ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「居酒屋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「居酒屋」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

孤独は「人生を豊か」にするのか?:
「おひとり様」礼賛ビジネスの巧妙な罠――“幻想の安心”を買った先の破滅とは
隆盛極める「おひとり様」向けビジネス。しかし筆者は自己啓発的な危うさをそこに指摘。「本来望まぬ孤独」への不安を無かったことにしていいのか?(2020/2/26)

飲食店を科学する:
「生ビール190円」の原価率は85%? お客が3杯飲んでもしっかり利益が出る仕組みとは
「生ビール1杯190円」という看板を見かける。安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。どんな狙いがあるのか。(2020/2/26)

月刊乗り鉄話題(2020年2月版):
はいさーい!! 日本最南端の鉄道「ゆいレール」に乗ってきた
ゆいレール乗車+冬の沖縄を楽しむ乗り鉄的旅行ガイド。時には再建を願ってしんみりしましょう。【写真50枚】(2020/2/20)

身の丈に合った「一人働き方改革」のすすめ:
勝負は起床からの13時間、集中して仕事する環境をどう作る?
仕事のパフォーマンスを上げるためには「集中」が重要になります。集中する環境はどのように構築すればいいのか。(2020/2/19)

遠のいた客足をいかにして戻したか:
「おとなのジャンプ酒場」が“キン肉マン一色”に!? V字回復を成し遂げた“特化型戦略”の狙い
集英社が、2017年から居酒屋ビジネスを手掛けている。19年7月からは『週刊少年ジャンプ』とコラボした「おとなのジャンプ酒場」を同所にオープン。今回は1月7日から2月29日までで開かれている『キン肉マン酒場』に潜入。原作者のゆでたまごの1人、嶋田隆司さんに狙いをインタビューした。(2020/2/18)

データサイエンスな日常:
飲み会の帰り道での孤立に、AR シミュレーションで立ち向かう
会社の飲み会の帰り道で孤立してしまったら――データサイエンティストの筆者が、日常の気になるネタをデータサイエンスしてみる。(2020/2/18)

「世界を旅するワイン展」で見つけた5つの推しワイン ワインビギナーにこそすすめたい「ワインイベント」の楽しみ方をイラストで解説します
ちょっとハードルの高いお酒「ワイン」の楽しみ方を解説。(2020/2/15)

にゃるら×カエルDX:
オタクが「きらら作品」について話しました
新連載の第2回。(2020/2/9)

客急減 ワタミ、新型肺炎で中国直営全店撤退
ワタミは5日、中国本土で展開している居酒屋業態「和民」の直営店全店を撤退することを決めたと発表した。新型コロナウイルスによる感染拡大による影響で、店舗休業の長期化を余儀なくされることや、客数の大幅な減少を受けて決めた。同社は「新型ウイルスの影響の長期化が見込まれる」として、早期の判断に至ったとしている。中国経済の先行きも「非常に不透明となっている」とした。(2020/2/6)

「和民」が中国本土から全面撤退 新型コロナウイルスの感染拡大で「苦渋の決断」
影響が長期化する見通しになったため。(2020/2/5)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)

食の流行をたどる:
「一人○○」が超“おいしい”マーケットに 「働く40代女性」を狙うべきこれだけの理由
飲食や旅行といったシーンで「一人○○」が増えている。筆者は特に40代の働く女性を狙うべきだと主張する。その理由とは?(2020/1/29)

本当に老後に2000万円必要なのか
老後に必要な蓄えは、年金以外にどのくらい必要なのか。昨年、国民的議論を巻き起こした「2000万円問題」について、ちまたの高齢者に聞くと、「老後に2000万円なんて要らないよ」と、騒ぎをいぶかる声もある。(2020/1/27)

ロボットがバーテンダーに――養老乃瀧、池袋に「ロボ酒場」開業 カクテル配合から接客まで自動化
養老乃瀧が、JR池袋駅南口に、ロボットが働く居酒屋「ゼロ軒めロボ酒場」をオープン。店内では、AIを搭載したロボットアームが注文を受け、ドリンクを作り、提供する。営業期間は3月19日まで。(2020/1/24)

ロボットは居酒屋でどんな接客をしているのか 池袋の「ロボ酒場」で確かめてみた
居酒屋チェーンを運営する養老乃瀧が、ロボットが接客を行う「ロボ酒場」を池袋にオープン。ロボットがビールやハイボールを提供してくれるというが、実際どうやっているのか。店舗に行って確かめてみた。(2020/1/23)

2019年「食堂、レストラン」倒産件数が過去30年で最多 倒産増加率は九州がトップに
「飲食業」倒産件数が2年ぶりに前年を上回ったことが東京商工リサーチの調査で判明。(2020/1/21)

ブラック企業、今は昔:
ワタミがホワイト企業大賞の特別賞を受賞 表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登場
ワタミの「三代目鳥メロ」がホワイト企業大賞の特別賞を受賞した。「働く一人ひとりのチャレンジ精神賞」という賞で、「創業当初からのビジョナリーな哲学を守りつつも、現場の一人一人が新しい組織になっていこうとチャレンジしている」点が受賞理由。同社は近年、労働環境改善に注力している。表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登壇した。(2020/1/20)

「お茶目で可愛い」「トゥルントゥルンの唇、期待」 井川遥、“美リップ”際立つ無防備ショットに反響
相変わらず“美リップ”な井川さん。(2020/1/19)

養老乃瀧、「ロボット酒場」を池袋で開店へ ロボットが接客、人手不足解消のための実証実験
ロボットに接客されてみたい方はこの機会に。(2020/1/16)

店舗の省人化に有効か:
ロボットが接客する「ゼロ軒めロボ酒場」を養老乃瀧がオープン 多店舗化も検討
居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧がロボット酒場をオープン。ロボットが接客をしたりドリンクを作ったりする。実証実験の結果を踏まえて多店舗化も検討する。(2020/1/15)

タビジョのスマホ街ある記(南イタリア編):Huawei「P30」と「P30 lite」で撮り比べ!
特にカメラが詳しいわけでもないとある旅好きのITmediaスタッフが、有給休暇で旅に出てひたすらスマホカメラで写真を撮り、その旅を紹介するだけの不定期連載です。今回使ったのは「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」。個人でP30 liteを使っているのだけど、P30を使う機会にも恵まれたので、撮り比べをしてみた。(2020/1/9)

量は全体的に少なめ? 月額5980円の定額制ランチサービス「always LUNCH」を2週間試して分かったこと
大阪王将や太陽のトマト麺が救世主となるか。(2019/12/26)

「違反」なのか「違法」なのか:
「カード決済の場合には手数料をいただいております」、本当は違法? 知らなかった意外な事実
居酒屋などで、クレジットカードの決済手数料をお客に請求する店がたまにある。この手数料に関するツイートをきっかけに、「知らなかった」「違法なのでは?」といった反応が起こっている。手数料を請求することは違法なのか? 各カード会社の規約を見てみると……経済産業省にも聞いた。(2019/12/26)

徹底したデータ分析と社員教育でリピーターは驚異の「9割」 人生変えるストレッチ
急成長を遂げているストレッチ専門店。“イタ気持ちいい”施術の裏には、徹底したデータ分析と社員教育があり、なんとリピーター9割という驚異的な数字に結びついている。(2019/12/25)

法人向けプラチナ、ブラックカードはなぜ伸びる? 昨対3倍成長のラグジュアリーカード
ゴールドカードでも年会費が無料のものもあるなか、プラチナカード、ブラックカードと呼ばれる高級クレジットカードが、存在感を増してきている。注目なのが、ビジネスカードと呼ばれる法人向けのクレジットカードだ。(2019/12/24)

「売ってナンボ」の風潮に危機感、データドリブンな居酒屋に ワタミがクラウド型ERPを導入する理由
居酒屋チェーンを運営するワタミがクラウド型ERPを導入し、データを活用した店舗運営に乗り出していることを明らかにした。レガシーシステムから脱却し、データを活用した店舗運営に切り替えるという。経営企画本部 IT戦略部 部長の若林繁氏に、その背景と狙いを聞いた。(2019/12/20)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

中国マーケティング最前線:
今年の「中国人が日本で行った場所・したい事」ランキング “マニア化”顕著に
今年の「中国人が日本で行った場所・したい事」をSNS投稿から分析、ランキング化した。最上位が定番化する一方でよりマニアックな「コト消費」傾向が顕著に。(2019/12/18)

PR:LINEで投資ってどんな感じ? LINE証券で「株のタイムセール」に参加してみた
最大7%割引で株が買えるぞー。(2019/12/18)

星野源さんとティム・クックCEOが行った居酒屋で同じポーズしてみた
Appleの新たな「聖地」で撮影してみた。(2019/12/17)

タイムアウト東京のオススメ:
東京の焼きそばワールドを巡る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/12/17)

松屋やサンマルクのランチ代、「d払い」で支払うと10%還元 ドコモが新キャンペーン
NTTドコモが、ランチ代の支払いに「d払い」を利用したユーザー向けの還元企画を始める。「松屋」「サンマルクカフェ」など、特定の加盟店で午前11時〜午後2時に飲食すると、支払い額の10%相当の「dポイント」を還元する。開催期間は2020年1月7日〜3月31日。(2019/12/16)

大戸屋ドキュメントに見る、改善努力がパワハラ呼ばわりされる理由
定食屋チェーン「大戸屋」が揺れている。テレビ東京の『ガイアの夜明け』で社長の発言がパワハラ呼ばわりされ、ネット上で批判が起きているのだ。(2019/12/16)

大戸屋のドキュメンタリーが、かなりの深手になるかもしれない件
テレビ東京「ガイアの夜明け」が定食チェーン大戸屋を取り上げた。経済や企業を深掘りする番組なので、抜群のPR効果になると思いきや……。(2019/12/13)

メルカリ上で取引増:
黒電話が謎のプチブーム? 「昭和レトロ」だけでない真の理由とは
昭和レトロ雑貨としてもてはやされる黒電話。しかしどうも無関係な理由で近年、人気の可能性が。メルカリ上の流通データから迫る。(2019/12/13)

PR:Indeed新CMで報酬1万円の「お笑い審査員」が募集中だぞおお さらに「千鳥」も緊急参戦!
「自分、お笑い審査員なんだ」って言える(かもしれない)日が来たぞ!!(2019/12/19)

専門家のイロメガネ:
大戸屋の赤字転落、原因は「安すぎるから」?
定食チェーンを運営する大戸屋HD(以下、大戸屋)が赤字に転落した。2019年9月期の中間決算では、上場来初の営業赤字として大きく話題に。特に値上げによる客数の減少が赤字の原因と指摘されている。しかし赤字転落の本当の原因は、値上げが足りない事にある。つまり高いからではなく「安いから」赤字になっているということだ。(2019/12/11)

Apple ティム・クックCEO、3年ぶりに来日中
ティム・クックCEOがApple 表参道、青山の居酒屋などに出没中。(2019/12/9)

名古屋めしビジネス「勝ち」の理由:
新興メニュー「台湾まぜそば」が爆発的に広がった理由 名古屋めしの新しい活路とは
名古屋めしシーンの新しい動きとは? 誕生から10年余りで全国に広がった「台湾まぜそば」、コラボ商品に活路を見いだす「あんかけスパゲティ」、“名古屋めしデパート”で観光客を獲得し絶好調の外食企業。名古屋めしビジネスの今後を探る。(2019/12/9)

PR:“つまみになるポテトチップス”の究極系! 「麦とホップ」とコラボした「堅あげポテト 匠の香ばしにんにく味」が“ほぼ揚げにんにく”なクオリティ
最強×最強=∞。(2019/12/6)

ハイクラス層の飲みニケーション?:
年収1000万円プレーヤーは飲み会で「どこ」に座るか 調査で判明
忘年会シーズンだが、年収1000万円プレーヤーは飲み会でどこに座るのか? ハイクラス層の「飲み会術」を調査した。(2019/12/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
京都勝牛は“牛カツ戦争”を制するか 焼き肉とステーキを経てたどり着いたビジネスモデルに迫る
牛カツ最大手「京都勝牛」が積極攻勢。運営会社は焼き肉やステーキを経て牛カツにたどり着いた。国内だけでなく海外にも目を向ける戦略に迫る。(2019/12/4)

猫好きのためのスタンプラリー「ねこまつりat中野」 カフェや雑貨店を回って保護猫たちのことを考えよう
期間限定メニューやワークショップの開催も。(2019/12/2)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
小売にはびこる「悪しき先入観や現場主義」をぶっ壊せ! データドリブンなグッデイ三代目社長は、何と戦ってきたのか
社長が自らが先頭に立って統計学を学び、データドリブンな経営を目指す――。そんな取り組みをしているのが、九州北部を中心にホームセンター66店舗を運営する「グッデイ」の三代目社長 柳瀬隆志さんです。10年間の成果はどんなものなのか?(2019/12/2)

電子書籍の時代にあえて「アナログ」に:
19歳以上は使用不可? ジャンプした人数だけ「ジャンプ作品」を読めるサービス開始  担当者「『少年』は18歳以下」
ジャンプから期間限定の新アプリが登場した。漫画やキャラクターに関する新たなアプリ、Webサービスの開発企画コンテスト「ジャンプアプリ開発コンテスト」の第2期入賞企画。一緒にジャンプした人の数だけジャンプ作品を読める。ただ、サービス対象は18歳以下だという。(2019/11/29)

「最強の組織」が陥った罠:
ワタミは本当に「ホワイト化」したのか? 「ブラック企業批判」を否定し続けてきた“黒歴史”を振り返る
創業者である渡邉美樹氏が10月1日、ワタミに復帰。復帰会見では離職率の低下など、「ホワイト企業化」が宣言された。「ブラック企業」と批判され続けてきたワタミだが、本当に環境はよくなったのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏が3回にわたり、ワタミの過去を振り返るとともに現状を検証する。(2019/11/29)

地域ビジネス、ここがカギ:
東大研究者が一本釣り漁師に転身 衰退著しい漁業を盛り上げるブルーツーリズムとは
東大大学院の研究者から転身した漁師、銭本慧さん。長崎県の対馬で会社を立ち上げ、鮮魚を東京のレストランなどに直販する。日本の水産業の衰退を肌で感じ、“資源を守る”漁業を実践。将来的には漁業を核にした観光産業、ブルーツーリズムによる活性化を描く。(2019/11/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

仕事ができることと、出世することは無関係か
仕事ができれば出世できるのか?――。このテーマは、サラリーマンが集う居酒屋でよく議論になることだ。この問題をちょっと考えてみたところ……。(2019/11/25)

飲食店の無断キャンセル、約5割がグルメサイトで予約 「取りあえず予約」「うっかり忘れた」など責任感薄く
飲食店を無断キャンセルした人が、予約時に利用した手段は「グルメサイト予約」が50.8%で最多──という調査結果が出た。グルメサイトは利便性が高く、気軽に予約できる一方、無断キャンセルの心理的ハードルが低いことが浮き彫りに。(2019/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。