ニュース
» 2012年12月03日 09時30分 UPDATE

ドコモ、自治体向けに災害監視を支援する「防災テレメータサービス」提供

基地局などに設置したセンサーから気象情報を収集する「環境センサーネットワーク」を活用し、防災情報を提供するサービスを、NTTドコモが開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 自治体観測システムと「防災テレメータサービス」の比較

 NTTドコモは、環境センサーネットワークを活用した自治体向け災害支援サービス「防災テレメータサービス」を12月1日に開始した。

 環境センサーネットワークは、携帯電話基地局などを利用して全国約4000カ所に設置した環境センサーから、気象データを観測・蓄積する情報基盤システムだ。携帯電話・スマートフォン向けに花粉情報や気象情報を提供するサービスや、法人向けに気象データを販売する取り組みを行ってきた。

 防災テレメータサービスは、環境センサーネットワークを活用した自治体・企業向けのパッケージサービスだ。河川水位、遠隔画像、積雪深、浸水、土壌水分などを計測しているが、ユーザーの要望に応じて拡充を予定。新たな観測点の設置や、情報分析ソフトウェアなどによる局地的な大雨、河川氾濫、津波などの前兆観測にも対応する。

 このサービスを利用することで、自治体が保有・管理している雨量計や水位計、防災無線設備、サーバなどが不要になる。すでに愛知県知多郡武豊町で採用されており、12月1日から運用している。

 初期費用および月額費用は、利用するシステム規模ごとの個別見積もりとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう