ニュース
» 2010年10月29日 18時52分 UPDATE

ソフトバンク、「一定額お知らせメール」「一定額ストップサービス」を12月1日から開始

ソフトバンクモバイルが、12月1日から携帯電話の使いすぎを予防する「一定額メール通知サービス」を強化し、メール通知の上限金額を上げるほか、発信を規制するオプションも提供する。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが12月1日から、ケータイ料金の使いすぎを予防するサービスとして「一定額お知らせメール」と「一定額ストップサービス」を開始する。

 一定額お知らせメールは、月間の利用料金が、あらかじめ設定しておいた金額を超えた場合に、メールで通知してくれるサービス。現在提供している「一定額メール通知サービス」をリニューアルする形で導入し、申し込み不要、月額使用料無料で提供する。設定できる金額は1000円単位で、5000円から10万円の間。サービスはすべてのソフトバンクモバイルユーザーに適用され、何も手続きをしなければ、自動的に10万円が設定される。一定額メール通知サービスの利用者は、設定内容が継承される。

 一定額ストップサービスは、月間の利用料金が設定額を超過すると、メールで通知すると同時に通話やパケット通信の発信を規制する。月額利用料は105円だが、基本オプションパックを契約していれば、無料で利用できる。設定できる額は一定額お知らせメール同様5000円から10万円までの1000円単位の金額。

 なお12月1日から、現在提供している「基本オプションパック」と「基本オプションパック(i)」は、名称を「ケータイ基本パック」と「iPhone基本パック」に変更する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.