ニュース
» 2010年09月13日 11時38分 UPDATE

ドコモ、「LYNX SH-10B」のソフトウェア更新を開始

ドコモのシャープ製端末「LYNX SH-10B」のソフトウェア更新が開始された。更新することで、ユーザーのキーボード履歴が、悪意のあるアプリケーション経由で第三者に取得される可能性のある不具合が改善される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「LYNX SH-10B」

 NTTドコモは9月13日、シャープ製Android端末「LYNX SH-10B」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始したことを発表した。

 SH-10Bでは、ソフトウェアの一部不具合により、悪意のあるアプリケーションがインストールされた場合に、ユーザーのキーボード履歴が第三者に取得される可能性があることが9月9日に確認され、販売が一時停止された。ソフトウェアアップデートを実施することで、この不具合が改善される。なお、2010年9月13日時点で、同事象が発生するアプリは確認されていない。ソフトウェア更新済みの製品は9月中旬に販売が再開される。

 新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜4時)に書き換えられる。また、「メインメニュー」→「設定」→「システム」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。

 ソフトウェアの書き換え時間は約13分。更新にかかる通信料は無料だが、mopera Uの「Uライトプラン」を契約して今月に通信をしていない場合、更新時にmopera Uに接続し、315円の月額料金が発生する。また、Wi-Fi接続時は更新できない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.