ニュース
» 2011年04月19日 14時48分 UPDATE

LISMO Book StoreがAndroidスマートフォンに対応

KDDIが4月20日から、電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」を、IS seriesのAndroidスマートフォン向けに提供すると発表した。

[園部修,ITmedia]

 KDDIが4月19日、電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」を、4月20日からauのAndroidスマートフォン「IS03」向けにも提供すると発表した。au one Marketから、無料のLISMO Book Storeアプリをダウンロードすることで電子書籍の購入と閲覧が可能になる。月額利用料と登録料は無料で、パケット通信とコンテンツ代金のみで利用できる。料金はauかんたん決済で支払う。なおIS seriesの他のAndroidスマートフォンにも順次対応する予定。

 LISMO Book Storeは、2010年12月25日に販売を開始した電子書籍リーダー「biblio Leaf SP02」向けにサービスを開始したブックストア。コンテンツはKDDIが参画するブックリスタと連携して提供し、サービス当初は約2万点の書籍をラインアップしていた。Android向けサービス開始時には約3万点のコンテンツを用意する。XMDF、.book、BS Formatに対応した小説、ビジネス書、実用書、コミック、写真集などをそろえる予定だ。

 LISMO Book Storeのコンテンツは、au one-IDで認証を行うため、同じIDを利用していれば、1回の購入で最大5つの端末で閲覧が可能だ(一部の電子書籍を除く)。例えばAndroidスマートフォン向けLISMO Book Storeで購入した書籍を、他のAndroidスマートフォンや電子ブックリーダーbiblio Leaf SP02でも購読できる。なおbiblio Leaf SP02向けには、コミックや写真集は配信されないため、これらをbiblio Leaf SP02で見ることはできない。

 専用アプリは、GREE、mixi、Twitterなどのソーシャルネットワークサービスとの連携機能を備え、書籍の感想を簡単に投稿できるほか、ダウンロードした書籍のデータを管理する本棚機能、作家名や作品名、書籍ジャンルなどから目的の書籍を絞り込める検索機能などを搭載。読書後に続きを自動で検索し、すぐに購入・ダウンロードできる便利な機能も用意する。

 またスマートフォン向けのサービス開始に合わせ、第144回直木賞受賞作、道尾秀介氏の「月と蟹」や真野恵里菜ファースト写真集「真野恵里菜」を先行配信。スマートフォン向けサービスから提供が始まるコミックでは、「のだめカンタービレ」「あひるの空」「海月姫」なども順次配信する。一部の作品では試し読みファイルも提供する。

 さらに4月20日から6月30日までの間、電子書籍を購入した際、通常3%のポイント還元率が6%に上がる「ポイント2倍キャンペーン」も実施する。購入した電子書籍へのレビューを投稿すれば、購入金額の4%をポイントバックする「レビューポイントキャンペーン」も行う。

PhotoPhoto LISMO Book StoreのAndroidスマートフォン向け専用アプリが登場。約3万点のコンテンツがIS03で利用可能になる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.