブリスタ小説大賞」では、大賞を受賞作品に賞金100万円をプレゼントするほか、作品を書籍化し、連載作家権(活動内容などにより報酬あり)の付与などを予定。E★エブリスタ×角川コンテンツゲート コミック・イラスト大賞では、大賞に賞金200万円を授与するほか、E★エブリスタでの連載作家権(活動内容などにより報酬あり)、応募作品または連載作品の出版、内容に応じた映像化の検討などを行う。

 そのほか、TVアニメ「戦国BASARA 弐(ツー)」イラスト投稿イベント、手塚治虫作品投稿イベントなどを開催する予定だ。

 投稿イベント以外の詳細なサービス内容は、初夏のグランドオープン時に改めて発表する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.