ニュース
» 2011年09月22日 15時36分 UPDATE

ドコモ、「F-12C」のソフト更新を開始 フリーズや再起動などの不具合を解消

ドコモは、富士通製Androidスマートフォン「F-12C」のソフト更新を開始した。使用中にフリーズや再起動する不具合のほか、ホームキーを押しても画面のバックライトが点灯しないなどの症状を解消する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月22日、富士通製スマートフォン「F-12C」のソフトウェアアップデートを開始した。ソフトの更新で次の症状が改善される。

  • 電源オン時に端末がフリーズして再起動する
  • 画面表示がオフになった後、ホームキーを押しても画面が点灯しない
  • ブラウザで新しいページを表示する際に、すでに開かれているウィンドウがまれに動作しない
photo 「f-12C」

 更新ソフトは自動で端末にダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時〜午前4時)に書き換えが行われる。設定メニュー内の端末情報→ソフトウェア更新から、手動更新することも可能だ。ソフトウェアアップデートの所要時間は約10分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.