ニュース
» 2011年04月22日 11時21分 UPDATE

旭硝子、厚さ0.28ミリのタッチパネル用ガラス基板を開発

旭硝子が、厚さ0.28ミリのタッチパネル用ガラス基板向けソーダライムガラスの開発を発表。4月下旬よりフロート法による量産と販売を開始する。

[富永ジュン,ITmedia]

 旭硝子が、厚さ0.28ミリのタッチパネル用ガラス基板を開発し、4月下旬からフロート法(ガラス素地を溶融金属の上に浮かべてガラスを成型する製造法)による量産と販売を開始する。

 タッチパネル基板材には、「熱による変形がほとんどない」「紫外線などによる変色が少ない」「耐候性が極めて高い」「加工性に優れ化学強化処理ができる」などの特徴を持つソーダライムガラスが広く使われている。今回開発されたソーダライムガラスは、これまで薄型とされていた厚さ0.33ミリの製品と比べて約15%の薄型化に成功するとともに、15%の軽量化を実現した。

 同社は、2013年に売上高100億円以上を目指すとともに、同製品を含むディスプレイ用特殊ガラス当新製品を2013年に売上高1000億円以上に拡大することを目指す。

photophoto タッチパネルの構造(左)。新たに開発した0.28ミリのタッチパネル用ガラス基板(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう