ニュース
» 2012年11月05日 21時33分 UPDATE

写真を送るだけで栄養のプロが食事内容を分析――「撮って栄養」

IMDは、Android向けアプリ「撮って栄養」をリリース。食事の写真を撮影してメールで送信するだけで、管理栄養士・栄養士らが栄養計算の記録と分析を行ってくれる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IMDが、Android向けアプリ「撮って栄養」の汎用版を11月5日にリリースした。アプリのダウンロードは無料。

PhotoPhotoPhoto Android向けアプリ「撮って栄養」の汎用版

 撮って栄養は、撮影した食事の写真をメールで送信すると管理栄養士・栄養士らが画像を分析し、栄養計算を行う食事認識アプリだ。600サンプルにおいて90%を超える正確な実測が可能なシステム構成や管理制度を実現。これまで法人向けの食事指導用として提供していたが、個人向けとして汎用版を公開した。

 チェックできる食事の写真は自炊をはじめ、ファミレスや居酒屋などの外食、コンビニ商品など種類を問わず対応。利用にはアプリをダウンロードし、IDの作成が必要だ。数回は無料で試すことも可能で、回数を超えると課金が求められる。利用回数制限のない、月額4725円のプランも存在する。

 なお、iPhone版にも順次対応する予定。

alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.