ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO ISW11K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DIGNO ISW11K」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクが法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」を11月中旬に発売
ソフトバンクが11月中旬に法人向けスマートフォンを2機種発売する。耐久性に優れて長期間使用できる「DIGNO BX」と大容量バッテリーとIGZO液晶を搭載した「AQUOS sense3 basic」の2機種を投入する。(2019/10/15)

料金はずっと同じ:
UQ mobileが縛りなしの「スマホプラン」を10月スタート 月額1980円から
UQ mobileが10月1日からスマートフォン向けの新料金プランを開始する。最低利用期間や解約金といった「縛り」のないことと、2年目、3年目以降も料金が変わらないことが大きな特徴だ。(2019/9/12)

ソフトバンクが「半額サポート+」発表 48回払いで最大半額免除、他キャリアでも利用可能に
ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。2019年9月13日から提供する。改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。(2019/9/9)

タフネススマホ「TORQUE」を愛する理由と、改善してほしいところ 現役ユーザーに聞く
京セラは、高耐久性スマートフォン「TORQUE G04」と、登山アプリ「YAMAP」のコラボ企画 として、TORQUE G04専用アクセサリーの開発を行う。この企画の第1弾として、7月10日に「登山とTORQUEに関する座談会」が開催された。座談会では、TORQUEの現役ユーザーがさまざまな思いを語った。(2019/7/22)

カード型から個性派ストレート、子機まで 現行“ケータイ”14機種を総まとめ
スマートフォン全盛の今、ケータイの新機種は徐々に数を減らしつつあったが、そんなケータイが再び脚光を浴びている。特に2018年はドコモの「カードケータイ」やauの「INFOBAR xv」など個性的なケータイが登場した。各キャリア+SIMロックフリーの現行ケータイを紹介する。(2019/1/15)

スマホは“コスパ”重視、WiMAX 2+と合わせ「ウルトラギガMAX」で攻めるUQ
UQコミュニケーションズが、2018年秋冬商戦の新製品を発表。スマートフォンはミッドレンジが中心で、コストパフォーマンスを重視した。大容量のデータ通信が可能なWiMAX 2+と合わせて「ウルトラギガMAX」というワードを訴求していく。(2018/10/30)

KDDI、WiMAXサービス終了に伴う関連サービス終了を発表 「+WiMAX」ほか
KDDIは、UQコミュニケーションズの「WiMAX」サービス終了に伴う関連サービスの提供終了を発表した。対象は3Gスマートフォン向け「+WiMAX」、3Gデータ通信端末向け「3G/WiMAXハイブリッド」などで、サービス終了日は2020年3月31日。なお「WiMAX 2+」サービスは2020年4月1日以降も利用できる。(2018/9/3)

Y!mobileの「スマホプラン」「スマホベーシックプラン」のデータ容量が倍増 9月1日から
Y!mobileの「スマホプラン」「スマホベーシックプラン」の月間通信容量が9月1日から倍増する。既存ユーザーにも一部を除き自動適用される。(2018/8/1)

ソフトバンク、2018夏モデル「HUAWEI nova lite 2」「DIGNO J」を7月6日に発売
ソフトバンクが、約5.7型ディスプレイとダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI nova lite 2」と初心者でも扱いやすいタフネスモデル「DIGNO J」を7月6日に発売する。(2018/7/3)

「LINEモバイル」がソフトバンク回線を利用したサービス開始 マルチキャリア対応に
LINEモバイルがソフトバンク回線を利用するサービスを開始した。サービス内容はドコモ回線を利用するサービスとおおむね同様だが、一部異なる部分もある。(2018/7/2)

石野純也のMobile Eye:
Huaweiが躍進、ミッドレンジの拡大、複眼カメラが多様化――3キャリアの夏モデルを振り返る
3キャリアの夏モデルが出そろった。Huaweiが3キャリアにスマホを納入し、ミッドレンジモデルが拡大した。流行のデュアルカメラは、メーカーによって味付けが異なるのが特徴だ。(2018/5/26)

当初は1000円割引:
ソフトバンク、3段階定額データプラン開始 月額1480円から
ソフトバンクが、3段階の定額データプランを6月29日に始める。データ量の上限と月額料金は、1GBが1480円、2GBが2480円、3GBが3480円。特定の条件を満たした場合のみ契約できる。(2018/5/25)

ソフトバンクが3段階制のデータ定額プランを提供 1GB〜3GBで月額1980円から
ソフトバンクが、ライトユーザー向けに3段階のデータ定額プランを発表。料金は基本料金込みで月額1980円から。ただしソフトバンクの対象機種を使っている必要がある。(2018/5/25)

スマホ初心者向け「DIGNO J」と「シンプルスマホ4」、ソフトバンクから
ソフトバンクが、スマートフォン初心者向けモデルを7月上旬以降に発売する。京セラ製の「DIGNO J」は便利なショートカットを備えた「かんたんビギナーホーム」を搭載。シャープ製の「シンプルスマホ4」は、60代以上のユーザーをターゲットにしている。(2018/5/10)

ソフトバンク、カメラとワンセグ非搭載の「DIGNO ケータイ2 for Biz」を3月23日に発売
ソフトバンクは、法人向けケータイ「DIGNO ケータイ2 for Biz」を3月23日に発売。カメラとワンセグが非搭載のモデルで、業務に不要な機能などをまとめて制限できる「ケータイ機能制御」に対応している。(2018/3/19)

探してみよう! 3万円前後で買える「春スマホ」(キャリア実売価格編)
春はケータイやスマートフォンの新規契約や機種変更の多い季節。さまざまなキャンペーンも展開されるこの時期に、実売価格3万円前後で買える大手キャリアのおトクなスマートフォンをチェックしてみよう。(2018/2/27)

ソフトバンク、「ジュニアスマホ」2月9日に提供開始 子どもの安全なスマホライフをサポート
ソフトバンクが、Androidスマートフォン用の無料サービス「ジュニアスマホ」を開始する。「キャリア決済利用禁止」「フィルタリングサービス」などが適切に設定されるため、より安心して子供がスマホを使える環境が整うという。(2018/2/8)

UQ mobile、「HUAWEI nova 2」「DIGNO A」を発売 WiMAX 2+ルーター「W05」も
UQコミュニケーションズが、UQ mobile向けに「HUAWEI nova 2」と「DIGNO A」を1月下旬以降に発売。WiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」も扱う。auでもこれら3機種と同じモデルを扱っている。(2018/1/15)

ソフトバンク、タッチ操作が可能な「キッズフォン」を4月上旬以降に発売
ソフトバンクは、タッチ操作可能な約2.8インチのディスプレーや約500万画素のアウトカメラを搭載した子ども向けケータイ「キッズフォン」を4月上旬以降に発売。子どもが安心して最新スマートフォンを利用できるサービス「ジュニアスマホ」も2月上旬以降にスタートする。(2018/1/12)

ソフトバンク、Android Oneスマホ「S3」&タフネスケータイ「DIGNO ケータイ2」1月19日に発売
ソフトバンクは、1月19日にY!mobile向けAndroid Oneスマートフォン「S3」、京セラ製のタフネスケータイ「DIGNO ケータイ2」を発売。1月12日から予約受付を開始する。(2018/1/12)

市場シェア1位獲得:
躍進中のワイモバ、「Android ONE」4機種と「タダ学割」発表
Y!mobileが、米Googleが提供する低価格端末「Android ONE」の新機種への対応と、学割サービス「タダ学割」を発表した。市場でのさらなる地位確立を目指す。(2017/11/30)

Y!mobileの冬春モデル発表 Android One 4機種にタブレット、4Gケータイも
Y!mobileの2017-18冬春モデルが発表された。ラインアップはAndroid Oneスマートフォン4機種、タブレット2機種、ケータイ1機種。Android OneはHTC製品が初めて登場した。(2017/11/30)

ソフトバンクが冬春モデルを発表 「Xperia XZ1」や「AQUOS R compact」など4機種
ソフトバンクが2017〜18年冬春モデルを発表。ラインアップは「Xperia XZ1」「AQUOS R compact」「MediaPad M3 Lite s」「DIGNOケータイ2」の4機種。「AQUOS R」の新色も追加する。(2017/10/17)

mineoが秋商戦キャンペーンを開始 サービスや端末も拡充
ケイ・オプティコムの「mineo」が、秋商戦に向けたキャンペーンを11月9日まで実施する。合わせてサービスや端末ラインアップを拡充し、一部端末については販売価格を値下げする。(2017/9/1)

UQ mobile、京セラ製「DIGNO V」を7月14日に販売開始
UQ mobileが「DIGNO V」を7月14日に発売する。通話が聞こえやすい「スマートソニックレシーバー」機能や防水・防塵・耐衝撃性能を備えたスマートフォンだ。(2017/7/10)

ソフトバンク、「AQUOS R」「HTC U11」「DIGNO G」を7月7日に発売
ソフトバンクのAndroidスマートフォン3機種が、7月7日に発売される。「AQUOS R」と「HTC U11」については、より高音質な「VoLTE(HD+)」にも対応する。(2017/7/4)

MVNOに聞く:
目指すのは「家の中でも外でも、全部UQ」 好調「UQ mobile」の向かう先
UQコミュニケーションズの格安SIM「UQ mobile」が好調だ。当面の目標とする「90万契約」も見えてきた。そんなUQが夏商戦でテーマに掲げたのが「家族」。野坂社長に夏商戦や今後の戦略を聞いた。(2017/6/29)

中古携帯の動向を追う:
中古ガラケーが人気の理由
日本国内で、特有の進化を続けてきた従来型携帯電話(ガラケー)。そんなガラケーが、中古市場で人気を集めています。どんな人が購入しているのでしょうか?(2017/6/29)

石野純也のMobile Eye:
UQ mobile、J:COM MOBILE、mineo――au系MVNOの最新動向 “サブブランド規制論”も
KDDI傘下のMVNOが、動きを活発化させている。「UQ mobile」は春商戦でユーザー数が急増し、「J:COM MOBILE」も地域密着型ビジネスで契約数を伸ばしている。一方でサブブランドの勢力拡大をけん制する動きも見られる。(2017/6/10)

石川温のスマホ業界新聞:
横綱・ワイモバイルの背中を追うUQモバイル――家族1480円プランの投入でシェア3割を狙う
大手キャリア系のMVNOとして、Y!mobile(ソフトバンク)の後を追うUQ mobile(UQコミュニケーションズ・UQモバイル沖縄)。UQ mobileの夏商戦向け発表会後、UQコミュニケーションズの野坂章雄社長が囲み取材に応じた。(2017/6/9)

「Y!mobileの背中が少し見えてきた」「90万契約は射程圏内に」 野坂社長が語るUQ mobileの現在地
2016年11月からのテレビCMをはじめとした大規模なプロモーションが功を奏し、UQ mobileの認知度は大きく向上。2017年夏は新たに家族割を提供する。2017年の目標に掲げていた90万契約も見えてきた。(2017/6/1)

ワイモバに対抗:
携帯「サブブランド」競争激化 UQが「家族割」追随
知名度が急上昇しつつある「UQ mobile」が、「UQ 家族割」を発表。契約者数で後れを取る「Y! mobile」と料金体系をそろえて巻き返しを図る狙いがある。(2017/6/1)

「UQ mobile」の新モデル 「AQUOS L2」と「DIGNO V」登場【画像追加】
UQコミュニケーションズが、UQ mobile向けの新機種を発表。シャープの「AQUOS L2」と京セラの「DIGNO V」。スペックを抑えたミッドレンジモデルとなる。(2017/6/1)

ソフトバンク、3日以上の連続待受をうたうタフネススマホ「DIGNO G」を7月上旬以降発売
ソフトバンクが、SoftBankブランドからDIGNOスマートフォンの新モデルを発売する。MIL規格に準拠した防水・防塵(じん)・耐衝撃性能を備え、3日間以上の連続待ち受けを実現している。(2017/5/11)

UQ mobile、3月3日に「DIGNO W」、3月17日に「DIGNO Phone」を販売開始
UQ mobileは、泡ソープで洗えるスマホ「DIGNO W」を3月3日に、折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone」を3月17日に販売開始する。(2017/2/27)

スマホ×ルーターでひと勝負――UQコミュニケーションズの2017年春商戦
UQコミュニケーションズが2017年春商戦に向けた取り組みを報道関係者に説明した。「UQ mobile」「UQ WiMAX」の2ブランドを持つ同社は、どのように1年で一番の商戦期を戦っていくのだろうか。(2017/1/26)

UQ mobile向け折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone」――防水、おサイフ、ワンセグに対応
UQ mobileが、折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone」を3月下旬に発売する。防水、防塵(じん)、耐衝撃性能をサポート。おサイフケータイとワンセグも利用できる。(2017/1/25)

UQ mobileが泡ソープで洗えるスマホ「DIGNO W」を発表 3月上旬発売予定
UQ mobileの2017年春モデルとして登場する「DIGNO W」は、auから発売される「rafre」をベースとする機種で、泡ハンドソープだけではなく、泡ボディーソープでも本体を洗えるようになった。(2017/1/25)

ケイ・オプティコムの「mineo」が加入件数50万件を突破
ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」の加入件数が50万件を突破した。「マイネ王」や「フリータンク」など、他のMVNOサービスにはないサービスが好評であるという。(2017/1/13)

auが2017年春モデル7機種を発表――「ママスマホ」「ジュニアスマホ」の新機種や約6年ぶりのタフネスケータイ新機種など【更新】
auが2017年春商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン3機種、ケータイ(フィーチャーフォン)1機種、ルーター2機種、NAS1機種の計7機種が順次発売される。(2017/1/11)

DIGNOからブランド独立:
auの“ママスマホ”第2弾「rafre」登場 泡ボディーソープでも本体洗浄可能【画像追加】
泡ハンドソープで本体を洗えることが大きな話題となった“ママスマホ”こと「DIGNO rafre」。その後継機種が、auの2017年春モデルとして登場する。モデル名だった「rafre」をブランドに格上げし、より“ママ”に優しいスマートフォンを目指したという。(2017/1/11)

ソフトバンク、12月21日から「学割モンスター」「スマホデビュー割」を実施
ソフトバンクが、データ定額を利用している25歳以下のユーザーを対象とする割引「学割モンスター」と、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する人を対象とする割引「スマホデビュー割」を提供する。いずれも12月21日から申込を受け付ける。(2016/12/13)

PR:格安スマホへの乗り換えを迷っている人にこそ――「UQ mobile」を勧めたい5つの理由
「毎月の通信料金をもっと安くしたい」「SNSのヘビーユーザーだけどデータ通信量を抑えたい」「iPhoneを使い続けたい」「通信品質やサポートも重視したい」――そんなわがままな要望をかなえてくれる格安スマホがUQ mobileだ。その魅力を見ていこう。(2016/11/21)

MVNOに聞く:
端末ラインアップを大きく拡充させたUQ mobile――野坂社長が語る最新戦略
UQ mobileの端末ラインアップが、この秋から一気に拡充された。テレビCMも開始。ライバルであるY!mobileを、万全の体制で追撃する。野坂章雄社長がこの1年を振り返るとともに、UQ mobileの最新戦略を語った。(2016/11/15)

「通話定額」「特別扱い?」「auとの関係」――UQ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ
10月24日、UQコミュニケーションズが「2016秋冬UQ発表会」を開催した。そこで行われた質疑応答・囲み取材の様子を見てみよう。(2016/10/25)

UQ mobile、声でSNSを操作できるワイヤレスイヤフォン「APlay」販売 「DIGNO L」とセットで
UQ mobileは、10月25日からネインのワイヤレスイヤフォン「APlay(エープレイ)」のUQオリジナルバージョンを発売。音声アシスタントアプリと組み合わせると通知を音声で聞いたり、音声をテキスト化してSNSで送信したりできる。(2016/10/24)

ついに防水iPhoneが?:
スマホの水没事故がなくなる未来はやってくるのか
悲しい事故をなくしたい。(2016/7/16)

SIM通:
UQ mobile、月々1,980円で端末代コミコミの料金プランを提供開始
UQコミュニケーションズは、契約後1年間の月額基本使用料が1,000円割引になる「イチキュッパ割」などの料金、および女性をターゲットとした新端末「DIGNO L」を発表した。(2016/7/8)

石野純也のMobile Eye(6月13日〜24日):
「UQ mobile」が事実上のauサブブランドに――ドコモ系MVNO、Y!mobileと真っ向勝負へ
「UQ mobile」が、MVNOサービスの中で大きな動きを見せている。月額1980円から利用できるキャンペーンを実施するほか、KDDIと連携して販売体制も強化する。ドコモ系MVNO、Y!mobile、UQ mobileという三つどもえの戦いが繰り広げられそうだ。(2016/6/25)

「1980円スマホ」で第3極目指すUQ mobile 量販店ではauスタッフも動員し“総攻撃”へ
UQ mobileは、1980円でデータ通信2GB/通話60分相当が利用できる「イチキュッパ割」を発表。量販店を中心に販売チャンネルも拡大し、auスタッフとの連携も図る。(2016/6/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。