ニュース
» 2012年07月31日 12時36分 UPDATE

「DIGNO ISW11K」のアップデート開始――microSDXCデータ破損などの不具合を解消

京セラ製のauスマートフォン「DIGNO ISW11K」のソフトウェアアップデートが開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「DIGNO ISW11K」

 KDDIが7月31日、京セラ製のスマートフォン「DIGNO ISW11K」のソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートにより改善される不具合は以下のとおり。

  • 非対応のメモリカード(microSDXC)を取り付けると、メモリカード内のデータが破損する(アップデート後もmicroSDXCには対応しない)。
  • 屋内やビル陰など電波の届きにくい場所で通話が途切れる。

 アップデートは3G、Wi-Fi、WiMAX接続によるいずれかの方法で行える。3GとWiMAXで更新する場合は通信料が発生する。アップデートファイルサイズは約14Mバイト。更新時間は最大20分。アップデートは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」から行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう