ニュース
» 2011年11月21日 18時01分 UPDATE

ドコモ、「F-02D」「キッズケータイ HW-02C」のソフトウェアアップデートを開始

NTTドコモは、富士通製のiモード端末「F-02D」とHuawei製の「キッズケータイ HW-02C」のソフト更新を開始した。F-02D向けのソフト更新では、端末がフリーズしたり、再起動するなどの不具合を改善する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは11月21日、富士通製のiモードケータイ「F-02D」と、Huawei製の「キッズケータイ HW-02C」のソフトウェアアップデートを開始した。

 F-02Dでは、「データベースの更新を行います」と画面に表示されたまま、本体が再起動したりフリーズする不具合を改善する。更新ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前3時)に書き換えられる。また、メニュー画面内の「ソフトウェア更新」から、手動で更新することも可能。アップデートの所要時間は約9分。

 キッズケータイ HW-02Cは、自動時刻補正を設定していても時刻がずれるという不具合を解消する。更新ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2〜4時)に書き換えられる。メニュー画面内の「更新実行」から、即時更新することもできる。所要時間は約2分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.