レビュー
» 2010年10月19日 19時45分 UPDATE

写真で見る「IS05」

KDDIが2011年春に発売予定のAndroid端末「IS05」は、従来のケータイユーザーや女性ユーザーにとっての使いやすさを考えたカジュアルな雰囲気のスマートフォンだ。「IS03」より一回りコンパクトなボディを採用した同端末を写真でチェックしよう。

[山田祐介,ITmedia]

 ガジェット好きにとどまらず、一般層にもスマートフォンを普及させようとするKDDIが、2011年の春商戦にシャープ製のAndroid端末「IS05」を投入する。同モデルは、ケータイユーザーの乗り換えや女性ユーザーを意識して開発されたモデルだ。新製品の発表会場ではモックアップのみが展示され、ユーザーインタフェースや機能を試すことはできなかった。今回は写真で外観をチェックしていく。

photophoto 「IS05」。左からグリーン×ブラック、ホワイト、ピンク。ポップなカラーバリエーションをそろえ、先進性を打ち出すスマートフォンとは趣の異なる“カジュアルスマートフォン”を目指した
photo ポケットやバッグにも収まりがいいように、コンパクトなサイズを採用。横幅が短く、ディスプレイも細長くなっている

 IS05はプラットフォームにAndroid 2.2を採用。ケータイで親しまれた機能が盛り込まれているだけでなく、ボディもケータイユーザーに受け入れやすいコンパクトなものとなっている。サイズは幅55×高さ112×厚さ14ミリ(暫定値)と、同じシャープ製の「IS03」よりも一回り小さい。特に幅が短くなったことで、片手での取り回しがしやすくなっていた。手になじむよう、側面の角は適度な丸みを帯びている。

 ディスプレイには3.4インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶を採用。IS03が3.5インチのダブルVGA(640×960ピクセル)だったのに対し、IS05はサイズと解像度がダウンしているが、ボディサイズを考えれば仕方のないことだろう。ディスプレイ面には「ホーム」「戻る」といった物理キーはなく、替わりにタッチセンサーが採用されており、スッキリとした見た目を実現している。


photophoto 物理キーのないシンプルなディスプレイ面

 ボディ裏面のパネルにはうっすらとラメのような処理が施されており、女性ユーザーを意識していることを感じさせる。また、裏面の上部にはカメラレンズを備え、フォトライトも搭載ししている。カメラは有効約800万画素で、720pのハイビジョン動画撮影に対応。ボディ側面にはシャッターキーも備えており、端末を横に構えた時に撮影しやすい。また、ディスプレイ面の左上にはインカメラを搭載し、自分撮りにも対応する。

photophoto 金属調のパーツで縁取ったカメラ部が印象的な裏面。うっすらとラメのような処理が施されている

 裏面の中央にはFeliCaポートを配置。IS05はおサイフケータイの機能が利用できるほか、ワンセグ、赤外線通信、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、Cメール、デコレーションメール、LISMO!など、ケータイで使われている各種機能が利用できる。外部メモリーはmicroSD/microSDHCに対応し、無線LAN(IEEE802.11b/g)とBluetooth(2.1+EDR)で通信が可能だ。

 ボディ左側面にはmicro USB端子に加え、micro HDMI端子を搭載しており、HDMIケーブルを介して撮りためたハイビジョン動画をテレビに映し出せる。また、端子類のすぐ横にストラップホールを備えている。

photophoto 左側面の上部にはストラップホールを備え、そのすぐ横にmicro USB端子とmicro HDMI端子が格納されている(写真=左)。右側面にはシャッターキーを搭載(写真=右)
photophoto 左側面(写真=左)と右側面(写真=右)
photophoto 上部(写真=左)と底部(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう