ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「芥川賞・直木賞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「芥川賞・直木賞」に関する情報が集まったページです。

「ChatGPTを駆使した」芥川賞作品を読む “ポリコレ的にOKな表現”が支配する未来とは
芥川賞を受賞した『東京都同情塔』は、「一部がChatGPTなどの生成AIで書かれた」という話題が一人歩きしているが、実際に読んでみて、「なんだこれは」と衝撃を覚えた。(2024/1/19)

芥川賞作「ChatGPTなど駆使」「5%は生成AIの文章そのまま」 九段理江さん「東京都同情塔」
芥川賞作品「東京都同情塔」は、ChatGPTなど生成AIを駆使して書いた――著者である九段理江さんが受賞会見でこう打ち明けた。(2024/1/18)

「又吉直樹著『火花』の表紙」の仮装が秀逸すぎる! いろんな意味で再現度抜群な“地味ハロウィン”が「一番好き」「優勝」と話題
意味が分かるとじわじわくる。(2023/11/3)

本は「目で読む」常識覆す オーディオブック「立ち聴き」から始める読書の秋
すべての人が自由に本を楽しめる環境を整備する「読書バリアフリー」が求められる中、オーディオブックが果たす役割は一層高まっている。(2023/10/31)

帰国のピース綾部、相方・又吉直樹と“粋な再会”へ ライブ本番で6年ぶりコンビ復活「ドキドキが止まらない」
ピース復活だ。(2023/10/14)

外国人エンジニアに聞く「あなたは何しに日本へ」:
米Amazon辞めて日本のスタートアップに とある外国人エンジニアに理由を聞いた
実際に日本で働くITエンジニアの人たちにインタビューし、日本に来た理由や、日本で働くことの印象などを聞いていく。今回は、Amazonから日本のスタートアップに転職したサーター・アンドリューさんに話を聞いた。(2023/9/20)

YOASOBI新曲「勇者」がアニメ「葬送のフリーレン」OPテーマに!
「どれだけ楽曲に詰められるかこだわって楽曲制作しました」(2023/9/1)

直木賞作家・米澤穂信、行方不明の父が遺体で発見される 「本日警察による本人確認が完了しました」
4日に父が行方不明になったと情報提供を呼びかけていました。(2023/8/15)

漫画家の山本さほ、38歳の誕生日&小説家の小川哲との入籍を発表「Wでハッピー!」フォロワーから祝福の声
おめでとうございます!(2023/8/1)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
芥川賞から考えた、体とテクノロジー
第169回芥川龍之介賞を受賞した市川沙央さんの「ハンチバック」を読みました。主人公は難病を患う重度障害者で、作者の市川さんも当事者です。自分がこれまで何に気付かずにいたかを知ってはっとすると同時に、テクノロジーに希望を込めたいと思いました。(2023/7/24)

長濱ねる、初のエッセイ集『たゆたう』が発売決定 文庫と単行本の2形態で
2020年から雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載。(2023/7/14)

スピン経済の歩き方:
「ディズニー誘致」の歴史に“地上の星”がいた! 何者か
ディズニーランドが開業40周年を迎えたことで、誘致成功に導いた人々があらためて注目されている。オリエンタルランドの初代社長など、さまざまな人物にスポットが当たっているが、筆者の窪田氏はある人物に注目している。何者かというと……。(2023/4/18)

ノーベル賞作家・大江健三郎さん、老衰のため88歳で死去 訃報へ「憧れたものが過去のものに」
謹んでお悔やみ申し上げます。(2023/3/13)

Snow Manの人気メンバー 3位「阿部亮平」、2位「ラウール」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、「Snow Manメンバーランキング」を発表した。その結果、1位は「目黒蓮」さん、2位は「ラウール」さん、3位は「阿部亮平」さんだった。(2023/3/4)

「本当に綺麗な字」 土屋太鳳、誰が書いたか一目で分かる手書き文字“太鳳フォント”に注目集まる
めっちゃ丁寧。(2022/11/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農氏の「みのりのアル話」理想は町中華の親父!50歳になったら自己主張し過ぎず、悠々と急げ
俳優の寺田農氏によるオンライン相談会「みのりのアル話」第二弾。参加者からの質問に寺田氏がざっくばらんに答えてくれた。(2022/10/25)

僕が小説を書くのは“人より弱い人間”だから 「ぶんけい」柿原朋哉、2年かかった初長編『匿名』で生まれた覚悟
「世の中に認めてもらえるような作家になりたい」。(2022/8/26)

現代から戦時中に転生──iPhoneで撮影した戦争ドラマ「セイコグラム」が話題 NHKが“タテ型撮影”にこだわった理由
8月15日に77回目の終戦記念日を迎える中、現代からタイムスリップしたら戦時中の女学生になっていたという設定で戦争の記憶継承を試みるドラマをNHKが制作した。制作の狙いを聞いた。(2022/8/15)

総合ランキングでも1位:
2022年上半期のビジネス書ベストセラー 2位『ジェイソン流お金の増やし方』、1位は?
日本出版販売は、「2022年 上半期ベストセラー」ランキングを発表した。単行本ビジネス書ランキングの1位は?(2022/6/3)

「声の仕事じゃないかも」という概念に縛られない 声優・高野麻里佳が「ハケンアニメ!」で実写初出演した理由
劇中アニメ「サウンドバック 奏の石」の主人公・トワコ役でキャスティングされた“アイドル声優”群野葵を演じます。(2022/5/17)

河瀬直美監督、「朝が来る」撮影助手へのパワハラ疑惑報道に声明 「既に当事者間で解決をしていることであります」
元撮影助手・Aさんとともに声明文を発表。(2022/4/28)

石原良純、父・石原慎太郎さんの葉山沖での散骨式を報告 「海に還るのが父の望み。よかったね」
石原慎太郎さんは2月1日に89歳で亡くなりました。(2022/4/18)

映画「ハケンアニメ!」劇中アニメ、声優に梶裕貴や花澤香菜ら決定 本気な布陣に監督「まさかこんなことになってしまうとは」
本編見たくなる。(2022/2/24)

実写映画「ハケンアニメ!」吉岡里帆、中村倫也、柄本佑らの新場面カット解禁 真剣なまなざしで机にかじりつく熱い姿
熱量が伝わってくる。(2022/2/7)

芥川賞作家の西村賢太さんが54歳で急逝 石原慎太郎さんの死から4日後の旅立ちに「破滅型の表現者がいなくなるのは淋しい」
突然の訃報でした。(2022/2/5)

第45回日本アカデミー賞優秀賞が発表 優秀アニメーション作品賞は「漁港の肉子ちゃん」「シン・エヴァ」「呪術廻戦 0」「竜とそばかすの姫」「アイの歌声を聴かせて」
「漁港の肉子ちゃん」の渡辺歩監督は喜びを爆発させています。(2022/1/18)

直木賞作家・山本文緒さんが膵臓がんのため58歳で逝去 村山由佳、井上荒野、芦沢央ら作家からも悲しみの声
ご冥福をお祈りいたします。(2021/10/18)

【30%ポイント還元】河出書房の名作小説がKindleセールに登場 『推し、燃ゆ』『自生の夢』『平家物語』などがセールに
セール期間は10月7日〜10月20日まで。(2021/10/15)

明石家さんまは劇場アニメに何をもたらしたのか 渡辺歩監督に聞く『漁港の肉子ちゃん』の化学反応
アニメに慣れたスタッフも驚いた明石家さんまの「サービス視点」(2021/6/14)

アマプラ6月見放題作品に「未来のミライ」や「MEG ザ・モンスター」「ファーストラヴ」が追加
「かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」のミニエピソードも独占配信!(2021/5/25)

Cocomi、“親戚のおじちゃん”明石家さんまと収録現場で2ショット アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で初声優
父・木村拓哉さんと昔から仲良しのさんまさん。(2021/4/5)

震災で飼い主とはぐれた犬の里親に 「おたくのワンちゃんは無事ですよ」と元の飼い主に伝えたい
福島県で暮らしていたワンちゃんです。(2021/3/24)

Cocomi、憧れの声優・花江夏樹と劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」で初共演 対談で“プチ酸欠”になった過去
対談で“プチ酸欠”なら共演したらどうなってしまうのか。(2021/3/19)

「池袋ウエストゲートパーク」が舞台化、演出は「ドロップ」監督の品川ヒロシ 原作者からも期待のコメント
2021年6月と7月に東京都で上演。(2021/3/17)

間接的親子共演だこれ! 映画「ファーストラヴ」主題歌MVに窪塚洋介の息子・愛流が出演
父の面影ある。(2021/2/15)

芥川賞に宇佐見りん『推し、燃ゆ』 「推しが燃えた」――から始まる“推す人”のリアル
直木賞には西條奈加さんの『心(うら)淋し川』が選ばれました。(2021/1/20)

明石家さんまプロデュースの劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」、STUDIO4℃制作で2021年初夏公開
さんま「最初にお話してから5年くらい待っていただいてようやく実現しました」。(2021/1/1)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

川上未映子さん、殺害予告した人物の地裁提訴を報告 「ぜったいに許されないのだという前例に」と信念つづる
世の中が変わる一歩に。(2020/10/27)

小説は累計100万部突破:
「ラーメン山岡家」の次は『ホテルローヤル』の部屋! 札幌エクセルホテル東急の試みがユニーク
札幌市の札幌エクセルホテル東急が11月1日から販売する映画とコラボした宿泊プラン「ホテルローヤルルーム」。同ホテルは7月にも「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋(やまおかやべや)」を販売。担当者に狙いを聞いた。(2020/10/27)

ゴジラのテレビアニメシリーズ爆誕!! 「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」、 2021年4月放送へ
【修正あり】ボンズ×オレンジ制作、監督・高橋敦史、シリーズ構成・円城塔、キャラデ原案・加藤和恵、怪獣デザイン・山森英司。(2020/10/7)

完全に恋してる目だ! 芦田愛菜、「星の子」で“イケメン先生”に一目ぼれした瞬間の表情公開
ハッとした表情。(2020/9/24)

卒業して芸能界をやめるか迷ったんです―― 初舞台の山口真帆、上京から1年で強まった“仕事を続ける覚悟”
初舞台「浪漫舞台『走れメロス』〜文豪たちの青春〜」は9月5日に開幕。(2020/9/1)

「素敵」「心が洗われる」 閉店前の書店に置かれた1個の「檸檬」をめぐる交流に心が温まる
爆弾を仕掛けられたはずなのに、なんだか爽やかな気持ちに。(2020/8/16)

北村総一朗、「えみちゃんねる」“最終回”に「かなりショック」 思い出の写真振り返り別れ惜しむ
7月24日の放送で最終回を迎えていました。(2020/7/25)

芦田愛菜、“パシリム”以来のボブヘアに 映画「星の子」の役作りで30センチ以上カット
役と同じく、芦田さんは現在中学3年生。(2019/12/23)

『ジョゼと虎と魚たち』が劇場アニメ化、ボンズ制作で2020年公開へ
名作が実写映画に、そして今度は劇場アニメに。(2019/12/3)

小顔が際立ちすぎぃ! 北川景子、映画「ファーストラヴ」で30センチ以上カットした大胆イメチェンが変わらぬ美しさ
北川さん「別人になれた気がします」。(2019/11/7)

PR:エンジニア出身の“異色の小説家”が挑戦するコンテンツの「新しい届け方」――本を普段読まない人にも読んでもらうために
(2019/10/29)

原作開始から22年…… 「池袋ウエストゲートパーク」テレビアニメ化決定
まじで。(2019/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。