ニュース
» 2010年08月11日 13時28分 UPDATE

女戦士が…僧侶が…かわいい:“拡張現実RPG”を体験――iPhone向け「セカイカメラ v2.4.2」

iPhone向けARアプリ「セカイカメラ」がバージョンアップ。アンビションが開発した“拡張現実RPG”こと「セカイユウシャ」が使えるようになった。アバターのカスタマイズが可能で、自分だけの萌える女戦士も……設定できる!

[山田祐介,ITmedia]

 頓智ドットは8月11日、iPhone向けAR(拡張現実)アプリ「セカイカメラ v2.4.2」の配信を開始した。利用は無料。

 セカイカメラは、端末のカメラ映像に「エアタグ」とよばれる画像やテキストの情報を付け加えるARサービス。今回発表された新バージョンの最大の特徴は、同アプリ上で遊べる“拡張現実RPG”として「セカイユウシャ」が利用可能になったことだ。メニューの「GAME」アイコンをタップし、リストの中からセカイユウシャを選択すれば、ゲームが始まる。日本各地のAR空間に現れるモンスターを倒しながら冒険するRPGで、端末の位置情報と連動してゲームが進行する。

photophotophoto セカイユウシャで作るアバターは、男女の選択はもちろん、髪型や髪の色、目の形がカスタマイズできる。職業も選択も可能だ(写真=左、中央)。チュートリアルも用意されている(写真=右)

 さらに、グルメ情報をはじめとするセカイカメラの公式エアタグ(オーソライズドタグ)の通知機能が加わり、フィルターの設定で近隣のオーソライズドタグが表示されない状態にある場合、ポップアップでそのことを知らせる機能が追加された。

 また、Twitter的なソーシャル機能「セカイライフ」のノーティフィケーション機能が改良された。未読のリプライがある場合に、ホーム画面のアイコンに加えメニューにもノーティフィケーションバッジが表示されるようになった。また、バッジの表示がクリアするタイミングを、タイムライン表示時からリプライ表示時に変更している。

 そのほか、特定の状況で位置精度が低下する不具合を修正。アプリ起動時にWi-Fi選択画面が出た際に、位置精度が上がらない問題を解消した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.