ニュース
» 2013年02月26日 11時22分 UPDATE

KDDI、「Xperia Z」ベースの新機種を投入予定

バルセロナで開催されているMobile World Congress 2013で、KDDIの取締役執行役員専務、石川雄三氏が「Xperia Z」ベースの新機種の発売を今夏に予定していることを明らかにした。

[ITmedia]

 KDDIが、今夏にソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia Z」をベースにした新モデルの発売を計画している。

 スペインのバルセロナで開催されているMobile World Congress 2013の会場で行われた、他メディアのインタビューで、KDDIの取締役執行役員専務 コンシューマ事業本部長 兼 ソリューション事業本部担当 兼 グローバル事業本部担当 兼 商品統括本部担当の石川雄三氏が明言した。発言の内容についてKDDI広報部に確認したところ、その内容に相違はないという。

Photo 2013 International CESで発表された「Xperia Z」

 Xperia Zは、ソニーモバイルコミュニケーションズが2013年のフラッグシップモデルに位置付けるAndroidスマートフォン。すでにNTTドコモが2013年春モデルにラインアップし、人気を博している。KDDIから登場するXperia Zは、CDMA2000とLTEに対応したモデルになると予想されるが、「Xperia acro HD」のように同一のデザインで登場するのか、あるいは「Xperia AX SO-01E」と「Xperia VL SOL21」のように、「Xperia V」をベースにしながらそれぞれ異なるモデルになるのかは現時点では不明だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.